“刑法改正を審議する14回目の検討会”(2)。香西咲さんたちのAV出演強要被害は、犯人を処罰する方向ではなしが進んでいます。他の論点についてもそうなってほしいものです

2021年3月30日に、第14回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。
先日、当該検討会の議事録が公開されました。
昨日は、公訴時効に関する三巡目の論議を参照しました。

(参考。当ブログ)
2021年5月26日

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

本日もひきつづき、同検討会14回目の議事録をみてみます。

2021年3月30日 第14回性犯罪に関する刑事法検討会

(2021年3月30日 第14回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<23ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

会議を再開いたします。

当検討会では、これまで14回にわたり議論を重ねてまいりましたけれども、刑事の実体法及び手続法の全ての論点について、どの論点でも構いませんので、もし追加の御意見があれば、お願いしたいと思います。

御発言いただくに当たっては、どの項目についてのどういう観点からの御意見であるかを明示し、また、従前のどの意見に関連するものかにも触れていただければ幸いです。

それでは、御意見のある方は御発言をお願いします。

時間としては45分程度、予定しています。

——————————————————–

その他の論点全般

<23ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

検討すべき論点」の第1の3の3つ目の「〇」、

(参考。検討すべき論点」の第1の3の3つ目の「〇」)

〇 同一被害者に対して継続的に性的行為がなされた場合において、個々の行為の具体的な日時・場所を特定しなくても、個々の行為を包括する一連の事実について1個の犯罪の成立を認めることができるような罪を創設すべきか。

同一被害者に対しての継続的な性行為について、もう少し深めていただければと思いました。

3月17日に横浜地裁川崎支部での無罪判決がありましたけれども、

(参考)
2021年3月17日 朝日新聞 17歳への強姦罪、被告に無罪 日や場所「合理的疑い」

11年前、当時17歳の女性に性的暴行をしたとして強姦(ごうかん)罪に問われた男性被告に対し、横浜地裁川崎支部は15日、無罪判決(求刑懲役7年)を言い渡した。江見健一裁判長は、女性が被告から長期間、重い性的虐待を受けていたと認め、「苦痛が筆舌に尽くしがたいことは明らか」と指摘した。一方、起訴内容どおりの日や場所で事件が起きたとするには「合理的な疑いが残る」と結論づけた。
(後略。)

(参考)
2021年4月1日 産経新聞 11年前の強姦事件、男性の無罪確定 横浜地検控訴せず

11年前に当時17歳の女性に性的暴行を加えたとして、強姦罪に問われた男性に無罪を言い渡した横浜地裁川崎支部判決が確定したことが1日、分かった。控訴期限の3月29日までに検察側が控訴しなかった。
(後略。)

私は被害者の方にお会いしたのですけれども、報道によると、裁判長は、被害者が被告人から長期間重い性的虐待を受けていたことを認め、苦痛は筆舌に尽くし難いことは明らかと指摘した一方、起訴内容どおりの日や場所で事件が起きたとするには合理的な疑いが残ると結論付けて、無罪としました。

この性的虐待が起きたことを認めながら無罪とするというのは、被害者としても市民としても意味が分からないと思っています。

先ほどの飛田先生の調査にもありましたけれども、自由報告で、被害はこの日であると言うことはすごく難しいですし、長期的な性的虐待において日時がなかなか特定できないというのは齋藤委員や小西委員からも指摘されているとおりです。

このことに鑑みて、やはり被害、虐待があったということが認められたならば罪に問えるようにするということを更に深めてほしいと思うのですけれども、いかがでしょうか。

——————————————————–

<23ページ>
2021年3月30日 井田 良 座長(中央大学教授)

個別の事件について、コメントは難しいと思うのですけれども、今の点について、一般論として、何か御発言があればお願いします。

——————————————————–

<23~24ページ>
2021年3月30日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

継続的に行われた性的行為について、それを包括的に一個の犯罪として処罰するような規定を設けること自体は、理論上十分可能だと思います。

ただ、これは以前にも申し上げたことなのですが、そういった罪を設ければ、犯罪の日時や場所が特定できないという立証上の理由によってこれまで処罰できなかった行為が直ちに処罰できるようになるわけではないということには、やはり注意が必要だと思います。

複数の行為を包括して一個の犯罪の成立を認める新たな罪を設ければ、確かに、理論上は、個々の行為を日時、場所等によって他の行為と識別して特定する必要はなくなりますけれども、それは個々の行為の特定の程度が緩和されるだけであって、犯罪の立証の程度そのものが緩和されるわけではありませんので、一個の犯罪を構成する複数の性的行為があったことは合理的疑いを入れない程度にまで立証される必要があります。

そうしますと、これも以前に申し上げたことですが、こういった新たな罪を設けるかどうかの検討に当たっては、一個の犯罪を構成する個々の行為について、他の行為と識別が可能な程度に特定して立証することはできないけれども、そうした一連の行為があったことについては全体として合理的な疑いを超える立証をすることができるという場合があるのかどうかということを検討する必要があるだろうと思います。

この点は、恐らく実務家の方の間でも意見が分かれるところで、事案によってはそういった立証が可能な場合があるという意見もあるでしょうし、他方で、一連の行為というのは個々の行為の集合体である以上、個々の行為について特定して立証はできないけれども、一連の行為については全体として合理的な疑いを超える立証ができるような事案は想定し難いという意見もあると思います。

御指摘があった川崎支部の判決では、個々の行為を特定することなく継続的な性的虐待が行われていたという認定がなされたようで、他にも同様の判断をした裁判例がありますが、ただ、私の知る限り、そういった裁判例は、継続的に行われたとされる一連の行為が起訴されていない事案において、そのような判断をしたものであって、そうした一連の行為が実際に起訴された場合に、裁判所が、同じように日時、場所等を特定しないで、一連の行為があったという認定を本当にするかどうかは、よく分からないところがあります。

