【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(5)。強制性交等の罪の対象となる行為の範囲。香西咲さんたち被害者の戦いが刑法を変えようとしています

2021年3月8日に、法務省の第13回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

本日は、13回目の検討会における
「強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」
の議論をみてみます。
検討会でのこれ以外の論議につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
第13回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年4月29日(AV出演強要)
2021年4月30日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方①)
2021年5月1日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方②)
2021年5月2日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方③)
2021年5月3日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方④)

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<12ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、次の「強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」についての検討に入りたいと思います。

この論点について、二巡目までの議論を簡単に整理させていただきますと、意見要旨集8ページから11ページまでにありますように、例えば、挿入されるものが男性器であろうと指であろうと、性具やその他のものであろうと、あるいは、挿入される場所が口腔、膣、肛門のいずれであろうと、いずれも強制性交等罪とすべきであるといった御意見が述べられている一方で、現行の刑法177条(強制性交等罪)・178条(準強制性交等罪)が男性器の挿入行為のみを対象としていることは不合理ではないのではないかといった御意見や、膣や肛門への挿入行為と口腔への挿入行為を区別することも考えられてよいといった御意見も述べられております。

また、強制性交等罪とは別の類型を設けて、強制性交等罪と同じ法定刑により処罰する方法があるのではないかといった御意見、あるいは強制わいせつ罪と強制性交等罪の中間に位置する法定刑によって処罰することも考えられるのではないかといった御意見も述べられております。

以上のことを踏まえますと、本日の議論に当たりましては、強制性交等罪の対象となる行為の範囲を広げる場合であれ、別の類型を設ける場合であれ、挿入の対象に口腔を加えるかどうかといった点を含めて、それらの規定の対象となる行為の範囲をどのように決めるかという問題と、強制性交等罪の対象となる行為の範囲を広げるか、それとも別の類型を設けるか、もし別の類型を設けることとした場合には法定刑をどうするかという問題と、それから、挿入する行為と挿入させる行為の関係を再整理するとなりますと、いわゆるジェンダーニュートラルという要請についてはどのように考えるかという問題、これらを意識しながら議論を行う必要があると思われます。

このような観点を踏まえつつ、御発言をお願いいたしたいと思います。
御意見のある方は御発言をお願いします。
20分程度の時間を予定しております。

——————————————————–

<12~13ページ>
2021年3月8日 小島妙子 委員(弁護士)

意見要旨集10ページの「④」の下から一つ目の「〇」と、11ページの「⑤」の「〇」に関連して、意見を申し上げたいと思います。

(参考。意見要旨集

<10ページの「④」の下から一つ目の「〇」>
〇 膣や肛門への挿入については、それ自体に性的意味があり、何を挿入するかにかかわらず強制性交等罪と同等の当罰性があるといえるのに対し、口腔の場合は、挿入するものにより性的意味合いが異なることから、当罰性があるのは、性的意味合いがあるものを挿入する場合に限定されると思われる。
そのような限定の下では、身体の一部や物の挿入は、男性器の挿入より被害が軽いとはいえないから、法定刑は現行法と同じでよい。

<11ページの「⑤」の「〇」>
〇 現行法では、男性器を挿入させる行為は強制性交等罪の対象となるところ、物の挿入も対象とすると、例えば、少年に性具を持たせて女性器に挿入させる行為についても女性側に同罪が成立することとなるが、その場合の少年の被害が男性器を挿入させられる場合と同程度といえるかは悩ましく、物を挿入する行為と挿入させる行為とを同様に処罰する規定を設けることには無理があると思われる。
他方で、強制性交等罪において、挿入する行為に限り処罰することとすると、現在処罰されている男性器を挿入させる行為が処罰されなくなるのは問題なので、男性器を挿入する行為も挿入させる行為も処罰する現行の強制性交等罪と、物を挿入する行為のみを処罰する新たな罪とに分けて規定することが考えられる。

強制性交等罪の処罰範囲の拡張については、挿入する行為なのか、挿入させられる行為なのかという行為態様の問題と、座長がおっしゃったように、口腔なのか肛門なのか膣なのかという場所の問題と、何を挿入する・させる行為なのかという客体の問題、つまり、手、指、舌など身体の一部なのか、物なのかという問題を、場合分けして検討すべきではないかと考えました。

