【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(2)。香西咲さんたちを蹂躙したAV業界人や不良精神科医には、これからどのような不幸がやってくるのでしょうか

先日、法務省の刑法改正を審議する検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)の13回目の議事録が公開されました。
昨日は、同議事録のなかからAV出演強要に関する部分を参照しました。

(参考。当ブログ)
13回目の議事録に記載されているAV出演強要に関する部分>
2021年4月29日(※昨日)

13回目の検討会の議題は以下のとおりです。

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<1行目>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは早速、議事に入りたいと思います。

前回の会合から三巡目の検討に入っておりますが、本日は、まず、前回会合において検討の途中で終了の時刻となった論点である
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方
について議論し、次いで、意見要旨集の8ページの
5 強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」、
12ページの
6 法定刑の在り方」、
20ページの
7 配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方」、
24ページの
8 性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方
について議論した上で、最後に、その他の実体法に関する論点についても御意見を伺うこととしたいと思います。

本日も、基本的に意見要旨集に沿って議論を進めることとし、一巡目・二巡目よりも更に踏み込んだ議論を相互にかみ合う形で行うことを目指したいと思います。

本日は、
「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」
に関する論議をみてみます。
ちなみに、AV出演強要と同じく、この問題につきましても一定の結論が出ています。
まだ、「案」の段階ですが。
内容を知りたいかたは、2021年4月12日に出された
取りまとめ報告書(案)
をご覧ください。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

——————————————————–

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<1~2行目>
2021年3月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

早速、「暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方」についての検討に入ります。

前回の会合では、一定の年齢未満の者を被害者とする場合など、特定の類型を念頭に置いて、その処罰規定の在り方について議論し、その後、一般的・包括的な観点から、暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について議論を開始し、その途中で今回の会合に持ち越しとなりました。

前回の会合の終盤に、意見要旨集の2ページや3ページにありますように、相手の「No」を尊重しない加害者の責任を追及するような不同意性交等を処罰する規定が作られることを望むという御意見があり、他方、被害者の意思に反する性行為を処罰する必要があることは当然であるが、不同意自体を構成要件とするのではなく、行為態様や被害者の心理状態を具体的に規定することによって、被害者に不当な影響を及ぼし、その意思決定をゆがめたと評価できる場合を捕捉できる構成要件とすることが好ましいといった御意見も述べられました。

これらの御意見も踏まえつつ、御発言をお願いいたします。
この論点については30分程度の時間を予定しております。

——————————————————–

<2~3ページ>
2021年3月8日 小島妙子 委員(弁護士)

意見要旨集)の3ページの1つ目の「〇」、6ページの「②」の1つ目の「〇」について意見を申し上げたいと思います。

(参考。意見要旨集

<3ページの1つ目の「〇」>
〇 不同意であるか否かは、内心の要素にとどまらず、それを徴表する具体的な行為との関連で判断しなければならないし、不同意のみを要件とすると、錯誤により被告人の故意が阻却されるおそれがあるので、禁止される行為を明確にするため、不同意を徴表する具体的・客観的な要素をも構成要件に明示する必要がある。

<6ページの「②」の1つ目の「〇」>
〇 手段として、暴行・脅迫のほか、威迫、不意打ち、偽計、驚愕、欺罔、監禁を加えるべき。

第12回検討会意見書を提出させていただきましたが、私は、意に反する性交を犯罪とするべきだと考えております。
当罰性がある不同意性交について、現時点でコンセンサスが得られるような行為態様や被害者の状態を構成要件に例示列挙すること、すなわち、類型化して個別に規定を設ける必要があると考えます。

これと併せて、不同意性交に対する当罰性の判断は、時代とか人々の意識、社会の変化に応じて変化するものだと考えておりますので、今後の判例法理の展開を見越して受皿規定を設けておくべきだと考えます。

受皿規定としては、例えば、「その他意に反する」とか、「その他意思に反する性的行為」という規定ぶりが考えられると思います。

受皿規定を全く設けない規定ぶりとするならば、不同意性交罪を創設したとはいえず、不同意性交を犯罪として、これを処罰すべきだという社会的要請、人々の要請に応えたことにはならないと思います。

この点について、明治40年に現行刑法が制定されて以後、暴行・脅迫要件や抗拒不能要件については法改正が全く行われてきませんでしたが、その時代の人々の性に関する意識やそれに伴う社会規範の変化に対応して、判例が、言わば法の欠缺を解釈で埋めて処罰範囲を広げてきたといえるのではないかと思います。

