【刑法改正を審議する検討会の13回目の議事録】(1)。香西咲さんたちのAV出演強要被害は、刑法改正の重要な論点である、と再認識しました

刑法の改正を審議している法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、今月(2021年4月12日)、取りまとめ報告書(案)を公表しました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

・第16回(2021年5月21日開催予定)

取りまとめ報告書(案)は、2021年5月21日に開催予定の第16回検討会でふたたび論議され、
「取りまとめ報告書」
となる運びです。
「取りまとめ報告書」の位置付けにつきましては、同検討会の山本潤委員の解説がわかりやすいです。
山本潤委員のことばを引用します。

(参考。当ブログ)
2021年4月26日

取りまとめ報告書」

(2021年4月5日 YouTube「4/5 What’s “No means No”? 性暴力の刑法改正に向けて、何が議論されているのか」より。)
(※音声の文字化は、筆者。)

<32:08のあたりから>
2021年4月5日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

(2021年)3月31日までに14回の議論がおわりまして。

そろそろ、検討会で話し合われたことのまとめをつくろう、と。
そういう段階になっています。

このまとめは、どういうふうにつくられるか、というと、いままで話し合ってきたことの意見として、主なものを並べていく、というかたちになる、と思うんですね。

(中略。)

(略)、いろいろな意見があるわけですね。
このいろいろな意見が競い合ったそういう論点は、両方とも記載される、と思います。
いっぽう、すごく少数としてみられて、あまり重要でない、っていうものは、落ちてしまう可能性があります。
前回、2017年の改正の前のときは、その検討会で、「暴行・脅迫」や、公訴時効が落ちたので、法制審議会でも話し合われませんでした。
今回はそういうことがないように、まとめに、大事な意見として入れてもらう必要がある、と思っています。
また、さらに、法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね。
叩き台、みたいなものなんですけども、この条文をどうするのかはー
どういうことが考えられるのか、っていうことは話し合われてくるので、そこに不同意性交等罪の規定を入れることをわたしたちは悲願としているわけです。

——————————————————–

(再掲。山本潤さん)
すごく少数としてみられて、あまり重要でない、っていうものは、(まとめの段階で)落ちてしまう可能性があります

今回はそういうことがないように、まとめに、大事な意見として入れてもらう必要がある、と思っています

さらに、法制審議会に進んだときに、通常は法務大臣からの諮問というかたちで、条文の案というのがつくられて、出てくるんですね

取りまとめ報告書(案)の段階とはいえ、AV出演強要につきましては、すでに結論が出ています。
AV出演強要は、重要な論点、との位置付けです。

(参考。当ブログ)
取りまとめ報告書(案)について>
2021年4月13日(その1)
2021年4月16日(その2)
2021年4月18日(その3)

2021年3月8日に、13回目の検討会が開催されました。
先日、同検討会の議事録が公開されました。
そこには、AV出演強要に関する事柄も掲載されています。
上述のとおり、AV出演強要の取り扱いにつきましては、すでに集約がされています。
取りまとめ報告書(案)に記載されました。
AV出演強要は、刑法改正のさいの重要な論点のひとつとなっております。

(参考)
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

□2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

いちおう、13回目の検討会議事録を確認します。

2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会

AV出演強要について

(2021年3月8日 第13回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<20行目>
2021年3月8日 井田良 座長(中央大学教授)

それでは、次に、「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」についての検討に入りたいと思います。

この論点のうち、
「他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか」
について、二巡目までの議論を簡単に整理させていただきますと、意見要旨集24ページから29ページまでにありますように、例えば、撮影行為についてどの点に着目して犯罪成立要件を定めるべきかについては、性器等の性的な部位、下着、性交等をしている姿態といった「撮影対象」に着目した御意見がありました。
また、浴場の脱衣所とか、自分の家の中などの人が抵抗なく裸になるであろう場所といった「場所」に着目した御意見がありました。
さらに、ユニフォーム姿で運動する際の足を開く様子を拡大して撮影する場合といったような「撮影方法」に着目した御意見もありました。

そうしますと、本日の議論に当たっては、まずは、どのような観点から性的姿態の撮影行為に対する処罰規定を設けるべきかについて議論を行い、その上で、具体的にどのような犯罪成立要件を定めるべきかについて議論を行う必要があると思われます。

また、「撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか」
については、意見要旨集29ページから33ページまでにありますように、例えば、
刑法19条の没収は原本に限られており、複写物は原則として没収対象とならないことから、性的姿態の画像の複写物の没収を可能とする特別な規定を設けるべきであるという御意見、それから、画像の一部が複製された場合であっても、性的部位や性的姿態が写っている場合には没収できるようにすることが考えられるという御意見が述べられているほか、有罪判決を前提としない画像の没収・消去の方法として、行政上の措置を講じるものとすることが考えられるといった御意見が述べられております。

