【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(3)。一刻も早く、香西咲さんたち女性を食い物にしているAV業界人と不良精神科医の跋扈に歯止めをかけてほしいものです

本日も昨日にひきつづき、2021年3月8日の第13回性犯罪に関する刑事法検討会における「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」の議論をみていきます。

(参考。法務省の性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

——————————————————–

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方(※昨日のつづき)

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<5~6ページ>
2021年3月8日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

小島委員のおっしゃるように、

(参考。小島妙子委員)
当罰性がある不同意性交について、現時点でコンセンサスが得られるような行為態様や被害者の状態を構成要件に例示列挙すること、すなわち、類型化して個別に規定を設ける必要があると考えます。

できる限り例示列挙していただきたいというのはそうなのですけれども、性交を強要する場合の人の言動や状態は本当に多様でして、例示列挙したとしても、必ず取り残されるというか、取り落とされるものがあると思います。

そのため、小島委員の、「その他意に反した」という要件を入れることに賛成です。

(参考。小島妙子委員)
これと併せて、不同意性交に対する当罰性の判断は、時代とか人々の意識、社会の変化に応じて変化するものだと考えておりますので、今後の判例法理の展開を見越して受皿規定を設けておくべきだと考えます。
受皿規定としては、例えば、「その他意に反する」とか、「その他意思に反する性的行為」という規定ぶりが考えられると思います。

どの要件にも当てはまりにくいものについて、個別に判断できる余地を残していただきたいと思っております。

性的同意について客観的手掛かりがないと難しいという、いろいろな御意見を伺っておりますが、世界的には、学術的に知見とか定義というのは積み上がっているものでして、それらが客観的手掛かりを考える手だてになると考えられます。
そうしたことを学び、取り入れて、御判断いただきたいと思っています。

もちろん、性的同意についての社会の認識というか、人々の認識がどうかということが、裁判などにおいては大切だということは分かっておりますが、皆様お感じになっていらっしゃると思いますけれども、社会の性的同意に関する意識は、本当にここ1、2年であっても随分と変わってきています。
物すごいスピードで変わってきているということを感じています。

そして、これは、これからも変わっていくと考えられます。
その場合、もう一度法改正をすればよいとお考えになるかもしれませんし、必要ならばそうすべきだとも思うのですけれども、変化の最中にその変化にできる限り対応できるように考えていただきたいと思っております。

——————————————————–

<6~7ページ>
2021年3月8日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

小島委員の御提案について、一言申し上げたいと思います。

小島委員の御提案については、既に意見書を頂戴しておりまして、その内容も踏まえて私なりに理解いたしますと、基本的には行為態様による類型化、被害者の状態に関する類型化を行うが、これらの類型化された事情は被害者の不同意を推認する事情であり、これらの事情に該当する場合には不同意が推認されて性犯罪を構成する、しかし、列挙された行為態様や状態に関する要件に該当しない場合であっても、受皿的な要件である「その他意に反する性的行為」に該当する場合には、性犯罪の成立を肯定するという御趣旨であると理解しました。

このような理解を前提として、意見を申し上げたいと思います。

このような規定を設ける際の課題としては、2つの問題があるように感じております。
順次申し上げます。

第1に、例示されている個別的要件の意義です。

私の理解では、行為態様や被害者の状態に関する個別的要件は、現行法の暴行・脅迫要件と同様に、被害者の意思に反する性行為であることの徴表であり、意思に反することを推認させるものですので、推認を正当化できるだけの内容・性質を有することが不可欠であると思われます。
そうしますと、これらの要件については、列挙された文言どおりの内容で解釈するのでは不十分であって、更に限定解釈する必要があるように思われます。

以下、具体的に申し上げます。

行為態様につきましては、先ほど御指摘がありましたけれども、暴行要件については、小島委員の御提案が「威力」、「威迫」、「不意打ち」等を併せて規定していることともあいまって、性行為に通常随伴する有形力の行使では不十分であって、更に強度の暴行であることを要求する趣旨の限定解釈が必要になってくると思われます。

また、「欺罔」、「偽計」についても、金銭を支払うとだましたり、結婚すると偽ったりした場合などは処罰範囲から除外する必要があると考えるならば、これについても一定の限定的な解釈及びその根拠を示す必要があります。

さらに、被害者の状態に関しても意見を申し上げます。

「酩酊」、「薬物の影響」が御提案されておりますけれども、もちろん、これらは、それによって被害者が抵抗困難な状態になる場合があり得ますし、そのような場合には当然に性犯罪を構成すべきですが、多少アルコールや薬物の影響があるという程度であるならば、それだけで意思に反することまでを推認することは困難であるように思います。

「疾患」や「障害」についても、前回の会議で議論があったように、その程度・内容は多様であって、不同意を推認できるのはその一部に限られてくるように思われます。

小島委員が不同意を推認させる事情を列挙されるのは、実務に対して明確で具体的な指針を示そうとする御趣旨だと思われ、それ自体は正当な方向であると思うのですが、これらの事情を列挙するだけではやはり不十分であって、その具体的内容を更に限定する作業が不可欠であるように思います。

