【刑法改正を審議する検討会の12回目の議事録】(その10)。セクハラ犯を処罰する流れが②。香西咲さんたち被害者にとって理想の展開となってきました

2月16日に第12回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。
同検討会は、法務省内に設置された機関です。
刑法の改正を審議しています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

先週、当該検討会の議事録が公開されました。
議題は4つです。
いずれも、三巡目となる議論です。

(参考。第12回性犯罪に関する刑事法検討会
<議題>

□一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方(性交同意年齢の引き上げ)
□障害者を被害者とする罰則の在り方
地位・関係性を利用する罰則の在り方
□暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

昨日から、
地位・関係性を利用する罰則の在り方
の論議をみています。

(参考。当ブログ)
第12回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年3月23日
2021年3月24日(性交同意年齢の引き上げ①)
2021年3月25日(性交同意年齢の引き上げ②)
2021年3月26日(性交同意年齢の引き上げ③)
2021年3月27日(性交同意年齢の引き上げ④)
2021年3月28日(性交同意年齢の引き上げ⑤、障害者を被害者とする罰則の在り方①)
2021年3月29日(障害者を被害者とする罰則の在り方②)
2021年3月30日(障害者を被害者とする罰則の在り方③)
2021年3月31日(地位・関係性を利用する罰則の在り方①)

昨日もふれました。
悪質なセクハラにつきましては処罰規定が設けられる雰囲気です。
ひきつづき議事録を参照します。

2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会

地位・関係性を利用する罰則の在り方(三巡目の論議)②

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<25ページ>
2021年2月16日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

必要性という点は、私も非常によく分かっているのですけれども、大人は難しいなと思うのは、今まで、優越的地位を利用する主体として、例えば、雇用主、上司、取引相手、それから医療関係者、福祉施設の人というのが挙げられていますけれども、未成年者や重度の障害者が客体の場合とは異なって、そのような人との対等な関係性がおよそほとんど考えられないわけではない、つまり上司と部下、医師と患者、取引先の相手同士が恋愛関係になったり、そこまで至らなくても合意的に性的関係性を持ったりということがあり得るというのが、前提にあるのだと思います。

そうすると、無害な行為が処罰範囲に入ってしまうおそれがあって、最初に和田委員がおっしゃったような、処罰してはいけないものは刑法の中に入ってはいけないという強い要求がありますので、それをどう排除するのかを考えなければならず、ここに難しさがあるなと思っております。

単に地位の利用・濫用という要件にしてしまうと、例えば、お給料を上げてあげるからと言われて性行為に応じて、実際にお給料を上げてもらったというような場合も、確かに地位の利用っぽいのですけれども、これを処罰するのかと言われると、こういう利益供与型を処罰している諸外国の例が余りないので、本当にやっていいのかなという不安があります。

また、ドイツでは、心理療法を受けている患者は常にメンタル的に不安定なので、その治療をしている人との関係性では、絶対に保護するというようになっているのですけれども、そうすると、逆に今度は患者側の権利が侵害されるのではないかとか、その人とはおよそ恋愛ができないということになってしまうので、それはそれでどうなのかという問題が出てくるのではないかと思います。

では、誘惑などの手段を規定するかというと、脆弱性のない大人同士では誘惑に可罰性があるとは思えませんので、適正処罰を維持する、保障するという点で、大人の場合にはかなり厳しい問題があるのではないかと思っております。

不利益を与え得ると相手が捉えるような状況の利用とか、そういうようなものも考えたのですが、そもそもこれは刑法178条(準強制性交等罪)で処罰できてしまうのではないかという気もします。

刑法178条(準強制性交等罪)で処罰できない不利益を与え得ると思わせるような状況の利用としてどういうものがあるのかと言われると、まだ漠然としていて、何が処罰範囲になるのかが明確に自分の中で見えていない状況です。

この点はやはりどこを処罰するかという意識をしっかりと持って、取引先とかが何か嫌がらせをしてくる場合のように、当然、処罰範囲に入っても仕方ないと思われる場合を処罰範囲の中核としつつ、外縁をしっかりと見せられるような文言というのを見いだせなければ、やはり刑法規範としては問題があるのだと思います。

