【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(7)。性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方。香西咲さんたちのうったえが刑法を変えようとしています

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は現在、刑法改正の審議をおこなっています。
検討会はこれまで、15回、開催されました。
流れを簡単に確認します。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

検討会の議事録は、13回目のぶんまで公開されています。
当ブログでは、先日から、13回目の検討会の議事録を参照しています。

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

(参考。当ブログ)
第13回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年4月29日(AV出演強要)
2021年4月30日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方①)
2021年5月1日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方②)
2021年5月2日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方③)
2021年5月3日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方④)
2021年5月5日(強制性交等の罪の対象となる行為の範囲)
2021年5月6日(法定刑の在り方)

本日からは、議事録のなかから、
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方
に関する議論をみていきます。

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<20ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、次に、
「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」
についての検討に入りたいと思います。

この論点のうち、
「他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか」
について、二巡目までの議論を簡単に整理させていただきますと、意見要旨集24ページから29ページまでにありますように、例えば、撮影行為についてどの点に着目して犯罪成立要件を定めるべきかについては、性器等の性的な部位、下着、性交等をしている姿態といった「撮影対象」に着目した御意見がありました。

また、浴場の脱衣所とか、自分の家の中などの人が抵抗なく裸になるであろう場所といった「場所」に着目した御意見がありました。

さらに、ユニフォーム姿で運動する際の足を開く様子を拡大して撮影する場合といったような「撮影方法」に着目した御意見もありました。

そうしますと、本日の議論に当たっては、まずは、どのような観点から性的姿態の撮影行為に対する処罰規定を設けるべきかについて議論を行い、その上で、具体的にどのような犯罪成立要件を定めるべきかについて議論を行う必要があると思われます。

また、「撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか」については、意見要旨集29ページから33ページまでにありますように、例えば、刑法19条の没収は原本に限られており、複写物は原則として没収対象とならないことから、性的姿態の画像の複写物の没収を可能とする特別な規定を設けるべきであるという御意見、それから、画像の一部が複製された場合であっても、性的部位や性的姿態が写っている場合には没収できるようにすることが考えられるという御意見が述べられているほか、有罪判決を前提としない画像の没収・消去の方法として、行政上の措置を講じるものとすることが考えられるといった御意見が述べられております。

本日は、こうした複写物の没収や行政上の措置としての没収・消去の仕組みについても、意見要旨集に沿って、更に議論を深められればと考えております。

第1の「8」の論点についての議論は、全体で40分程度を予定しておりますけれども、まずは性的姿態の撮影行為に対する処罰規定について20分程度議論を行い、撮影された性的な姿態の画像の没収・消去について20分程度議論を行うことにしたいと考えております。

まず、撮影行為に対する処罰規定について、御発言をお願いいたしたいと思います。

——————————————————–

<20~21ページ>
2021年3月8日 小島妙子 委員(弁護士)

意見要旨集26ページの一番下の「〇」に関連しまして、

(参考。意見要旨集26ページの一番下の「〇」)
〇 新たな処罰規定を設ける必要があると指摘されている類型としては、
①被害者に気付かれずに密かに性的な姿態を撮影する類型(撮影されていることの認識があれば同意しなかったと推定されるもの)、
②強制性交等罪等の犯行状況を撮影する類型(性交等に同意しておらず、当然、撮影にも同意していないもの)、
アダルトビデオ出演強要など欺罔や威迫によって性的な姿態を撮影することに同意させられた類型(撮影の同意に瑕疵があるもの)
に分けられるように思われ、処罰規定を検討する際には、類型ごとに構成要件などを検討する必要がある。

類型として、子供の被害について申し上げたいと思います。

児童ポルノ禁止法でカバーできないような被害が生じておりますので、その点を申し上げたいと思います。

「声かけ写真展」というものに法的問題がないのだろうかという点です。

中年男性が街角で女子小中学生に声を掛けて撮影した写真の展示や販売会というのがあって、法的規制が及んでいないということが問題になったことがあります。

保護者の同意なく、水着姿とかブルマー姿とか下着姿の子どもたちの特定の部位、具体的には下腹部などを強調する写真を撮影して展示・販売することが問題になりました。

子供の承諾を得ていると言い、主催者は問題がないと主張しています。

児童ポルノ禁止法2条、第6回の会議で事務局からお配りいただいた資料44に載っておりますけれども、児童ポルノ禁止法は規制の対象行為が非常に限定的です。

当たり得るとしたら2条3項3号が考えられますが、3号は衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態となっておりまして、性器若しくはその周辺部、臀部又は胸部が露出され、又は強調されているものとなっているので、児童ポルノ禁止法では対応できないと思います。

