【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(6)。法定刑の在り方。香西咲さんたちにAV出演を強要したやつらにふさわしい量刑は、無期懲役です

本日も、2021年3月8日におこなわれた法務省の第13回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録を参照します。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

(参考。当ブログ)
第13回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年4月29日(AV出演強要)
2021年4月30日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方①)
2021年5月1日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方②)
2021年5月2日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方③)
2021年5月3日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方④)
2021年5月5日(強制性交等の罪の対象となる行為の範囲)

本日は、
法定刑の在り方
についてみてみます。

法定刑の在り方

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<15ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

次に、「法定刑の在り方」についての検討に入ります。

この論点について、二巡目までの議論では、意見要旨集12ページから19ページまでにあるような御意見が述べられております。
御発言いただくに当たっては、どういう観点からの御意見であるかを明示して御発言いただきたいと思います。
御意見のある方は御発言をお願いします。
15分程度の時間を予定しております。

——————————————————–

<15ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

「法定刑の在り方」の「(1) 2名以上の者が現場において共同した場合について加重類型を設けるべきか」について、述べたいと思います。

前にもお伝えしており、意見要旨集の)15ページ「(3)」の常習的・継続的に犯行を繰り返していることとも関連してくると思いますけれども、このような集団で行われる加害の場合、スーパーフリーやリアルナンパアカデミーのように、犯罪の手口を教え、そして、それを継続している場合には、無期懲役を法定刑に含めた加重類型としてほしいということを求めます。

難しいのであれば、平成29年刑法改正前に集団強姦罪として規定されていたものを、文言として入れていただければと思います。
また、法定刑に関しては、被害者側としては重い罪と分かるようにできるだけ長く罰してほしいということを求めているところではありますけれども、それは、今のところ刑の長さでしか罪の重さというのを計ることができないからかと思っています。
私たち被害者にとって最も重要なのは、二度と同じ性加害を繰り返さないでほしいということです。

20年後に出所しても同じ犯行を繰り返しているような状態では意味がないと思います。

法定刑の検討のところでは難しいのかもしれませんけれども、治療プログラムなどによって再犯率が下がっているとも聞いていますので、治療刑なども含めた議論があってもよいのではないかと思っています。

露出やわいせつ電話を含めたアメリカのデータですけれども、一人の性犯罪者は生涯380人の被害者を出すともいわれています。
そのような習慣性が高い犯罪だということも含めた法定刑の在り方を考えていただければと思っています。

——————————————————–

<15~16ページ>
2021年3月8日 宮田桂子 委員(弁護士)

行刑なども含めた処罰の実態を先取りした形での量刑に関する議論は、若干危険であるように思います。

効果が高ければ、効果があれば短くていいのですか、という議論になる可能性もあり、それは、被害者の方々には不本意なことではないかと思います。

法定刑というのは、国民に対して、この行為にはこのような処罰を与えるという刑の重さを示すものです。

私は、平成29年の刑法改正時の議論の際に、法定刑の下限を上げることに反対をして、いまだにその意見は正しいと思っていますが、前回改正時の議論のときに、強盗罪との比較ということが言われました。

しかし、現在、暴行・脅迫要件に、威迫や欺罔といった恐喝や詐欺に当たるような要件まで含めて考えているのだとすれば、やはり、法定刑の下限を下げる余地も考えなければならないと思います。

性犯罪によるダメージが財産罪よりも大きいということはもちろん重々承知の上ですが、日本では財産罪の法定刑が重過ぎるという実情もあります。

しかも、以前から何度も申し上げているように、個別の事案を考えたときに酌量減軽があるからいいじゃないかという点については、今のような性犯罪に対する社会的な非難が非常に厳しい状況の下、酌量の余地のある殺人罪、酌量の余地のある放火罪というのはたくさんあるけれども、酌量の余地のある性犯罪というのはなかなかなく、非常に酌量減軽を得るのが難しくなっている。

意見要旨集17ページの「(4)」の「②」の3つ目の「〇」などで何度も繰り返し申し上げているところですけれども、

(参考。意見要旨集17ページの「(4)」の「②」の3つ目の「〇」)
〇 起訴前に示談が成立して起訴猶予となる事件は相当数あるが、他方、裁判における量刑判断では、行為類型が考慮の中心となるため、示談が成立したことのウエートが低く、かつ、性犯罪は犯情において酌量すべき事情がないことが多いことから、起訴後に示談が成立し、被告人が再犯防止のための入院医療等を誓約し、被害者が執行猶予でも構わないと言っている事案であっても、平成29年改正後はほぼ実刑となるというのが現場での体感であり、落差が大きい。
弁護人は、検察官から被害者の連絡先を教えてもらわなければ被害者と連絡が取れず、起訴前に示談のための働き掛けができない場合があることをも踏まえると、こうした落差は極めて不当

