《刑法改正を審議する検討会の15回目の議事録~取りまとめ報告書【案】》(1)。香西咲さんたちにAV出演強要をおこなったやつらはかならず処罰されます

昨年(2021年)の3月31日に発足した法務省の性犯罪に関する刑事法検討会はこれまで、鋭意、刑法改正の審議をおこなってきました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

上述のとおり、先月(2021年4月)の12日に、15回目の性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。
当日は、性犯罪に関する刑事法検討会の事務局によって作成された取りまとめ報告書(案)がしめされました。
取りまとめ報告書(案)を前にして、同検討会の委員はどのような意見をのべたのでしょうか。
つい先日、同検討会議事録が公開されました。
当該議事録を参照します。

2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会

取りまとめ報告書(案)に関する論議(その1)

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<1ページ>
2021年4月12日 浅沼 刑事法制企画官

本日(2021年4月12日)、議事次第及び一部の委員の御異動を反映した「令和3年4月12日付け「性犯罪に関する刑事法検討会」委員名簿」、「「性犯罪に関する刑事法検討会」取りまとめ報告書(案)」をお配りしております。

この報告書案は、前回の会合において座長からお話があったとおり、本検討会におけるこれまでの御議論を踏まえて、座長の御指示を頂きながら、事務当局において作成したものです。

このほかに、前回(2021年3月30日)配布後に新たに団体から法務省に寄せられた要望書をお配りしております。

また、御発言の際の補助的な資料として書面の提出がありましたので、本日机上配布又は送付させていただきました。

(参考)
金杉美和委員提出書面(意見書) 
宮田桂子委員提出書面(意見書)

——————————————————–

<1ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、議事に入りたいと思います。
本日は、取りまとめに向けた議論を行いたいと思います。

委員の皆様には、事前に報告書案をお送りいたしましたので、既に御一読いただいているかと思いますし、先ほどの事務当局からの説明にありますように、書面にて御意見を下さった委員もおられ、それらにつきましては、本日、机上配布又はメール添付にて配布させていただきました。

(参考)
金杉美和委員提出書面(意見書) 
宮田桂子委員提出書面(意見書)

前回まで14回の会合を重ね、委員の皆様には大変熱心な御議論を頂いたところであり、どのような取りまとめとするのがよいか、私としても相当に考えさせていただきました。

その結果、検討会として意見の一致を見た点はもちろんですけれども、一部に反対意見があるにしても、議論全体として見るとおおむね賛成が得られたと思われる点につきましては、可能な範囲で議論をまとめつつ、本検討会として、法務省に対し、法改正の要否・当否を検討することを含め、法整備に向けた更なる検討を行うに当たっての指針ないしは重要な資料として、十分に役立つようなものとなることを重視して、この報告書案を作成してもらった次第であります。

報告書案の構成や作成に当たっての考え方については、事務当局から更に説明していただきます。

——————————————————–

<1~2ページ>
2021年4月12日 浅沼 刑事法制企画官

まず、全体の構成としては、「第1 はじめに」で、この報告書案本検討会の議論の結果を取りまとめたものであることなどについて記載した上で、「第2本検討会の開催趣旨及び開催状況」で、本検討会の開催経緯や開催状況等について記載しています。
そして、「第3 各論点についての検討」で、各論点に関する議論の内容を整理して記載し、「第4 終わりに」で、本検討会として法務省に対し法改正に向けた迅速な取組を進めることを期待することなどについて記載しております。

本検討会は、性犯罪に係る事案の実態に即した刑事法の在り方について委員の皆様に御議論いただき、その結果を法務省における検討の重要な参考とさせていただくために開催しているものであることから、「第3 各論点についての検討」では、今後の法改正の要否・当否の検討に資するよう、意見が収れんしている点についてはそのことが分かるように、また、意見が分かれている点についても更なる検討課題が明らかになるように記載しております。

具体的には、資料12の「検討すべき論点」の各論点ごとに、委員の皆様からの御意見を、要約しながら、なるべく漏れのないように取り上げつつ、例えば、法改正の要否・当否に関する意見なのか、それとも具体的な規定の在り方に関する意見なのかといった観点から分類・整理した上で、異なる見解の存否や内容を示し、検討課題等が分かるようにするとともに、議論状況をまとめる意味で、必要に応じて各論点の末尾に「小括」を設け、今後の法整備に向けた検討に際しての視点や留意点を記載しております。

報告書案に関する事務当局からの説明は以上です。

——————————————————–

<2~3ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、本日は、この報告書案に沿って、取りまとめに向けて御議論いただきたいと思います。

私として今日の御議論のためにお願いしたいことをまとめて申し上げることをお許しいただきたいと思います。

まず、我々にとっての検討課題は、社会的関心が極めて高いものであり、法務省にはなるべく早く次の検討ステップに進んでもらいたいということがありますので、今この段階での我々のミッションは、これまでの三巡目までの議論において出された主要な意見を適切に要約して、意見の収束又は対立の状況を公平に反映すると同時に、法務省における更なる検討のための指針として役立つような、そういう取りまとめ報告書を作成することにあると考えるところです。

そのため、本日の会議では、新たな意見やこれまでとは別の論点を出して更に議論を行うとか、他の委員の意見について、その内容の当否を論じるといった形で進めることは適切ではないと思います。