摘発もできないということですが、子供が被写体となる性的画像についての規制については、児童ポルノ禁止法では限界があります。

「声かけ写真展」などで販売されたり、展示されているような性的画像についても、規制の対象とすることを検討していただければと思い、事例ということで紹介しました。

——————————————————–

<20~21ページ>
2021年3月8日 金杉美和 委員(弁護士)

同意なく撮影する行為については、これまで、撮影方法ですとか機材等が多様化している中で、それを処罰すべき必要性はあると考えてきましたので、特に反対意見を述べてこなかったのですけれども、やはり、消極的な意見を述べさせていただきたいと思います。

といいますのは、もし今回の改正で、例えば、「その他意に反する性行為」が処罰されることになった場合に、どういう防御ができるかということを考えますと、そこは、やはり認識の相違があるからこそ、そういう犯罪になるわけですね。

行為者の方は、自分がやっている行為が強制性交等罪に当たるという確信を持って犯罪を行う人もいるとは思うのですけれども、自分では同意があると思っていた場合についても犯罪とされ得るという危険性をはらんでいます。

その場合に、例えば、何回か会っていて、交際をしようと思っていて、口説いて初めて性交するという場面になったときに、それが後から意に反する、あるいは何らかの有形力の行使があったということを言われないためには、性交してもいいですか、性交したいですという申入れをして、承諾書を書いていただくとか、あるいは、撮影をして、明らかに意に反する性交ではなかったということを残しておかないと心配だということも起こり得るのではないかという気がします。

そういった場合に、性交は同意してもらったとしても、それを撮影していいですかと言って、なかなか初対面で「はい」とまで言っていただけないことから、隠し撮りのようなことをしていたときに、それで将来的に強制性交等罪で起訴されて、いや、同意があったのですという証拠として、その撮影した動画を弁護側の請求証拠として提出すると、その証拠によって強制性交等罪は無罪になったけれども、同意なく撮影したということで不同意撮影罪により有罪になるということが、やはりあり得ると思うのです。

そういったことを考えますと、自分の意見としては、何らかの加害者の働きかけ、具体的には、脅迫なり、威迫なり、威力でいいのかという問題はもちろんありますけれども、そういった働きかけがなかったのだという証拠として、あるいは意思に反する性交だと後で言われないための保険として撮影する行為自体を処罰するということには、やはり消極的な意見を述べさせていただきたいと思います。

一番被害が生じるのは撮影した画像が流通してしまった場合だと思いますので、それについては、今のリベンジポルノ防止法であったり、撮影する行為自体が違法になる場合は児童ポルノ禁止法であったり、不十分なところはあるかもしれませんけれども、迷惑防止条例等で足りるのではないかと考えます。

——————————————————–

<21~22ページ>
2021年3月8日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

話が少し変わってしまうのですけれども、意見要旨集26ページの「④」の4つ目の「〇」について意見を述べたいと思います。

意見要旨集26ページの「④」の4つ目の「〇」)
〇 スポーツイベントやパブリックな場所での撮影のように、自由に撮影が許されている場所での撮影行為自体は取り締まることが困難であり、新たな罪を設ける場合には、撮影対象を絞るとともに、保護法益を個人的法益と考え、被害者が羞恥を覚えるようなものを処罰の対象に含めていくことが考えられる。
その上で、浴場の脱衣所、自分の家の中などのプライベートな空間での撮影を禁止する規定とすることは、撮影対象を絞り込む上で有効ではないか。

浴場の脱衣所、自分の家の中などのプライベートな空間での撮影を禁止する規定とすることが、撮影対象を絞り込む上で有効ではないかという意見がございまして、確かに撮影対象者がいる場所から絞り込みを行うというのは検討の余地があると思っています。

しかし、新たに規定するのであれば、撮影対象者が自宅等のプライベートな空間にいる場合以外も取り込んでいく方がいいと思っております。

というのも、保護法益を個人の性的自己決定とか尊厳だと考えると、プライバシー空間に限る必要がないと思われるからです。

保護法益との関係では、むしろ、被害者のいる場所ではなくて、これは以前の会議でも申し上げた気がしますが、撮影されたもの、具体的には、性的な部位とか、下着とか、性交等の姿態とか、そういうのを撮影した場合を処罰の対象とするという形がよいのではないかと思います。

ただ、写したもので規定をした場合に必ず出てくる問題としては、写り込みの問題があります。

例えば、有名な教会の前で記念写真を撮ろうと思ったのだけれども、階段に座っているスカートを履いた女性の下着が見えているというような場合に、わざわざその女性に声を掛けて、すみません、下着が見えています、隠してもらっていいですかなどと話し掛けるのは変なので、気にせずにそのまま写真を撮ってしまったような場合、あるいは、海水浴場で記念写真を撮りたいのだけれども、周りに海水パンツで上半身裸の男性が複数いて、全員に写真撮っていいですかという承諾を得るわけにはいきませんから、そのまま撮影したような場合、こういう場合を処罰対象から外すような規定にする必要があるかと思われます。