つまり、かなり明確で具体的な要件というのを考え出さなければいけないのではないかと思っていて、全くできないとは思っていませんけれども、困難はあるのだろうと考えているところでございます。

——————————————————–

<25~26ページ>
2021年2月16日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

困難があっても、ここは、現行法でうまく拾えていないけれども問題性が広く広がっている領域だということであり、何とか新しい類型を設けられるように考えていくべきだと思うのですけれども、
その具体的な処罰範囲や要件の問題が解決したとした場合の法定刑についての意見です。

ここでは、優越的地位だとか関係性を利用して同意のない状態で性的行為を強要したときに、暴行・脅迫だとか抗拒不能の要件が満たされれば、もちろん刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)で重く処罰されるということに現行法上もなるわけですけれども、

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

それを越えて、それに至らない場合をどうするかという問題です。

具体的には、例えば、職場環境だとか取引先との関係が悪化することを考えて拒否することができなかったというような場合を拾っていこうということですが、このような場合を処罰するとして、これを暴行・脅迫が用いられた場合と比較したときに、その被害者の意思が圧迫される程度であるとか、あるいは自由意思が制約される、あるいは侵害される程度を考えると、やはりその程度は一段階落ちるのではないかと思われます。
具体的な事案の中には、このような場合であっても通常の強制性交等に匹敵するような実質的な被害がある場合があり得ることはもちろんだと思いますけれども、類型的に見たときにどうかと考えてみると、やはり通常の強制性交等、準強制性交等に比べると、類型的には法益侵害性が一段下がると見るのが合理的ではないかと思われます。
保護法益を性的自由と見るか、性的統合性と見るかにかかわらず、そのように違法性を一段低く評価するというのは合理的にあり得ると思われますので、そうすると、新しい犯罪類型を設けるとして、その法定刑は、やはり強制性交等罪に比べて一段軽いものとするのが合理的ではないかと思われます。
先ほど来、池田委員から、中間年齢層に対する相対的な保護の場合や、あるいは障害者との関係で新しい規定を設けることとしても、法定刑は軽くすべきではないかという御意見がありましたけれども、

(参考。池田公博委員【京都大学教授】)
これまでも御指摘がありましたように、軽い障害を有する方に対する性的行為を処罰するという規定を設けることとする場合、これも先ほどの中間層についての議論で述べたことと重なるのですけれども、そのような軽い障害を有する方には性的行為を行うことへの判断能力がおよそない、あるいは認める余地がないということではなくて、そのような判断能力はあるけれども脆弱であると位置付けられるもののように思われます。

そうであるとすると、この場合も、脆弱性に基づいて意思決定を操作されている、又は瑕疵ある同意に基づいて性交に及んでしまうということだとしても、それがおよそ自己の意思に基づかないものであるとみることは難しいのではないかと思われ、準強制性交等罪と同列に位置付けるということにはならないのではないかと考えております。

それと同じ話でありまして、今回、性犯罪全体について、処罰すべきもので漏れているところの処罰をより適切にできるように改正を目指していこうということを考える際に、現行法の処罰範囲を超えて新たな処罰範囲を設けようとする、そこには重い処罰の要請と広い処罰の要請と、両方あり得るわけですが、やはり、現行法上、解釈論として通常ではあり得ないぐらい無理をして処罰に値するものは拾おうという努力が裁判所において行われていて、重い処罰の方は、現行法でも裁判規範としては、かなり突き詰めて追求されていると思います。

それを越えて新たな罰則を設けようとするときには、やはり重い処罰の要請よりは、広い処罰という要請の方を優先させて、刑が軽くても広く拾っていくということを目指すというのが、今回の議論においては、一つの大きな視点として重要なのではないかと考えています。

——————————————————–

<26~27ページ>
2021年2月16日 宮田桂子 委員(弁護士)

最初に渡邊委員が御指摘になった立証の難しさに関連してですけれども、監護者性交等のように、地位・関係性があればおよそ同意がないことが推認されるという類型ではない、その点にこの類型の難しさがあると思っています。

