【刑法改正を審議する検討会の12回目の議事録】(その3)。若年層の性被害も香西咲さんたちのAV出演強要被害も、処罰規定の新設、という流れです

性交同意年齢の引き上げは実現するのでしょうか。

(参考。第12回性犯罪に関する刑事法検討会
<議題>

一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方
障害者を被害者とする罰則の在り方
地位・関係性を利用する罰則の在り方
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

本日もひきつづき、今週の月曜日に公開された法務省の検討会(第12回性犯罪に関する刑事法検討会)の議事録をみていきます。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

(参考。当ブログ)
第12回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年3月23日
2021年3月24日(性交同意年齢の引き上げ①)

2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会

一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方(三巡目の論議)②

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<6~7ページ>
2021年2月16日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

ただ今、齋藤委員から、性交等とわいせつ行為とで同意年齢を異にすべきとの御提言がありましたので、まずこの点について意見を申し上げた上で、その後、児童の性的保護一般について、私なりの理解を申し上げたいと存じます。

(参考。齋藤梓 委員【臨床心理士】)
強制性交等について、16歳未満の子供たちは同意の有無を問わずに保護する必要があるのではないか

ただ、強制わいせつについて、例えば13歳以上16歳未満の子供たちは、加害者との年齢差の要件を設けた上で保護することが考えられるのではないかと思いました。そして、16歳以上18歳未満の未成年者は別途の要件(=年齢差の要件、あるいは地位・関係性の要件)で保護するというように、段階的に考える必要があるのではないかと考えています

確かに、わいせつ行為と性交等では、その法的侵害性や心身に対する影響が異なりますので、両者で同意年齢を区別することは理論的には可能だろうと思います。

もっとも、例えばキスと性交だけを単純に比べますと、両者では侵害性に大きな違いがあるわけですが、わいせつ行為は、現行法上、きわめて幅のある概念です。

挿入を伴う行為の取扱いについては、ここでは措くとしましても、性器の外部に接触する行為や女性の胸を触る行為など、性交にかなり接近した行為もわいせつ行為に該当します。

このような意味において、両者は実際には連続的な概念であるように思われますので、両者を完全に切り離して同意年齢を設定することが適切といえるのかについては、若干の違和感を覚えます。

また、この点は身体の一部や異物の挿入を伴うわいせつ行為の処理とも関わってまいりますが、先日の会議(※2020年12月25日の第10回検討会)の議論では、身体の一部や異物の挿入を伴うわいせつ行為については中間的な構成要件として規定すべきという御提案もございました。

(参考。第10回検討会

2020年12月25日 和田俊憲委員(東京大学教授)
わいせつ行為であることを前提に、挿入を伴うような行為に関して、重い方については性交等と同じ評価を与えつつ、軽い方については性交等と同じとまではいえないということを同時に表す規定の仕方として、新たな犯罪類型を設けた上で、法定刑の上限を強制性交等罪と同じ20年の懲役としつつ、下限については5年の懲役よりも下げて、懲役3年あるいは2年というような形とする方法もあるのではないかと思います

2020年12月25日 井田良 座長(中央大学教授)
現行法は、言わば二分法(強制わいせつ罪と強制性交等罪の2つ)なのだけれども、それに一つ新しい類型を加えて、三分法に移行する、と言いますか、第三類型を設けて、法定刑の上限は強制性交等と同じだけれども、下限は軽くすると、こういう御意見だったと思われます

2020年12月25日 佐藤陽子委員(北海道大学教授)
先ほど和田委員がおっしゃったように、三分法にするというのがよいのではないかと考えておりまして

仮にこのような御提案の方向で検討する場合には、3つの類型ごとに同意年齢を区別して設定することが必要になりかねず、それもまた現実的ではないような印象を持っております。

(つづき)
2021年2月16日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

続きまして、児童の性的保護一般について、私見を申し上げたいと存じます。

児童への性的暴行につきましては、これまでの議論におきましても、特に一定の地位・関係性にある年長者などが児童の判断能力の脆弱さに付け込んで性的行為に及ぶような行為について、処罰の必要性が強く指摘されてまいりました。

このようなケースについては、これまで児童福祉法で対応がなされてきたわけですが、刑法典において一定の対応を講ずる必要があるという点については、この検討会においても基本的に見解の一致があると考えております。

それでは、どのようにして児童の性的保護を図るべきかという点ですが、この点につきましては、先ほど井田座長からも御指摘がございましたように、絶対的な保護と相対的な保護の方法があり得るところ、両者を併用しながら十分な保護を実現する必要があると思います。

前者の絶対的保護とは、一定の年齢未満の児童との性行為については、その関係性や経緯を個別に判断することなく、形式的に一律に処罰するものであり、後者の相対的保護というのは、性行為を一律に処罰するのではなく、一定の年齢層の青少年の脆弱性を踏まえ、当事者間の関係性や行為態様などを評価対象にした上で、言わば性的搾取としての性行為か否かを実質的に判断した上で処罰対象にするものです。

