【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(11)。香西咲さんたちのAV出演強要被害のほかに、グルーミング(手なずけ)の処罰も真剣に論議されました

刑法改正を審議している法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、現在のところ、13回目の議事録まで公開しています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

本日は、同検討会の13回目の議事録のなかから、追加の意見をみてみます。
これ以外の論議につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
第13回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年4月29日(AV出演強要)
2021年4月30日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方①)
2021年5月1日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方②)
2021年5月2日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方③)
2021年5月3日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方④)
2021年5月5日(強制性交等の罪の対象となる行為の範囲)
2021年5月6日(法定刑の在り方)
2021年5月7日(性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方①)
2021年5月8日(性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方②)
2021年5月9日(性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方③)
2021年5月10日(配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方)

第13回性犯罪に関する刑事法検討会

追加の意見

<29~30ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、今日の最後となりますけれども、刑事実体法の論点のうちで、前回及び本日の会合における三巡目の議論で取り上げられなかった論点について、もし追加の御意見があれば、お願いしたいと思います。

御発言に当たっては、どの項目について、どういう観点からの御意見かということを明示していただければ幸いであります。

時間としては10分程度を予定しておりますけれども、御意見のある方は、御遠慮なく御発言をお願いしたいと思います。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

意見要旨集の)37ページの「(4)」の同一被害者に対して継続的に性的行為が行われた場合についてですけれども、長期間繰り返される性的虐待において、日時と場所が特定できず、悪質であるにもかかわらず取り締まれないのは不正義とは思うのですけれども、他方で、刑事法の要請において日時や場所を特定しなければいけないということは承知しています。
場所を覚えていることは多いですし、せめてそういう事例について、場所や日時が特定できなかったから罪に問えなかった事件がどのくらいあるのかということについては、調査などをしてほしいと思いますし、今後の希望としては、是非包括一罪などを作ってほしいとは思っています。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

御要望・御意見として、承りました。
ほかの論点で、何かございますか。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

では、グルーミング(手なずけ)について。
意見要旨集の)40ページなのですけれども、刑法に入れるかはまた課題としてありますけれども、オンラインでのグルーミング(手なずけ)というのは、新型コロナ禍においても世界中で増えているということが報告されているところでもあります。
児童を性的に搾取しているオンラインコンテンツで捜査対象となったものは、136%増を記録したとのオーストラリア連邦警察からの報告などもありました。
警察庁の統計においても、SNSを通じて被害に巻き込まれた児童は、平成25年に1、293件、平成30年に1、811件と毎年うなぎ登りであり、グルーミング(手なずけ)という手法が用いられているということが支援者などから指摘されています。
今後、やはり規制は必要というようにも思っています。
グルーミング(手なずけ)という類型がどのくらい起こっているのかについても、こちらも調査をしていただきたいと思っています。

——————————————————–

<30ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

その点も御要望として承りました。

——————————————————–

<30~31ページ>
2021年3月8日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

私もグルーミング(手なずけ)についてなのですけれども、41ページの「③」の一つ目の「〇」について、これは私の発言だと思うのですけれども、前回説明しそこなった部分について、補足で発言させていただきます。

もしもグルーミング(手なずけ)規定を新設することとなったらという前提の話になりますけれども、グルーミング(手なずけ)規定で保護されるべき未成年者の範囲は、基本的には、被害者の年齢だけ、あるいは被害者と行為者の年齢差だけで保護される未成年者の範囲と重なることになるかと思われます。

現行法でいいますと、13歳未満の者がそれに該当します。

それ以外の場合は考えられないです。

というのも、現行法を前提にしますと、13歳以上の者に対しては、刑法典上の性犯罪が成立するためには暴行・脅迫などの特別な要件が必要でして、もし、例えば15歳未満の者に対してもグルーミング(手なずけ)罪が成立するというような規定になったとすると、実際に行われた性交そのものは犯罪ではないのに、予備行為的なグルーミング(手なずけ)罪だけが成立する場合が生じてしまう点で問題があります。

実際に、ドイツでは14歳未満がグルーミング(手なずけ)で保護される範囲になっていまして、これは、絶対的な保護年齢、つまり性的な関係性が生じれば誰であっても常に犯罪になる範囲と合致しています。

それから、イギリスでは16歳未満の者に対して18歳以上の者が犯行に及んだ場合にグルーミング(手なずけ)罪が成立することになっていて、こちらも、何の手段もなく性的行為を行っただけで犯罪が成立する範囲と合致しています。

ですので、仮にグルーミング(手なずけ)罪の新設を考えるのであれば、まず前提として、何の手段もなく性的行為だけで犯罪になる範囲がどこかというのを確定して、その後に、その範囲内でどこをグルーミング(手なずけ)罪の成立範囲とするかという順番で考えていく必要があるのではないかと思います。

