“刑法改正を審議する検討会の11回目の議事録”(その3)。「性的画像の削除について③」。香西咲さんたちAV出演強要の被害者の方々は再生することができます

本日も、1月28日の性犯罪に関する刑事法検討会で話し合われた
撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか
についてみてみます。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
第13回(2021年3月8日)※議事録準備中
・第14回(2021年3月30日開催予定)

(参考。第11回性犯罪に関する刑事法検討会の議題)

撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか(※二巡目の論議)
公訴時効の在り方(※二巡目の論議)
いわゆるレイプシールドの在り方(※二巡目の論議)
司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方(※二巡目の論議)
です。

(参考。当ブログ)
<「撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか」について>
2021年3月9日(一昨日)
2021年3月10日(昨日)

撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか(※一昨日昨日のつづき)

(2021年1月28日 第11回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<7ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

池田委員、先ほどの続きで

(参考。池田公博委員【京都大学教授】)

「④」(有罪判決を前提としない画像の没収・消去)に関連して、私から一点、御質問させていただきたいと思います。
今、小島委員から、ストーカー規制法における写真、ネガ等の放棄という仕組みについて御指摘がありましたけれども、有罪判決を前提とせずに所有権を剥奪したり、画像を消去したりする仕組みを検討するための前提として、現行法上、行政措置として没収できる仕組みはほかにどのような例があるのか、事務当局から教えていただければと思います。

何かございますか。

——————————————————–

<7ページ>
2021年1月28日 池田公博 委員(京都大学教授)

特に付け加えることはございません。

御教示いただいた制度を踏まえて、具体的な制度の在り方を検討する手掛かりが得られたのではないかと考えております。

——————————————————–

<7ページ>
2021年1月28日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

私も、「③」(特別規定を設ける上での検討課題)に関してなのですけれども、先ほど、渡邊委員と橋爪委員のおっしゃったことに関連して、皆様方がおっしゃるように、現在、刑法19条の没収規定で没収できるのは、有体物であって、かつ原本ということになっているので、コピーされたり、クラウドに入れられたりすると、もう手が出せないこととなります。
しかし、それでは意味がないというか、実情に見合っていないと、私も思っております。
もちろん、問題があるのは私も分かっているのですけれども、そうであるとしても、現状の被害の大きさに鑑みますと、やはりこれ(コピーされたもの)没収できるような規定を設けるべきではないかと思います。
そのときに、一部複製した場合はどうするのかという疑問が、「③」の2つ目の「〇」にあるのですけれども、

(参考。「③」の2つ目の「〇」

③ 特別規定を設ける上での検討課題

〇 刑法19条(没収)によって没収できるのは有体物であり、かつ、犯罪行為と直接的な関連性を有するもの、すなわち原本に限られ、原則として複製物を没収することができず、データの消去を命ずる措置を刑罰として科すことが困難であるといった問題があるところ、データの複製が容易であることは性的な画像に限った話ではないから、複製物を没収の対象に含めることを検討するに当たっては、刑法典の没収規定全般に関する問題として検討するのかどうかについて議論の余地がある上、データの一部のコピー、データの修正・加工など、原本との同一性の認定が困難なケースにおいていかなる範囲で複製物を没収・消去の対象とするかについて、刑法19条(没収)の趣旨に遡った検討が必要。

その場合は、やはり刑法19条(没収)の趣旨に遡って考える必要があると思います。

刑法19条(没収)は付加刑、刑事罰である一方で、危険なものを除去するという意味の保安処分でもあると私は理解しております。
そうすると、ここでいう危険とは何かというと、その性的な画像が流出することなどによって、その人の性的な尊厳などが侵害されるということにあるかと思います。

