“刑法改正を審議する検討会の11回目の議事録”(その6)。「公訴時効の在り方について③」。香西咲さんたちのAV出演強要被害につきましても時効が延長されることを望みます

1月28日に、刑法の改正を審議する11回目の検討会が開催されました。
先週、議事録が公開されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

11回目の検討会の議題は以下のとおりです。
当ブログの記事と併せてご覧ください。

(参考。当ブログ)
第11回性犯罪に関する刑事法検討会

撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか(※二巡目の論議)
 ・2021年3月9日
 ・2021年3月10日
 ・2021年3月11日

公訴時効の在り方(※二巡目の論議)
 ・2021年3月12日(※一昨日)
 ・2021年3月13日※昨日

いわゆるレイプシールドの在り方(※二巡目の論議)

司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方(※二巡目の論議)

本日もひきつづき、
公訴時効の在り方
の論議をみていきます。

公訴時効の在り方(※一昨日昨日のつづき)

(2021年1月28日 第11回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<15~17ページ>
2021年1月28日 宮田桂子 委員(弁護士)

「(1)」の「②」の最後の「◯」、

(参考。「(1)」の「②」の最後の「◯」

(1) 強制性交等の罪について、公訴時効を撤廃し、又はその期間を延長すべきか

② 精神的被害の継続や証拠の残存・散逸をめぐる実情

〇 公訴時効の趣旨の一つは法的安定性であり、訴追される側の利益も考えなければならないのであって、時の経過により、訴追される側の証拠も散逸す
るし、性犯罪の多くの事件で重要な役割を果たす被害者供述が、記憶の変容により信用性に重大な問題を生じることがある。

あるいは
「④」の最後の「◯」

(参考。「④」の最後の「◯」)

④ 上記③(公訴時効を撤廃することの要否・当否)のほか、特別の取扱いをすることの要否・当否

〇 長期間たってから被害と認識した場合、そもそも行為があったかどうかの証拠が散逸し、客観的証拠が残っていない場合が多いと思われるし、仮に、犯人の画像等が残っていたとしても、その人物が被疑者・被告人であるかという識別の問題が生じた場合に、例えば、被疑者・被告人がその時間にはそこにいなかったという反証が証拠の散逸によって難しくなるし、同意の有無やその誤信について争う場合に、被害者との関係性や当時の被害者の態度、あるいは周囲から二人がどのような関係に見えたかといった反証のための有利な証拠が散逸していることが考えられ、公訴時効の撤廃や停止については慎重であるべき。

に関連するところですけれども、今、川出委員がおっしゃったように、公訴時効の目的は何かということでございます。

刑事訴訟法1条には、法律の目的が定められていますが、刑事事件についての「個人の基本的人権の保障」を全うしつつという言葉が出てきます。

この人権の中には、被疑者・被告人の人権も当然含まれます。

時効は、防御の利益のため、極めて重要な制度です。

公訴時効の立法趣旨というのは、長期にわたって起訴されない事実状態を尊重すること、あわせて、証拠の散逸によって生ずる誤判を防止するために、法が特に訴追を許さないとした制度であると言われています。

そういう意味で、その範囲が著しく延ばされてしまうということには、問題があるかと思います。

川出委員からドイツの制度についての御紹介を頂きましたが、

(参考。川出敏裕委員【東京大学教授】)
ドイツでは、被害者が30歳になるまでは公訴時効が停止するという規定が置かれています

ドイツにおいて、そのような未成年者の時効の起算点についての変更を行った立法の際に、刑罰という国家による大きな権利の制約を伴う手続については抑止的であるべきだという、刑法の謙抑性の点からの反対の意見も述べられており、私もその反対の意見と同じ意見を述べたいと思います。

また、特に被害者が子供のときの事件の問題です。

大人になってから被害が分かるということは、子供のときに証拠が集められていないということにほかなりません。

生々しい記憶、具体的な記憶が出てくるのだという、小西委員からの御紹介がありましたが、

(参考。小西聖子委員【武蔵野大学教授】)
トラウマの記憶というのは、小さいメモ用紙に起こったことをすごく一生懸命書いて、これがばらばらになった状態というようにお考えいただけるといいと思います

そういう記憶がそのまま、外に出ないまま残っているという形になるので、こういう経験の記憶の断片というのは、小さい子供でも比較的よく保持されていると言われています

そう言いますのは、大人になって、回復とともに記憶がいろいろ出てくるということがあるわけですけれども、例えば、私はPTSDの治療をするので、そういう場面にたくさん立ち会うわけですが、非常に生々しく、10年前、20年前の被害が再現されます。もっと古いケースもありました