もちろん被害者の側からすれば同意がないわけですけれども、加害者にしてみれば同意があったと認識し得るような状況は、相当数起こるのではないかと思います。

例えば地位・関係性に乗じたというような条文を作ったときに、その地位・関係性に乗じるという行為は何なのか、例えば、この関係を拒否することによって報復的な扱いをする、そういう権限をその人が持っているのか持っていないのかという権限についての事実関係の有無、被害者が考えている権限と実際の権限、被害者の考えている加害者の権限を行為者が認識し得たのかというところなどでも、かなり難しい問題が出てくると思います。

ですから、そもそも立法をするのが難しい上、優越的な地位・関係性に乗じて、という条文を作ったとしても、今度は、事実認定の中で、その地位・関係性に乗じる行為とは何か、その乗じた行為をすること、つまり、同意がないことだけではなくて、地位・関係性に乗じてそういう行為を行っているという部分についての認識も加害者に必要になってくるのです。

その辺りが、地位・関係性それぞれの個別の関係性によって、それに乗じる行為の幅も相当広く、また、それを認識し得るのかどうかという状況も個別的な事情によって違ってくるように思われます。

立法の際も、立法後の事実認定の作業でも、かなり難しい問題も起きるのだろうということです。

影響が一様ではないということは、地位・関係性があるということの内容自体をどう構成するかという難しさでもあるように思います。

——————————————————–

<27ページ>
2021年2月16日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

本当に難しいということは承知しておりまして、ただ、これまでの被害者支援の経験や調査の中で、成人の性犯罪被害で最も捉えられていない類型はここだと思いますので、それについて本当にお知恵をお借りしたいと考えています。

ここでこれを言うべきでないということは重々承知しておりまして、佐藤委員も例として持ち出しただけだということも本当に重々分かっているのですが、

(参考。佐藤陽子委員【北海道大学教授】)
ドイツでは、心理療法を受けている患者は常にメンタル的に不安定なので、その治療をしている人との関係性では、絶対に保護するというようになっているのですけれども、そうすると、逆に今度は患者側の権利が侵害されるのではないかとか、その人とはおよそ恋愛ができないということになってしまうので、それはそれでどうなのかという問題が出てくるのではないかと思います。

心理療法で患者側の権利が阻害されるという点については、倫理にも関わることなので一点だけ言わせていただきます。

心理療法で患者側がセラピストに恋愛感情を持つことは、もちろん問題ありません。

しかし、セラピストと患者には圧倒的な立場の上下があり、セラピストが患者と性的行為をした場合、相手の恋愛感情に乗じたとしても、それは性的搾取となります。

セラピストにとって、患者からセラピストに向けられる恋愛感情は、患者の自由意思とは到底考えられないということが通常です。

セラピスト側が心理療法の間に患者に性的行為をするということが、ドイツで性犯罪として類型的に定められているというのは、心理職からすると自然なことです。
例で持ち出したということは本当に分かっているのですが、日本においても実際に事件が起き、心理職の資格が剥奪されることもある行為ですので、心理職の立場から看過できず、一言言わせていただければと思いました。

——————————————————–

<27ページ>
2021年2月16日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

ありがとうございます。
勉強になりました。

——————————————————–

(再掲。上谷さくら委員【弁護士】。※昨日の当ブログを参照)
地位・関係性についてはまだ議論が余り熱くなっていないのかなと思います

佐藤陽子委員(北海道大学教授)の
全くできないとは思っていませんけれども、困難はあるのだろうと考えているところでございます
との意見に対して、和田俊憲委員(東京大学教授)は、
困難があっても、ここは、現行法でうまく拾えていないけれども問題性が広く広がっている領域だということであり、何とか新しい類型を設けられるように考えていくべきだと思うのですけれども
と応えました。

議論が盛り上がってきました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

AV出演強要犯だけでなく、セクハラ犯も牢屋に打(ぶ)ち込まれる可能性が出てきました。

(再掲。齋藤梓 委員【臨床心理士】)
セラピスト側が心理療法の間に患者に性的行為をするということが、ドイツで性犯罪として類型的に定められているというのは、心理職からすると自然なことです

刑法の改正が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。