“刑法改正を審議する14回目の検討会”(4)。香西咲さんたち女性を食い物にしているAV出演強要犯と悪徳精神科医の捕獲は急務です

先日、2021年3月30日におこなわれた第14回性犯罪に関する刑事法検討会議事録が公開されました。
本日も、同検討会議事録のなかから、「その他の論点全般」の議論を参照します。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録公開

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

2021年3月30日 第14回性犯罪に関する刑事法検討会

(参考。当ブログ)
第14回性犯罪に関する刑事法検討会議事録
2021年5月26日(公訴時効について)
2021年5月27日(その他の論点全般【その1】)
2021年5月28日(その他の論点全般【その2】)

その他の論点全般(その3)

(2021年3月30日 第14回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<28~29ページ>
2021年3月30日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

地位・関係性に関してなのですけれども、これまで議論をお聞きしていて、今から私が述べることを刑法に反映いただくかどうかはさて置いて、地位・関係性による性的搾取についてもう少し御理解いただきたいなと感じましたので、少し御説明をさせていただきたく思います。
関係性の中で強者が弱者に対して、その関係性を破棄するとか、あるいは、その上下関係を理解した上で対等な関係になろうという努力をする、ということをしないままに性行為を要求するということは、搾取になり得るものだと思います。
一番説明のしやすい私自身の職業に関わることで説明をさせていただくならば、心理職とクライアントというのは対等ではありません。

心理職はクライアントの秘密をたくさん知っていて、クライアントは心理職の個人情報はほとんど知りません。

クライアントの中には、この心理職に見放されたら自分は死んでしまうかもしれないと思う人もいます。

そこまではいかなくとも、多くの場合、心理職はクライアントにとって心のよりどころであって、嫌われることには耐えられないという状況になります。

対して心理職は、クライアントとの面接が中断しても生活に大きな影響が出るわけではありません。

不均衡な関係の中で心理職がクライアントに性関係を持ちかけるとか、クライアントの恋愛感情かのように見える感情を利用して性関係を持つということは、クライアントの弱い部分や依存を利用した搾取になります

相手にとって拒否することは人生が揺らぎかねないことになりますし、クライアントに自傷行為とか自殺行為をもたらしかねない行為となります。

心理職とクライアントの関係は、恐らく大変分かりにくい関係だと思うのですね。
一見すると命とか生活に関わる問題があるとは分からないからなのですけれども、その心理職とクライアントの関係でさえ、そうした性的な搾取ということが成り立つと考えるならば、直接的に、例えば、この施設に面倒を見てもらえなかったら自分はこの社会で生きていられないとか、命が危なくなってしまうような障害者と施設職員などでは、拒否することや訴え出ることがどれだけ困難かということは想像に難くないと思います。

もちろん障害者と施設職員だけではなく、様々な地位・関係性の中でこうしたことがあるというのを、議論に活かすかどうかというのは別として、理解いただきたいなと思いました。

——————————————————–

<29ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見ございますか。今の論点でも構いませんし、別の論点でも構いません。

——————————————————–

<29ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

地位・関係性に関連して、「検討すべき論点」の第1の3の1つ目の「〇」についてです。

(参考。検討すべき論点」の第1の3の1つ目の「〇」)

〇 被害者が一定の年齢未満である場合に、その者を「現に監護する者」には該当しないものの、被害者に対して一定の影響力を有する者が性的行為をしたときは、被害者の同意の有無を問わず、監護者性交等罪と同様に処罰する類型を創設すべきか。

「現に監護する者」に該当しないものの一定の影響力を有する者、この範囲をどこにするのかというところで、その他親族の議論はどのように進められるのかなということを思いました。

内閣府が無理やり性交された人の昨年度の調査として「男女間における暴力に関する調査(令和2年度調査)」を最近出しましたけれども、配偶者、元配偶者、親、養親・継親、又は親の交際相手、兄弟姉妹以外の親戚からの被害が、無理やり性交された女性の6.4%を占めています。

