“刑法改正を審議する検討会の11回目の議事録”(その7)。「いわゆるレイプシールドの在り方について」。香西咲さんたちAV出演強要の被害者に瑕疵はありません

先週より、第11回性犯罪に関する刑事法検討会議事録を参照しています。
同検討会は、1月28日に開催されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

11回目の検討会の議題は、以下の4点です。

(参考。第11回性犯罪に関する刑事法検討会の議題)

撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか(※二巡目の論議)

 (※参考。当ブログ)
 ・2021年3月9日
 ・2021年3月10日
 ・2021年3月11日

公訴時効の在り方(※二巡目の論議)

 (※参考。当ブログ)
 ・2021年3月12日
 ・2021年3月13日
 ・2021年3月14日

いわゆるレイプシールドの在り方(※二巡目の論議)
司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方(※二巡目の論議)

——————————————————–

本日は、
「いわゆるレイプシールドの在り方」
についてみてみます。

いわゆるレイプシールドの在り方

(2021年1月28日 第11回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<18~19ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

それでは、会議を再開いたします。

次に、「いわゆるレイプシールドの在り方」についての検討に入りたいと思います。

この論点については、一巡目の検討では、意見要旨集の10ページから12ページまでにありますように、
「① 捜査・公判における二次被害の実態」、
「② 現行法の下での対応の実情」、
「③ 新たな規定を設けることの要否・当否」、
「④ 具体的な対応策の在り方」
という観点から御意見を頂いております。

ほぼ主要な御意見は頂いていて、この問題に対応するには、いろいろな方策が考えられるということも、頂いた意見からうかがわれると思います。

特にこの論点については、法律の明文のルールにすることの可否・当否ということが、まだ争点として残っているように思われます。

どのような観点からの御意見であるかを明示して、御発言いただきたいと思います。

この論点については、最大で15分程度の時間を予定しております。

——————————————————–

<19ページ>
2021年1月28日 渡邊ゆり 委員(東京地方検察庁検事)

「① 捜査・公判における二次被害の実態」
の関連で、検察官の公判における異議の対応について、御紹介をしたいと思います。

配布資料51として、証拠調べや訴訟指揮に関する規定が記載されたものが配られておりますけれども、尋問のルールは刑事訴訟規則に規定がございまして、レイプシールド関係で論じられている異議の内容としては、関連性がない、あるいは証人の名誉を害する事項である、侮辱的である、こういったことが考えられると思います。

検察官は、事前に、それまで被告人がどのような認否をしていたか、弁護人がどのような主張をしていたか、あるいは、弁護人がこれまでの類似の裁判でどのような訴訟追行をしてきた傾向があるかといったようなことを考え、弁護人がどのような尋問をされるだろうかと想定し、これらの異議対応、どういう発言がされたらどういう異議を出すべきかというようなシミュレーションをした上で、公判に臨むということを一般的にやっております。

ただ、異議は、尋問の一瞬を捉えて即座にしなければなりませんので、残念ながらその時機を逃してしまうということもありますし、また、異議を出しても、裁判所に採用していただけないということもあります。

いずれにしましても、検察官としましては、被害者の性的な経験や傾向が、その事件の立証すべき事項との関係で、いわゆる自然的な関連性が認められる場合は極めて限られると考えておりまして、法廷における異議対応を懸命に行っているところでございます。

——————————————————–

<19ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

現行法の下では、刑事訴訟規則に関連規定があって、その下で検察官の皆さんが努力されているということ、そういう御意見を頂きました。

——————————————————–

<19~20ページ>
2021年1月28日 小島妙子 委員(弁護士)

11ページ
「④ 具体的な対応策の在り方」
について若干意見を申し述べさせていただきます。

結局、このレイプシールドというのは、法廷で被害者を侮辱しないでほしいということだと思います。

性的前歴とか性的過去について、争点と関連性がない無意味な質問、プライバシーを侵害するような質問、そういう質問から被害者を法廷で守ってくださいと、こういう話だと思うのです。

検討会でヒアリングをして、岡田さんが、レイプシールド法の導入ということを言っておられて、性風俗や「発展場」にいる人について、自らがその場にいたことを開示することが難しい状況にあると、法廷で自らの職業や性経験を問題視されるリスクというのは、当事者から声を上げる力を奪うのだということを言っておられました。

この問題は、結局、被害者が安心して被害申告をして、刑事裁判の場に臨めるようにしてほしいと、この一点に尽きるわけでございます。

それで、第7回会議の議論などを聞いていますと、レイプシールド法は、アメリカなどでは、フェミニズム運動との関係で、手続法の適正化ということで大論点になった部分ではございますが、刑事訴訟法とか刑事訴訟規則の中に、何か明文の規定を盛り込んでいくというのは、なかなか難しいのかもしれないなと思って聞いておりました。

しかし、現行法の運用に問題があるというのは、被害者のそばにいる人たちが皆感じていることなので、難しいのかもしれないですけれども、法曹三者で何らかの形でガイドラインみたいなものを作り、裁判官、検察官、警察、弁護人等の間での研修を強化するなどして、こういうことはしないようにしましょうということで、更に一層積極的な取組が必要な分野ではないかと思っております。

