【刑法改正を審議する検討会の12回目の議事録】(その7)。障がい者への性犯罪②。香西咲さんたちのAV出演強要被害への対応もふくめて刑法はおおきくかわる予感がします

先週から、刑法改正を審議する法務省の検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)の最新(第12回)の議事録をみています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

(参考。第12回性犯罪に関する刑事法検討会
<議題>

□一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方(性交同意年齢の引き上げ)
□障害者を被害者とする罰則の在り方
□地位・関係性を利用する罰則の在り方
□暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

(参考。当ブログ)
第12回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年3月23日
2021年3月24日(性交同意年齢の引き上げ①)
2021年3月25日(性交同意年齢の引き上げ②)
2021年3月26日(性交同意年齢の引き上げ③)
2021年3月27日(性交同意年齢の引き上げ④)
2021年3月28日(性交同意年齢の引き上げ⑤、障害者を被害者とする罰則の在り方①)

本日は、
障害者を被害者とする罰則の在り方
の論議のつづきをみていきます。

2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会

障害者を被害者とする罰則の在り方(三巡目の論議)②(※二巡目は、2020年12月8日の第9回検討会

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<18ページ>
2021年2月16日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

障害の内容や程度が多様であり定義が困難と言われていますが、障害者基本法、障害者手帳の保持などで、障害者の定義と福祉の運用を行っていますので、規定できないわけではないとも考えています。

また、被害者の鑑定、どのような被害の状態であるのかについても、心理検査や、能力・適性を専門家に評価してもらうことも可能であると思います。

資料21の「性犯罪に係る不起訴事件調査」には、被害者が障害を有する強制性交等罪の事件43件、準強制性交等の事件11件が、それぞれ不起訴になっているとの記載があります。

障害の定義を明確にし、憲法32条の、
「何人も、裁判所において裁判を受ける権利は奪はれない。」
を明確にしていただければと思います。

ですので、障害者の特性というのをくくり出していただければということをより強く望んでいます。

例えば、生活の世話をしている人、トイレの介助をしている人、服薬をさせる側の人、そして、食事の世話をしている人、そのような人からの被害というのは、抵抗できない状況というのがより強いと思います。

監護者に生活を依拠するのと同じように、そのような人に生活を依拠しているということを考えれば、その地位において、障害を知り得る立場を利用した性犯罪として規定することも考えられるのではないでしょうか。

また、発達障害、知的障害などもありますけれども、IQ75以下の方というのは小学生程度ともいわれています。
そのような人たちへの加害についても、抗拒不能として、より広い類型として規定していただければと思っています。

(参考。刑法)
178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

——————————————————–

<18ページ>
2021年2月16日 羽石千代 委員(警察庁刑事局刑事企画課刑事指導室長)

警察の現場の立場からしますと、やはり「障害者」の定義というものは、なるべく分かりやすくあった方がよいと思っておりまして、例えば、立件対象となる事件の被害者の方が障害者施設の入所者ですとか通所者であれば、警察の現場でもある程度判断できる、簡単に判断できるのではないかと思うのですけれども、障害といいましても、精神障害、身体障害、内部障害で外見からはなかなか分からない方も中にはおられます。

公的認定を既にお持ちの方であれば、取調べのときにそれをお示しいただくことで判断もできるのですけれども、現場でやり取りしているところを見ると、本当は公的認定を受けることが可能だけれども公的認定を取られていない方というのは一定数おられると理解しておりますので、やはり、先ほど和田委員からも御指摘がありましたけれども、障害の内容・程度は人によって様々なので、どこまでが射程範囲なのかということは、現場の運用を考えたときに、少し気になるところではあります。

——————————————————–

<18ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
ただ今のお話は、障害について、刑法178条(準強制性交等罪)抗拒不能の要件の問題として考えるか否かに関連する話ということでしょうか。

(参考。刑法)
178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

——————————————————–

<18ページ>
2021年2月16日 羽石千代 委員(警察庁刑事局刑事企画課刑事指導室長)

そうです。
刑法178条(準強制性交等罪)も含めてです。

——————————————————–

<19ページ>
2021年2月16日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)で障害者が保護されるというのは当然だと思うのですけれども、その保護の対象に入らない人たちであっても、障害者も未成年者と同じように脆弱性を有していますから、やはり特別な保護が必要だと考えています。

では、どうして特別な保護が要るのかというと、意思決定ができないというのは刑法178条(準強制性交等罪)で保護できますからいいとして、流されやすいとか、迎合的であるとか、あるいは、生活の世話に依存している関係性にあるので逆らえないとか、そういう理由からだと思います。

「流されやすい」のパターンでいうと、例えばナンパされて付いて行きやすいというのは、規定を設けても処罰がかなり難しいのではないかと思われます。

なぜなら、そのナンパした相手がそういう条文に規定されるような障害者であるということが、なかなか分かりにくい状況にあるからです。

そうすると、一番可能性としてあり得るのは、関係性で規定するという、先ほど山本委員がおっしゃっていたような施設の人との関係性とか、あるいは生活が依存しているような、介護をしている人との関係性とか、そういうようなものが最もあり得るのではないかと考えております。
ただ、そのように、例えば施設の職員と入所者というように規定してしまうと、通所者はどうするのか、週に一回介護を受けている人はどうするのかとか、あるいは、介護にもいろいろな種類がありますし、職員にもいろいろな種類があって、様々な関係性がありますので、一律に介護施設の職員と規定しても、本当にその全ての人に処罰根拠が妥当するのか、例えば、障害者に接触する機会が少ないような補助をするだけの人とかは入らないようにしておかないと駄目なのかとか、あるいは、施設としてもいろいろな種類がありますから、どういう施設にするのかとか色々な細かい疑問が生じるのではないかと思います。