起訴前の段階で示談が成立すれば不起訴になるような案件が、起訴されるとほぼ実刑になっている現実を見ていると、刑を重く定めて国民に対してメッセージを送るという効果以上の副作用があるように思います。

——————————————————–

<16ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

酌量減軽についてなのですけれども、例えば尊属殺人が廃止されたきっかけは、ずっと父親から性虐待を受けていて、妊娠・出産させられていた娘が父を殺したからだと聞いております。

そのようにやむを得ない殺人というのはあるのかなということは想像しますけれども、やむを得ない性犯罪というのはないのではないかと私は考えています。

酌量すべき事情というのが、どのようなことを意味されているのか分からないのですけれども、それをもって重過ぎるのではないかということはいえないと思い、述べさせていただきました。

——————————————————–

<16ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見はございますか。先ほど山本委員からは、現場で複数の人間が共同して実行した場合には重い類型を作るべきだという御意見がございました。
その点につきましても、いかがでしょうか。

——————————————————–

<16ページ>
2021年3月8日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

前回の改正のときに集団強姦罪が廃止されたわけですが、それは、集団強姦罪という行為が悪質ではないという判断に基づくものでは全くなく、強制性交等罪の法定刑を引き上げた関係で、集団強姦罪についても、一般の強制性交等罪の中で適切に量刑評価を行えば足りるという選択に至ったものと承知しています。

個人的な感覚を申しますと、性行為を分担して実行している者については刑の減軽をする必要は乏しいと思うのですが、例えば、共同正犯の場合、見張り役など、グループの中で、やむなく消極的に性犯罪に関わったような者が含まれてくるわけです。

このような共犯者について、酌量減軽を行って執行猶予を付す可能性を残すべきかという点が、恐らく実務的には問題になり得るところであり、法定刑を検討する際にも一つの重要な視点となるような気がいたします。

——————————————————–

<16~17ページ>
2021年3月8日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

既に意見要旨集12ページから15ページまでに出ていることではあるのですけれども、集団による犯罪であるとか子供に対する犯罪であるとかで、強制性交等罪の法定刑を重くしてほしいとは思います。

しかし、それは殊更強く主張するわけではございません。

私としましては、ここの会議で話し合うことを超えていることを分かってはいるのですが、性犯罪の再犯防止においては、刑務所内でのプログラムだけではなく、社会内の処遇が重要であって、再犯を繰り返させないということがやはりとても重要であると考えております。

きちんと刑期を終えた上で社会に戻った後、再犯をさせないという意味で、社会内処遇、社会内での再犯防止のプログラムにどうつなぐか、そこにどう強制性を持たせるかということについては、どこか別の機会でもいいと思いますが、きちんと議論していただきたいなと思っております。

——————————————————–

<17ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

集団強姦などの場合に、見張り役の人とかは酌量すべき事情があるということを、議論のときに度々聞くのですけれども、被害者側からみれば、その人が見張りをしていたから逃げられないわけであって、被害者からみたら同じ加害者だと認識されるわけです。
集団強姦という被害のために何十年も精神科病院に入退院を繰り返して苦しんでいる人もいます。
見張りをする人は、その集団内での地位が低くていじめられている場合もあるという事情などは理解しますけれども、どうしてそれが酌量すべき事情になるのか、被害者としては納得できるものではないです。
被害者側からの意見として伝えさせていただければと思いました。

——————————————————–

<17ページ>
2021年3月8日 上谷さくら 委員(弁護士)

日本の刑法は法定刑に非常に幅があると思うのですけれども、それがうまく使えていないなというように考えています。

量刑が軽いと言われたり、法定刑の下限をもっと引き上げるべきという意見が出てきたりする背景には、それがあるような気がしています。

物すごく悪質な事案と、そこまでいかない事案の量刑が、判決でそれほど変わらないというか、これだけやっていてもこの程度なのかと思うことが非常に多いのです。

例えば、子供に対する犯行とか集団レイプのようなものの場合は、当然、当罰性が高くなると思うのですけれども、量刑としてはそれほど変わらないというのが実感でして、そこのところがもうちょっと、そこは柔軟にというのですかね、犯した罪に見合う刑を法定刑の範囲内で柔軟に科してほしいなと思っています。

