【刑法改正を審議する検討会の10回目の議事録】(その10)。香西咲さんたちのAV出演強要被害に対して、強姦罪(強制性交等罪)は適用されるのでしょうか

刑法改正を審議する法務省の性犯罪に関する刑事法検討会はこれまで、12回、会議を開いています。
議事録につきましては、10回目までのぶんが公開されています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
・第13回(2021年3月8日開催予定)
——————————————————–

10回目の検討会議事録は、9日前(2021年2月19日)に公開されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年12月25日 第10回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
(参考。当ブログ)
2021年2月27日(※昨日)

法定刑の在り方について(※二巡目)
(参考。当ブログ)
2021年2月23日
2021年2月24日

配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
(参考。当ブログ)
2021年2月25日
2021年2月26日

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
(参考。当ブログ)
2021年2月19日(※AV出演強要問題)
2021年2月20日(※AV出演強要問題)
2021年2月21日

——————————————————–

本日は、昨日にひきつづき、
強制性交等の罪の対象となる行為の範囲
に関する論議をみていきます。

2020年12月25日 
 法務省
 第10回 性犯罪に関する刑事法検討会

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※昨日のつづき)

(2020年12月25日 第10回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<5ページ>
2020年12月25日 池田公博 委員(京都大学教授)

今、被害については同等で、線引きをすることが難しいというお話がありましたけれども、それを踏まえて、意見要旨集の「②」(身体の一部や物を膣・肛門・口腔に挿入する行為を含めることの要否・当否)の2ページの上から2番目の「〇」について意見を申し上げたいと思います。

(参考。「②」の2ページの上から2番目の「〇」)

〇 平成29年改正において肛門性交及び口腔性交を強制性交等罪の対象に追加した際の議論を前提とすると、第一に、強制性交等罪は強制わいせつ罪の加重類型であり、性的意味が乏しい行為を強制性交等罪の対象に含めることはおよそ正当化し難いところ、口腔内への物や指の挿入など性的意味が乏しい行為も存在することから、性的な意味が明らかであって、性的な侵害行為と評価できるものに限って追加することが必要であり、第二に、行為態様を追加する場合には、これに該当する行為が全て強制性交等罪と同程度の悪質性・当罰性を有することが必要であるところ、身体の一部や物を挿入する行為については、同罪と同程度の当罰性を有する行為も多数あるものの、全ての行為が同程度の当罰性を有するかについては若干の疑問がある。

こちらにありますように、身体の一部や物を体腔内に挿入する行為として想定される類型、つまり、何を何に挿入することを想定するかについて、その中には、強制性交等罪における性交等と同じく、わいせつ性を備え、かつ、それらと同等の悪質性・当罰性を有するものも考えられるわけですけれども、他方で、それらの全てが同じ程度の当罰性を有するかについては、なお検討が必要であると指摘されているところです。

例えば、いわゆる性玩具を口腔内に挿入する行為ですけれども、それ自体は先ほどの小島委員の御指摘にもありましたように、わいせつ性を備えるということはできると思いますけれども、他方で、それを単体として見たときに、それ自体を性交等、つまり、性交、肛門性交、口腔性交と同等の法益侵害があると言えるかについては、議論の余地もあるのではないかと思います。

また、膣や肛門に身体の一部や物を挿入する場合についても、議論があると思いますけれども、挿入する物の形状や挿入の態様によっては、わいせつ性を備えるかの評価について分かれ得る場合もあると思いますし、行為の悪質性・当罰性の程度は様々であるということを考えますと、それらの全てを強制性交等の罪と同等の悪質性・当罰性があるということは難しいのではないかと思われます。

こうした点を踏まえて考えてみますと、身体の一部や物の体腔内への挿入を強制性交等罪に含めることの要否・当否を検討するに当たりましては、当罰性のある行為を切り出すという観点からは、更に行為の意味や行為態様の明確化を図ることについて、検討の必要があるのではないかと思っております。