児童の性的保護を十分に実現するためには、このような絶対的保護と相対的保護を適切に組み合わせることが重要であると考えます。

言うまでもなく、いわゆる性交同意年齢の問題は、前者の絶対的保護をいかなる範囲で設定するかという問題ですが、今申しましたように、児童の性的保護を絶対的保護と相対的保護の組合せの問題として理解する場合には、性交同意年齢をそもそも、また、どこまで引き上げるべきかという問題は、裏を返しますと、相対的保護としていかなる範囲の性行為までを処罰できるかという問題に依存します。

仮に相対的保護として児童の性的搾取を適切かつ実効的に処罰できるのであれば、性交同意年齢を引き上げる必然性はその分だけ低下いたしますが、逆に、相対的な保護としての罰則を制定することが困難であったり、処罰の間隙が生ずるような場合であれば、その分、性交同意年齢を引き上げる必要性が高く働きます。

このように性交同意年齢の引上げの問題は、正に児童に対する性的保護全体の文脈の中で検討する必要があり、これのみを取り上げて独立に検討することは困難ではありますが、あえて現時点における私見を申し上げるならば、私は、児童の性的保護については実質的・相対的保護を中心として望ましい罰則を検討するべきだと考えており、いわゆる性交同意年齢につきましては、これを引き上げるとしても、例えば1年、2年程度の若干の引上げにとどめることが適当であると考えております。

このように考える理由が2点ございます。

第1点ですが、意見要旨を拝見しておりますと、検討会における問題関心は、児童同士の性的行為を禁止して性の低年齢化を回避しようという方向ではなく、むしろ、年長者が児童の未成熟さに付け込み、その人格を害し、健全育成を阻害する性行為を行うことを適切に処罰する点に向けられておりました。

これは、正に相対的保護としての処罰の強化によって実現されるべき課題であると理解しております。

第2点でありますが、仮に、いわゆる性交同意年齢を例えば16歳まで引き上げた場合、以前も申し上げましたが、交際関係にある15歳同士の性行為が犯罪を構成することになり、両当事者が共に処罰されることになりかねず、問題が生じます。

これを回避する観点から、例えば一定の年齢差を要求したり、あるいは行為者が一定の年齢以上であることを処罰の要件とする提案がなされており、私も何らかの対応が必要であると考えておりました。

しかし、改めて考えますと、どのような年齢差、年齢要件を設定するかについて理論的に明確な根拠を提示することは極めて困難です。

また、具体的に考えましても、交際相手の誕生日が数日異なるだけで交際相手との性行為が適法行為から犯罪行為に転ずるというのは、やはり合理的な根拠が乏しいように思われます。

これらの点に鑑みますと、私としましては、児童に対する相対的保護の方法として、性的行為について十分な判断能力を有する年齢に達していない児童について、誘惑的・欺罔的な手段を用いたり、力関係や地位・関係性の利用等によってその脆弱さに付け込み、不当に性的関係を持つ行為を罰する規定を設けることを強く提案したいと思います。

そして、このような法改正が十分に実効性を有するならば、性交同意年齢を大幅に引き上げる必要性は相対的に乏しくなると考えております。

——————————————————–

<7~9さページ>
2021年2月16日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

先ほど委員の方々から発言があった年齢差要件などに関することなのですけれども、まず問題になるのは、およそ誰に対しても性的行為に同意できず、性的行為の相手方は誰であろうと常に処罰される絶対的保護の対象年齢は幾つかという話だと思います。

現在は13歳未満ですが、これを例えば15歳未満や16歳未満に引き上げたとすると、やはり問題になるのは、先ほど委員の方々からお話があった同年齢同士の場合だと思います。

例えば、いじめの場合というのは、むしろ刑法177条(強制性交等罪)や178条(準強制性交等罪)の方で処罰すべきだと思います。

ですので、いじめ等の悪質な場合を除いて考えると、もちろん私は責任が取れないような若年層の性的行為を奨励しているわけでは決してなく、15歳未満の者や16歳未満の者は当然保護されるべきであり、性的行為はできるだけ控えるべきだと思っていますが、しかし、例えば15歳未満の者を保護するための規定で、結果的に彼らを処罰することになるのが適切なのかと考えると、やはりちゅうちょしてしまうというのが実際のところでございます。

5回目の会議のときの資料30(青少年の性行動に関する調査結果)に、中学生や高校生の性的経験があるかどうかという資料がありましたが、その中で、ある程度の割合の者が経験があると答えていて、その相手方も同い年という答えが多くなっていました。

また、高校生に対する質問ではありますが、どうして性的接触をしたかという動機に関する問いについては、愛しているからだとか、好きだからだとか、好奇心からとか、そういう回答が一定程度あったかと思います。

おそらく動機の面においては、中学生だからといって劇的に変わるような状況にはないかと思っております。

それを踏まえて考えてみると、15歳未満の者や16歳未満の者たちがお互い好きで付き合って、その上で性的行為に至ったときに、もちろんその行為自体は適切なことではありませんが、その者たちが皆刑罰に値するのかと考えると、それはやはりちょっと違うのではないかと思います。

