伊藤詩織さんを誹謗、中傷した弁護士が処分されました。香西咲さんたちの事件でも相手側の弁護士は圧力をかけてきます。こうした輩に待っているのは懲戒です

いまから4年前のことです。
TBSの山口敬之氏から性的暴行をうけた伊藤詩織さんは、民事訴訟を提起しました。
山口氏をうったえました。
HuffPostと日刊スポーツの記事をふりかえってみます。

2017年12月5日

(2017年12月5日 HuffPost「伊藤詩織さんと元TBS記者の裁判始まる 空席を見つめた2分間、彼女は何を思ったか」より、引用。)

<一部分を引用>
2017年12月5日 HuffPost

意識を失っている間に性行為をされ、極めて重大な肉体的・精神的苦痛を被ったとして、ジャーナリスト・伊藤詩織さんが元TBS記者の男性ジャーナリストに対し、慰謝料など1100万円を求めている裁判の第1回口頭弁論が(2017年)12月5日、東京地裁(鈴木尚久裁判長)であった。

訴状によると、原告側は「2015年4月4日午前5時ごろ、原告が意識を失っているのに乗じて、性行為をされた」「原告が意識を取り戻した後も、押さえつけるなどして性行為を続けようとした」と主張。こうした行為が「不法行為」になると訴えている。

(2017年12月5日 日刊スポーツ「詩織さん民事訴訟の第1回口頭弁論に被告側姿見せず」より、引用。)

<一部分を引用>
2017年12月5日 日刊スポーツ

元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(51)から性的暴行を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さん(28)が損害賠償を求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が(2017年12月)5日、東京地裁(鈴木尚久裁判長)で開かれた。被告側は全面的に争う意向を示したが、法廷には姿を見せなかった。

——————————————————–

(再掲。日刊スポーツ)
被告側は全面的に争う意向を示した

山口敬之氏の弁護を担当したのは、北口雅章弁護士です。
北口弁護士は、愛知県弁護士会に所属しています。
後日、北口弁護士は、自身のブログで伊藤詩織さんを誹謗、中傷しました。

(参考。アンドリューさんのツイッター)

北口弁護士が自身のブログに書いた文章の一部を引用します。

(北口雅章弁護士のブログより、引用。)

北口雅章 弁護士

以上のとおり、詩織が主張する、山口氏による性暴力被害が、全くの虚偽・虚構に過ぎないものであって、それが単に彼女の精神的なパーソナル障害に由来する「妄想」であるか、悪意に基づく「悪質な捏造」によるものかはともかく、BBの出版自体が、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損する犯罪行為であることは、お解りいただけたものと思う(刑事告訴を予定している)。

(再掲。北口雅章弁護士)
BBの出版自体が、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損する犯罪行為である

「BB」とは、伊藤詩織さんが上梓した「Black Box」(ブラック ボックス)(文藝春秋刊)のことです。

(再掲。北口雅章弁護士)
以上のとおり、詩織が主張する、山口氏による性暴力被害が、全くの虚偽・虚構に過ぎないものであって、それが単に彼女の精神的なパーソナル障害に由来する『妄想』であるか、悪意に基づく『悪質な捏造』によるものかはともかく、BBの出版自体が、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損する犯罪行為であることは、お解りいただけたものと思う(刑事告訴を予定している)

この北口弁護士の記述に対して、海野さん(仮名)が懲戒を申し立てました。
海野さん(仮名)は、AV弁護士への懲戒請求で知られているかたです。

(参考。当ブログ)
<「AV弁護士が業務停止に」>
2020年11月17日
2020年11月21日
2020年11月22日
2020年11月23日
2020年11月29日

はなしを伊藤詩織さんの件にもどします。
3日前(2021年3月31日)、新聞各紙は、北口雅章弁護士の懲戒の件を報道しました。

2021年3月31日

まずは、共同通信の記事を参照します。

(2021年3月31日 共同通信「伊藤詩織氏を侮辱の弁護士戒告 訴訟相手方の元TBS記者代理人」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年3月31日 共同通信