——————————————————–

<5~6ページ>
2020年12月25日 宮田桂子 委員(弁護士)

先ほども出てまいりましたし、意見要旨集の1ページの「①」(被害の実態)、「②」(身体の一部や物を膣・肛門・口腔に挿入する行為を含めることの要否・当否)にたくさん出てきている被害者の精神的なショックや被害者の与えられたダメージだけで立法理由を考えてよいのかという観点から意見を述べさせていただければと思います。

私も被害者の相談などを受けますけれども、精神的なショックを受けたということを考えれば、いわゆるオーラルセックス、177条(強制性交等罪)の口腔性交とは異なって、唇や舌を用いて性器、乳房などをなめるような行為であっても、被害者のショックは、ものすごく大きい。

性器をなめられるのも、性器に挿入されるのも、ショックは同じなのではないでしょうか。

刑事立法をする場合には、被害者側の事情も考える必要がありますけれども、犯罪となる行為の集合をどうやって作るかに際しては、その行為の類型としての同一性を考えて、更にその行為の処罰の必要性についても考えていく必要があると思っています。

そういう意味では、177条(強制性交等罪)、178条(準強制性交等罪)に規定されている男性器の挿入行為というのは、最もよく起こりがちな性的被害であって、それによって処女膜裂傷とか肛門の裂傷といった傷害結果が生じやすく、女子の被害であれば、妊娠の危険性があるなど、非常に被害が大きくなる可能性もありますし、また、刑法によって、男性器にまつわる行為を犯罪とするということで、加害者が自分の身体で快楽を得る行為を禁圧するというメッセージを与えることにより、一般予防の効果が上がるという意味があると思うのです。

ですから、私は、男性器の挿入行為と、ほかの物の挿入行為を分けるということは著しく不合理とはいえないと思っているのです。

また、特に指や舌などの場合には、挿入したのか、触れただけなのかという、つまらない争いが必ず起こります。

強制性交等罪なのか、強制わいせつ罪なのかという争いが起きるというのは非常に不毛だと思います。

(参考。刑法)
177条
(強制性交等)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

176条
(強制わいせつ)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

強制わいせつ罪は非常に刑の幅が広いですから、法定刑の中で、相当重い刑を言い渡すことはできるのです。

さらに、手指の挿入、舌の挿入、あるいは器物の挿入によって非常に精神的なショックを受けたという事例の中で、例えばPTSDを発症したということであれば、それを傷害と評価して、強制わいせつ致傷罪での処罰も可能になり、更に処罰を重くするということが可能と考えています。

以上、私は、立法するときのターゲットの定め方について、被害者の被害感情だけでよいのかという点から、消極的な意見を述べさせていただきました。

——————————————————–

<6ページ>
2020年12月25日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

意見要旨集の2ページの「④」(考えられる規定の在り方)の1つ目の「〇」との関係での意見です。

(参考。「④」の1つ目の「〇」)

〇 例えば、「わいせつな行為であって、かつ、身体への侵入を伴う行為」を処罰する類型を設けることとすれば、性的性質のない行為が処罰対象となるとの懸念は解消されるが、さらに、それを強制性交等罪と同じ重さで処罰すべきかという問題もあり得るところ、対応策としては、強制性交等罪の対象にこれらを含める方法のほかに、強制性交等罪とは別に類型を設けて、強制性交等罪と同じ法定刑により、又は、強制わいせつ罪と強制性交等罪の中間に位置する法定刑により処罰する方法も考えられる。

性的な挿入行為の中に、性交等と同じ当罰性を有するものがあることは間違いないと思いますので、それについては、可能な限り類型的にも重い法的評価を与えて対応していくことを追求すべきであろうと思います。
しかし、他方で、それを重い処罰の対象にするときに、同じカテゴリーに入ってくる行為の中には、やはり性交等と同じ評価を与えるには足りないものもどうしても出てきてしまいます。