——————————————————–

<17ページ>
2021年3月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

具体的に直接重い処罰をもたらすことに役立つ話ではないのですけれども、一つの観点として、集団の場合であるとか、あるいは常習性・継続性がある場合に、そういうタイプの性犯罪を行ったことが分かるような罪名にする、あるいは罰条にするということが手段として考えられるのではないかと思います。
もちろん、いろいろな御意見があることは分かりますけれども、伝統的な考え方に基づくと、やはり法定刑の下限を6年にとどめるのか、7年に上げるのかというのは、質的にかなり大きな違いがあります。
現状、既に6年以上の懲役になっているものに、更に加重類型を設けようとすると、無期懲役を足すか、あるいは6年を7年に引き上げるかという選択肢しかなくなってしまうわけですけれども、一つの方法として、現在は致死傷の場合に加重という形になっていますが、その加重事由として、致死傷とともに、集団で行ったとか、あるいは常習性があること、継続性があることを号として並べて規定して、そのうち一つ以上に当たる場合には法定刑が6年以上の懲役の加重類型に当たるという形で規定すれば、一応、7年以上の懲役まで引き上げることなく、しかし、集団性があるようなものについては、そういう犯罪であるということが条文の適用上示せるということになろうかと思います。

——————————————————–

<17ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

和田委員に御質問させていただきたいのですけれども、仮にそうなると、例えば、現場で共同して強制性交等を行った場合、現行法とは異なり、けがをさせなかった場合とけがをさせた場合との間で法定刑に差が生じなくなるということでしょうか。

——————————————————–

<17ページ>
2021年3月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

複数の号を適用するという点で差はありますが、法定刑は変わりません。
しかしながら、そのように罰条を目に見える形にすると、それが一つの類型として浮き上がってきて、量刑の相場も変わってくるということが間接的にはあるかなと思います。

——————————————————–

<17~18ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。
ほかに御意見ございますか。
よろしいでしょうか。
それでは、「法定刑の在り方」については、一通り御意見をお伺いできたと思いますので、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

本日頂いた御意見を含めて、これまでに三巡した議論の結果をまとめるとすると、次のようになるかと思います。

強制性交等罪に当たる行為のうち、特に犯情が重い場合があること、すなわち、第一に、二人以上の者が現場で共同した場合、第二に、被害者が一定の年齢未満の者である場合、第三に、常習的又は継続的な犯行に及んだ場合については、類型的に悪質であり、重く処罰されるべきものであることについては、委員の間での認識が共有されているものと思われます。

また、実務上、これらの事情は、量刑上、刑を重くする事情として考慮されていることについても、異論のないところだと思います。

その上で、立法論として、現行の5年以上の懲役という法定刑を引き上げるかという点につきましては、既に現行の法定刑自体が刑法典の罪の中でも相応に重い法定刑であるということを踏まえて、第一に、下限をこれ以上引き上げると、致傷結果が生じた場合には執行猶予が一切付せなくなるということになり、それは相当ではないのではないかという御意見がありましたし、第二に、上限を引き上げると、現行法上、有期刑の上限である懲役20年、併合罪加重されれば懲役30年までの科刑が可能であるわけですので、現行法の下でも適正な量刑ができていないわけではない、言わば引上げの立法事実があるのかという御意見があったかと思います。

次に、法定刑の下限の引下げについては、暴行・脅迫要件が緩やかに解釈されているという現状があること又は諸外国の法制との比較から、法定刑の下限が懲役5年であるのは重過ぎるという御意見もありましたし、強制性交等罪よりも評価の軽い類型を新設して法定刑を下げるべきであるという御意見も表明されたと思われます。

ただ、法定刑の下限の引下げの必要はないという御意見が強かったと思われます。

なお、この論点については、今日、宮田委員も御指摘されていましたけれども、暴行・脅迫の要件の緩和の問題、明確化の問題についての論点とも関連するであろうと思われます。

それでは、開会からかなり時間も経過しましたので、ここで10分休憩をしたいと思います。

——————————————————–

(再掲。宮田桂子委員【弁護士】)
しかし、現在、暴行・脅迫要件に、威迫欺罔といった恐喝や詐欺に当たるような要件まで含めて考えているのだとすれば、やはり、法定刑の下限を下げる余地も考えなければならないと思います

宮田委員は、強制性交等罪の「暴行・脅迫要件」に威迫や欺罔などの要件が新たに追加される、と予測しているようです。

(再掲。井田良 座長【中央大学教授】)
強制性交等罪に当たる行為のうち、特に犯情が重い場合があること、すなわち、第一に、二人以上の者が現場で共同した場合、第二に、被害者が一定の年齢未満の者である場合、第三に、常習的又は継続的な犯行に及んだ場合については、類型的に悪質であり、重く処罰されるべきものであることについては、委員の間での認識が共有されているものと思われます

(再掲。山本潤 委員【一般社団法人Spring代表理事】)
このような集団で行われる加害の場合、スーパーフリーやリアルナンパアカデミーのように、犯罪の手口を教え、そして、それを継続している場合には、無期懲役を法定刑に含めた加重類型としてほしいということを求めます

山本潤委員がおっしゃるように、この種の輩には、無期懲役の刑を科すことが必要です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

香西咲さん
2018年3月1日

仰る通り、組織的犯罪です。

AV出演強要犯にふさわしい量刑は、無期懲役です。
言わずもがな、ですが。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。