日別アーカイブ: 2021年4月8日

【性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)】(2)。 AV出演強要犯は一匹残らず捕獲せよ、との意見もあります。香西咲さんたちの戦いは結実します

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、現在まで、14回開催されています。
議事録は、12回目までのぶんが公開されています。
法務省は議事録のほかに、これまでの議論を集約した「意見要旨集」も作成しています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)

第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
第14回(2021年3月30日)※議事録準備中
・第15回(2021年4月12日開催予定)

昨日は、性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)のなかから、
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方
に関する論議を途中まで参照しました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)
<性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方>
① 被害の実態」(※昨日
② 新たな罪の創設の要否・当否」(※昨日
③ 新たな罪の保護法益」(※昨日
④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)
⑤ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為以外)
⑥ 検討すべき課題
⑦ その他

本日は、
④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)

⑤ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為以外)
についてみてみます。

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方②

性犯罪に関する刑事法検討会 意見要旨集(第12回会議分まで)より、引用。)

<26~28ページ>
8 性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

(1)他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)

〇 撮影する行為によって視覚的情報が固定化され、データが拡散する危険性が生じるのであって、見る行為とは次元の異なる法益侵害性が認められるから、撮影という行為に着目した処罰規定を検討する必要がある。
〇 撮影対象に着目した処罰規定を設ける場合に、迷惑防止条例の卑わいな言動の一類型としての撮影行為のように、人の通常衣服で隠されている下着又は身体といった文言とすると、明確性の観点から問題がある上、性的自己決定権の観点からは処罰対象が広くなり過ぎるという問題もあることから、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(以下「児童ポルノ法」という。)やリベンジポルノ法における定義を参考に、例えば、具体的な撮影対象は、性器等の性的な部位、下着、性交等をしている姿態などとすることが考えられる。
〇 被害者に気付かれずにひそかに撮影する類型は、現状では迷惑防止条例違反で処罰され得るが、同条例の保護法益が「生活の平穏」であるため、撮影場所が公衆が集まる場所に限定されることとなることから、新たな罪は個人的法益に対する罪と位置付け、場所を特定せずに、例えば、隠されている下着、人目にさらされないことが期待されているような部分、性的な姿態を撮影対象として規定することが考えられる。
他方、そのように撮影対象を特定すると、水着姿やユニフォーム姿でいる撮影対象者の性的部分を露骨に強調する形で撮影する行為を処罰対象として捉えられないことになるから、そのような行為については、異なる類型を考える必要がある。
〇 スポーツイベントやパブリックな場所での撮影のように、自由に撮影が許されている場所での撮影行為自体は取り締まることが困難であり、新たな罪を設ける場合には、撮影対象を絞るとともに、保護法益を個人的法益と考え、被害者が羞恥を覚えるようなものを処罰の対象に含めていくことが考えられる。
その上で、浴場の脱衣所、自分の家の中などのプライベートな空間での撮影を禁止する規定とすることは、撮影対象を絞り込む上で有効ではないか。
〇 被害者には、撮影者の目的にかかわらず重大な被害結果が生じるから、強制わいせつ罪において必ずしもわいせつ目的が必要ではないとされたことも踏まえ、撮影の罪の構成要件としてわいせつ目的を要するものとすべきではない。
〇 被害者に気付かれずにひそかに撮影する場合だけでなく、例えば、浴室や更衣室等の人が衣服を身に付けない場所に侵入し、面前でいきなり撮影する撮影態様も考えられるところ、性的な部位や姿態を撮影されない自由を保護するという意味では、そうした撮影態様も処罰対象から除外すべきではないから、撮影されていることについての被害者の認識を要件とはしないことが考えられる。
〇 新たな処罰規定を設ける必要があると指摘されている類型としては、

①被害者に気付かれずに密かに性的な姿態を撮影する類型(撮影されていることの認識があれば同意しなかったと推定されるもの)、
②強制性交等罪等の犯行状況を撮影する類型(性交等に同意しておらず、当然、撮影にも同意していないもの)、
アダルトビデオ出演強要など欺罔や威迫によって性的な姿態を撮影することに同意させられた類型(撮影の同意に瑕疵があるもの)

