【刑法改正を審議する検討会の12回目の議事録】(その2)。AV出演強要への処罰規定につきましてもまもなく結論が出ます。香西咲さんたちはかならず勝利します

昨日、法務省が主催する第12回性犯罪に関する刑事法検討会の議事録が公開されました。

(参考。当ブログ)
2021年3月23日(昨日)

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録公開
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

第12回性犯罪に関する刑事法検討会の議題は以下のとおりです。

(参考。第12回性犯罪に関する刑事法検討会
<議題>

一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方
障害者を被害者とする罰則の在り方
地位・関係性を利用する罰則の在り方
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方

本日より、
一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方
の議論を参照します。

2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会

一定の年齢未満の者を被害者とする罰則の在り方(三巡目の論議)①

(2021年2月16日 第12回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<3~4ページ>
2021年2月16日 上谷さくら 委員(弁護士)

まず、「いわゆる性交同意年齢」というふうにいわれていますけれども、私はこれまで便宜的に「性的同意年齢」という言葉を使っております。

その意図は、性交に限るべきではないと、つまり、強制性交等だけではなくて、強制わいせつについても同様に考えるべきという趣旨で、そのような言葉を使ってきました。

また、この同意年齢というのが法律用語でもないのに独り歩きしていて、そのために、13歳で同意能力があるのか、ないのかとか、中には真摯な同意があるのではないかとか、そうすると若年者の性的自由は保護しなければいけないという議論になっていて、若年者の性的搾取をどのように防いでいくかというところがちょっと希薄になっている気がしているので、私は、ネーミングとして、「性的保護年齢」と言い換えるのが適切ではないのかなと考えています。

私は、この性的保護年齢は16歳未満、つまり、少なくとも義務教育の期間は絶対保護されるようにしなければならないと考えております。

若年者の性行為がいろいろ妊娠や病気などで危険があるということは、既にこれまでに出ていることですけれども、一つ、もう少し前の段階についても問題意識を持っていただきたいなと思いますので、その点について少しお時間を頂きたいと思います。

13歳から15歳までの子供たちが自ら望んで性行為をしたということがあっても、それは自己加害の側面が非常に強いと思います。

13歳同士とか14歳同士というのは一体どこで性交渉をしているのかということです。

ラブホテルに行くようなお金は普通持っていない。
自宅で行っているのであれば、親が不在でネグレクト(育児放棄)が疑われる。

親がいるのに、別にセックスして構わないよと容認しているのであれば、成育環境に相当問題があると言わざるを得ません。

また、自宅以外で考えられるのは、非行のたまり場になっている場所で行われているというケースで、いずれも保護の対象として児童相談所などが介入すべき事案かと思います。

また、現在、学習指導要領で小学校でも中学校でも妊娠の過程は取り扱わないとされていて、多くの子供たちが性に関する正しい知識がないのと同様に、また、多くの人がそういう教育を受けて大人になっているので、大人も基本的な知識は乏しいというのがこの国の現状かと思っています。

私自身も、弁護士になって性被害に関わる仕事をするまで、性的な知識はとても貧しかったです。

知識がないまま妊娠して、それに気付かずに中絶できる期間を経過して、誰にも言えずに出産して放置し、保護責任者遺棄致死罪や殺人罪に問われるケースもあります。

その年齢で出産して、誰が責任を持って育てるのかということについては、今一つ考えていただきたいと思います。

また、前回、性交やキスを経験する年齢が若年化傾向にあるのではという指摘もありましたけれども、それが性暴力を含まない数字といえるのかという問題があります。

初体験が性暴力であったという話は性虐待の被害者相談で多く聞かされています。

そういったこともありまして、私は16歳にしていただきたいと思っているところです。

ただ、16歳以上18歳未満のいわゆる中間層といわれるところですけれども、ここについては、結婚年齢ももうすぐ18歳になるということで、悩ましいところでもありますが、私は、ここのところは、優越的地位を利用した罪のところに取り込んでフォローできたらいいのではないかと思っています。
16歳未満の子供たちをどう保護するのかというと、青少年育成条例の免責条項が参考になるのではないかと考えています。

その条例の在り方については、例えば、免責条項と見るのかというような、法律的な立て付けについては諸説あるようですけれども、現在、47都道府県の中で43都道府県について、青少年には(罰則を)適用しないという免責条項があって、その条項のない条例が4つの県にあるそうですけれども、事実上、青少年には(罰則を)適用していないと聞いています。