これは、セラピストの接し方によっては、供述を誤導してしまう危険その他もある、あるいは、家族からの影響、入ってくる情報によって、記憶が変容している可能性もあるということです。

これは、ヒプノセラピー(催眠療法)の事例なので、通常のカウンセリング等とはちょっと違う面はありますけれども、アメリカのある町でたくさん児童虐待の被害の申告が出てきておかしいなと思ったら、あるセラピストが虐待について誘導的なセラピーを行っていたというような例があるそうです。

記憶というのは、物すごく微妙なものだということです。

そういう意味で、長期間たってからの事件というものが持っている危険性というものを、認識しなければならないと思います。

児童虐待について、性的虐待は見つかりづらいという話を齋藤委員がおっしゃいましたけれども、

(参考。齋藤梓 委員【臨床心理士】)
性犯罪、性虐待に関しては、本当に外側からは全く分からなくて、子供の行動からもなかなかキャッチができなくて、子供自身が述べない限り、なかなか大人が気付かない

私は早期の発見と対応こそが大事だと思っています。

児童の性的被害の問題については、児童に対して、これは性的被害なのだ、例えば、デリケートゾーンを触られたり、そこに何か他人の行為がされるということは、それ自体が被害と言えるのだということを教える、そして、子供たちがそういう被害について申告しやすい環境を作る、そして、例えば、乳幼児の場合は、子供が定期健診に来ないときに、親のところに保健師が面会に行ったり、幼稚園や保育園に来なくなった子供のところに、児童相談所の職員や地域の人たちが面接に行ったり、見守りをしたりするとか、学校がキャッチし、スクールカウンセラー、あるいはスクールロイヤーといった専門家たちが介入していくような、早期の子供に対する介入も必要ですし、学校の先生に対する子供の被害に対する知識、あるいは子供の貧困とか虐待に関するきちんとした認識を持っていただくことが、必要であろうと思います。

ですから、一番大事なのは、早期の介入についてのきちんとした制度を確立することではないかと思います。

あと、証拠がある場合には時効を止めるという、ミシガン州の例を小島委員が出しておられましたが、

(参考。小島妙子委員【弁護士】)
アメリカのミシガン州でも第一級性犯罪の公訴時効は撤廃され

私は不勉強なので是非教えていただきたいのですけれども、アメリカでは、時効は抗弁として構成されていると聞いたことがございます。

このミシガン州のこの規定は、証拠がある場合には抗弁が出せないという、その抗弁を封じるための法律的な技術なのではないかと理解しているのですが、それが合っているかどうか、教えていただければ有り難いと思います。

——————————————————–

<17ページ>
2021年1月28日 金杉美和 委員(弁護士)

前回(※2020年10月20日の第7回検討会)申し上げたことと重なりますけれども、やはり刑事弁護の立場からお伝えをさせていただきたいと思います。

証拠の散逸という公訴時効の趣旨というのは、当然ながら立証側、立証責任を負う側だけではなくて、防御側の反証という面でも、証拠の散逸が問題になります。

性犯罪の場合、被害を認識することに時間がかかる、あるいは家庭内であって被害がなかなか外に出せないという、性犯罪ならではの特殊性があるということは、私も認めるところです。

ただ、他方で、密室内の犯罪、なかなか表に出にくい犯罪であるからこそ、客観的な証拠が乏しく、被害が認識されてから捜査が始まるとすると、その間、証拠の保全ができていないということの問題は、やはり軽視できないと思います。

例えば、監護者性交等罪のような同意が問題にならない類型で、被害に遭ったという訴えがあったとしても、「いや、そんな被害は与えていない。」という争いになることは、十分考えられます。

そういうときに、仮に、例えば、25歳まで公訴時効が停止する、それから更に監護者性交等罪については10年の時効期間を設けるといった場合、被害者が34歳になって、60歳の父親を訴えるというようなこともあり得るわけです。

そのときに仮に10歳当時に被害に遭っていたとすると、もう既に、行為当時から24年経過している。

もちろん、実際の事案で起訴するのかどうかというときに、検察官の方で、供述の信用性を慎重に吟味されるということはあると思います。

ただ、そのときに、具体性があって、迫真性があるということで、客観的な証拠が乏しい中でも、供述に依拠して起訴されるということがあったとしたときに、24年前のその行為の当時、どんな客観的状況だったか、例えば、家がそういう状況ではなかったから、その供述は違うのだとかいっても、当時の家が残っていないとか、いろいろな意味で、反証のための証拠が散逸しているということは、やはり考えられます。

必要性は理解しますが、そういった懸念も考慮していただく必要があり、やはり公訴時効の停止あるいは極端な延長といったことには、反対の意見を述べさせていただきます。

——————————————————–

<17~18ページ>
2021年1月28日 小西聖子(武蔵野大学教授)