規定の仕方として、きれいに性交等と同等のものだけ切り出せればいいわけですが、それがなかなか難しいというところに問題があるかと思います。

そうしますと、わいせつ行為であることを前提に、挿入を伴うような行為に関して、重い方については性交等と同じ評価を与えつつ、軽い方については性交等と同じとまではいえないということを同時に表す規定の仕方として、新たな犯罪類型を設けた上で、法定刑の上限を強制性交等罪と同じ20年の懲役としつつ、下限については5年の懲役よりも下げて、懲役3年あるいは2年というような形とする方法もあるのではないかと思います。

規定の仕方に関する一つの提案として意見を述べさせていただきました。

——————————————————–

<6~7ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

現行法は、言わば二分法なのだけれども、

(参考。刑法)
176条
(強制わいせつ)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

177条
(強制性交等)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

それに一つ新しい類型を加えて、三分法に移行する、と言いますか、第三類型を設けて、法定刑の上限は強制性交等と同じだけれども、下限は軽くすると、こういう御意見だったと思われます。

——————————————————–

<7ページ>
2020年12月25日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

先ほどの意見(※昨日の当ブログ)の補足なのですけれども、膣や肛門への手指・異物の挿入を心理学の研究でどこで区切れるかということを考えたときに、研究でどういう聞き方をしているかというと、諸外国で多いのは、膣、肛門、口腔への陰茎の挿入と、膣、肛門への手指・異物の挿入を同じカテゴリーで尋ねることなので、心理学の面から見れば、それは分けていないと考えられます。

なぜそうなっているかと言いますと、先ほど小島委員が言ったことと重なるのですけれども、

(参考。小島妙子委員【弁護士】)
膣や肛門への挿入は、それ自体に性的意味があると思いますので、何を挿入するかにかかわらず、強制性交等罪と同様に当罰性があると思います

少なくとも膣や肛門に手指や異物が挿入されるのは、加害者の意図がどうであれ、被害者にとっては、わいせつ性が備わっている性的な侵襲性を伴うものであるということがあります。

これに対し、口腔に何かを挿入するということは、それが伴わない場合もある。
挿入される物が食べ物ということもありますので、私は、少なくとも膣や肛門への手指・異物の挿入というのは、性交等と同じぐらいの法益が侵害されていると考えております。

——————————————————–

<7ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

齋藤委員にお聞きしたいのですが、例えば、先ほど小島委員がおっしゃったような性具を口腔に入れる類型について、それは強制性交等よりも軽い類型でよいとお考えですか。

あるいは、現行法だと強制わいせつに当たる類型ですけれども、キスをして無理やり口の中に舌を入れるというのは、やはり軽い類型でよいとお考えですか。

——————————————————–

<7ページ>
2020年12月25日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

軽い類型の方でいいかと言われると、心理職としては、その質問にお答えするのは難しいです。

心理職は、その人の精神的な傷つきについて考えますが、皆さん、性暴力により深刻に傷ついていることは同じです。

ただ、今まで何度も質問されてきたように、法的にどこかで区切らなければならないということを考えたときに、心理学の研究などに基づくならば、そこで区切ることができるのではないかと考えたということです。

——————————————————–

<7ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

よく分かりました。

——————————————————–

この議論のつづきは明日のブログでみてみます。

(再掲。齋藤梓委員【臨床心理士】)
皆さん、性暴力により深刻に傷ついていることは同じです

性暴力のなかで、もっとも極悪な犯行が、AV出演強要です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年11月1日

昨日から久しぶりの体調不良(´・ω・`)
あの頃の感覚をハッキリ思い出した。
よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。
一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。

AV出演強要はどのような罪で処罰されることになるのでしょうか。
あらたに設けられる規定か。
強制性交等罪(強姦罪)か。
いずれにせよ人身売買をおこなって暖衣飽食しているAV業界人はおわりです。
牢獄が待っています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。