今後の判例法理の展開を見越して、適切な処罰を確保するために、受皿規定を設ける必要があると考えます。

ちなみに、「その他」という規定の仕方については、現行刑法の各則にも相当数の例がございます。
行為主体、行為客体、行為態様について、刑法が「その他」という規定を設けております。
最近の例としては、電子計算機損壊等業務妨害罪や境界損壊罪が「その他の方法」と規定しております。
このような規定ぶりは罪刑法定主義に反するものではないと思います。
また、現時点で個別に規定する行為態様や被害者の状態には様々なものが考えられます。
これについては、私も意見の中で細かく列挙する規定としましたが、現時点でコンセンサスが得られる行為をできるだけ取り込んで、当罰性のある行為を明確化するのが望ましいと考えております。
なお、法定刑について、軽い類型を設けるべきだという意見もございますが、どちらの類型に当てはまるのかが争点となり、軽い法定刑の方に当てはまると認定されがちになることを憂慮いたします。
法定刑の下限は5年のままとして、量刑で工夫してはどうかと考えております。
長くなってしまいますが、検討会でしばしば言及されている不同意性交の例について、一言申し上げたいと思います。

上司から性交に応じなければ解雇すると言われてやむを得ず性交した場合は、意に反する性交であり、上司を処罰すべきであるが、上司の要求に応じれば昇進等の見返りが期待できると考えて嫌々性行為を受け入れた場合は、上司に対する処罰を否定すべきであるという意見があります。

前者は性的要求が不利益と結び付くという意味で、いわゆる「報復型」、後者は利益と結び付くという意味で、いわゆる「報償型」といわれる類型でございます。

私は、性的要求と利益・不利益との間に因果関係があるという意味において両者は共通性があり、いずれも許されない行為だと考えております。

分かりやすい例で申し上げますと、例えば、落第寸前の学生に、自分の性的要求に応じれば単位をあげる、進級させてあげると言って性的要求をする場合、これは許されない行為だと思います。

利益と結び付く場合も不利益と結び付く場合も、処罰根拠は涜職(とくしょく)であり、私欲のために職責を汚すなということだと考えます。

優越的な地位を濫用する行為は、この点で、対等・平等な関係の当事者とは性質が異なり、悪質性があると考えます。

——————————————————–

<3ページ>
2021年3月8日 金杉美和 委員(弁護士)

まず、小島委員から提案された内容につきましては、性被害でつらい思いをされる方を社会からできるだけなくそうという思いには非常に共感いたしますし、理想としては私も共感するところです。

ただ、その方法として刑罰法規でできることには限界があると思います。

特に、罪刑法定主義の観点から、「その他意に反する性的行為」という文言が明確といえるかということに疑問を持っています。

小島委員から御提示のありました、「その他」という文言を用いている刑法の規定を拝見しますと、例えば、内乱等幇助罪、外患援助罪、封印等破棄罪、消火妨害罪、水防妨害罪や、あるいは、個人的にはこちらの方をすぐにでも廃止すべきと考えますけれども堕胎罪というものもあり、そもそもこれらの行為はおよそ違法なものであるということが前提で、ただ、その態様についてはいろいろな方法があり得るので、「その他」という文言を用いている規定が大半だと思います。

それに対して、性犯罪につきましては、意に反する性的行為がいけないということは、その行為態様によってはもちろんそうなのですけれども、全ての「その他意に反する性的行為」に当罰性があるとされることには、やはり疑問があると思います。

これまでの繰り返しになりますけれども、例えば、夫婦間でも性犯罪が成立するということは争いがないところですが、夫婦間の行為で今日はちょっと疲れているからその気に余りなれないという場合、もちろん、それも当罰性が高いのだという御意見もあるのかもしれませんけれども、そういった場合や、芸能人が自分を彼女にしてくれると思った、あるいは結婚してくれると思ったから行為に及んだけれども1回限りで終わってしまったという場合、あるいは、一定の態様の性行為を前提として同意の上で性交渉に及んだときに、その男性の側が被虐的な態様での性行為を要求してきた場合など、かなり多様なものが考えられると思います。

そういったもの全てについて、「その他意に反する性的行為」に含まれ、しかも、法定刑の下限が5年とされている今の強制性交等罪が成立するというのは、余りにも性的自由に対する侵害が大きいと思います。