ですので、そういった条文を参考にして、16歳未満というのは、同意があるかどうかという議論ではなくて、とにかく保護の対象なのだという視点から議論をしていけばいいのかなと考えています。

——————————————————–

<4~5ページ>
2021年2月16日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

最初に結論から申しますと、強制性交等について、16歳未満の子供たちは同意の有無を問わずに保護する必要があるのではないかと考えておりまして、
ただ、強制わいせつについて、例えば13歳以上16歳未満の子供たちは、加害者との年齢差の要件を設けた上で保護することが考えられるのではないかと思いました。

そして、16歳以上18歳未満の未成年者は別途の要件(=年齢差の要件、あるいは地位・関係性の要件)で保護するというように、段階的に考える必要があるのではないかと考えています。

それというのも、強制性交等と強制わいせつは、被害者の心理的なダメージが明確に違うということではありませんが、身体的な境界線を深刻に侵害しているかどうかが異なっており、同意に必要な能力というのは異なるのではないかと考えています。

補助資料4ページの「⑥」の2つ目の「〇」に、

(参考。4ページの「⑥」の2つ目の「〇」)

⑥ 地位・関係性を利用した類型との関係

〇 14歳や15歳の者については、性的行為について適切に理解して同意する能力が一応あるが、一定年齢以上の者から性的行為を働きかけられた場合、一種の優越的な地位の利用状態が生じ、自由な意思決定をゆがめられると考えることにより、一定年齢以上の者が行う場合や年齢差がある場合にのみ処罰される理由を説明することは可能と思われる。
もっとも、その場合であっても、年齢要件のみをもって一律に犯罪を成立させることの当否、適切な年齢の設定、当罰性の評価や法定刑が強制性交等罪と同等かについて慎重な検討が必要。

14歳や15歳の者については、性的行為について適切に理解して同意する能力が一応あるが
と書かれているのですけれども、意に反した性交という心身の境界線を侵害する行為というのは、自他の体とか精神に深刻な傷つきを残す可能性がありますし、妊娠、感染症のリスクはもちろんですが、自傷行為とか自殺企図など、人生や命を脅かされる可能性があるということをその年齢の子供たちが時間的展望を持って理解し、同意しているとは考えにくいと思います。

一方、境界線を侵害しないキスとかペッティングなどに関して同意するに当たっては、そこまでの理解は求められてはいないのではないかと思います。

なお、補助資料の6ページ「③」の3つ目の「〇」ですとか、

(参考。6ページ「③」の3つ目の「〇」)

③ 若年であることによる脆弱性を利用する行為を類型化することの要否・当否

〇 一般に、中高生の年代の男子は、性的興味が女子より強いところ、その年代の男子が同意の下で成人女性と関係を持った場合に成人女性が処罰されることは不当であると思われるが、それを回避するため男性は被害者にならないとすることは、177条・178条の被害者に男性を含めた平成29年改正の趣旨に反するように思われる。
未成年者にも、不完全ながら性的自己決定の能力はあり、性的な興味に対して近付いていくことも一つの権利であることを考えると、未成年者との行為について地位・関係性を定めて処罰することには技術的に非常に難しい問題がある。

3ページ「⑤」の2つ目の「〇」だと、

(参考。3ページ「⑤」の2つ目の「〇」)

⑤ 行為者の年齢に関する要件の要否・当否

〇 いわゆる性交同意年齢を一定の年齢まで引き上げた場合には、中学生や高校生同士のキスや性行為について、両当事者とも処罰又は保護処分の対象となるため、何らかの対応が必要となるところ、その対応策として、行為者と被害者に一定の年齢差がある場合や行為者が一定の年齢以上である場合にのみ処罰することが考えられるが、その場合、両当事者の年齢が近い場合や行為者が一定の年齢未満である場合には違法ではない行為が、なぜ年齢差がある場合などには違法となるのか、いわゆる性交同意年齢を引き上げる根拠と、一定の場合に処罰を否定する理論的根拠を整理することが必要。

中学生と高校生を一緒に語っておりますが、やはり10代は心理的、あるいは認知的能力の成長が著しいので、中学生と高校生を同列に語るというのは大変難しいことではないかと考えています。

この前提に立った上で、ただ、強制わいせつに該当する行為に対して子供たちの同意の能力があったとしても、16歳未満の子供というのは理解が脆弱ですし、大人に容易に利用されて搾取されるので、年齢差要件を設けるということが考えられるのではないかと思います。