この検討会の場で、どちらかの結論が出せるものではないと思いますけれども、こうした新たな罪の創設を具体的に検討するということであれば、今申し上げた点の検討が不可欠であるということを改めて申し上げたいと思います。

——————————————————–

<24ページ>
2021年3月30日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

司法面接のところと重なるのですけれども、アメリカにおいては、日時の特定をするための質問をプロトコルで定めていないと聞いています。

それは、日時の特定が問題にならず、被害の供述の迫真性とか具体性ということで、罪に問うことができるような、法制度になっているからではないかと言われていました。

被害者は、場所は分かると思います、どこでされたのかは言えると思います。

しかし、日時を何時何分まで特定しないといけないというようになると、かなり多くの性的虐待を罪に問うことができません。

加害者が本当にそういう虐待をしておきながら、刑事罰に全く問うこともできないとなったら、この日本は一体どういう国なのかと、私は強く思ってしまいます。

ですから、刑法の理論であったり、歴史であったり、すごく尊重いたしますけれども、このような被害を救済する道を作ってほしいと切に願うところです。

——————————————————–

<24~25ページ>
2021年3月30日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

法律的に大変ハードルが高いということも理解しておりますし、川出委員のおっしゃったことも、私の理解できる範囲で理解はしていると思うのですけれども、例えば、食事などを思い浮かべていただくと、何日に食べたかは覚えていないけれども、これを食べたということは覚えていたりとか、ある一定の期間の間にこの食事をしたはずだということは覚えているというようなことは、皆様の感覚としてお分かりになるかと思います。

性的虐待を受けている子供にとって性的虐待は日常になりますので、そういった食事の記憶などとも似ていると考えることはできるかなと思います。つまり、日時のピンポイントの特定は難しくても、場所とか行為の具体的な点を覚えていることはあると、ふだんの臨床経験の中からも思います。

幾つかの性的虐待事例の判決の詳細を拝読させていただきました。
もちろん様々証拠があってのことで、適切に判断が行われている事例が大半であることは分かっているのですけれども、やはり、私たちにとってごくごく当たり前だと感じられる被害者の心理とか行動について、判決で不自然だと判断が下されてしまうということは、まだたくさんありまして、性的虐待の被害者の心理ですとか、記憶の様子とか、行動の特性とかということを十分御理解いただけると有り難いですし、そうしたものを踏まえて、今後、更なる検討を頂けたらなというように思っております。

——————————————————–

<25ページ>
2021年3月30日 上谷さくら 委員(弁護士)

今の点に関連するのですけれども、やはり年少者の場合は日時の特定が難しい、しかも継続的な性被害に遭っていることが多いというのは、私も相談の中で実感しております。

私がその点に関して、公訴事実をどう書くかということ以外に感じるのは、そこが特定できないことで、公訴時効にかかっている可能性があるという理由で立件が見送られるということです。

それを避けるために、先ほど、どなたかおっしゃっていたと思うのですけれども、PTSDを発症しているということで致傷を付けられないかという話になり、更に捜査をしなくてはならなくなって、被害者の負担が非常に重くなっているように思います。

例えば、被害の客観的な証拠があって、その証拠からすると、被害は小学校の高学年の頃と推測される場合、5年生の被害だと公訴時効にはかかっている、6年生の被害だとかかっていないかもしれないというようなことを考えた場合に、やはりこの問題は未成年者についての公訴時効の問題とも深く関わっている私は、今回この検討会での議論に当たっては、論点がたくさんありますし、大人の性被害も非常に深刻なのですけれども、最低限、せめて子供は守ってほしいという視点から考えておりましたので、その点も併せて、時効やほかの制度とも関連付けて、できるだけ多くの子供たちを救えるようにする方向でこの後も検討していただきたいので、その点だけ付け加えさせてください。

——————————————————–

<25~26ページ>
2021年3月30日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

私も、一つお願いとして申し上げたいと思います。
今おっしゃったように、性的暴力の中で子供とか若年者の問題は大変大きくて、影響が深刻です。
心身両方に問題が起きて、自殺も多くて、病気も多くて、国の福祉のお金もたくさん使わなくてはいけなくて、本当に一生に関わって、人が幸せに生きることを阻害するという大きな問題が生じていることは是非分かっていただいて、その人たちが救えるようにということは考えていただきたいと思います。

それから、もう一つ、私も、無罪になった判決書を読むことがあるのですが、大体そういう場合には虐待の流れみたいなものはほとんど無視されていて、ある時点で、この時点での抵抗がどうだったか、この時点での加害がどうだったか、この時点での被害者の行動がどうだったかという、その文脈なしのところで判断されているケースが非常に多いと思います。
少なくとも繰り返す虐待に関しては、全体の流れや繰り返しの中で起きている影響を無視しては人の行動というのは考えられないのですね。
それは本当にこの子供の虐待に関して最低限の理解です。
それは是非きちんと考慮できるような制度にしていただきたいと思います。

——————————————————–

この論議のつづきは明日のブログでみてみます。

(再掲。山本潤 委員)
加害者が本当にそういう虐待をしておきながら、刑事罰に全く問うこともできないとなったら、この日本は一体どういう国なのかと、私は強く思ってしまいます

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

AV出演強要につきましては、犯人を処罰する方向ではなしが進んでいます。

(参考。当ブログ)
2021年5月23日

(再掲。山本潤 委員)
加害者が本当にそういう虐待をしておきながら、刑事罰に全く問うこともできないとなったら、この日本は一体どういう国なのかと、私は強く思ってしまいます

AV出演強要だけでなく、ほかの性犯罪につきましても捕捉化が加速することを切望します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。