日別アーカイブ: 2021年4月2日

【刑法改正を審議する検討会の12回目の議事録】(その11)。セクハラ犯を処罰する流れが③。最後に勝利するのは香西咲さんたち被害者です

性的な加害を伴なうセクハラは、処罰されるのでしょうか。
法務省は現在、性犯罪全般に関する検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)を設けて、刑法改正の審議をおこなっています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

セクハラの処罰に関する最新の(巡目の)話し合いは、2月16日の検討会でおこなわれました。

(参考。第12回性犯罪に関する刑事法検討会
<議題>

□一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方(性交同意年齢の引き上げ)
□障害者を被害者とする罰則の在り方
地位・関係性を利用する罰則の在り方
□暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<セクハラの処罰について>
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(巡目の論議。2020年8月27日)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(巡目の論議。2020年12月8日)

本日もひきつづき、12回目の検討会議事録をみてみます。

(参考。当ブログ)
第12回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年3月23日
2021年3月24日(性交同意年齢の引き上げ①)
2021年3月25日(性交同意年齢の引き上げ②)
2021年3月26日(性交同意年齢の引き上げ③)
2021年3月27日(性交同意年齢の引き上げ④)
2021年3月28日(性交同意年齢の引き上げ⑤、障害者を被害者とする罰則の在り方①)
2021年3月29日(障害者を被害者とする罰則の在り方②)
2021年3月30日(障害者を被害者とする罰則の在り方③)
2021年3月31日(地位・関係性を利用する罰則の在り方①)
2021年4月1日(地位・関係性を利用する罰則の在り方②)

2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会

地位・関係性を利用する罰則の在り方(三巡目の論議)③

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<27ページ>
2021年2月16日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

私も非常に悩ましいというか、悩んでいるところなのですけれども、先ほど和田委員が軽い類型としてとおっしゃったのですが、

(参考。和田俊憲委員【東京大学教授】)
新たな罰則を設けようとするときには、やはり重い処罰の要請よりは、広い処罰という要請の方を優先させて、刑が軽くても広く拾っていくということを目指すというのが、今回の議論においては、一つの大きな視点として重要なのではないかと考えています

本当にそれでいいのかというところをすごく悩んでいます。

改正刑法草案では、この類型を作って、確か5年以下の懲役だったかと思いますけれども、かなり軽い類型として作っていたと思います。
恐らく、被害としては、それこそ尊厳を害されるという意味では、手段にかかわらず非常に重大な被害だというようには思っています。
そうしますと、先ほどの若年者だとか、障害者だとか、保護法益自体を別に考えられるという類型に関しては一律処罰ということもあると思うのですけれども、今問題になっているような例だと、保護法益自体を大きく変えるというのは難しいのかなと思っておりまして、そうだとすると、
法定刑を軽くして特別類型を作るのか、
あるいは、確かに今の刑法178条(準強制性交等罪)が使いにくいことはそのとおりなのですけれども、刑法178条(準強制性交等罪)の抵抗できない状態みたいなものを広げて考えるのか

(参考。刑法)
178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

という二つの方向があると思っております。
結論としては、暴行・脅迫要件をもう少し緩やかに解する可能性があるということとの絡みでいうと、

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

それと同程度とされている刑法178条(準強制性交等罪)の抗拒不能をそのまま維持するのは結構難しいのかなと思っていまして、そこのところである程度カバーして、法定刑は軽くしないという道もあるのかなと思いました。

——————————————————–

<27~28ページ>
2021年2月16日 金杉美和 委員(弁護士)

やはり地位・関係性を利用する罰則を、その地位・関係性を特別に類型化してそれを利用してという形にすることは難しいという問題意識は皆さんと共通です。

私自身もセクハラの被害者側の民事事件にたくさん携わっていますし、これは本当に許されないと思っています。

ただ、刑法で犯罪として規定するということになると、やはり立証の問題ですとか、いろいろな問題が出てきて難しい。

特別のそういう地位・関係性の利用・濫用、上司と部下、起こりやすい類型というのを、監護者性交等以外に類型化することも難しいと思います。

かつ、意思のみに係らしめる地位・関係性の利用というところを主観的な要件だけで立証していくというのは、やはりなかなか難しいのだろうと思っています。

ですので、私の意見は、本日の四つ目のテーマの暴行・脅迫要件のところとも絡むのですけれども、現状において、暴行・脅迫や著しく抵抗を困難にしたかどうか、あるいは刑法178条(準強制性交等罪)の抗拒不能にしたかどうかということは、具体的な加害者と被害者の関係性ですとか、地位の上下ですとか、そういったことを考慮して、実際にはそれほど強度な有形力の行使でなかったとしても、この関係性にあっては抵抗することが著しく困難だという認定を行っていて、刑法177条、あるいは176条(強制わいせつ罪)の暴行・脅迫の要件が柔軟に解釈されているという問題が従前から指摘されていると思います。
私は、そこと絡めてなのですけれども、一段階軽い類型としてそういう処罰の類型を作るということを考えています。