今のお話に関して、やはり、訴えられないという被害者の方の問題というのも考えていただきたいと。

論点としては出ましたけれども、それはあります。

それから、宮田委員がおっしゃったことに関して、二点申し上げたいと思いますが、セラピー(治療)の例を出したのは、

(参考。小西聖子委員【武蔵野大学教授】)
私はPTSDの治療をするので、そういう場面にたくさん立ち会うわけですが、非常に生々しく、10年前、20年前の被害が再現されます。もっと古いケースもありました

単なる例であって、これはセラピー(治療)の問題じゃなくて記憶の問題、トラウマ記憶の問題で、トラウマ記憶がそういう性質を持っているということを申し上げたわけです。

必ずしもセラピー(治療)じゃなくても、もし熟達した司法面接があれば、そこでお聞きになればよろしいということも考えられますね。

ヒプノセラピーという催眠の療法のことをおっしゃいましたけれども、そういう全く違った療法で、確かに今おっしゃったような例はあるのですけれども、セラピストの方が積極的に被害についての枠組みを与えてしまうというようなケースは、ここでは、今は省いて考えるべきだと思います。

それはそれで、セラピー(治療)の問題ですけれども、私が申し上げたかったのは、そのことではないということです。

それからもう一つ、性的虐待の被害について、早期発見が必要であることは、もちろんそうなのです。

だけど、身体的虐待に比べて、性的虐待は、これからも少しは私たちが早期に発見できるようになるでしょうけれども、本質的に、やっぱり発見できないで大人になるケースが結構あると思うべきだと考えております。

——————————————————–

<18ページ>
2021年1月28日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

宮田委員のおっしゃった

(参考。宮田桂子委員【弁護士】)
一番大事なのは、早期の介入についてのきちんとした制度を確立することではないかと思います

子供の教育、大人の教育、早期発見の重要性には、何の異論もございませんし、否定もいたしませんが、イギリスやドイツなど、日本よりもよほどそうした制度が進んでいる国であっても被害を言えない、被害が発見されないという状況がありまして、早期発見の重要性とこうした刑事制度を整えるということは、比較するものではなく、子供を守るため、被害者を守るためには、どちらも大事だということは言わせていただきたいと思います。

——————————————————–

<18ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

それでは、一通りの御意見を伺うことができたと思いますし、予定の時間を過ぎてしまいましたので、「公訴時効の在り方」についての議論は、これで一区切りとさせていただきたいと思います。
具体的に公訴時効の完成を遅らせる方法を、現行法の制度の枠内で実態を考慮しながらどのように考えていくかということが、三巡目以降の課題になろうかと思います。

——————————————————–

<18ページ>
2021年1月28日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

終わりにかかったところで申し訳ないです。

被害者の保護を、最後に小西委員、齋藤委員からも言われたのですけれども、言えないという状況と訴えることが難しいこととして、私の経験をお話しさせていただければと思います。

私は、13歳から20歳までの間、父からの被害を受けて、その後、鬱状態やアルコールの過剰摂取を繰り返し、30代後半のときに、自分が受けたことが性被害で、しかも時効でもう無理だから訴えられないことを知りました。

ただ、そのとき、裁判に行って、もしかしたら父と対面する可能性を考えたら、とても耐えられないと思ったのですね。

そのときに、もし法廷に立って証言するとなったら、多分自分は気がおかしくなるだろうということを思いました。

でも、今だったら、健康を取り戻して、気持ちとしても落ち着いているので、証言もできるのではないかなと思います。
被害者が訴えられない、申告できないのは、トラウマ記憶とダメージの問題、PTSDの状態が関わってきます。

また、そこで、加害の記憶に対面しなければいけない、加害者に直接向き合わないといけないということが、とてもできる状態ではないということもあります。

健康を取り戻すまでに時間がかかることも踏まえた議論が必要なのではないかと思い、蛇足かもしれませんが、申し述べさせていただきました。

——————————————————–

<18ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

三巡目の議論では、今おっしゃったことも考慮に入れて議論したいと思います。
それでは、ここで10分間の休憩をしたいと思います。

——————————————————–

時効の在り方に関しては、方向性が定まったようです。

(再掲。井田良 座長)
具体的に公訴時効の完成を遅らせる方法を、現行法の制度の枠内で実態を考慮しながらどのように考えていくかということが、三巡目以降の課題になろうかと思います

刑事弁護士の金杉美和委員も、つぎのように発言しています。
極端な延長といったことには、反対の意見を述べさせていただきます
と。

時効がある程度延長されれば、救われる被害者が出てきます。
三巡目以降の論議に注目をしたいと思います。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

——————————————————–

性犯罪者の逃げ得はゆるされません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。