“刑法改正を審議する14回目の検討会”(5)。香西咲さんたちAV出演強要の被害者の回復に必要なのは、加害者の処罰です。刑法の改正が待たれます

本日も、2021年3月30日の第14回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照します。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年3月30日 第14回性犯罪に関する刑事法検討会

(参考。当ブログ)
第14回性犯罪に関する刑事法検討会議事録
2021年5月26日(公訴時効について)
2021年5月27日(その他の論点全般【その1】)
2021年5月28日(その他の論点全般【その2】)
2021年5月29日(その他の論点全般【その3】)

ひきつづき、第14回性犯罪に関する刑事法検討会議事録のなかから、「その他の論点全般」の議論をみてみます。

その他の論点全般(その4)

(2021年3月30日 第14回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<31ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見ございますでしょうか。
どのようなことでも結構です。

——————————————————–

<31ページ>
2021年3月30日 小島妙子 委員(弁護士)

今までの議論は、やはり強制性交等を念頭に置いた議論が中心的だったのですけれども、子供の被害を考えると、強制わいせつというのは非常にダメージが大きいし、深刻なわけなのですね。

強制わいせつの条文を見ますと、非常に刑が軽いと私は思います。

法定刑が軽いし、時効の期間も短いということで、問題が多い条文ではないかと思うのです。

やはりある程度、強制わいせつについてもうちょっと焦点を絞って、余りやってきませんでしたけれども、法定刑だとか時効の起算点だとか、そういうことをある程度中心的論点として、少し検討するべきだったかなというように思いました。

——————————————————–

<31ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

御意見として承りました。
ほかに何かございますか。

——————————————————–

<31~32ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

強制わいせつに関連してのことなのですけれども、一つは、強制性交等の罪の対象となる行為の範囲がどのようになるのか、膣、肛門に入るものが性器に限らず、異物であっても強制性交等にするのかということについては、また今後の議論に委ねるということなのでしょうか。

第三の類型を設けるべきではないかという話も出ていましたけれども、私の理解としては、どのようになっていくのかがはっきりと見えないところがありまして、質問させていただければと思いました。

——————————————————–

<32ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

限られた時間の中で、この検討会としてどこまで議論を詰めるかという問題だろうと思います。

本検討会として、仮に、ある論点について、一つの結論を出すことなく、こういう問題を意識しつつ、こういう考え方とこういう考え方とがあり得るということを取りまとめたとします。

今度は次のステップとして、別の手続ないし会議体においてそれを基に更に議論が深められていくこととなると思います。

この検討会で全てが決まって、すぐに法律ができるというものではないということを御理解いただければと思います。

——————————————————–

<32ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

分かりました。
ありがとうございます。

——————————————————–

<32ページ>
2021年3月30日 宮田桂子 委員(弁護士)

ここであえて述べるまでもない意見なのかもしれませんけれども、先ほど時効のところで申し上げましたように、刑罰の目的、あるいは刑法とはどういうものなのかという根本的なところに立ち返って考えていく必要があるのではないかと考えています。

刑罰を科すというのは、先ほども申し上げたように、それ以外に防止する方法がないときの最終手段であります。

また、刑罰を与えるということは、もちろん被害者の方の応報意識を満足させるという面もありますが、加害者の改善更生、社会復帰に資するものでなければなりません。

また、刑罰について、今回、海外の性犯罪についての立法については非常に広く検討がされたわけですけれども、どのような刑罰が定められているのか、あるいは、その国ではどのような刑の執行がされているのかというところについては十分な議論がありませんでした。

刑務所に人を入れるということは、犯罪をした人が反省する機会を与える等の面がある一方で、海外の研究者等の中には、入所した人の人間の尊厳をそぎ落とすものであり、できるだけ避けるべき手段であると言っている人もいます。

不同意性交を定めている北欧の国では、そういう考え方が強いと言われています。

性犯罪の加害者に対してどのような刑罰を考えるべきか、それがこの検討会における検討課題だということは十分に分かっていますが、刑法の目的、刑事裁判の在り方、刑罰の在り方といった根本的な問題や、犯罪者がいかにすれば立ち直れるか、そのための適切な処分を科し得るのかといった効果も含めて考えていかなければならない問題なのだと思っています。

