法務省の”性犯罪に関する刑事法検討会”が出した”取りまとめ報告書”(その3)。香西咲さんたち被害者の願いどおり、AV出演強要は漏れなく捕捉されることでしょう

法務省は昨年(2020年)の3月31日に、刑法改正を審議する検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)を設立しました。
同検討会は、精力的に議論を重ねてきました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録公開

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

第16回(2021年5月21日)※議事録準備中

2021年5月21日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書

3日前(2021年5月21日)、同検討会は、取りまとめ報告書を発表しました。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書について>
2021年5月22日
2021年5月23日

昨日のブログ(2021年5月23日)でも書きました。
同報告書は、両論併記、という体裁でまとめられました。
同検討会の山本潤委員が予測していたとおりの結果となりました。

(2021年4月5日 YouTube「4/5 What’s “No means No”? 性暴力の刑法改正に向けて、何が議論されているのか」より。)
(※音声の文字化は、筆者。)

<32:08のあたりから>
2021年4月5日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

(2021年)3月31日までに14回の議論がおわりまして。
そろそろ、検討会で話し合われたことのまとめをつくろう、と。
そういう段階になっています。

このまとめは、どういうふうにつくられるか、というと、いままで話し合ってきたことの意見として、主なものを並べていく、というかたちになる、と思うんですね。

先ほどおっしゃっていただいたように、
「絶対改正してほしい」
という、私たち被害者側の立場のひとと、
「絶対改正に反対」
という刑事弁護側の立場のひとと、中立的な刑法学者と、運用についておはなしをしてくださる警察や検察官や裁判官のかたがいます。

なので、噛み合わない。
噛み合わない、って言ったら変ですけど、いろいろな意見があるわけですね。
このいろいろな意見が競い合ったそういう論点は、両方とも記載される、と思います。

(参考)
2021年5月21日 取りまとめ報告書

すべてにおいて、両論併記、というわけでもありません。
意見が一致したものもあります。
本日は、同報告書のなかから、委員間の意見が一致したものをみてみます。

2021年5月21日 性犯罪に関する刑事法検討会 取りまとめ報告書

委員間の意見が一致したもの

(2021年5月21日 性犯罪に関する刑事法検討会「取りまとめ報告書」より、引用。)

<4ページ>

性犯罪の処罰規定の本質は、被害者が同意していないにもかかわらず性的行為を行うことにあるとの結論に異論はなかった。

<5ページ>

被害者が性交等に同意していないにもかかわらず、その意思に反して行う性交等は、性犯罪の保護法益をどのように理解するにせよ、被害者の法益を侵害する行為であるということについて、異論はなかった。

<6ページ>

⑤ 暴行・脅迫要件は、被害者の意思に反する性的行為であることを明確に認定するための徴表として機能しているが、これを限定的に捉える解釈の余地が全くないわけではないから、「暴行又は脅迫を用いて」との文言が実務の運用にばらつきを生じさせる原因になり得ることを踏まえ、改正の可能性を含めて検討すべきであるといった意見が述べられ、安定的で適切な運用に資するような改正であれば検討に値するという点では、おおむね異論はなかった。

<6~7ページ>

⑥ 「性的同意」という概念が浸透していない日本において、「不同意」という要件のみでは構成要件該当性の判断が難しいのであれば、ほかの文言を列挙してもよいといった意見も述べられ、単に被害者の「不同意」のみを要件とすることには、処罰の対象を過不足なく捕捉することができるかという点で課題が残り、処罰範囲がより明確となる要件を検討する必要があるという点では、おおむね異論はなかった。

<8ページ>

構成要件を明確化する場合、行為者が用いる手段や被害者の状態を列挙するに当たっては、全てを網羅的に列挙することはできないから、例示列挙とせざるを得ないとの意見が述べられ、これに対して特に異論はなかった。

<9ページ>

これらの議論を踏まえ、列挙された手段・状態が不同意の徴表であることを示して処罰範囲を限定するため、また、列挙された手段・状態以外の場合を捕捉できるようにするため、列挙された手段や状態の実質的意味を示す包括的な要件を設けるべきといった意見が述べられ、
これに対しては、
① 包括的な要件に該当するとして起訴する場合、それを推認する間接事実によって立証することとなるが、検察官が起訴するのに苦労することが想定されるし、他方で、裁判所の判断にばらつきが生じる可能性があり、本来であれば無罪となるべき人が犯罪人扱いされかねないといった意見も述べられたが、
包括的な要件を設けることの検討が必要であることについては、おおむね異論はなかった。

<13ページ>

被害者が一定の年齢未満である場合や障害を有する場合には、被害者が身体的・精神的又は社会的に脆弱であり、判断能力が不十分であることから、そのような特性につけ込んで行う性交等は被害者の法益を侵害する行為であり、そのような特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった。