に分けられるように思われ、処罰規定を検討する際には、類型ごとに構成要件などを検討する必要がある。

〇 いわゆるアダルトビデオ出演強要問題については、性的行為と撮影行為が密接不可分の関係にあり、性的行為の同意の有無に疑念が生ずる事例が含まれていることから、まずは、強制性交等罪や準強制性交等罪の適用の問題として、暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件についての議論を踏まえながら、性的行為についての同意・不同意の限界を明確化する作業が必要。
〇 撮影される者の承諾を得ずにひそかに性的姿態を撮影する行為についての処罰規定の在り方を検討した上で、強制性交等罪の犯行状況を撮影する類型や、アダルトビデオ出演強要の類型について、その規定を適用することで足りるのか、あるいは、更に別の要件を設けるなどする必要があるかを考えていくべき。
〇 処罰規定を設ける必要がある類型として、ユニフォーム姿で運動する際に脚を開く様子を拡大して撮影する場合のように、撮影自体には同意しているものの、撮影方法に同意がない類型もある。

——————————————————–

⑤ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為以外)

〇 被害者が泣き寝入りしないよう、撮影された画像を第三者に提供した者、譲り受けた者、インターネット上に拡散した者、売却して利益を上げた者も処罰の対象とする必要がある。
〇 児童ポルノ法等も参考にすると、他人の性的な画像等を流通させる行為のうち、同意なく性的な姿態等を撮影する行為によって得られた画像又は記録物を提供する行為や公然と陳列する行為を処罰対象とすることが考えられ、このうち、提供行為については、特定かつ少数の者に提供する場合や不特定又は多数の者に提供する場合が考えられるところ、これらを全て処罰対象とするのか、一部を処罰対象とするのかを検討する必要がある。
〇 撮影行為自体には同意していたものの、撮影行為者以外の者にその撮影データを提供することには同意していない場合について、既に私事性的画像記録の提供等の罪が用意されていることとの関係を踏まえながら、処罰対象とすべきかを検討する必要がある。
また、撮影行為自体には同意がないが、提供行為の時点では提供行為に対する同意がある場合も考えられることから、そのような場合をどう扱うかということも含めて法的整理をする必要がある。
〇 スポーツ選手の撮影や海水浴場での撮影については、通常、撮影行為の時点では、違法な目的で撮影しているのかは分からず、その後、撮影行為者が画像をインターネット上に掲載したり譲渡したりするなどした時点で、初めて違法な目的での撮影であったことが発覚するものと考えられることを踏まえると、そのような場合については、諸外国のように、対象者の意思に反して性的欲望や羞恥心を誘発できる形に編集・合成・加工したものの頒布等を禁止して処罰することが考えられる。
また、刑法175条(わいせつ物の頒布等)を性的な姿態等が公開されては困るという被害者の権利の観点から再構築することも考えられる。
さらに、裁判所等の機関に盗撮画像等の消去を命じる権限を与え、その命令に従わずに消去しなかった場合について処罰する規定を設ければ、盗撮画像と知らなかった者に画像の消去を求めることが可能となるものと考えられる。
〇 公衆浴場やトイレ等においてひそかに性的な姿態が撮影されたかのような画像であっても、それがやらせであることも考えられ、当該画像が同意なく撮影されたものかどうかの認識が必ず問題になると考えられることから、所持の処罰は困難であり、同意なく撮影する行為及び流通させる行為の処罰に絞るべき。
〇 所持の処罰について、やらせの盗撮ビデオとそうではない盗撮ビデオとの区別は難しいところ、要件を厳格に絞れば所持してはならないものを形式的に定めることは可能だが、実質的にどのようなビデオの所持を処罰の対象とするのかは難しい問題であるし、やらせだと思っていた旨弁解された場合には、故意の証明が難しくなるという問題もある。
〇 やらせの盗撮ビデオの存在を前提とすると、所持者から見て撮影に同意があったものとそうでないものの区別は難しいことから、所持の処罰は現実的には困難だと思われるが、流通を阻止するために、現実には処罰はできなくても没収はできるようにするという観点で政策的な規定を作ることは考え得る。
〇 児童ポルノ法のような、児童又はその健全な成育を守るという観点からの規制とは異なるので、所持まで処罰することには疑問がある。

——————————————————–

ご覧のとおり、
④ 新たな罪の処罰対象とすべき行為(撮影行為)
につきましては、AV出演強要がおおきな関心事となっています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

(再掲)
撮影される者の承諾を得ずにひそかに性的姿態を撮影する行為についての処罰規定の在り方を検討した上で、強制性交等罪の犯行状況を撮影する類型や、アダルトビデオ出演強要の類型について、その規定を適用することで足りるのか、あるいは、更に別の要件を設けるなどする必要があるかを考えていくべき

AV出演強要犯は一匹残らず捕獲せよ、との意見のようです。
「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」に関する最新の論議は、3月8日の第13回検討会でおこなわれています。
まもなく当該議事録が公開されます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