——————————————————–

<20ページ>
2021年1月28日 池田公博 委員(京都大学教授)

私からも、11ページ
「④ 具体的な対応策の在り方」
について意見を申し上げます。

その一つ目の「〇」にもありますように、

(参考。11ページの「④ 具体的な対応策の在り方」)

〇 被害者の性的な経験や傾向を立証することが被告人の防御に必要であれば、それを一切認めないことは許されないので、仮に立法をするとしても、関連性や必要性のない証拠の取調べを認めない、又は不相当な質問は認めないといった現在の運用を確認する規定を置くことになると考えられるが、その際には、前科証拠の扱いなども含め、関連性についての一連の規定を設けるのが筋である。
レイプシールドについてのみ規定を置くことについては、関連性や必要性に関して裁判所が誤った理解・解釈をしているのであれば、特別な規定を置いてそれを正す意味があるが、個別の事件における判断の誤りなのであれば、裁判所内部での研修や運用面の指針の作成などの方法で対処すべき。

被告人の防御上、被害者の性的な経験や傾向を公判で顕出することが必要であるとすれば、それを認めないことは許されませんので、仮に明文で被害者の性的な経験・傾向に関する証拠の顕出を制限するルールを定めるとしても、一定の例外が必要になることになります。

配布資料50には、レイプシールド法の他国の立法例が挙げられておりますけれども、アメリカその他の国で非常に多様な規定ぶりになっておりまして、この分野で明確な規律を設けることの難しさを示しているように思います。

我が国でも、実務上、10ページの下から2番目の「◯」に示されておりますような実情があるとされておりますし、

(参考。10ページの下から2番目の「◯」

◯ 水商売に従事しているからといって性的行為に同意があったことにはならないという裁判例が集積されており、そうした被害者の属性そのものを重要な立証事項と考えている弁護人は恐らくいないが、立証上、被害者の属性に言及せざるを得ない事件があり、例えば、売春の支払金額でもめた、出会い系サイトで知り合って性的関係を持ったことが家族や恋人にばれた、若い被害者が性的な事柄への関心から積極的に関係を持とうとしたといった事案においては、同意の立証のため、被害者の属性を争点とせざるを得ない。

ほかにも、例えば、被告人が性交の事実を認めながら、同意があったと主張するに当たって、被害者が別にいる交際相手にその事実を知られたくないということで虚偽を述べていると、同意なく性交されたと虚偽を述べているという主張をする場合などには、防御のために、被害者の第三者との性的関係を含む交友関係等の事情に言及することが避けられないという場面も考えられます。

こうした防御上の関連性が認められるという場面は、もちろん無制約ではないのですけれども、相応の広がりを持つようにも思われます。

そのため、このような事情を踏まえながら、制限される証拠の内容や例外を過不足なく、また、その他の類型の証拠の取扱いとの関係も踏まえた上で規定する必要があると思いますけれども、先ほども述べた比較法的な立法例のありようなどにも鑑みますと、これを明確かつ適切に規定できるかということについては、なお検討を要する点が残るのではないかと思っております。

——————————————————–

<20~21ページ>
2021年1月28日 宮田桂子 委員(弁護士)

今、池田委員の御発言の中で、具体的な防御で、被告人の主張としてそれを述べざるを得ない例については、的確な例を述べていただきましたので、それ以外の点について述べたいと思います。

私は、レイプシールドの規定が特に必要だとは思っておりませんが、「①」の2つ目の「◯」と同じ問題意識は持っています。

(参考。「①」の2つ目の「◯」)

① 捜査・公判における二次被害の実態

〇 警察官による個人差はあるが、被害を訴えたときに、警察官から、裁判で嫌な質問をされるとか、過去の出来事を持ち出されるなどと言われて被害届を取り下げた例があるし、すぐに警察に届け出なかったことを理由に、同意を疑われる例もある。
また、その場から逃げなかったことを理由の一つとして性犯罪の無罪判決が出たり、これまでにいろいろな人と性的関係を持っているから今回も同意があると推測して被害者の訴えを信用しなかったりすることが司法の現場で起きており、社会全体に、被害者心理や危機的状況に置かれた人の反応についての無理解、レイプ神話に基づくジェンダーバイアスがある。

特に、公判どころか、警察の段階で全く捜査がされないまま止まってしまう、被害が受け付けられない、あるいは、被害者が侮辱的なことを言われるような案件は物すごく多くて、そもそも事件として進まないことが最も大きな問題だと思っています。

警察が、前科や前歴のある人、不良だと警察が考えるような人、あるいは風俗関係の人などに対して、偏見に基づいた対応をすることがあります。

先ほど小島委員が、法曹三者の教育とおっしゃいましたけれども、一番必要なのは、警察だと思っています。

警察官に現在の被害者に対する対応を改めていただきたい例というのは、幾らでもあると思いますので、具体的にそういうものを提示して、警察官の被害申告の際の対応の在り方を改善することを求めるとともに、警察官に対して、性被害者についての教育や啓発をすることが、必要不可欠であろうと思います。