そうではなくて、報告書案に書かれている意見について、これだと趣旨が分からないので、より内容を明確化するためにこういう補足をしたいとか、報告書案のまとめ方だと検討会全体の意見の分布を正確に反映していないので、こうまとめるべきではないかとか、三巡目までにはこういう議論もあったのに、それに全く触れられていないとか、議論の要約としてこれでは誤解を招く可能性があるので、むしろこう要約すべきではないかといったように取りまとめ報告書の完成に向けた具体的な修文意見を述べていただく形で進めるのがよいのではないかと思っております。

また、本日は、限られた時間の中で多数の項目を御議論いただく予定になっていますので、御発言に当たっては、重複を避け、なるべくコンパクトにしていただくなど、進行への御協力もお願いしたいと思っております。
また、本検討会の議論全体に対する感想のようなものについても、この検討会を終える際の最後に御発言いただく機会があると思いますので、本日は控えていただけると幸いです。
なお、書面をお出しいただいた委員におかれましては、その内容どおりであれば、御発言を適宜まとめて、また、手短にしていただければと思います。

更にもう一つ付言しますと、頂いた御意見に応じて今ここで報告書に記載する文言を確定するというのは困難なことですので、その御意見に対する他の委員の御意見を伺うとともに、本日は御意見として承った上で、一旦引き取らせていただければ幸いです。

議論の進め方ですが、まずは、総論として、報告書案全体の構成のほか、「第1 はじめに」と「第2 本検討会の開催趣旨及び開催状況」についてまとめて御意見を伺い、次に、各論として、報告書案の「第3」の各論点について順次御意見を伺い、そして、最後に、「第4 終わりに」について御意見を伺うことにしたいと思います。

なお、本日の進行における時間の目安ですが、最初の総論の議論として5分程度、次に各論に入って、「第3」のうち、「1 刑事実体法について」の中の「(1) 現行法の運用の実情と課題(総論的事項)」から「(5) 強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」までについて合計で40分程度、それぞれ御議論を頂き、午前11時頃に10分程度休憩を取りたいと考えております。そして、休憩後、「1 刑事実体法について」の「(6)法定刑の在り方」から「(8) 性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」までと「2 刑事手続法について」の全体で合計30分程度、そして、最後に、「第4 終わりに」について10分程度御議論いただくことを予定しております。

その後、本検討会の「検討すべき論点」の第2の「2 起訴状等における被害者等の氏名の取扱いの在り方」については、当時の法務大臣の指示により、法務省において、別途、法改正に向けた具体的な検討を行うこととなっていたところですが、その検討状況について、事務当局から10分程度で報告をしていただきます。

予定している時間についてはその都度申し上げますので、御協力をお願いします。

早速、報告書案の議論に入りたいと思います。

まず、報告書案全体の構成、「第1 はじめに」、「第2 本検討会の開催趣旨及び開催状況」について、報告書案の修正に関する御意見がありましたら、御発言をお願いいたしたいと思います。
5分程度の時間を予定しております。

——————————————————–

<3ページ>
2021年4月12日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

この報告書案全体が法務省への指針であるという趣旨は理解しているのですけれども、私は、この取りまとめ報告書案を読むことがとても大変でして、恐らく今回の報告書案に関しましては、司法関係者以外の方がすごくたくさん読まれるのではないかと思いまして、そのときに、取りまとめの趣旨がきちんと伝わらずに誤解を招くということは一番避けたいところではないかと思っております。

そのため、今、事務当局の方が説明くださったような、このまとめ方ですとか読み方の指針となるようなものを最初に付けていただくと、多くの方が誤解なく読めるのではないかと思いました。

——————————————————–

<3ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

その点については、御意見として承り、また検討させていただきたいと思います。

今月(2021年5月)の21日に、最終の取りまとめ報告書が発表されました。
同報告書の2頁に、以下の文言が追加されています。

(2021年5月21日 性犯罪に関する刑事法検討会 取りまとめ報告書より、引用。)

<2ページ>
2021年5月21日 取りまとめ報告書

本報告書においては、まず、述べられた意見を要約しつつ分類・整理した上で、意見が収れんしている点についてはその旨を、意見が分かれている点については更なる検討課題を記載しているほか、議論を通じて表れた今後の検討に際しての視点や留意点については、「小括」として記載している。

<3ページ>
2021年4月12日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかにございますか。
よろしいでしょうか。

——————————————————–

このつづきは、明日のブログでみてみます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

(再掲。井田 良 座長【中央大学教授】)
検討会として意見の一致を見た点はもちろんですけれども、一部に反対意見があるにしても、議論全体として見るとおおむね賛成が得られたと思われる点につきましては、可能な範囲で議論をまとめつつ、本検討会として、法務省に対し、法改正の要否・当否を検討することを含め、法整備に向けた更なる検討を行うに当たっての指針ないしは重要な資料として、十分に役立つようなものとなることを重視して、この報告書案を作成してもらった次第であります

AV出演強要犯の処罰につきましては異論が出ませんでした。
処罰に反対する委員はいません。
そう遠くない将来、AV出演強要犯には重罰が科せられることになるでしょう。
楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。