【性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)】(5)。画像の没収や消去に関して、香西咲さんたちAV出演強要の被害者は安寧を取り戻すことができます

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会による刑法改正の審議が精力的に進められています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)

第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
・第15回(2021年4月12日開催予定)

上述のとおり、議事録と意見要旨集につきましては、12回目までのぶんが公開されています。
意見要旨集は、各委員からこれまでに出された意見を集約したものです。
論点ごとに整理されているのでわかりやすいです。

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方⑤

先日より、「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」に関する意見要旨をみています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)
<性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方>
※注 ( )内の日付は、当ブログが参照した月日である。

(1)他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか
① 被害の実態」(※4月7日
② 新たな罪の創設の要否・当否」(※4月7日
③ 新たな罪の保護法益」(※4月7日
④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)」(※4月8日
⑤ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為以外)」(※4月8日
⑥ 検討すべき課題」(※4月9日
⑦ その他」(※4月9日

(2)撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか
① 捜査・公判における画像の没収・消去の実情」(※4月11日
② 没収・消去を可能にする特別規定を設けることの要否・当否」(※4月11日
「③ 複写物の没収」
「④ 有罪判決を前提としない画像の没収・消去」

本日は、
③ 複写物の没収
と、
④ 有罪判決を前提としない画像の没収・消去
に関するまとめを参照します。

(2)撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)より、引用。)

<30~33ページ>
8 性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

(2)撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか

③ 複写物の没収

〇 刑法19条(没収)によって没収できるのは有体物であり、かつ、犯罪行為と直接的な関連性を有するもの、すなわち原本に限られ、原則として複写物を没収することができず、データの消去を命ずる措置を刑罰として科すことが困難であるといった問題があるところ、データの複製が容易であることは性的な画像に限った話ではないから、複写物を没収の対象に含めることを検討するに当たっては、刑法典の没収規定全般に関する問題として検討するのかどうかについて議論の余地がある上、データの一部のコピー、データの修正・加工など、原本との同一性の認定が困難なケースにおいていかなる範囲で複写物を没収・消去の対象とするかについて、刑法19条(没収)の趣旨に遡った検討が必要。
〇 刑法19条(没収)の没収が原本に限られ、複写物は原則として没収対象に含まれないという問題を刑法の没収・追徴に関する一般的な問題として検討する余地もあるが、実務的に問題が生じており、被害が深刻であって緊急に対応する必要性が高いことに鑑み、まずは性的姿態の画像の複写物に限った特別な規定を設けることとすることには、十分な合理性・必要性がある。
〇 付加刑として性的画像の没収・消去を可能とする制度を設ける場合には、複写物やクラウド上に流出した画像も没収・消去の対象とするべき。
〇 複写物を没収する具体的な方法としては、複製行為を処罰対象とすることにより、複写物を犯罪生成物件として没収対象に含める方法と、撮影行為に関する没収対象物の範囲を拡大して複写物も含める方法とがあり得るが、複製行為といっても多様な状況下における多様な行為が想定され、これら全てを処罰対象にすべきかについては更に検討が必要である上、複製行為についての故意等の立証ができない場合には没収できないおそれがあることを踏まえると、後者の方法が立法論としては優れており、複製行為を処罰対象にしない場合でも複写物の没収を可能とするような特別な規定の創設を検討することが有益である。
〇 画像の一部の複製がなされた場合における、その没収の可否については、刑法19条(没収)の趣旨に立ち返って考える必要があるところ、没収は刑事罰である一方で、危険なものを除去するという保安処分的側面も有しており、ここでいう危険とは、性的な画像が流出すること等によって撮影対象者の性的な尊厳等が侵害されることにあると考えられることから、複製が行われた場合の没収の範囲もその侵害に見合うものである必要がある。
例えば、性的な部位や性的な姿態が写っている場合には、たとえ撮影対象者の顔が写っていなくてもそれを没収できるようにすることが考えられる一方で、性的な部位や性的な姿態が写っていない場合には、性的な意味での危険性がないため、没収は難しくなるのではないか。
〇 物の特定ができないと、裁判所に没収対象を特定して示すことができない上、特定されていない対象物について犯人以外の所有に属さないことを示すことも困難であることから、検察実務では、基本的に没収の対象となる物が押収されて特定されている場合に没収求刑をする取扱いとしている。
複写物の没収が可能となったとしても、実際に没収するに当たっては、複写物自体が特定されていることや、所有関係が明らかになっていることが必要と考えられ、インターネット上にある複写物のようにデータの所在が不明確である場合や、海外のサーバーにデータがあるような場合には、没収は難しく、基本的には、捜査の過程で押収された複写物の没収を考えることになると思わ
れる。