16歳以上18歳未満の未成年者の別途の保護の要件につきましては、これまでも述べているとおり、一定年齢以上の者から働きかけられた場合とか、一種の優越的な地位の利用が生じた場合に理解力の差を利用される可能性があるので、年齢差の要件、あるいは地位・関係性の要件を設ける必要があると考えております。

地位・関係性の要件としては、兄弟とか祖父母等の親族、同居者といった一定の類型は記載した上で、そのほか子供に対して一定の優越的地位があると考えられる者とか、その辺りは法律の専門家の委員の方々に御検討いただけますと有り難いなと思います。

なお、補助資料4ページの「⑥」の3つ目の「〇」ですけれども、

(参考。4ページの「⑥」の3つ目の「〇」)

⑥ 地位・関係性を利用した類型との関係

〇 刑法制定当時の義務教育が12歳程度までであったことを現在に引き直すと、いわゆる性交同意年齢を15歳や16歳とすることも考えられるが、立法事実として、教師からの被害や脆弱性を利用された被害が挙げられることからすると、いわゆる性交同意年齢の引上げよりも、地位・関係性を利用した類型をくくり出すことを優先してもよい。

立法事実として教師からの被害や脆弱性を利用された被害が挙げられると述べられておりますが、少なくとも16歳未満の子供の場合に、先ほど上谷委員もおっしゃっていたように、同級生など一見対等に見える関係性であっても、いじめなど脆弱性が利用されることがあるということがありまして、16歳未満の子供について、少なくとも地位・関係性利用など別途要件を限定すべきではないというふうに考えております。

——————————————————–

<5ページ>
2021年2月16日 井田良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
幾つかの大変貴重な御指摘があったと思われます。

一つは、中間層といっても更に2つに分かれるということを御指摘され、また、性交等とその他のわいせつ行為といいますか、それを区別することが考えられるのではないかという御指摘もあって、いずれも重要な論点だと思います。

——————————————————–

<5~6ページ>
2021年2月16日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

年齢と一定の地位・関係性のところで、補助資料1ページの「②」(監護者性交等罪では処罰されない被害)と、15ページの5つ目の「〇」の

(参考。15ページの5つ目の「〇」)

経済上・学業上・人間関係上の問題がある場合や、秘密をばらされるかもしれない状況を利用した場合、理解力や力関係の差や脆弱性を利用した場合を捕捉できるような文言を検討するべきである。
また、18歳になる前から監護者に性交を強要されていた被害者は18歳を超えても抵抗できないし、最初の性交が強制性交等であった場合には、その後、明確な脅しがなくても性交に応じてしまう場合があるため、以前の性交によりその後の抵抗が抑圧されるといった場合が捕捉されるような文言を検討する必要がある。

18歳になる前から監護者に性交を強要されていた場合に関係してくるのですけれども、18歳になったからといって抵抗できるようになるわけではないということは共通の認識が得られているのかなと思います。

監護者性交等罪は、現在、被害者が18歳未満の場合が対象で、18歳以降の強制的な性交等には別の規定を用いる必要があると考えます。

しかし、幼い年齢、若い年齢から被害を受ければ、その後の健全な成長発達は阻害され、その年齢に達したからといってすぐに抵抗したり、訴えることができるわけではありません。

ですので、監護者性交等罪の年齢の定めの中に、18歳未満から被害が始まっている場合にはこの限りではないとするような規定を入れていただけると、そのような人たちを救えるような規定になるのかなと思います。

——————————————————–

(再掲。上谷さくら委員【弁護士】)
若年者の性的自由は保護しなければいけないという議論になっていて、若年者の性的搾取をどのように防いでいくかというところがちょっと希薄になっている気がしている

性交同意年齢の引き上げに反対するひとたちは、
若年者の性的自由は保護しなければいけない
と主張します。

(再掲。上谷さくら委員【弁護士】)
13歳同士とか14歳同士というのは一体どこで性交渉をしているのかということです。ラブホテルに行くようなお金は普通持っていない。自宅で行っているのであれば、親が不在でネグレクト(育児放棄)が疑われる。親がいるのに、別にセックスして構わないよと容認しているのであれば、成育環境に相当問題があると言わざるを得ません。また、自宅以外で考えられるのは、非行のたまり場になっている場所で行われているというケースで、いずれも保護の対象として児童相談所などが介入すべき事案かと思います

正鵠を得た論説です。
若年者を性的搾取から守る規定は新設されるのでしょうか。
明日も、この議論をみてみます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

AV出演強要への処罰につきましてもまもなく結論が出ます。
悪はかならず滅びます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。