【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(5)。暴行、脅迫、抗拒不能要件④。香西咲さんたちにAV出演強要をおこなったAV業界の淘汰が近づいてきました

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、鋭意、刑法改正の審議を進めています。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

上述のとおり、同検討会の議事録は、現在、2021年3月8日のぶんまで公開されています。
本日も、同検討会で話し合われた「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」についてみてみます。

(参考。当ブログ)
第13回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年4月29日(AV出演強要)
2021年4月30日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方①)
2021年5月1日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方②)
2021年5月2日(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方③)
——————————————————–

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方④(※

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<10ページ>
2021年3月8日 宮田桂子 委員(弁護士)

明確化をしたとしても難しい問題が残るという点について、法律的な問題については今までほかの委員の方が述べたところとほとんど重なるので割愛しますが、裁判において争点整理をするときの問題について、一言述べたいと思います。

性犯罪について、争っている事件では、相当数、無罪の事件も出ているし、裁判が長期化するという問題が起こります。
それはなぜかといえば、刑法177条(強制性交等罪)では

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

暴行・脅迫に比肩するような被害者の抵抗が困難になる状態があったのかどうかについて、刑法178条(準強制性交等罪)
では

(参考。刑法)
178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

被害者が客観的あるいは心理的に抗拒不能な状態になるような具体的な状況があるかどうかについて、今、正に上谷委員がおっしゃったように、被害者と加害者の関係はどうであったのかとか、あるいは事件が起きた時間はどうだったのかとか、場所はどうだったのかとかといった、様々な間接事実による主張・立証が必要になります。

例示をした上で受皿要件を付けるという点ですけれども、

(参考。小島妙子委員【弁護士】)
当罰性がある不同意性交について、現時点でコンセンサスが得られるような行為態様や被害者の状態を構成要件に例示列挙すること、すなわち、類型化して個別に規定を設ける必要があると考えます。
これと併せて、不同意性交に対する当罰性の判断は、時代とか人々の意識、社会の変化に応じて変化するものだと考えておりますので、今後の判例法理の展開を見越して受皿規定を設けておくべきだと考えます。
受皿規定としては、例えば、「その他意に反する」とか、「その他意思に反する性的行為」という規定ぶりが考えられると思います

まず、受皿要件の前に、この条文のどの例示に当たるのかが、問題になります。
要件に該当しても、間接事実による主張・立証が必要な場合もあるでしょう。

その次に、例示に当たらないのだとすれば、「その他」に該当する行為は、被害者の心理に対してどういう影響を与えたのか、あるいは、その影響を与えたということがどのような事情によって推認できるのか、例示されたような事実と同じような影響があったといえるのか等というところで、争点の整理が恐らく大変になるのだろうと感じます。

特に、「その他」に該当する行為という、受皿のところで勝負をするということになると、正に間接事実による立証をどのように行っていくかという難しさが出てきますから、起訴も大変でしょうし、検察官の方がうまく整理できていなければ、無罪が出る可能性もあるでしょうし、裁判所の判断の違いも出てくる可能性があるだろうと思います。

また、そのように判断のばらつきが出るとすれば、何よりも、本来であれば無罪となるべき人が、起訴されて犯罪人扱いされてしまうということにもつながりかねないと思います。

そういう意味でも、要件を定めるときの明確性は非常に重要だと思いますし、前回、私の述べたところでございますが、現在の裁判例でどのようなものが処罰されているのかについての整理の作業をもう一度きちんと行っていくことが必要であるように思います。

——————————————————–

<10~11ページ>
2021年3月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

酩酊に関して少し申し述べたいと思います。

2019年3月の福岡地裁久留米支部の判決においては、被害者が酩酊しているにもかかわらず、まばたきをしたとか身じろぎをしたということで、加害者が誤信した可能性があると言われ無罪となっています。

(※注 第2審の福岡高裁は、加害者に対して懲役4年の実刑判決を言い渡しました。)
2020年2月5日 朝日新聞 「抗拒不能を認識」と故意認定 準強姦罪、二審は有罪に

(参考。当ブログ)
2020年2月7日

(※注 加害者は、最高裁に上告しました。現在、審理中です。)
2020年2月14日 毎日新聞 福岡準強姦事件 被告の男が上告 高裁で逆転有罪

医療者から見たら、意識が低下している人は介助の対象であるのですけれども、加害者が同意していると誤解したと言えば、同意と思われてしまう。

先ほどから、抵抗を困難にするとか、抵抗できない状態であることが認められればというお話も出てきていますけれども、被害者や支援の場では、被害を訴えても現場の警察官などから、抵抗していないでしょうとか、あとは、連れ込まれた場合でも、二人で部屋に入ったでしょうというようなことを言われて、同意でしょうなどと言われてしまうことが起こっています。

同意とは何か、同意があり得ないということはどういうことなのかということを定めてほしいと思います。

また、抵抗を前提にするのではなく、「その他同意を得ずに」などにしていただけた方が、私たちとしては、受皿として、きちんとそのような不同意の徴表といわれる性犯罪を拾えるのではないかと思っています。