この、その他親戚と言われる人たちからの被害が監護者の中に入るのか、入らないのか、それとも、今議論されている優越的な地位利用に入るのか、どのように定められるのかということを教えていただければと思います。

——————————————————–

<29ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

それは、まだ決まった方向性があるというわけではないので、お答えはなかなかできないのですけれども、山本委員のお尋ねの点につき、もし委員の皆さんの中に御意見があれば、伺えますでしょうか。
こういう可能性もあるし、こういう可能性もあるという形での御意見でも結構です。

——————————————————–

<29~30ページ>
2021年3月30日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

全く個人的な意見なのですが、もちろん監護者以外の親族の中にも、監護者と同様に強い影響を有する者はいると思われますし、これら影響力の強い親族がその影響力を不当に行使した上で性行為を行えば、新たに検討すべき罰則の中でも、処罰対象に含めるべきだと考えています。
ただ、難しいのは、現行法の監護者性交等罪は、現に監護する者が被監護者に対して、いわば類型的かつ継続的にその意思決定に強い影響力を及ぼしていることに着目した規定であり、それゆえ、影響力を不当に利用するための具体的な行為を認定する必要はないと解されているものと承知しています。

そして、監護者性交等罪の成否については、現に監護する者として類型的に影響力を有している事実があれば十分であり、個別の影響力の程度や内容を具体的に認定する必要はないと思うのです。

このような趣旨の規定を、監護者を越えて親族一般に単純に拡張することは、影響力の乏しい者までが処罰対象に含まれてしまいかねず、やはり問題があるように思われますので、監護者以外の親族については、個別の影響力の有無・程度を具体的に判断することが不可欠なのではないかと個人的には考えております。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

監護者以外のその他親戚においても、例えば、同意がある場合もあるし、同意がない場合もあるというようなことも想定されるということでしょうか。
例外があり得るということでしょうか。

——————————————————–

<29~30ページ>
2021年3月30日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

未成年者については、先ほどから議論がございましたように、やはり意思決定に瑕疵が生じやすいわけです。

また、同意があるとしても、一定の影響によって同意せざるを得なかった場合もあり得ますので、これらの場合については、仮に同意があるとしても、地位・関係性の利用する類型として処罰対象にすることはあり得ると思います。

ただ、繰り返しになってしまいますが、例えば、全く接点がないような親族もいるわけです。

したがって、親族という属性だけを要件とするのではなく、やはり一定の影響力を有していることを個別に認定することが必要であり、その影響によって同意に瑕疵が生じたと言えることが、処罰をする上では必要になってくるように考えておりました。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

もう一つの論点として、やはり親族、いとこなどは別ですけれども、おじ、祖父などがかなり多いわけですね、おばも含めますけれども。
年齢差要件を設けると、そこは少し規制していけるのかなということを思いました。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月30日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

確かに親族の場合をどうするかというのは大問題だと思うのですけれども、今の考え方としては、どちらかというと、橋爪委員も恐らく同じことをおっしゃっているのかなと思うのですけれども、今、監護者という形で類型化していますよね。
それに加えて、私は、教師であるとか、先ほどの「職」に関することについてはある程度類型化して広げるべきだろうと思っています。
その類型化して対応する部分と、もう一つは、暴行・脅迫要件をもう少し広げることによって、一般論としてすくい上げられるというのがあって、恐らく親族というのは、橋爪委員御指摘のとおりいろいろなパターンがあり得るので、類型化するのは難しくて、どちらかというと、影響力が大きい親族、一般人より大きいかもしれませんよね。

ですから、後者(暴行・脅迫要件)の脅迫を広げることによって対応する、あるいは、刑法178条(準強制性交等罪)で対応することができるのかなと思います。

ですから、対応には二つの方向性があるのではないかなというように思いました。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見ございますか。
いかがでしょうか。