つまり、データで出てきたような、一定の性行動経験を有する15歳未満や16歳未満の男女を広範囲で処罰することになり得る改正には手放しで賛成できないということです。

もちろん、今の段階では犯罪ではないので、彼らが実際に処罰されることはないですが、逆に、現段階で処罰することにちゅうちょを覚えるものを、条文を作って、これから処罰できるようにするのは、それはそれで、その処罰は適正なのかということを考えなければいけないと思っております。

そうすると、改めて一律に性交同意について無能力といえる年齢がどれぐらいなのかということを考えると、その年齢を15歳未満、16歳未満に引き上げて、近い年齢同士の行為も男女問わず皆処罰するという形で対応するのがよいとは思えないですし、検察官が適切に運用してくれるだろうという期待があるにしても、検察官がうまく運用しないと適正処罰が維持できないというような条文は、不出来な条文だと思います。

この意味で、どちらが被害者でどちらが加害者か分からないとか、あるいは、どちらがどちらを搾取しているのか分からないというような関係性が処罰対象に紛れ込まないようにしておく必要があると思っています。

ただ、明らかにしておきたいのは、16歳未満あるいは18歳未満の未成年者については、刑法177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)の枠を越えた特別な保護が要るというのは、これは私もかなり同意をしているところでございます。

では、この中間層、16歳未満18歳未満はどうするのかと考えたときには、先ほど、例えば、橋爪委員がおっしゃっていた誘惑というような非常に緩やかな手段を要件とすることも考えられますし、あるいは、ただ1日の誕生日の差で処罰されたりされなくなったりするのはおかしいとおっしゃるのは、それはそのとおりなのですが、ただ、やはり、性的行為によって今後の成長に悪影響が生じる年齢層というのがあるという前提に立てば、年齢差や、あるいは年齢差に基づく脆弱性の利用とか、そういう要件の処罰規定を定めることができるのではないかと思っております。

そうすると、以前、山本委員がおっしゃっていた大阪地裁平成20年6月27日判決の前日のナンパで知り合った14歳の少女と24歳の男性の行為については、

(参考。第9回検討会

2020年12月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)
法律論が難しいので、こういう場合も大丈夫でしょうかということをお伺いしたいのですけれども、大阪で24歳の男性が14歳の女子中学生に対して、知り合って二日目の付き合った当日に、少女が「今日は早すぎる。やめておこう」と言ったのだけれど、性交された事件がありました。

強姦罪で起訴されて、裁判で同意していなかったことは認められたけれども、強い抵抗が示されなかったと認定され、加害者が少女が性交を受け入れたと誤解したなどとして、無罪になりました。

そういう地位・関係性がない場合の成人からの被害というのを救える規定になるのかを確認したいと思いました。

中間年齢層用の条文で処罰できることになりますし、14歳の少女が普通に付き合っている14歳の恋人と性交した場合には、14歳の少女も、14歳のパートナーも処罰されないということになるので、ある程度抑制的で、しかし未成年者の保護に資する条文になるのではないかと思っております。

さらに、年齢差だけで処罰できるようにしてしまうと、地位・関係性利用の条文は要らないのではないかという指摘が出てくるかと思いますけれども、例えば、年齢差だけを理由に処罰する規定で16歳未満までを保護して、地位・関係性利用18歳未満まで保護するとか、あるいは、地位・関係性利用の条文は地位を絞り込んで法定刑を高めに、具体的には強制性交等などと同じぐらいにして、年齢差要件の条文は法定刑を低めにして処罰範囲を広くするとか、そういう形でどちらも規定するというパターンもあり得るのではないかと考えております。

——————————————————–

<9ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。非常に具体的な御提案を頂いたと思います。

ちなみに、先ほど上谷委員から、青少年保護育成条例の中に行為者自身も青少年の場合には免責するという規定があって、それはいかがであろうかというような指摘がありました。

(参考。上谷さくら委員【弁護士】)
現在、47都道府県の中で43都道府県について、青少年には(罰則を)適用しないという免責条項があって、その条項のない条例が4つの県にあるそうですけれども、事実上、青少年には(罰則を)適用していないと聞いています

そういったものについても御検討いただければと思います。

——————————————————–

(再掲。橋爪隆 委員【東京大学教授】)
これまでの議論におきましても、特に一定の地位・関係性にある年長者などが児童の判断能力の脆弱さに付け込んで性的行為に及ぶような行為について、処罰の必要性強く指摘されてまいりました

このようなケースについては、これまで児童福祉法で対応がなされてきたわけですが、刑法典において一定の対応を講ずる必要があるという点については、この検討会においても基本的に見解の一致があると考えております

若年層への性犯罪につきましては、なんらかの処罰規定が設けられるような気がします。
処罰の必要性が強く指摘されて」いるものは、ほかにもあります。
性的画像に関するものです。
この件に関しては、異論というものが存在しません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

日本は性犯罪者に対して寛容な国です。
早く刑法を改正して、まともな国に近づいてほしいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。