刑法改正に関する宮田桂子弁護士の論説(3)。性的姿態の撮影について罰則規定が設けられるのは必定です。香西咲さんたちAV出演強要の被害者の方々は復活します

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、現在、刑法を変えるかどうかの話し合いをおこなっています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

議論はいま、佳境にはいっています。
同委員会は、座長と、16名の委員から成ります。

・座長 1名
・委員 16名

(参考)
性犯罪に関する刑事法検討会 委員名簿

上述の委員のなかで、刑法改正に反対、と目されているかたが2人います。
金杉美和弁護士と宮田桂子弁護士です。
週刊金曜日の記事を参照します。

(2020年4月28日 週刊金曜日「刑法性犯罪規定改正へ一歩刑法見直す検討会設置決定被害当事者も検討委員に」より、引用。)

2020年4月28日 週刊金曜日(小川たまかさん)

(2020年)3月31日、性犯罪に関する刑法のさらなる見直しに向けた検討会の設置と、検討委員の発表が法務省から行なわれた。
(中略。)
弁護士4名中、小島妙子弁護士は日弁連の両性の平等に関する委員会メンバーだが、残る2人はバランスを取って改正反対派の刑事弁護人が選ばれている。特に宮田桂子弁護士は前回改正後もメディア露出が多く、反対派の急先鋒だ。
(後略。)

——————————————————–

性犯罪に関する刑事法検討会の山本潤委員もつぎのようにのべています。

(2020年12月15日 「ポリタスTV『抗拒不能要件はなくなるのか?』|法務省で行われている性犯罪関連の刑法改正議論の現在地と、2017年改正で積み残された4つの課題について」より、引用。)

<22:51のあたりから>
2020年12月15日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

で、いっぽう、やはり、刑事弁護側(金杉美和弁護士、宮田桂子弁護士)ですね。

先ほど弁護士のおはなしもおっしゃってくれていましたけれども、(刑事)弁護士って、やはり、加害者を弁護する仕事なんですね。
性犯罪の場合、特にそうですし。

だから、いかにあまり罪にならないようにするのか、みたいな、そういうポジショニングではなされるので、はなしがなかなかむずかしいな、って思うところもありますし。

——————————————————–

一昨日昨日にひきつづき本日も、宮田桂子委員の論説をみてみます。

(参考。当ブログ)
<宮田桂子委員の論説>
2021年3月19日(一昨日)
2021年3月20日(昨日)

2021年1月28日 第11回性犯罪に関する刑事法検討会

第11回性犯罪に関する刑事法検討会における宮田桂子委員の発言の一部を抜粋します。

(2021年1月28日 第11回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<20~21ページ>
2021年1月28日 宮田桂子 委員(弁護士)

特に、公判どころか、警察の段階で全く捜査がされないまま止まってしまう、被害が受け付けられない、あるいは、被害者が侮辱的なことを言われるような案件は物すごく多くて、そもそも事件として進まないことが最も大きな問題だと思っています。
警察が、前科や前歴のある人、不良だと警察が考えるような人、あるいは風俗関係の人などに対して、偏見に基づいた対応をすることがあります。
先ほど小島委員が、法曹三者の教育とおっしゃいましたけれども、一番必要なのは、警察だと思っています。
警察官に現在の被害者に対する対応を改めていただきたい例というのは、幾らでもあると思いますので、具体的にそういうものを提示して、警察官の被害申告の際の対応の在り方を改善することを求めるとともに、警察官に対して、性被害者についての教育や啓発をすることが、必要不可欠であろうと思います。
警察でブロックされてしまえば、もうそれ以上は手続が先に進みません。
私も被害者や被害者支援の方々と問題意識を共有して持っているつもりでございます。
ここ(警察)で止まらないようにするのが一番大事だと、私は思っています。

——————————————————–

<5~7ページ>
2021年1月28日 宮田桂子 委員(弁護士)

また、前回(※2020年12月25日の10回目の検討会)、私が言ったように、命令を出して、命令に従わないときに処罰する方法も考えられると思ったのですけれども、捜査機関が主体となって没収等を行うことには疑問を持っています。
はっきり言って、ストーカーの問題についても性犯罪の問題についても、捜査機関はかなり体温差がありまして、動いてくださるところと動いてくださらないところの差が物すごく大きいという問題があります。
ある意味において、命令を出す主体を中立な第三者の機関である裁判所にした方が、公平かつ妥当な解決が図れるように、私は考えております。

——————————————————–

(再掲。宮田桂子委員【弁護士】。2021年1月28日)
前回、私が言ったように、命令を出して、命令に従わないときに処罰する方法も考えられると思ったのですけれども、捜査機関が主体となって没収等を行うことには疑問を持っています

ある意味において、命令を出す主体を中立な第三者の機関である裁判所にした方が、公平かつ妥当な解決が図れるように、私は考えております

宮田桂子委員の「前回」の発言をふりかえってみます。

2020年12月25日 第10回性犯罪に関する刑事法検討会

(2020年12月25日 第10回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<26~27ページ>
2020年12月25日 宮田桂子 委員(弁護士)

それで、今、電磁データについては没収ができません。

そういう意味では、これは盗撮画像なのだから消去しなさいと裁判所等の機関に命じる権利を与え、命令されれば大概の人は消去するので、その命令に従わずに消去しなければ処罰するというような規定を置くならば、これが盗撮の画像だと知らなかったという人に対しても画像の消去に持っていくことが可能だと思うのです。

この場合、刑について、盗撮の画像と知りませんでしたという場合には非常に軽くすることも考えられるし、あるいは、命令されても消去しないのだから、そのような人は、もう頒布したり公然に陳列している人と同じだという価値観で、上記の175条程度の刑でもいいのかもしれない。

とにかく撮影されたものがいかに効果的に消去されるかという実質的な側面から条文の在り方を考えてみたらいいのではないかなというふうに思います。

——————————————————–

(再掲。宮田桂子委員【弁護士】。2020年12月25日)
これは盗撮画像なのだから消去しなさいと裁判所等の機関に命じる権利を与え、命令されれば大概の人は消去するので、その命令に従わずに消去しなければ処罰するというような規定を置くならば、これが盗撮の画像だと知らなかったという人に対しても画像の消去に持っていくことが可能だと思うのです
  
(再掲。宮田桂子委員【弁護士】。2021年1月28日)
前回、私が言ったように、命令を出して、命令に従わないときに処罰する方法も考えられると思ったのですけれども、捜査機関が主体となって没収等を行うことには疑問を持っています

ある意味において、命令を出す主体を中立な第三者の機関である裁判所にした方が、公平かつ妥当な解決が図れるように、私は考えております

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会では、「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定」の新設も、論議されています。

(再掲。週刊金曜日)
特に宮田桂子弁護士は前回改正後もメディア露出が多く、反対派の急先鋒だ

「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定」の新設に関しては、ちがいます。
宮田桂子委員は常々、進取な意見をのべています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定」の新設につきましては、委員のあいだから反対意見が出ません。
そう遠くない将来、刑法にどのような罰則が設けられるのでしょうか。
楽しみです。
明日も宮田桂子委員の論説をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。