——————————————————–

<31~32ページ>
2021年3月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

意見要旨集の)35ページの「②」にあります過失犯処罰規定を設けるべきだという意見との関係で、一言申し上げたいと思います。
過失犯処罰規定を設けるということとの関係では、二つのことを分けて考える必要があるように思われます。
一つは、処罰範囲を現行の故意犯処罰の範囲よりも広げるということ、二つ目は、どのような規定の形式で処罰を用意するのかということです。
個人的な意見としては、処罰範囲を現行の故意犯の処罰範囲よりも広げ、そのことが分かるような規定を置くこと自体のインパクトというのは非常に大きいので、このような規定を設けて処罰範囲を広げるということ自体にはかなり重要な意義があると思います。
ですので、長期的にはそれを目指すということは十分あり得ると考えるのですけれども、規定の形式として過失犯処罰という形でよいかということを考えてみますと、過失犯ですと、ほかの過失犯処罰規定と同じように、注意義務違反が必要だということになって、そこでは同意のない性的行為を回避する義務というのが問題になり、具体的には同意の有無についての確認義務が注意義務の中核になると思います。
しかし、これまで指摘されていますように、性交等に至る経緯だとか、あるいは同意を得るプロセスというのは、多様なものがありますし、性交等に当たってその相手方が示す反応なども、状況、相手方のタイプによって様々だということですので、どのような状況で、どのような形で確認すると注意義務を果たしたことになるのかというのは、解決・適用が完全に開かれていて、個別の事案において注意義務違反に当たるか否かの判断基準がかなり不明確になるという問題が避けられないと思います。
そのため、ほかの過失犯規定の延長のような形で新たな規定を設けるということは、やはり規定の形式上、かなり難しいのではないかと思うのです。
処罰範囲を広げること自体に意義があるということを認めるのであれば、現在の雰囲気だとなかなか難しいとは思いますが、長期的には、もう少しストレートに正面から、どういう確認義務を課すのかを議論して、具体的にこういう確認をすれば十分ですということが分かるような、義務内容がはっきり分かるような、そういう条文を設けることを目指したらいいのではないかと思います。
性的行為を行うときに一々そういう確認を行うなどというのは、現在の日本の社会を前提とするとなかなか受け入れ難いことであるという反応が数としては多いかもしれません。
しかし、性的行為というのは対等な人格的存在として相手を尊重して初めて行われるべきものであって、それがない状態で行うのはよろしくないという評価が性犯罪処罰の前提にあるわけで、それを前提にすれば、十分確認がとれていないのに性的行為を行うということは、それだけで軽くはあっても違法評価に値するわけで、その確認手続を法的に要求すること自体は、さほどおかしいことではないのではないかと思います。
さらに、もう一つだけ考えてみると、刑法上の確認義務が課されると、それまでかなり大人のコミュニケーション能力を前提にした、何となくうまい確認というのを経なければいけなかったところ、
「刑法上要求されているので仕方がないから確認しますが、今から性的行為を行ってもよろしいでしょうか」
という形で、むしろ確認が取りやすくなるというメリットもあり得るのではないかと個人的には思っているところです。
最後は少し余計なことでした。

——————————————————–

<32ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見はございますか。よろしいですか。

それでは、ちょうど予定していた時刻ともなりましたので、本日の議論はここまでとさせていただきたいと思います。

次回の会合では、刑事手続法の各論点、つまり、公訴時効の在り方、いわゆるレイプシールドの在り方、司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方についての三巡目の検討を行いたいと考えておりますが、そのような進め方とさせていただくということでよろしいでしょうか。
(一同了承)

——————————————————–

グルーミング(手なずけ)につきましては、今回、話題提供だけで終わる、と思っていました。
そうではないようです。
同検討会の事務局が、先月(2021年4月12日)に公表した取りまとめ報告書(案)をみてみます。

(2021年4月12日 性犯罪に関する刑事法検討会「取りまとめ報告書(案)」より、引用。)

グルーミングについて
<24ページ>

小括

以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、グルーミング行為を処罰する規定については、その要否・当否を検討した上で、これを設ける場合には、行為者の主観面だけによらずに、性犯罪を惹起する危険性が客観的にも認められる行為を処罰対象とするなど、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。

法務省は、グルーミング(手なずけ)に関する規定を設けることも視野に入れているようです。
ひきつづき、このあとの法制審議会の論議に注目をしたいと思います。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月2日

この本を読んでる最中ですが、
自分と重ねて読んでしまい辛い。


こういう時は発言が若干過激になるけどお許し下さい。

最初の頃は自分にも非があるとか云々言われたけど、性暴力の先生が仰るには『そもそも加害者がいなければ成り立たなかった事』。
本当にその通りだと思います。

香西咲さん
2018年10月6日


私もそう思います。

——————————————————–

(再掲。香西咲さん)
最初の頃は自分にも非があるとか云々言われたけど、性暴力の先生が仰るには『そもそも加害者がいなければ成り立たなかった事』

3日前のブログ(2021年5月15日)でもふれました。
いまの日本は、
「悪いのは加害者であって被害者は悪くない」
という教育をおこなおうとしています。
泣き寝入りをしない香西咲さんたち被害者の姿勢が日本を変えました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。