——————————————————–

<11~12ページ>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかにございませんか。予定された時間をすでに超過しておりますが、とても大事な論点ですので、もしほかにあればどうぞ御発言をお願いします。よろしいでしょうか。
それでは、これ以上御意見はないようですので、この「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」についての議論は、ここまでとさせていただきたいと思います。

今日の三巡目までの議論を要約するのは、なかなか難しいことですけれども、これまでの議論で、いわゆる自発的に参加していない者、要するに「Yes」を表明していない人に対する行為を刑法上の処罰の対象にすべきなのだという点については、賛成・反対の両方の意見があったと思いますけれども、基本的な考えとして、被害者の意思に反して性交等を強いる行為が処罰を免れてはならないということについては、異論はなかったと理解しております。

他方、被害者に虚偽の結婚の約束をして性交に同意させたようなケースや、お金を払うという約束をして同意させたようなケースは、刑法で処罰の対象とすべき行為ではないということについても合意があったと思われます。

立法に当たっての課題ということになりますと、処罰すべき不同意性交等の行為をどのような言葉を用いて構成要件化すればよいかということになりますが、単に「意思に反して」と条文に書く、あるいは「意思に反した性交等」という形で条文に書くとすると、これまでの判例の理解、すなわち、性犯罪以外の他の犯罪類型についての意思に反することの意味に関する一連の最高裁判例の理解を前提とする限り、広きに失することとなりはしないか、取り分け、動機の錯誤を生じさせた事案等の処罰すべきでない行為がそこに入ってきてしまう、そういった処罰すべきでない行為が入らないようにするためにはどういう規定がよいのか、これが議論の焦点とされるべき問題であると考えられます。

そのために、現在、判例で示されている、被害者の抗拒を著しく困難にするといった要件を条文に書き込むのがよいのではないかという御意見も一部にありましたが、むしろ、様々な手段や被害者の状態を条文上に列挙すべきであるという御意見が強かったと思われました。

列挙という方法に対しては、一部に懐疑的な御意見もあったと思われますけれども、運用のばらつきをなくし、また、運用を安定させるために、あるいは処罰の対象を明確化するためには適切であるという御意見が多くの委員から述べられたと思います。

ただ、そうした列挙という方法を用いる場合には、2つの問題が出てくるように思われます。

1つは、列挙する事項をどういうものにするかは相当慎重に検討した方がよろしいだろうということ、もう一つは、全ての場合を過不足なく列挙することはなかなか困難なので、例示列挙にするほかないということです。

そして、例示列挙にするとして、その際、必ずしも不同意と直ちにイコールで結べないものを列挙するとすれば、列挙した手段・状態を包括するような、そして、列挙されたそれぞれの事項の言わば解釈基準となるような抽象的要件が更に必要であるということが指摘され、その要件としては、意思に反する性的行為ということでは不十分だという意見が多くの委員から表明されています。

そのため、それをどのように書くか、このことが立法上の課題とならざるを得ないというように思われた次第であります。

それでは、次の「強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」についての検討に入りたいと思います。

——————————————————–

(再掲。井田良 座長【中央大学教授】)
基本的な考えとして、被害者の意思に反して性交等を強いる行為が処罰を免れてはならないということについては、異論はなかった

(再掲。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

2021年4月12日に性犯罪に関する刑事法検討会は、取りまとめ報告書(案)を公表しました。
「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」に関する部分を参照します。

2021年4月12日 取りまとめ報告書(案)

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

(2021年4月12日 第15回性犯罪に関する刑事法検討会 取りまとめ報告書(案)より、引用。)

<10ページ>

(オ) 小括

以上の議論を踏まえると、今後の検討に当たっては、処罰の対象とすべき意思に反する性交等を過不足なく捕捉することのできる規定とする観点から、現行の構成要件を明確化する場合には、当罰性があるのに処罰されない行為があるとされる原因が構成要件にあるか否かを見極めつつ、より安定的な運用がなされることにも資するよう、行為者が用いる手段、被害者の状態を列挙することや、列挙された手段・状態の実質的意味を示す包括的な要件を設けることなど、規定の在り方について更に検討がなされるべきである。
その際、処罰範囲の外延を明確にする必要があることや、現行法の暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の解釈との関係、認定の難易等の実務への影響にも留意する必要がある。

性犯罪者を捕獲する法の網の目が狭まることはまちがいありません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

上述の取りまとめ報告書(案)のなかには、AV出演強要に関する記載もあります。
一部を抜粋します。

(2021年4月12日 性犯罪に関する刑事法検討会 取りまとめ報告書(案)より、引用)

いわゆるアダルトビデオへの出演の強要については、性的行為と撮影行為が密接不可分の関係にあり、性的行為の同意の有無に疑念が生ずる事例が含まれていることから、まずは、強制性交等罪や準強制性交等罪の適用の問題として、暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件についての議論を踏まえることが必要であるし、ひそかに撮影する類型や強制性交等の犯行状況を撮影する類型等について議論した上で、更に別の要件を設ける必要があるかを検討すべきであるといった意見が述べられた。

このあとの審議は、法制審議会でおこなわれます。
法制審議会では法案の叩き台がつくられます。
AV出演強要で成り立っているAV業界の淘汰は必定です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。