警察でブロックされてしまえば、もうそれ以上は手続が先に進みません。

私も被害者や被害者支援の方々と問題意識を共有して持っているつもりでございます

ここで止まらないようにするのが一番大事だと、私は思っています。

——————————————————–

<21ページ>
2021年1月28日 上谷さくら 委員(弁護士)

今の宮田委員の発言で、警察に対する研修が必要だということは、私も全くもって同意でして、警察官も非常に個人差が激しいといいますか、一生懸命やってくださる方と、そもそもかなり性被害に偏見があるのではないかと思われる人もいらっしゃいますので、そこは、何らか研修のような手当てはしていただきたいと思うのですけれども、やはり法廷の場が侮辱の場であってはならないということは、別の次元で考える必要があるだろうと思っています。

要証事実との関係で質問をしなくてはいけないことがあるというのは、私も当然理解しておりますが、要証事実と関係のある質問であっても、殊更に侮辱的な聞き方をする人もいます。

検察官が異議を出して、裁判官が「質問の仕方を変えてください」と言うような場面などは、その典型例だと思うのですけれども、要証事実と関係があるから、どんな聞き方をしてもいいというわけではないと思います。

ですから、確かに、これを刑事訴訟法とか刑事訴訟規則に入れるというのは難しいのかもしれませんが、やはり、法律として、一般規定でもいいので、被害者や法廷を侮辱してはならない旨と、あと、もうちょっと訴訟指揮の強化ですよね、そのような発言がなされないように訴訟指揮を強化すると、そういう場合は訴訟指揮を積極的に発動しなければならないといったような規定を設けることが、一定の歯止めになるのではないかと思っています。

——————————————————–

<20~21ページ>
2021年1月28日 宮田桂子 委員(弁護士)

一言言わせていただきたいのが、裁判の当事者は被告人だということです。

被告人からどうしても聞いてくれと言われたら、弁護人は質問せざるを得ない。

お願いだから、検察官止めてくれ、裁判官止めてくれと思っていることもある

そういう質問をしなければならない場合もあることは、御理解いただきたいと思います。

——————————————————–

<21~22ページ>
2021年1月28日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

侮辱をしてはいけないというのはそのとおりで、でも、それを侮辱と思わないこともあるのではないかと思います。

第7回会議でも、ジェンダーバイアスについての意見が出ましたけれども、それに気付かないからこそ、無意識下のバイアス、アンコンシャスバイアスが起こっています。

例えば仕事を辞めて子育てのために家庭に入ったのが、パートナーの女性ですと言われると、誰も疑問に思わないけれども、家庭に入ったのが男性だと言われると、「えっ、何で男なのに。」と思われてしまう。

日本では専業主婦が33%、でも、それが主夫だと3%ぐらい。

女性が家庭に入ることに疑問を持たないことこそがアンコンシャスバイアスだと気付いて、気付くのが難しい問題であるということを踏まえて、研修が必要だと思います。

そのために、そのような被害者を傷つける、おとしめるような、法廷や司法の場での侮辱的な発言などが、どのくらい行われているのか調査するということも必要ですし、様々なレイプシールド法の規定があり、なかなか難しいという御意見もありましたけれども、これを設けないことが適切なのか、例えば、イギリスでは、裁判官は3年に1回、3日間の缶詰のトレーニングをして、ロールプレイもしている。

そのぐらいしないと、社会の中で吸収してしまったことを学び落とすのは難しい。

そのような研修をしないのは妥当であるのかなど、調査、検証していただければと思っています。

——————————————————–

<22ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

「いわゆるレイプシールドの在り方」につきましては、ほぼ御意見を頂けたと思いますので、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

次に、「司法面接的手法による聴取結果の証拠上の取扱いの在り方」についての検討に入ります。

——————————————————–

(再掲。小島妙子委員【弁護士】)
このレイプシールドというのは、法廷で被害者を侮辱しないでほしいということだと思います。性的前歴とか性的過去について、争点と関連性がない無意味な質問、プライバシーを侵害するような質問、そういう質問から被害者を法廷で守ってくださいと

(再掲。宮田桂子委員【弁護士】)
裁判の当事者は被告人だということです。被告人からどうしても聞いてくれと言われたら、弁護人は質問せざるを得ない。お願いだから、検察官止めてくれ、裁判官止めてくれと思っていることもある。そういう質問をしなければならない場合もあることは、御理解いただきたいと思います

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

(再掲。上谷さくら 委員【弁護士】)
法律として、一般規定でもいいので、被害者や法廷を侮辱してはならない旨と、(略)そういう場合は訴訟指揮を積極的に発動しなければならないといったような規定を設けることが、一定の歯止めになるのではないかと思っています

なんらかの規制がおこなわれることを期待しています。
香西咲さんたちAV出演強要の被害者が非難される謂(いわ)れはありません。
レイプシールドとは別に、警察に対する宮田桂子弁護士の所懐は言い得て妙であると感じました。
こちら(警察)の不作為につきましてもなんとかしてほしいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。