具体的には、以前から申し上げていたとおり、威力または威迫を用いて、明示した意思に反して性交等を行った場合とわいせつ行為を行った場合というのを、例えば、その法定刑を性交等の場合は7年以下、わいせつ行為の場合は5年以下など、一段階軽い類型で規定するということです。

こういう軽い類型を設けた場合に、今、著しく抵抗を困難にしたとまではなかなか言いづらいけれども、例えば、先ほどの、お給料を上げるだとか、あるいは、もし応じなければ会社での立場がどうなるか分かっているのだろうねというような言動があった場合に、その具体的な関係性の中では威迫に当たるというように認定をされて、その一段軽い類型の犯罪に該当していくということはあり得るのだろうと思っています。
関係性に着目するのではなくて、加害者の側からどのような威力又は威迫に該当するような具体的な行為が行われたのかということに着目して、そこに主観的な要件を絡めていくという規定の在り方の方がいいのではないかと思っています。

——————————————————–

<28ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

確認ですけれども、例えば、「首にするぞ」などと言った場合は、現行法でも刑法177条、178条の問題になるのではないでしょうか。
新たな類型で軽い類型となるものではないのではないですか。

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

——————————————————–

<28ページ>
2021年2月16日 金杉美和 委員(弁護士)

今の、「首にするぞ」と言った場合は、おっしゃるとおり脅迫に当たると思いますけれども、そこまで明確で分かりやすい言動はないけれども、それを威迫的に感じるという場合はあり得るだろうと思います。

——————————————————–

<28ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

もう一段ランクが下の、プレッシャーの程度が軽いということですかね。

——————————————————–

<28ページ>
2021年2月16日 金杉美和 委員(弁護士)

そういうイメージです。

——————————————————–

<28~29ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

このテーマについての予定の時間も超過しておりますので、このぐらいにさせていただきたいと思います。

ごく簡単にまとめておきますと、ここでは二つの問題があり、そもそも処罰すべき行為とはどういう行為なのかということ、それから、処罰すべき行為があるとして、どういう要件でそれを条文に規定するかということ、この両方についてそれぞれ御意見を頂いたと思います。

前者の、そもそも処罰すべき行為とはどういう行為なのかという問題については、例えば今の例で、会社の上司が部下に性交等を求め、部下がその求めに応じるつもりはないというシチュエーションで、一方の極には、仮に「断ると首にするぞ」ということを言われたような場合、もう一方の極には、応じると昇進ができる、給料が上がると思って性交等に応じたような場合があり、その二つを言わば両極とすると、「首にするぞ」と言うような場合については、現行法でも刑法177条、178条で処罰可能だということになると思われますが、他方で、昇進で有利になると思った、給料が上がると思ったという場合については、処罰の必要性について相当に疑問に感じる人も多いだろうと思われます。
そうすると、その中間の場合について、どういう形でもってどこまでを処罰の対象にし、どこから先を処罰の対象外とするかということが議論の対象になります。
また、そのような中間の場合は、刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)よりも一段階プレッシャーが軽い場合ですので、現行法の5年以上の懲役という刑で果たしていいのか、より軽い法定刑で対応すべきではないかという御意見がありました。
また、その要件については、人間関係は様々なのだから、なかなか処罰すべき場合を適切に立件することができるような要件とすることは難しいという御意見もありましたが、他方で、具体的な要件として、地位・関係性を利用し、あるいは濫用してとか、心理的なプレッシャーを与えてとか、抵抗が難しい状態にして、といった御意見が表明されており、果たしてそれで十分なのかどうか、プレッシャーの程度というのをどのように考えるかという辺りが更に課題になるだろうと思われました。

——————————————————–

(再掲。木村光江委員【東京都立大学教授】)
先ほど和田委員が軽い類型としてとおっしゃったのですが、本当にそれでいいのかというところをすごく悩んでいます

(強制性交等罪の)暴行・脅迫要件をもう少し緩やかに解する可能性があるということとの絡みでいうと、それと同程度とされている刑法178条(準強制性交等罪)の抗拒不能をそのまま維持するのは結構難しいのかなと思っていまして、そこのところである程度カバーして、法定刑は軽くしないという道もあるのかなと思いました

(再掲。金杉美和委員【弁護士】)
威力または威迫を用いて、明示した意思に反して性交等を行った場合とわいせつ行為を行った場合というのを、例えば、その法定刑を性交等の場合は7年以下、わいせつ行為の場合は5年以下など、一段階軽い類型で規定するということです

お給料を上げるだとか、あるいは、もし応じなければ会社での立場がどうなるか分かっているのだろうねというような言動があった場合に、その具体的な関係性の中では威迫に当たるというように認定をされて、その一段軽い類型の犯罪に該当していくということはあり得るのだろうと思っています

セクハラをおこなったやつを重い罪で処罰するのか、それとも一段軽い罪で処罰するのか、という展開になってきました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

そう遠くない将来、セクハラ犯も刑務所に入る時代が到来しそうです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