もう一点、最後に述べておきたいことがあります。
被害者の救済を考えなければならないこと、被害者の方たちが本当に苦しんでいることはよく分かります。
私も被害者の代理人をやることもありますし、被害者の相談も受けています。
ただ、被害者の問題は犯人を罰することによって解決するのでしょうか。
あるいは、刑罰では救われない被害者がいるということについてはどのようにお考えなのでしょうか。
犯罪者が死んでしまえば刑罰を科すことができません。
犯人がそのまま見つからない事件もあります。
そのような事件の被害者も救われなければならない。
刑罰以外の被害者の保護の充実ということが一番図られなければいけない問題なのではないかなと思っています。

——————————————————–

<32ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見はございますか。

——————————————————–

<32~33ページ>
2021年3月30日 上谷さくら 委員(弁護士)

今の御指摘のところについて、私は、今も1日置きくらいに性犯罪の被害者の人が新しく相談に見えているような状況なので、一言言わせていただきます。

「加害者を刑務所に入れれば被害者が救われるのか」
と言われると、直ちにイエスというわけではありません。

ただ、被害者が回復するためには、やはり加害者が正しく適正な刑事罰を受けることが出発点であることは間違いありません。

それが科された上で、ほかに様々な手段で被害者をフォローする必要があるということであって、ほかでフォローするから加害者に刑事罰が科されなくてもいいではないかということは絶対に当てはまらないということを、私の経験から申し上げさせていただきます。

——————————————————–

<33ページ>
2021年3月30日 宮田桂子 委員(弁護士)

私は刑事罰を科す必要はないと言うつもりはありません。

しかしながら、刑事罰には限界があるということを先ほど来申し上げています。

証拠がない事件もあります。

それは被害者が悪いのではありません。
被害者が責められているわけではないのに、被害者が責められたような気持ちになってしまう、それほど被害者が傷ついているということはよく分かります。

だからこそ、刑事裁判には限界があるということが十分に認識されなければならないというのが私の意見です。

——————————————————–

<33~34ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

そろそろ、時間も超過しておりますので、論点全般についての御議論はこのぐらいにしたいと思います。

先ほど山本委員からもお尋ねがありました今後のことにも関係することでありますけれども、次回以降の予定について委員の皆様に御意見をお伺いしたいと思います。

本検討会は、昨年の令和2年(2020年)6月から本日(2021年3月30日)までの間、14回にわたって会合を開き、まずはヒアリングを行い、その後、検討すべき論点として決めた論点について、本日(2021年3月30日)三巡目の議論を終えました。

この間、委員の皆様方には大変活発な御議論をしていただきました。

検討すべき論点として我々が設定した各論点について、本日(2021年3月30日)の議論も含めて、特に一つの方向に偏ることのない様々な意見が表明されておりまして、この種の検討会としては、ほかになかなか例を見ないほど大変充実した議論が行われてきたのではないかと思います。

その点につきまして、改めて委員の皆様には心より感謝申し上げる次第です。

この検討会に求められている性犯罪に関する刑事の実体法・手続法の在り方についての検討は、極めて重要な社会的な課題でありますし、そのことに対応して社会の関心も高いことから、内容の充実した検討を行わなければならない、もちろんそれは大事なことではあります。

しかし同時に、スピードも大変重要でありまして、これまでお忙しい委員の皆様に相当に無理を申し上げてタイトなスケジュールで検討を行ってまいりましたのも、できるだけ早い時期に検討の結果を社会に向けて示し、大方の御意見・御批判を頂くとともに、もし、その中に法改正を要する事柄が含まれているということになれば、法務省に法改正に向けて具体的な検討を迅速に進めてもらわなければならない、そう考えられたからにほかなりません。

そのことを踏まえて、そしてまた、今日(2021年3月30日)に至るまでの御議論の状況を見ますと、私には、各論点につきおおむね意見は出尽くしたように思われますし、そろそろ議論の取りまとめに入ってもよいのではないかと考えているところです。