なぜなら、身体の境界線の侵襲には、3つの要素の組合せによって違いがあるのではないかと考えるからです。
様々な御意見があると思いますけれども、私見を申し上げます。

まず、挿入する行為については、場所が膣や肛門である場合は、手、指、舌、物のいずれを挿入する場合も強制性交等罪と同様の当罰性があると考えます。
口腔については、強制性交等罪と同等の当罰性がある場合とは、性具など性的意味合いのあるものを挿入する場合に限定されると思います。例えば、口にバナナを入れるような行為は含まれないと考えます。
一方で、挿入させられる場合、男性性器を挿入させられる場合は現行法上も強制性交等罪に当たるわけですけれども、それ以外の挿入させられる場合については、膣とか肛門に舌を挿入させられる場合に限って、強制性交等罪と同様の当罰性があると考えました。
なぜなら、舌を入れさせる行為というのは、体の一部の粘膜が接触するという意味で、ほかの場合とは身体の侵襲性に違いがあるのではないか、男性性器を挿入させられる場合と同様に処罰してもよいのではないかと考えました。
強制性交等罪と同様の当罰性がある行為については、法定刑も同じで良いと考えました。
ここから漏れる行為については、強制わいせつ行為ということで処罰したらいかがかと考えました。

——————————————————–

<12~13ページ>
2021年3月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

意見要旨集の「⑤」に書かれていることと重なることではあるのですけれども、

(参考。意見要旨集
<11ページの「⑤」の「〇」>
〇 現行法では、男性器を挿入させる行為は強制性交等罪の対象となるところ、物の挿入も対象とすると、例えば、少年に性具を持たせて女性器に挿入させる行為についても女性側に同罪が成立することとなるが、その場合の少年の被害が男性器を挿入させられる場合と同程度といえるかは悩ましく、物を挿入する行為と挿入させる行為とを同様に処罰する規定を設けることには無理があると思われる。
他方で、強制性交等罪において、挿入する行為に限り処罰することとすると、現在処罰されている男性器を挿入させる行為が処罰されなくなるのは問題なので、男性器を挿入する行為も挿入させる行為も処罰する現行の強制性交等罪と、物を挿入する行為のみを処罰する新たな罪とに分けて規定することが考えられる。

ここでは、性具を挿入させる行為が陰茎を挿入させる行為と同等の当罰性を有するといえるかどうか悩ましく、物を挿入する行為と物を挿入させる行為とを同様に処罰する規定を設けることには無理があるのではないかという意見が示されているところです。

具体的に考えてみますと、やはり、被害者に性具を持たせて加害者の膣に挿入させたという場合には、被害者側の感覚を考えたときに、もちろん、性的な接触を感じる場合もあるとは思いますが、必ずしも性交等と同等の性的な接触が起きたとは感じられない場合も含まれるように思われます。
ですから、加害者が性具を被害者の膣に挿入した場合と全く同じように、一律に性的接触の経験を強いたということで同じような処罰をすることは、やはり難しいであろうと思われるわけです。

したがいまして、身体の一部や物の挿入行為を強制性交等の罪の対象とするか、あるいは、強制わいせつ罪の加重類型とするかはともかく、いずれにしましても、身体の一部や物を挿入させる行為について、一律に同じような処罰の対象とするのではなく、その中で重い処罰に値するものを、どのような根拠に基づいて切り分けることができるかを分析した上で切り出すという作業をどうしてもしないといけないのではないかと思います。
今、小島委員が示されたような具体的な仕分というのは、そういう作業に対応するものだと思いますので、非常に有益な作業だと思いますが、この中でどの場合を重い類型にするのかについて、もう少し具体的に議論して合意をしていくということが必要だと思います。
人によって感覚がかなり違うのではないかと思われます。
小島委員の意見を前提に言えば、舌を口に入れさせられる行為についても粘膜と粘膜の接触がありますので、私は、舌を膣・肛門に入れさせられる場合だけでなく、口に入れさせられる場合も同じ扱いをしてよいのではないか、その前提として強制的に舌を口に入れる行為も重い類型でよいのではないかと個人的には感じるところです。
もっとも、この辺りはどの辺りが一般的な感覚なのかよく分かりませんし、犯罪の重さは被害の大きさだけで決まるものでもありませんので、なお議論を続けていくことが重要だと思いました。

——————————————————–

<13~14ページ>
2021年3月8日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

恐らく、これまでの議論におきまして、膣又は肛門に身体の一部や物を挿入する行為につきましては、強制性交等の罪の対象にする、あるいは同罪と同等の当罰性がある別罪として処罰の対象とするということについては、皆様の意見が一致しているのではないかと認識しております。
これに対して、一番問題なのが、口腔に性器以外のものを挿入する行為で、取り分け物を入れるような行為については、かなり皆様も悩まれているのではないかと思います。