これにつきましては、現段階では、例えば、公衆の目に触れるような場所で撮影対象者が自ら露出している場合は除くとか、そのような形で限定を付けることで対応できるのではないかなと思っています。

最後に、発言のついでに申し上げますと、先ほどの金杉委員のお考えは、かなりもっともだというように思います。

ただ、むしろ、そのような状況が問題になるのは、刑法177条(強制性交等罪)・178条(準強制性交等罪)の罪がいつ成立するか分からないような条文になってしまった場合だと思われます。

そのことが理由となって証拠のビデオが要るということになるとすれば、むしろ証拠のビデオ側の問題というよりは、いつ成立するか分からない構成要件になってしまった刑法刑法177条(強制性交等罪)・178条(準強制性交等罪)の問題ではないかと思います。

そのため、むしろ、刑法177条(強制性交等罪)・178条(準強制性交等罪)を、一般人にも、どういう場合に処罰されて、どういう場合に処罰されないのかというのがはっきり分かり、証拠の写真は要らないことがきちんと分かるような構成要件にすべきではないかと思います。

これは、恐らく金杉委員もそういう趣旨も含んだ御発言だったと思います。

そうなるようにしっかり構成要件を作らなければいけないなと思った次第でございます。

——————————————————–

<22~23ページ>
2021年3月8日 上谷さくら 委員(弁護士)

処罰の対象となる行為ですけれども、私は「場所」に着目することは問題ではないかなと思っています。

どんな場所であっても、性的な姿態を撮ることは可能だろうと思います。

現に、東京都条例などは、場所はほぼ問わないことになっていると思われ、私はその条例の制定に携わっている人たちにも話を聞いており、その際、ここは含まれないという場所があるのですかと聞いたら、いや、全部網羅できていますと言われました。

本当にそのようなものがあるのかなと一瞬疑問には思ったのですが、「場所」の問題ではないと思いますので、撮影対象・撮影部位で絞っていくというのと、あと撮影方法をどうするのかという二点を組み合わせて作っていくことが必要かと思っています。

それから、先ほどの金杉委員の御意見なのですけれども、やはり性行為自体に同意していても、撮影自体に同意がないのに撮影されているということは、ほとんどの人が相当な苦痛を覚えるのではないかと思うのです。

ばらまいたら犯罪になると言われますけれども、ばらまかれなくても、そういう画像があって手元に持たれているということ自体、ほとんどの人が相当苦痛に感じるでしょうし、本人にばらまく意思がなくても、例えばウイルス感染したとか、携帯を落としたとか、思わぬところで拡散していく可能性もあるわけです。

付き合っているときに同意でそういった画像を撮っていたのだけれども、別れるときに消去してくれと言ったのに消去してくれない、いつ何をされるか分からない、ということで相談に来られる方もたくさんいらっしゃいます。

ですから、後で訴えられた場合のときのために保険に撮っておくのは仕方がないのではないかということについては、賛同できま
せん。

それから、リアルナンパアカデミーの事件ですけれども、あれはレイプのシーンを必ず動画に撮っていたのですが、その加害者の言い分は、後で問題になったときに和姦の証拠とするためであるというものでした。

一見理屈が通っているようではあるのですが、結局、それが決定的なレイプの動かぬ証拠となって立件されているわけですけれども、何かあったときにレイプではないことの証拠にするという口実で勝手に撮影することには、何らの正当性もないというのが私の考えです。

——————————————————–

この論議のつづきは、明日のブログでみてみます。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

性犯罪に関する刑事法検討会の事務局は、2021年4月12日に、取りまとめ報告書(案)を公開しました。
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」につきましても、「案」の段階とはいえ、一定の方向性がしめされています。
のなかから、「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」に関する部分を抜粋します。

(2021年4月12日 性犯罪に関する刑事法検討会 取りまとめ報告書(案)より、引用。)

<性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方>

(オ) 小括

以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、被害者の意思に反する
性的姿態の撮影行為を処罰する規定を設ける場合には、処罰の必要性のある範囲に限定するとともに、その要件の明確性に留意しつつ、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。
また、意思に反して撮影された性的姿態の画像を第三者に提供する行為など
処罰する規定を設ける場合も、同様に、適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである。

ご覧のとおり、処罰規定を設ける前提で記述がされています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(再掲。小括)
適切な構成要件の在り方について更に検討がなされるべきである

法制審議会から出てくる法案の叩き台を括目(かつもく)して待っています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。