そこで、各論点についての議論をひとまずここで一区切りとさせていただいた上で、次回(2021年4月12日)取りまとめに関する意見交換を行うことにしたい、このように考えるわけでありますけれども、この点についての委員の皆様の御意見を伺いたいと思います。
いかがでしょうか。

(一同、発言なし)

特に御異論はありませんでしょうか。
もちろん、もう少し御意見をおっしゃりたいという委員はいらっしゃると思います。
取りまとめの際にも、ここのところはこういうように考えられるのではないかというような御意見をもちろん言っていただいて構わないわけで、その御意見がまた取りまとめの中に入ってくるということにもなると思いますので、そういう進め方で進めさせていただくということでよろしいでしょうか。

(一同了承)

——————————————————–

<34ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
それでは、そのように進めさせていただきます。
当検討会の取りまとめの方法について、特に何か定めがあるわけではございませんけれども、この検討会の趣旨に照らしますと、検討すべき論点ごとに本検討会において述べられた各意見を整理しながら、今後の法改正の要否・当否の検討に役立つように、意見がもし収れんしているところがあれば、それについてはそのことが分かるようにし、また、分かれている点についても、それぞれの意見の趣旨や、あるいは、更にここのところを検討して初めてその決着が付くというようなことも含めて記載することが適切ではないかと考えております。

そういう方針の下で、私の責任において、事務当局に取りまとめ報告書の案を作っていただき、次回の検討会(2021年4月12日)に先立って、これを委員の皆様にもお示しして、それに基づいて更に議論をすることによって、効率的で、また建設的な意見の交換ができるのではないかと考えております。

次回(2021年4月12日)はそのような形で、取りまとめ報告書の案に基づいて意見交換を行うことにしたいと思いますけれども、いかがでございましょうか。

(一同了承)

——————————————————–

<34ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
それでは、そのようにさせていただきます。

本日予定していた議事はこれで終了いたしました。
委員の御発言の中で、議事録には載せないでほしいという御希望があった御発言もございましたので、御発言なさった委員の御意向を改めて確認の上、非公表とすべき部分につきましては該当部分を非公表としたいと思います。
その具体的な範囲や議事録上の記載方法については、委員の方との調整もございますので、私に御一任いただきたいと思います。
そのような取扱いとさせていただくことでよろしいでしょうか。

(一同了承)

——————————————————–

<34ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
それでは、そのような取扱いとさせていただきます。

では、次回の予定について事務当局から説明をお願いします。

——————————————————–

<34ページ>
2021年3月30日 浅沼 刑事法制企画官

第15回会合は、令和3年4月12日午前10時から開催を予定しております。
会合の方式については、追って事務当局から御連絡差し上げます。

——————————————————–

<34ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

本日はこれにて閉会といたします。

——————————————————–

(再掲。井田 良 座長)
本検討会として、仮に、ある論点について、一つの結論を出すことなく、こういう問題を意識しつつ、こういう考え方とこういう考え方とがあり得るということを取りまとめたとします

性犯罪に関する刑事法検討会は、9日前(2021年5月21日)に、取りまとめ報告書を公開しました。
当該取りまとめ報告書は、「一つの結論を出すことなく、こういう問題を意識しつつ、こういう考え方とこういう考え方とがあり得る」というかたちでまとめられました。

(再掲。井田 良 座長)
その中に法改正を要する事柄が含まれているということになれば、法務省に法改正に向けて具体的な検討を迅速に進めてもらわなければならない

今度は次のステップとして、別の手続ないし会議体においてそれを基に更に議論が深められていくこととなると思います

別の手続
法務大臣は、刑法の改正が必要、と考える箇所を法制審議会に諮問します。

会議体
法制審議会は、刑法改正案の叩き台を作成します。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

AV出演強要犯の処罰につきましては、性犯罪に関する刑事法検討会において、反対意見がありませんでした。

(再掲。上谷さくら委員【弁護士】)
被害者が回復するためには、やはり加害者が正しく適正な刑事罰を受けることが出発点であることは間違いありません

刑法の改正が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。