そして、これらを全て裁判例の集積に委ねるというのは、一つの決断であると思いますが、当面の間は裁判実務にとって負担が掛かるだけではなく、一定の安定した判断・解釈が定着するまでの間、裁判所によって結論がぶれるなど、被害者の方にも御負担が掛かるように思われます。

第2に、受皿要件としての「その他意に反する」という文言についても意見を申し上げます。

恐らく、このような文言の要件を御提案されるのは、行為態様や被害者の状態を列挙しても漏れが生ずるおそれがあることから、包括的な要件を設けることによって処罰の間隙を防ぐという趣旨かと理解いたしました。

そのような問題意識自体は十分に理解できます。

もっとも、そのような限界事例については、列挙された行為態様や状態に該当しないわけですので、通常の場合以上に、意に反するか否かの限界を明確に設定する作業が必要になります。

そして、前回も申し上げた点ですが、人間の心理状態や意思決定は単純なものではなく、いろいろな葛藤、悩み、思わく、あるいは打算等の過程を踏まえて一定の決断に至るわけですので、どこまでを意に反すると評価できるかは必ずしも明確ではありません。

更に申しますと、「その他」という文言を用いて受皿要件を設ける場合には、列挙された個別の要件と基本的には同質のものを規定することが必要ではないかという疑問があります。

すなわち、小島委員の案では、行為態様や被害者の状態に関する事情が列挙されておりますので、むしろ受皿の文言としては、行為態様や被害者の状態に関する包括的要件として規定する必要があるように思われます。

例えば、行為態様について、
その他被害者が性行為を拒絶することを困難とするような行為」、
状態についても、
その他性行為を拒絶することが困難な心理状態
など、その規定内容に対応した受皿要件を設けることが、規定形式という観点からも適当であるような印象を持ちました。

——————————————————–

<7ページ>
2021年3月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

準強制性交等と準強制わいせつの類型との関係で考えられる規定の在り方に関する意見です。

現行の心神喪失・抗拒不能の要件については、既にお話に出ていますように、包括的でいろいろ拾えるというメリットがある反面、不明確であるという問題がありますので、手段や原因を例示することに一定の意義があるだろうと思います。

その際の具体的な方法ですけれども、これまでの裁判例で認められてきた手段・原因の中から典型的なものを選択して例示するという方法があると思います。

具体的にみてみますと、資料13「性犯罪に係る裁判例調査」によれば、準強制性交等罪において心神喪失・抗拒不能の原因として認定された事情を多いものから順に並べますと、「飲酒による酩酊」・「飲酒による熟睡」が合計29件、それから、「薬物の作用」・「薬物の作用による熟睡」が合計18件、さらに、「行為の意味について誤信」が6件、そして、「知的障害」・「被害者の知的障害と加害者との関係性」・「被害者の認知症」が合計5件などとされていますので、

(参考。資料13「性犯罪に係る裁判例調査」)

<15~16ページ>
(2)心神喪失又は抗拒不能の原因
有罪判決において認定された心神喪失又は抗拒不能の原因は,以下のとおりであった。
〇 飲酒による酩酊 28件
〇 飲酒による熟睡 1件
〇 薬物の作用 17件
〇 薬物の作用による熟睡 1件
〇 被害者の知的障害 3件
〇 被害者の知的障害と加害者との関係性 1件
〇 被害者の認知症 1件
〇 継続的な虐待(性的虐待,身体的虐待を含む。) 2件
〇 加害者との関係性及び継続的な性的被害 1件
〇 行為の意味について誤信 6件
〇 誤信と畏怖・困惑 1件
〇 熟睡 3件
〇 熟睡と覚醒後の驚がく・畏怖・困惑 2件
〇 畏怖・困惑 1件

これらを参考として、例示すべきものを選択するという方法が具体的に考えられるだろうと思います。

ただ、1点、注意が必要だと思いますのは、今挙げたもののうち、例えば飲酒や薬物の影響下にあるということについてみましても、それだけでは、心神喪失・抗拒不能とは限らないということです。

今挙げたような事情を例示するとしても、そういう手段や状態と、それから心神喪失・抗拒不能あるいはそれを表現し替えたものとを結び付けるような要件が必要であろうと思います。

——————————————————–

この議論のつづきは、明日のブログでみてみます。

(再掲。齋藤梓 委員)
皆様お感じになっていらっしゃると思いますけれども、社会の性的同意に関する意識は、本当にここ1、2年であっても随分と変わってきています。物すごいスピードで変わってきているということを感じています

刑法の性犯罪の規定も、大幅に変わろうとしています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

一刻も早く、AV業界人と不良精神科医の跋扈に歯止めをかけてほしいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。