愛知県弁護士会は(2021年3月)31日までに、ジャーナリスト伊藤詩織氏をブログで侮辱したとして、同会所属の北口雅章弁護士を戒告処分にした。
(2021年3月)30日付。
北口弁護士は、伊藤氏が性暴力を訴えた民事訴訟で、相手方の元TBS記者山口敬之氏の代理人だった。
県弁護士会や北口弁護士によると、民事訴訟の判決が出る以前のブログで、伊藤氏の訴えは「全くの虚偽・虚構に過ぎず、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損する犯罪的行為」と記載。

(参考。北口雅章弁護士のブログ)
以上のとおり、詩織が主張する、山口氏による性暴力被害が、全くの虚偽・虚構に過ぎないものであって、それが単に彼女の精神的なパーソナル障害に由来する『妄想』であるか、悪意に基づく『悪質な捏造』によるものかはともかく、BBの出版自体が、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損する犯罪行為であることは、お解りいただけたものと思う(刑事告訴を予定している)

つぎは朝日新聞です。

(2021年3月31日 朝日新聞「伊藤詩織さんをブログで侮辱か 男性弁護士を戒告処分」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年3月31日 朝日新聞

ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の山口敬之氏に損害賠償を求めた訴訟をめぐり、ブログで伊藤さんを侮辱したとして、山口氏の代理人だった北口雅章弁護士が、愛知県弁護士会から(2021年3月)30日付で戒告の懲戒処分を受けたことがわかった。

——————————————————–

北口弁護士は18年10月、伊藤さんの訴えについて、自身のブログに「妄想」「虚構」「虚偽」などと記載したとされる。

(参考。北口雅章弁護士のブログ)
以上のとおり、詩織が主張する、山口氏による性暴力被害が、全くの虚偽虚構に過ぎないものであって、それが単に彼女の精神的なパーソナル障害に由来する『妄想』であるか、悪意に基づく『悪質な捏造』によるものかはともかく、BBの出版自体が、山口氏の名誉・社会的信用を著しく毀損する犯罪行為であることは、お解りいただけたものと思う(刑事告訴を予定している)

北口弁護士は「真摯(しんし)に受け止めている」とした上で「内容については承服しかねる部分もある。慎重に検討の上、適切に対応したい」とコメントした。
山口氏は嫌疑不十分で不起訴処分になったが、損害賠償訴訟は東京地裁が19年12月、「合意がない性行為だった」と認定し、山口氏に330万円の賠償を命じた。

(参考。当ブログ)
<伊藤詩織さんの第1審勝訴について>
2019年12月21日
2019年12月22日
2019年12月23日

2021年3月31日 朝日新聞

山口氏は控訴し、東京高裁で係争中。

——————————————————–

毎日新聞も記事もみてみます。

(2021年3月31日 毎日新聞「伊藤詩織さんへの侮辱的な書き込み 元TBS記者側弁護士に戒告」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2021年3月31日 毎日新聞

同弁護士会は19年にブログの内容などを問題視する懲戒請求を受けた。

上述のとおり、当該懲戒請求をおこなったのは、海野さん(仮名)です。

2021年3月31日 毎日新聞

男性弁護士は「真摯(しんし)に受け止めているが、内容については承服しかねる部分もあるので、慎重に検討の上、適切に対応したい」とコメントした。
伊藤さんは15年4月、就職相談のため会った山口氏との飲食中に意識を失い、東京都内のホテルで性的暴行を受けたと主張。東京地検は16年、山口氏を不起訴処分とし、伊藤さんの申し立てを受けた検察審査会は17年9月に不起訴相当と議決した。慰謝料を求めた民事訴訟では東京地裁が19年12月、被害事実を認定して山口氏に330万円の支払いを命じ、山口氏側が控訴した。

——————————————————–

海野さん(仮名)の活躍によって、今度は、性暴力の被害者を愚弄する弁護士が懲戒されました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

性犯罪者の擁護をおこなっている悪徳弁護士に待っているのは、所属する弁護士会からの懲戒です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

1 thought on “伊藤詩織さんを誹謗、中傷した弁護士が処分されました。香西咲さんたちの事件でも相手側の弁護士は圧力をかけてきます。こうした輩に待っているのは懲戒です

  1. 海野

    最近は、性暴力系よりも金融犯罪系の弁護士を懲戒請求していますね。
    悪い弁護士はたくさんいますからね。

    弁護士の懲戒制度はとても甘く、司法書士が同じことをしたら厳し処分が下されたりします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。