そうであるとすると、コピーした場合の没収の範囲も、その侵害に見合ったような没収の範囲である必要があるのではないかと考えます。

具体的には、性的な部位が写っているとか、性的な姿態が写っているというような場合は、たとえ顔が写っていないような場合であったとしても、それを没収できるような形で規定できるのではないか、逆に言うと、性的な部位が写っていないとか、性的な姿態が写っていないような場合には、これは、性的な意味での危険性がないので没収するのは難しいのではないかと思います。

いずれにせよ、少なくとも前者の範囲(顔が写っていなくても性的な部位や性的な姿態が写っている場合)においては、没収できるようにしておく、あるいは消去できるようにしておくというような規定が、現実に見合った規定になるのではないかと、私は考えております。

——————————————————–

<7~8ページ>
2021年1月28日 渡邊ゆり 委員(東京地方検察庁検事)

消去ソフトの話で、一点手短に説明したいと思います。

コンピュータのデータというのは、「0」と「1」という数字の繰り返しで作られているそうでございまして、各検察庁に配備されている消去ソフトの原理は非常に原始的で、全て「0」に書き直すことによって、消去すべきデータをそのデータ部分のみ完全に消去してしまうというものだそうでございます。

データの目次の部分だけを消して見えないようにする、そういった消去は復元ができるわけでございますけれども、検察庁に配備されているソフトはそういったものではございませんで、復元不可能な形で消去できるソフトということでございます。

——————————————————–

<8ページ>
2021年1月28日 上谷さくら 委員(弁護士)

今議論されている刑法19条(没収)の問題は、確かに、コピーも没収できるように、またデータも削除できるようにという形で、範囲を拡大することも、とても重要だと思うのですけれども、やはり捜査に乗ってこないものといいますか、有罪判決を前提としないものが、実態としてはとても多いのだと思います。

インターネット上に出回ってしまうと、もうスピード勝負というところがあるのですけれども、運営会社に削除要請をしても、非常に対応が早いところと、すごく時間がかかるところで、かなり温度差があるということと、運営会社が海外にあると、なかなかこれが進んでいかずに、あっという間に拡散されてしまうという現状があります。

警察の人も、捜査に正式には乗らなくても、任意でいろいろな運営会社に削除してくれと事実上交渉したりしてくれていますが、現場の人の話を聞くと、正直なところ、数が多過ぎて手に負えないとのことです。

ですから、行政罰として、まず、緊急対応できるというか、そういうスピード感を持って削除できるという制度を作らないことには、刑法19条(没収)の範囲を少し広げるくらいでは、恐らく現状には対応できないのではないかと思っています。

——————————————————–

<8ページ>
2021年1月28日 井田良 座長(中央大学教授)

大体の御意見は、今の段階では出していただいたと理解してよろしいでしょうか。

それでは、時間の関係もございますので、性的画像の没収・消去についての議論は、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

実態の問題として、撮影行為とか他人への提供行為、こういうものを犯罪とすれば、原本、さらには複写物も、ある程度は刑法上の没収制度を使って没収可能となると思われますけれども、それでも限界・制約があるとすれば、没収の規定自体見直しが必要なのではないか、さらに、それでも刑事没収として対応できないものがあるとすれば、有罪判決を前提としない、言わば行政没収の制度を、現行法にある制度を参考にしながら新設することは考えられないか、こういう御意見があったかと思われます。

——————————————————–

撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか
巡目の論議が終了しました。
一巡目のときと同様に、進取な意見が頻出しました。
ほかの議題とちがって反対意見はみられません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

(再掲。上谷さくら委員)
刑法19条(没収)の問題は、確かに、コピーも没収できるように、またデータも削除できるようにという形で、範囲を拡大することも、とても重要だと思うのですけれども

行政罰として、まず、緊急対応できるというか、そういうスピード感を持って削除できるという制度を作らないことには、刑法19条(没収)の範囲を少し広げるくらいでは、恐らく現状には対応できないのではないかと思っています

問題は、いかにして実効性のある削除の制度をつくるか、です。
三巡目の論議に注目があつまります。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。