——————————————————–

<30~31ページ>
2021年3月30日 上谷さくら 委員(弁護士)

では、ちょっとこれまで出ていない論点についてです。

大きく二点あるのですけれども、まず一点目は、従前から主張しております撮影に関する罪のところです。
特に新しい意見があるわけではないのですけれども、私の方で第四の類型ということで、アスリートの盗撮問題に象徴されるような、それ自体は開示されているけれども撮影態様が不快であると、望んでいないような撮影態様で性的尊厳を害するというような第四の類型について、一点、現状について少し御紹介をさせていただきます。

報道で御存じの方もいらっしゃると思うのですけれども、先日、東京オリンピックとパラリンピックの組織委員会が、オリンピック会場での禁止行為に性的ハラスメント目的の疑いがある選手の写真や映像の撮影というのを追加したということと、入場者の遵守事項に、主催者から撮影画像の確認を求められた際には応じることというのを追加したという発表がありました。

オリンピックを機にこのような決定がなされるということは非常に意義が大きいことだと思っています。

ただ、その一方でスポーツ界からは、本当に深刻なのは、誰でも会場に出入りできるようなところで取締りのマンパワーを割くことができない全国の中学生や高校生での競技会の被害だと言われていて、それを防ぐためには立法的解決が不可欠だという声が私のところに届いておりますので、その点、御紹介させていただきます。

(参考)
2020年12月18日 下野新聞 【狙われるアスリート】(上)競技場で盗撮被害 女子選手が打ち明けた恐怖と憤り

あともう一点、これも私、従前から言っております、いわゆる性的同意年齢といわれているもの、私は保護年齢というふうに言い換えたいと申しているのですけれども、この点については、やはり先ほどから未成年者については何とか救えないのかという話が出ているところもあり、これまでの意見と同じなのですけれども、やはり16歳ということで、せめて義務教育の間は守られてほしいなと思っていることを改めて述べさせていただきます。

報道でもたくさん出ていますけれども、昨今わいせつ教員をいかに教壇に戻さないかということで、文科省を始め非常に力を注いでおりまして、内閣提出法案としては駄目だったのですけれども、今、議員立法で何とかできないかということで一生懸命知恵を絞っているところです。

(参考)
2021年5月28日 産経新聞 免許再取得の制限強化、求められる実効性 わいせつ教員対策新法成立

児童生徒へのわいせつ行為などで懲戒免職となった教員に対する免許再取得の制限強化を柱とした新法が(2021年5月)28日に成立した。
(後略。)

刑法においても、一つの条文だけではなくて複合的に、先ほどから出ている公訴時効の問題や、その性的な同意年齢のことも併せて、せめて未成年者を最低限保護できるという刑法にしていただきたいなと考えています。

——————————————————–

(再掲。齋藤梓 委員【臨床心理士】)

一番説明のしやすい私自身の職業に関わることで説明をさせていただくならば、心理職とクライアントというのは対等ではありません。

心理職はクライアントの秘密をたくさん知っていて、クライアントは心理職の個人情報はほとんど知りません。

クライアントの中には、この心理職に見放されたら自分は死んでしまうかもしれないと思う人もいます。

そこまではいかなくとも、多くの場合、心理職はクライアントにとって心のよりどころであって、嫌われることには耐えられないという状況になります。

対して心理職は、クライアントとの面接が中断しても生活に大きな影響が出るわけではありません。

不均衡な関係の中で心理職がクライアントに性関係を持ちかけるとか、クライアントの恋愛感情かのように見える感情を利用して性関係を持つということは、クライアントの弱い部分や依存を利用した搾取になります

相手にとって拒否することは人生が揺らぎかねないことになりますし、クライアントに自傷行為とか自殺行為をもたらしかねない行為となります。

重要な指摘です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

AV出演強要犯と悪徳精神科医の処罰は急務となっています。
このあとの法制審議会で出てくる法案の叩き台に注目をしております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。