【性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)】(3)。間もなく、香西咲さんたちのAV出演強要被害は、犯罪である、と認定されます

法務省内において、現在、刑法改正の論議が鋭意、進められています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>

第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)

第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
・第15回(2021年4月12日開催予定)

上述のとおり、法務省は、2月16日に、12回目までの検討会の論議を集約した
性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)
を公開しました。
当ブログでは、一昨日より、同意見要旨集に記載されている
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方
の議論をみています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)
<性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方>
① 被害の実態」(※一昨日
② 新たな罪の創設の要否・当否」(※一昨日
③ 新たな罪の保護法益」(※一昨日
④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)」(※昨日
⑤ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為以外)」(※昨日
⑥ 検討すべき課題
⑦ その他

本日は、
⑥ 検討すべき課題

⑦ その他
を参照します。

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方③

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)より、引用。)

<28~30ページ>
8 性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

(1)他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

⑥ 検討すべき課題

〇 撮影対象者が、どの部位の撮影がなされるかといった態様も含めて認識し、かつ、これを任意かつ明示的に承諾している場合には、そのような撮影まで処罰の対象とする必要はないと考えられるが、そのことをどのような文言で規定するかについては更に検討が必要。
〇 性的な姿態を撮影された人がその姿態の画像等の用いられ方について権利を有することを明確にし、一旦同意しても、当該同意が事後的に撤回の対象になるものとすべき。
〇 被告人がショッピングセンターにおいて、約5分間、執拗に被害者を背後から追跡し続けて、至近距離から多数回被害者の臀部を撮影した行為が卑わいな言動に該当するとして、北海道迷惑防止条例違反の罪の成立を肯定した判例があるところ、この判例は行為態様の執拗性・異常性を重視して処罰を肯定したものと考えられるし、同条例は個人的法益だけでなく社会全般の生活の平穏を併せて保護したものと解される。
撮影行為の異常性という客観的な行為態様に着目した罰則を設けるかどうかについては、こういった観点を意識した議論が必要。
〇 スポーツ選手の撮影に関して、通常どおりの態様で撮影した上、後から性的な部位だけを拡大してSNSに掲載したり、卑わいな言葉をプラスして掲載したりする行為を規制しようとすると、撮影行為後の行為を考慮しなければならないこととなり、端的に撮影行為自体を処罰することが困難になる。
他方で、「性的意図をもって」などといった主観面の存在を撮影行為時に要求する方法もあり得るが、その証明が難しいという問題が生じる。
〇 カナダ法における盗撮罪は三つの類型で構成されており、
①どの部分を撮影するかに着目する類型、
②裸になるのが普通でそれが合理的に予測される場所において撮影する行為を処罰対象とする類型、
③撮影行為が性的目的で行われた場合を処罰対象とする類型
があるところ、処罰対象とすべき場合を全て捕捉しようとすると、様々な類型を具体的に定めて複数の観点から処罰範囲を決めなければならないという困難が生じる。

また、③の類型については、性的目的の証明が難しいという問題があり、無理をして性的目的を認定して無理な処罰が行われる危険もあることから、慎重に考える必要がある。

——————————————————–

⑦ その他

〇 性的な姿態の画像の問題については、被害申告は望まないが画像の消去は望むという被害者もいるので、犯罪の成否を問わず、プライバシー情報のコントロールという意味で、個人を特定できる情報、取り分け性的な情報に対して個人がアクセスし、消去を求める権利を拡大した上で、その権利を実現する方法を検討するといった被害者の救済の方が重要。
〇 盗撮画像用のプラットフォームを作って商業的な利益を得ている事例が実情としてかなりあることから、プロバイダの責任も考える必要がある。

——————————————————–

(再掲。性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)
<性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方>
① 被害の実態」(※一昨日
② 新たな罪の創設の要否・当否」(※一昨日
③ 新たな罪の保護法益」(※一昨日
④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)」(※昨日
⑤ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為以外)」(※昨日
⑥ 検討すべき課題
⑦ その他

一昨日から本日にかけて、①から⑦までを通覧しました。
もう一度、AV出演強要に関する論及を引用します。

① 被害の実態」について

アダルトビデオ出演強要問題では、意に反する契約を結ばされて同意なき撮影が行われて売却されている」

——————————————————–

街中で声をかけられ、アルバイトとして行った先で衣服を身に着けた状態で撮影が始まり、年上の男性に取り囲まれて下着を見せるよう言われ、最終的に脅されてアダルトビデオの撮影に至る事例や、生徒や学生が複数の同級生に囲まれて撮影されながらレイプされる事例があるなど、今や多くの性被害が撮影とセットになっている。

——————————————————–

被害者に対し事前に性行為や裸体の撮影であることを告知しないまま、だまして撮影場所に連れ込み、恐怖や困惑の中で撮影に応じざるを得ない状況に追い込んで性的姿態を撮影し、撮影した画像をインターネットで頒布・販売して多額の利益を得ている業者がおり、一旦契約した以上、断れば違約金を払わなければならない、親にばらすなどと脅され、やむを得ずアダルトビデオに出演させられている被害者がいる。

——————————————————–

④ 「新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)」について

新たな処罰規定を設ける必要があると指摘されている類型としては、①被害者に気付かれずに密かに性的な姿態を撮影する類型(撮影されていることの認識があれば同意しなかったと推定されるもの)、②強制性交等罪等の犯行状況を撮影する類型(性交等に同意しておらず、当然、撮影にも同意していないもの)、③アダルトビデオ出演強要など欺罔や威迫によって性的な姿態を撮影することに同意させられた類型(撮影の同意に瑕疵があるもの)に分けられるように思われ、処罰規定を検討する際には、類型ごとに構成要件などを検討する必要がある。

——————————————————–

いわゆるアダルトビデオ出演強要問題については、性的行為と撮影行為が密接不可分の関係にあり、性的行為の同意の有無に疑念が生ずる事例が含まれていることから、まずは、強制性交等罪や準強制性交等罪の適用の問題として、暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件についての議論を踏まえながら、性的行為についての同意・不同意の限界を明確化する作業が必要。

——————————————————–

撮影される者の承諾を得ずにひそかに性的姿態を撮影する行為についての処罰規定の在り方を検討した上で、強制性交等罪の犯行状況を撮影する類型や、アダルトビデオ出演強要の類型について、その規定を適用することで足りるのか、あるいは、更に別の要件を設けるなどする必要があるかを考えていくべき。

——————————————————–

AV出演強要は、「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」の議論において、主たる論題となっています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

上述のとおり、性犯罪に関する刑事法検討会の各委員は、AV出演強要は容認できない犯罪である、と認識しています。
AV出演強要犯はどのような罪で処罰されるのでしょうか。
間もなく裁定が下ります。

(参考。当ブログ)
<性犯罪に関する刑事法検討会におけるAV出演強要処罰の論議>
2021年3月5日
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。