条文はざっくり決めて、あとは検察官、裁判官、何とかしてくださいという規定にはさすがにできませんから、少し詳しく、ちょっと突っ込んだ形で、本当に処罰に値する関係にあるのはどこなのかというのをピックアップしていき、それがしっかりと分かるような規定にしなければならないと思います。

私がドイツ法の研究をしているからかもしれませんけれども、そのときには依存関係みたいなものがキーワードになり得るのではないかなと思っているところでございます。

——————————————————–

<19~20ページ>
2021年2月16日 池田公博 委員(京都大学教授)

これまでの御指摘にもありましたように、重い身体障害や知的障害があってそれに乗じたという場合には、既存の刑法178条(準強制性交等罪)で処罰することが可能であるということが前提となると思います。
その上で、今、問題となっておりますのは、そのような程度に至らない障害についても、やはり脆弱性の要因になり得ますし、地位・関係性が利用されて被害を受けることがあるので、それも処罰範囲に含めるべきだとの御指摘であり、その御指摘は理解できるところだと思っております。
これまでも御指摘がありましたように、軽い障害を有する方に対する性的行為を処罰するという規定を設けることとする場合、これも先ほどの中間層についての議論で述べたことと重なるのですけれども、そのような軽い障害を有する方には性的行為を行うことへの判断能力がおよそない、あるいは認める余地がないということではなくて、そのような判断能力はあるけれども脆弱であると位置付けられるもののように思われます。

そうであるとすると、この場合も、脆弱性に基づいて意思決定を操作されている、又は瑕疵ある同意に基づいて性交に及んでしまうということだとしても、それがおよそ自己の意思に基づかないものであるとみることは難しいのではないかと思われ、準強制性交等罪と同列に位置付けるということにはならないのではないかと考えております。

——————————————————–

<20ページ>
2021年2月16日 宮田桂子 委員(弁護士)

佐藤委員の御発言と重ならない部分を申し上げます。

搾取されている女性の多くは知的障害があるといわれていますが、障害認定を受けていない方の中にも、恐らくこの方の状況であれば知的障害があるだろうということが非常に多いです。

日本で障害というと、どうしても障害者手帳を持っている人という解釈になりがちなので、「障害」という決め方がよいのか、それとも、意思の脆弱性に着目した方がいいのかは、迷いがあるところです。

次に、障害者の類型を立法する際、一つ注意しておいてほしいことを述べたいと思います。

私も障害者の支援関係をしているので、障害者の性的被害が防止されることには期待するところがございますけれども、障害者の類型という規定を作ることによって、障害者に対するパターナリズムが強化されて、施設内で性的な行為をすることがおよそ問題行動だという形で位置付けられてしまわないように、何か注意的な文言があるといいと思っています。

2004年に河合香織さんの「セックスボランティア」という本が出て、それ以来、障害者にも性の欲求がある、それに対して私たちが真摯に向き合わなくてはいけないということが認識されてきて、テレビでも取り上げられるようになってきたわけですけれども、障害者の性の問題には、未成年者と同様の、意思決定についての脆弱性への保護という問題に止まらず、障害者が性行為をして子をなすことに対するおそれというか、優生思想にも通じるものがあるようにも思われるのです。

ですから、未成年者以上に、規定を作るときには慎重を要する部分があると思います。

障害者の人の性的な自己決定は、かなり障害の程度が重くても、あるのではないのかという指摘も海外ではされているところです。

例えば、障害がある人の欲求に応じた場合というのはみんな犯罪になってしまっていいのでしょうか。

障害者の性的なニーズは十分に調査もされていませんし、性教育について、特に障害のある方に対しては、性の意味、性交といったことに止まらず、恋愛、結婚といった、個人として当然保障されなければならない権利についてすら十分な教育がされていない面もあるわけです。

ですから、規定を作ることについては、非常にプラスの面もありますけれども、障害者に対するパターナリズムの強化にならないように我々は注意を払わなければならないのだと思います。

——————————————————–

この論議のつづきは明日のブログでみてみます。
障がい者の方々への性暴力につきましても、なんらかの規定が設けられる勢いです。
もちろん、AV出演強要についても然りです。

(参考。当ブログ)
<性犯罪に関する刑事法検討会におけるAV出演強要処罰の論議>
2021年3月5日

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

以前、当該検討会の和田俊憲委員は、検討会の席で以下の意見をのべていました。

(2020年8月27日 第5回 性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<19~20ページ>
2020年8月27日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

(略)、先ほど佐藤委員からもメッセージという言葉がありましたけれども、

(参考。佐藤陽子委員【北海道大学教授】)
強制性交等罪などが成立するためには、被害者が抵抗しないといけないという理解は違うのだというメッセージを立法によって送る、改正によって送るというのが、非常に重要なのではないかなというふうに考えております

やはり条文上明確にこれまでの考え方とはかなり違う処罰を本来すべきなのだと、そういうメッセージが伝わるような条文に、少なくともする必要があるのではないかというふうに思います。

——————————————————–

日本の刑法はおおきくかわる予感がします。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。