——————————————————–

<3~4ページ>
2021年3月8日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

少し違う話になってしまって申し訳ないのですけれども、(意見要旨集)の6ページの「②」の1つ目の「〇」と2つ目の「〇」に関連した意見でございます。

(参考。意見要旨集

<6ページの「②」の1つ目の「〇」>
〇 手段として、暴行・脅迫のほか、威迫、不意打ち、偽計、驚愕、欺罔、監禁を加えるべき。

<6ページの「②」の2つ目の「〇」>
〇 威迫・不意打ち・偽計・欺罔・監禁などを手段として列挙するのは、様々な手段が雑多に入り過ぎていると思われるし、「威迫」や「不意打ち」は、これまで刑法で用いられていない文言であるから、どのように適用され得るかを十分検討する必要がある。
また、欺罔一般を含めるのは相当ではなく、規定の仕方に十分注意する必要がある。

以前の会議のときに、例示として行為手段を挙げるという話になり、私も賛成していたのですけれども、議事録を読んでいて、ふと不安を抱いたことがありましたので、それを共有できればと思います。

それは、暴行・脅迫に加えて、「威力」、「不意打ち」を加えたときに、残された暴行概念がかなり狭く解されてしまうのではないかということでございます。

つまり、現在、暴行概念が拡張しているということは、多くの方が共有していると思います。

「威力」といえるような人の意思を制圧するような勢力も、現行の暴行概念でカバーされていますし、「不意打ち」、これは出し抜けに相手に性的行為を行うことを意味すると思われますけれども、このような行為態様も、かなり前から「暴行」に入ると解釈されております。

不意打ちを処罰できなくて立法で対処した国は多いのですけれども、日本では、よくも悪くも、これまで解釈で対応してきたという状況にございます。

そのことを前提に、仮に、これらの「威力」、「不意打ち」を「暴行」から分離して文言化した場合、残された暴行概念がどのように解釈されるのか考えると、「威力」は、通常、「暴行」よりも弱いものとされていますし、「不意打ち」は、「暴行」と性的行為が手段と目的の関係にない、つまり、有形力の行使がそのまま性的行為であるという場合を指しますから、これらを取り除いた「暴行」が、「威力」よりも強い、そして、性的行為とは手段と目的の関係にある有形力の行使だと解釈されてしまう可能性があるのではないかと考えています。

それがなぜ困るかというと、現在、性交に付随するような有形力、例えば服を脱がすとか、足を開くといったものも、「暴行」に当たるといわれていて、処罰可能になっていますが、これらが暴行概念から落ちてしまい、また、「威力」、「不意打ち」でも拾えないということになって、これまで処罰できたものが処罰できなくなる可能性があるように思います。

私は、同じ懸念を「洗脳」や「服従」という文言についても持っています。
これらを緩やかに捉える人もいるかもしれませんが、逆にかなり強いイメージを持っている人もいるので、これらの手段を文言化することによって、逆に処罰範囲が制限されることにつながるのではないかと不安に思っているところでございます。

手段や状態として何を列挙するかというのは、刑罰法規としての明確性の観点はもちろんなのですが、これまでの処罰範囲を削らないようにするという観点が非常に大事だと思っております。

何を列挙するかにつきましては、過去の裁判例等を分析した質の高い学術的な研究が出ていますから、それらを参考にして、慎重に検討すべきではないかと思っている次第でございます。

——————————————————–

<4~5ページ>
2021年3月8日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

佐藤委員がおっしゃったことに私も全く同感で、そのように思います。

佐藤委員御指摘のとおり、もともと、暴行・脅迫としか書いていなくて、抵抗が困難だとか抗拒不能だとかという言葉が付いているわけではないのですよね。

解釈で今までそのようにされてきたということだと思います。

もしかしたら、不正確かもしれないのですけれども、確か、最初に抵抗困難だとはっきり述べた最高裁判決が、これだけのことをやっているのだから抵抗困難だ、だから当然「暴行」だというような説明をしていたように思います。

そこから、今は、暴行・脅迫の解釈は、判例上、固まってしまっていて、抵抗困難だというのが当然くっついたものとして表現されていますよね。

御指摘のとおり、必ずしもそのように色付けがされているものではなく、条文をそのまま素直に読めば、もっと広く認めることも可能だということなのだと思います。

ただ、今日の私の発言としては、抵抗困難というのが付された現在の解釈を前提とさせていただきたいと思いますが、佐藤委員も御指摘の6ページの1つ目と2つ目の「〇」に書いてある列挙すべき要件や先ほどの小島委員の御指摘について、