——————————————————–

④ 有罪判決を前提としない画像の没収・消去

〇 現行法の没収は付加刑とされているから、他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為を処罰する規定を設けたとしても、没収は、当該行為について有罪判決を得ることが前提となるが、捜査機関が性的な画像等を発見した時点で既に撮影の罪の公訴時効期間が経過している場合や撮影対象者が処罰を望まないという理由で起訴されない場合には、有罪判決を得ることができない。
また、同意なく撮影された性的な画像を取得する行為を処罰する規定を設ければ、犯罪取得物件あるいは犯罪生成物件として、取得者からの没収が可能になるが、取得者が同意なく撮影された画像であることの認識を有しない場合については、有罪判決を得ることができないこととなる。撮影する罪が犯され、その画像が残っていることによる法益侵害状態を解消する上で、その画像の剥奪が付加刑でなければならないとする必然性はないから、有罪判決を前提としない画像の没収ないし消去の仕組みを設ける必要がある。
〇 性的な姿態の画像がインターネット上に出回った場合、その運営会社に削除要請をしても対応のスピードが区々であるため、行政上の措置としてスピード感を持って削除できる制度を作らなければ、画像があっという間に拡散されるという現状には対応できない。
〇 有罪判決を前提とせずに記録媒体の所有権を剥奪し、又はデータを消去する仕組みを設ける場合には、財産権の制約になることから、その可否や法的根拠を検討するとともに、それと関連付けて剥奪・消去の要件や範囲を検討し、記録媒体の所有者や画像データの保有者に対する手続保障の在り方も考える必要がある。
〇 行政機関が、被害者本人の申出によって、プロバイダ等に性的画像の消去や削除を命じる法制度を作るべきである。
ストーカー行為等の規制等に関する法律(以下「ストーカー規制法」という。)に基づく禁止命令等の内容として、性的羞恥心を害する写真等を送付した場合について、そのネガやマスターテープを放棄することなどを命ずる仕組みもあることから、行政上の措置を講じるものとすることは日本の法制度としてあり得る。
〇 関税法上の輸入禁制品の行政没収に係る規定や、ストーカー規制法に基づく禁止命令等の内容として画像データの削除を命じる例が、具体的な制度の在り方を検討する際の手掛かりになる。
〇 関税法上の輸入禁制品の没収については税関長が、ストーカー規制法に基づく画像データ等の削除命令については都道府県公安委員会がその主体とされているところ、これは、これらの主体が、当該禁制品や画像データ等が対象物に該当するかどうかの判断を行うのに必要な情報を有しており、その判断を迅速かつ適正にできることを踏まえて定められたものと考えられる。
性的な姿態の画像の没収・消去が問題になるのは、盗撮等を含む性犯罪の捜査の過程で画像の存在が明らかになり、それが証拠物や没収すべきものとして差し押さえられている場合であると考えられるところ、それらが没収・消去の対象に該当するかどうかを最も的確に判断できるのは捜査機関であると考えられるから、捜査機関が主体となって、当該刑事事件の捜査・公判の過程で、押収された画像等について没収・消去等の措置を取ったり、押収はされていないが押収の対象となり得る画像等について消去を命じたりする仕組みとすることが考えられる。
〇 児童ポルノについては所持自体が許されないという非常に厳しい規制を設けているが、それ以外の画像の場合にそこまでの表現規制をしてもよいのかという問題がある。
諸外国には、国が性的被害に遭った人に消去費用を支援し、その費用を加害者に対して求償する制度があり、そのような民事の手続の中で被害者を支援する方法も考えられる。
また、仮に、盗撮画像の消去を命じる規定を設けることとする場合、命令を出す主体は捜査機関ではなく、裁判所のような中立な第三者にした方が公平かつ妥当な解決を図ることができる。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)
——————————————————–

画像の没収や消去に関して、峻厳な規定が新設される予感がします。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

(参考。当ブログ)
<性犯罪に関する刑事法検討会におけるAV出演強要処罰の論議>
2021年3月5日

香西咲さんたちAV出演強要の被害者の方々は、そう遠くない将来、安寧(あんねい)を取り戻すことができます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。