本日は、こうした複写物の没収や行政上の措置としての没収・消去の仕組みについても、意見要旨集に沿って、更に議論を深められればと考えております。

第1の「8」(性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方)の論点についての議論は、全体で40分程度を予定しておりますけれども、まずは性的姿態の撮影行為に対する処罰規定について20分程度議論を行い、撮影された性的な姿態の画像の没収・消去について20分程度議論を行うことにしたいと考えており
ます。

まず、撮影行為に対する処罰規定について、御発言をお願いいたしたいと思います。

<25ページ>
2021年3月8日 井田良 座長(中央大学教授)

ほかにございますか。もしよろしければ、「撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか」についての検討に移りたいと思います。
この点についても御発言をお願いしたいと思います。

<29~30ページ>

ほかに御意見はございますか。
よろしいですか。

それでは、予定の時間にもなりましたので、この「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」についての議論は、ここで一区切りとさせていただきます。

議論は相当多岐にわたっておりますので、過不足なく要約することは困難ですけれども、まず、撮影の罪の創設については、一部に、罰則を設けるよりも画像の消去などの被害者の救済を充実すべきであるという御意見もあったものの、新たな罪の創設の必要があるということ自体については、一部懐疑的な議論はあったという留保を付ける必要はありますけれども、おおむね異論のないところであったと伺いました。

処罰の必要があると指摘されているケースとしては、
第1に、被害者に気付かれずに撮影する、いわゆる盗撮の類型があり、
第2に、強制性交等などの犯行の場面を撮影する類型があり、
第3に、アダルトビデオ出演強要など欺罔や威迫によって撮影に同意させられた類型があり、
第4に、スポーツ選手の性的部位を殊更にアップにする方法で撮影する類型があり、
第5に、子供のブルマー姿等の姿態を撮影する類型
などが挙げられたと思われます。

処罰の対象とすべき行為については、性的な部位や性交をしている姿態など「撮影対象」を要件とする案や、浴場の脱衣所など「撮影される場所」を要件とする案、さらには「撮影方法」を要件とする案、同意がない場合を処罰するといった形の案などが提案されており、今日は場所による限定はよろしくないのではないかという強い意見が表明されました。

いずれにしましても、どこまでの行為をどういう要件でもって捕捉するか、また、保護法益をどう考えるかという問題をめぐっては、迷惑行為防止条例や私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律との関係もあり、なお様々な課題が残されていると思われます。

また、撮影以外の行為については、不特定多数の者への提供行為、流通させる行為、インターネット上での拡散行為を処罰すべきであることについてはおおむね異論はなかったように思いますけれども、もともと同意があって撮られたものについてどういう処罰を考えるかという点について、なお論ずべき課題はあるということになりますし、今日は議論になりませんでしたけれども、単純な所持自体を処罰することについては、被害者が撮影に同意していなかったことの認識の立証困難等の理由から、消極的な意見が多く示されたかと思います。

それから、性的姿態の画像の没収・消去については、まず刑事没収についていえば、撮影の罪を創設すれば、その原本については刑法19条で没収できるようになるわけですけれども、そのことを前提に、複写物の没収もできるようにすべきだという御指摘がありました。

さらに、付加刑である刑事没収とは別に、有罪判決を前提としない没収・消去をできるようにする必要があるという御意見があり、そのこと自体には強い異論・反論はなかったと思われます。

こうした有罪判決を前提としない行政没収の手続の具体的な制度設計については、手続の主体ですとか、データの保有者等の手続保障など、検討すべき課題が多く残されていると考えられるところであります。

——————————————————–

(参考)
第13回(2021年3月8日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
第15回(2021年4月12日)※議事録準備中

□2021年4月12日
 性犯罪に関する刑事法検討会
取りまとめ報告書(案)

すでにのべましたように、AV出演強要の件につきましては、取りまとめ報告書(案)に掲載されております。
取りまとめ報告書(案)を参照します。

2021年4月12日 取りまとめ報告書(案)

AV出演強要について

(2021年4月12日 性犯罪に関する刑事法検討会 取りまとめ報告書(案)より、引用)

いわゆるアダルトビデオへの出演の強要については、性的行為と撮影行為が密接不可分の関係にあり、性的行為の同意の有無に疑念が生ずる事例が含まれていることから、まずは、強制性交等罪や準強制性交等罪の適用の問題として、暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件についての議論を踏まえることが必要であるし、ひそかに撮影する類型や強制性交等の犯行状況を撮影する類型等について議論した上で、更に別の要件を設ける必要があるかを検討すべきであるといった意見が述べられた。

AV出演強要に対して刑法の性犯罪の規定が適用されるのは必定です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

一筋の光明がみえてきました。
刑法が改正されて、AV業界人が強制性交等罪(強姦罪)や準強制性交等罪(準強制性交等罪)で処罰されることを切望します。
公訴時効も、ある程度の期間、順延されそうです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。