(参考。意見要旨集

<6ページの「②」の1つ目の「〇」>
〇 手段として、暴行・脅迫のほか、威迫、不意打ち、偽計、驚愕、欺罔、監禁を加えるべき。

<6ページの「②」の2つ目の「〇」>
〇 威迫・不意打ち・偽計・欺罔・監禁などを手段として列挙するのは、様々な手段が雑多に入り過ぎていると思われるし、「威迫」や「不意打ち」は、これまで刑法で用いられていない文言であるから、どのように適用され得るかを十分検討する必要がある。
また、欺罔一般を含めるのは相当ではなく、規定の仕方に十分注意する必要がある。

正に被害者をいかに救うかという観点から言えば、できる限り広く拾うべきということは非常によく分かります。

ただ、ある程度やはり客観的な手掛かりがないと難しいのかなとは思っていて、そのときに、「欺罔」であるとか「威力」まで入れてしまっていいのかというのは、私もやや疑問があります。

欺罔」の中には、医療行為だと言ってだますような場合というのももちろんあって、それは当罰性があるものとして理解されており、入っていいと思うのですけれども、その他の欺罔を全て入れてしまうのかとか、先ほど佐藤委員からも御指摘があったかもしれませんけれども、「威力」が意思を制圧するに足る勢力であるとすると、一般には社会的地位の利用まで入ると考えられているようですので、そこまで入れていいのであればいいのですが、私は、それは別の類型として考えられるかなと思っているので、やはり広過ぎるのではないかと思います。

意見要旨集)の6ページの下から2つ目の「〇」なのですけれども、

(参考。意見要旨集

<6ページの下から2つ目の「〇」>
〇 被害者の同意がないことを明確に規定するため、暴行・脅迫を例示としたり、「抵抗ができない状態」や「正当な理由なく」といった文言を加えたりする形で概括的に規定すべきであり、そうすると、177条と178条の処罰対象が一部重なることになるが、問題はないと思われる。

これは、もしかしたら私の発言をまとめていただいているのかもしれないですが、以前から主張しているのですけれども、刑法178条(準強制性交等罪)の抗拒不能をもう少し使いやすくすべきではないかと思っています。

刑法178条(準強制性交等罪)をもっと使ってよいはずで、現に、医療行為だといってだますような場合に刑法178条(準強制性交等罪)で対応しているという事案もありますし、スポーツのコーチなどによる場合も、本来はここで拾えるはずだと思っています。

先ほどの議論に戻ってしまいますけれども、刑法178条(準強制性交等罪)の抗拒不能の考え方というのは、もう少し幅のある書き方にしてもいいように思います。

実は、これも刑法177条(強制性交等罪)に引っ張られている面があり、抵抗が著しく困難と考えられてしまっているのですね。

刑法177条(準強制性交等罪)の暴行・脅迫が非常に強いものであり、法定刑もそれと同じということになると、これも抵抗が著しく困難だといわれてしまっているのかもしれないのです。

意見要旨集)7ページの2つ目の「〇」で、

(参考。意見要旨集

<7ページの2つ目の「〇」>
〇 177条(強制性交等罪)に、暴行・脅迫より広い概念を書き込むべきだが、判例で使われている「抗拒を著しく困難にさせる」という表現について、法律家ではない人は、被害者が抵抗することを前提としたものと理解しているものと思われ、それが性暴力に対する意識の低さ、被害者に対する偏見、嫌なら一生懸命抵抗すべきであるといった強姦神話のようなものがなくならないことにつながっているので、別の言葉にすべき。

そもそも「抵抗」という言葉自体がよくないという御指摘があるのですが、ここでいっている「抵抗困難」、刑法178条(準強制性交等罪)の「抵抗」というのは、別に物理的な抵抗だけではなくて、精神的に抵抗ができなくなってしまっているというような場合も含むと思うので、それをもう少し分かりやすく、あるいは、もう少し幅のある表現にすれば、刑法178条(準強制性交等罪)でかなり拾える部分があるのではないかと思います。
そうしますと、結果的には刑法178条(準強制性交等罪)が一般的な強制性交等とされ、刑法177条(強制性交等罪)は暴行・脅迫を伴ったものという位置付けになっていく可能性があり、あるいは、それらを一つにまとめてしまうというような方法もあるのかもしれません。
考え方によっては、そのような統合した条文ということもあり得るのではないかと思います。

——————————————————–

明日もひきつづきこの論議をみてみます。

とりあえずのところ、刑法177条の「暴行・脅迫」や同法178条の「抗拒不能」の要件は、緩和されそうです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

平家物語(1200年代)のなかに、
「驕れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」
とのくだりがあります。
いわゆる「おごる平家」です。
栄華を極めて勝手な振舞をするひとは長くその身を保つことができません。
AV業界人や不良精神科医も然りです。
こうした輩にはこれから何が待っているのでしょうか。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。