確かに、口はふだん衣服に隠されている場所ではありませんので、性的な要素がそう強くない部位ですし、そもそも物を入れて咀嚼して食べる部位ですから、ここに物を入れるような事案について、そこまで当罰性が高いものがないのではないかという理解には一定の説得力があるとは思います。

ただ、もしも現行の強制性交等罪の対象を広げるという形ではなく、物等の挿入行為を強制性交等罪と区別して規定して、その上で、物等を挿入した場合の法定刑の下限だけを強制性交等罪よりも下げることとするのであれば、口腔内への挿入についても併せて規定してもいいのではないかと考えております。

それは、例えば性器を模した物の口腔内への挿入ということを考えた場合に、その物がきれいな状態であればまだよいのですが、一度行為者や第三者が口腔、膣、肛門で使用した後に口腔内に挿入されたような場合を考えると、かなり侵襲性は高いですし、性交類似のように思われますので、このような事案については、口腔内への挿入も性交等と同程度の侵襲性があると考えていいのではないかと思われます。

ただ、口腔内への侵襲が膣や肛門の場合と比べて侵襲性の低い場合が多いというのは、おっしゃるとおりだと思いますので、法定刑の下限は下げつつ、上限を同じにすることで、侵襲性が性交等と同じようなものに対処できるようにしておくことが重要なのではないかなと思っているところでございます。

——————————————————–

<14~15ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見はございますか。この点についてはひとまず検討が尽くされたという感じでございましょうか。

それでは、一通りの御意見をお伺いできたようですので、この強制性交等の罪の対象となる行為の範囲についての議論はこの辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

若干のまとめを試みるとすれば、膣や肛門に身体の一部や物を挿入する行為は、現行法上、強制わいせつ罪に当たることになっていますけれども、その行為の中には性交等と同程度の侵害といえるものがあるのではないかという点については御意見がほぼ一致していたと思われます。

ただ、その上で、法改正が必要かということになりますと、法改正が必要であるとする意見が強く主張されたと思いますが、そうした場合も強制わいせつ罪の適用によって適切に処罰できるため、改正の必要は必ずしもないという御意見も一部にあったと思われます。

また、口腔への挿入については性交等と同等に扱うべきという御意見もありましたが、口腔自体には性的要素がないことから、別に考える必要があるのだという御意見が多数であったように思われました。

さらに、被害者が他人の身体の一部や物を体内に挿入されるというケースと、被害者に被害者の指や被害者の手に持たせた物を加害者の体内に挿入させるというケースでは、被害の大きさが異なるのではないかという御指摘がなされ、これに対しては特段の反論はなかったと思われます。

ただ、取り分け、舌を加害者の膣・肛門内に挿入させる行為については、被害が大きいという御意見も一部にあったところです。

以上のことを前提としますと、平成29年改正後の刑法177条(強制性交等罪)が、膣、肛門、口腔を同等に扱っていて、かつ加害者側が挿入する行為と被害者側に挿入させる行為を同等に扱っていることとの関係で、第1に、口腔への挿入をどういう扱いにするか、第2に、加害者側が挿入する行為と被害者側に挿入させる行為を同等に扱うことに一部例外を設けるかどうか、もしそうした区別を行うとすれば、その理論的根拠は何かということが法改正に当たっての課題になるものと考えられます。

また、改正する場合における具体的な規定の方法としては、強制性交等罪における性交等の範囲を広げる方法、強制性交等罪と同等の別類型を設けるという方法、強制わいせつ罪と強制性交等罪の間の中間的な類型を設けるという方法の3つの方法があることが御指摘、あるいは御提案されたと思います。

次に、「法定刑の在り方」についての検討に入ります。

——————————————————–

この議論から1か月余りが経過した2021年4月12日、同検討会は、取りまとめ報告書(案)を公開しました。

(再掲。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中

第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

取りまとめ報告書(案)に記載されている「強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」の記述を参照します。

(2021年4月12日 性犯罪に関する刑事法検討会「取りまとめ報告書(案)」より、引用。)

<強制性交等の罪の対象となる行為の範囲>

(エ) 小括

以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、身体の一部や物の挿入を強制性交等の罪の対象とし、あるいは、強制わいせつの罪より重い新たな罪を設けてその対象とすることについては、その要否・当否を検討した上で、改正をする場合には、挿入するものや挿入する部位の性質等に鑑み、その当罰性・悪質性に応じた処罰が可能となるよう、適切な構成要件や法定刑の在り方について更に検討がなされるべきである。

このあと、法制審議会は、どのような法案の叩き台を提示するのでしょうか。
楽しみです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

性犯罪者は我が世の春を謳歌しています。
間もなく終焉を迎えます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。