<16ページ>

(略)障害を有するという特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった。

<25ページ>

被害者が一定の年齢未満である場合には、被害者が脆弱であることから、そのような特性に応じた対処の検討が必要であることについては、異論がなかった。

<29ページ>

刑法第177条(強制性交等)は「性交、肛門性交又は口腔性交」を「性交等」と定義し、陰茎を膣・肛門・口腔内に挿入する行為又は挿入させる行為を強制性交等罪の処罰対象としており、膣・肛門・口腔内に陰茎以外の身体の一部や物を挿入する行為又は挿入させる行為は、同法第176条(強制わいせつ)の「わいせつな行為」に該当し、同罪による処罰対象となることを前提に議論を行った。
これらの行為の中に、強制性交等罪の対象とされている行為と同等の悪質性・当罰性を有する行為があることに異論はなかった(略)。

<32~33ページ>

次に、被害者が一定の年齢未満の者である場合や、常習的・継続的に犯行に及んだ場合については、
④ 子供の被害は、長期間にわたって子供を苦しめ、その後の人生に重大な損害を与えるため、成人の場合より重く処罰すべきである
⑤ 家庭内で児童が継続的な性被害を受けた場合、心身に重大なダメージを受けることが多いので、例えば、監護者性交等罪に当たる行為が継続的に行われた場合について特に被害が重大なものをうまく切り分けることができるのであれば、被害の重大性の観点から加重類型を設けて、法定刑に無期懲役を加えることもあり得る
⑥ 特別刑法に倣い、常習として強制性交等罪を犯す場合を重く処罰したり、常習性に加えて、集団性という特殊な方法・手口の要件を満たす場合を重く処罰したりする方法も考えられる
といった意見が述べられ、いずれの場合についても、類型的に重く処罰すべき必要性があることには異論がなかった。

<38ページ>

② 性交に応ずる義務が問題とされてきた法律上の婚姻関係にある場合について確認的に(夫婦間でも強制性交等罪が成立するとの)規定を設ければ、それ以外の親密な関係性について性犯罪が成立することは解釈上当然に導かれるといった意見が述べられ、これに対する異論はなかった。

<44ページ>

撮影された性的な姿態の画像を刑罰として没収(消去)することについては、撮影行為を処罰対象とする罪を創設した場合には、撮影された画像が記録された原本は刑法第19条第1項第3号の犯罪生成物件として没収することができることを前提に、複写物の没収も可能にすべきとの意見が述べられたほか、刑罰としての没収とは別に、有罪判決を前提としない没収(消去)を検討すべきとの意見も述べられ、いずれについても特段の異論はなかった。

<45ページ>

刑法第19条によって没収することができる「物」は、犯罪行為と直接的な関連性を有する原本に限られるから、例えば、撮影した画像データを記録した原本から複写物にコピーしたとしても、複写物を没収することはできないという共通認識の下で、複写物の没収(消去)を可能とすることの要否・当否について議論を行った。
この点については、データのコピーや、パソコン・スマートフォン等のデバイス間でのデータの転送が極めて容易であることなどから、複写物の没収(消去)を検討すべきとの意見があり、そのこと自体に異論はなかった。

<45ページ>

複写物の没収(消去)の方法については、
① 複製行為を処罰対象とし、複写物を犯罪生成物件(刑法第19条第1項第3号)として没収対象に含める方法もあり得るが、複製行為には多様な行為が想定され、また、複製行為についての故意等の立証ができない場合もあり得ることを踏まえると、撮影行為に関する没収対象物の範囲を拡大して複写物も含める特別な規定を創設する方法が立法論としては優れているといった意見が述べられ、これに対する異論はなかった。

——————————————————–

(再掲。取りまとめ報告書

性犯罪の処罰規定の本質は、被害者が同意していないにもかかわらず性的行為を行うことにあるとの結論に異論はなかった。
「性的同意」という概念が浸透していない日本において、「不同意」という要件のみでは構成要件該当性の判断が難しいのであれば、ほかの文言を列挙してもよいといった意見も述べられ、単に被害者の「不同意」のみを要件とすることには、処罰の対象を過不足なく捕捉することができるかという点で課題が残り、処罰範囲がより明確となる要件を検討する必要があるという点では、おおむね異論はなかった。

大本(おおもと)のところで委員間の意見は一致しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

AV出演強要につきましては、処罰に反対、という声はありません。

(参考。当ブログ)
2021年5月21日(※AV出演強要に対する3人の刑法学者【委員】の意見)

AV出演強要は漏れなく捕捉されることになると思います。
このあとにおこなわれる法制審議会で、どのような法案の叩き台がつくられるのでしょうか。
楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。