【刑法改正を審議する検討会の10回目の議事録】(その9)。あとは、刑法が改正されて、香西咲さんたちへのAV出演強要が、犯罪、と認定されるのを待つだけです

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について

先日、第10回性犯罪に関する刑事法検討会議事録が公開されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
・第13回(2021年3月8日開催予定)
——————————————————–

10回目の検討会の議題は以下のとおりです。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年12月25日 第10回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
法定刑の在り方について(※二巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)

本日は、上述の議題のなかから、
強制性交等の罪の対象となる行為の範囲
に関する議論をみていきます。
これ以外の審議状況につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
<10回目の検討会の議事録について>
2021年2月19日・・・・・・「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」(※AV出演強要問題)
2021年2月20日・・・・・・「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」(※AV出演強要問題)
2021年2月21日・・・・・・「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」
2021年2月23日・・・・・・「法定刑の在り方」
2021年2月24日・・・・・・「法定刑の在り方」
2021年2月25日・・・・・・「配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方」
2021年2月26日・・・・・・「配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方」
——————————————————–

2020年12月25日 
 法務省
 第10回 性犯罪に関する刑事法検討会

(2020年12月25日 第10回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<2ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

早速、
「強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」
についての検討に入ります。

この項目につきましては、一巡目の検討(※2020年9月24日の第6回検討会)では、お配りした意見要旨集の1ページから3ページにありますように、
「① 被害の実態」、
「② 身体の一部や物を膣・肛門・口腔に挿入する行為を含めることの要否・当否」、
「③ 現行法の下での対応」、
「④ 考えられる規定の在り方」
という観点から御意見を頂いております。

(参考。当ブログ)
<「強制性交等の罪の対象となる行為の範囲」に関する巡目の論議>
2020年12月24日

<2ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

前回同様、発言いただくに当たっては、どのような観点からの御意見であるかを明示して御発言いただきたいと思います。

それでは、御意見のある方は御発言をお願いします。
最大で30分程度の時間を予定しております。

——————————————————–

<2ページ>
2020年12月25日 小島妙子 委員(弁護士)

意見要旨集の2ページの一番上の「〇」について、意見を述べます。

(参考。2ページの一番上の「〇」)

〇 諸外国の法制では,身体の一部や物を性器や肛門に入れる行為を性交と同程度に処罰している国が多く、少なくとも,膣と肛門への物や指の挿入行為は強制性交等罪の対象とすべき。

強制性交等罪の保護法益ですが、秘匿されるべき性的な領域に土足で踏み込まれて開示を迫られるという点にあると思っております。

そこで害されるのは、人格の統合性だとか性的人格権である、と。

そのような観点から言いますと、強制性交等罪の対象となる行為を、男性器の挿入に限定する理由はないと思っております。

ただし、強制性交等罪として処罰するということになりますと、性交等と同程度の行為でなければならないと考えます。

そこで、身体の一部や物の挿入行為の全てを強制性交等罪の対象とするかについては、検討を要すると考えております。

膣や肛門への挿入は、それ自体に性的意味があると思いますので、何を挿入するかにかかわらず、強制性交等罪と同様に当罰性があると思います。

一方で、口腔の場合は、入れる物に性的意味合いがある場合に限定されるのではないか。

例えば、性具を入れる行為は当罰性があるけれども、口腔内に指を入れるとか、バナナを入れるという行為は除外されるのではないかと考えております。

以上のような限定の下では、男性器の挿入より被害が軽いとはいえないので、法定刑については、現行法と同じでよいと考えております。

——————————————————–

<2~3ページ>
2020年12月25日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

この問題は、端的に申し上げますと、性犯罪の中で特に重く処罰すべきものと一般的な規定によって対応すべきものをどのような観点・基準によって区別するかという問題に尽きます。

(参考。刑法)
176条
(強制わいせつ)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

177条
(強制性交等)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

2020年12月25日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

したがいまして、検討会の議論としましても、まずは、現実の性被害の実態を十分に把握し、理解した上で、それを法的な議論に落とし込んでいく作業が必要になると思われます。
そして、現実の性被害の実態につきましては、意見要旨集にもまとめられておりますけれども、第6回の検討会におきまして、齋藤委員から、性器に手指や異物を挿入された場合であっても、膣性交、口腔性交、肛門性交の場合と精神的な被害には大きな相違がない旨の分析結果の御報告があったところであり、これは現実の性被害の実態を把握する上で重要な価値があると思います。

(参考。第6回の検討会
2020年9月24日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

平成29年改正前の検討会でこの議論が出たときに、そもそも膣への挿入と、肛門、口腔への性器の挿入とで、被害者の精神的影響に差があるかないかという話があったと思います。

男性器以外の体の一部とか物を挿入する被害というのは、男性器を挿入する被害とどう違うのかという話になったときに、そもそも心理学とか精神医学の調査においてレイプといった場合には、体の一部や異物の挿入を含むということが一般的で、影響の差について示しにくいとお話ししましたが、しっかりとそれをお示しできるように、その後自身で調査をした結果が、今日提出させていただきました資料(齋藤委員提出の「性被害類型別の精神的反応について」と題する資料)(※非公開)になります。

これは、私が自分で、男女約3、000人ずつに行った調査でして、その中で異物挿入や様々な被害に遭われた方のデータを取っております。

その男女各3、000人のうち、現在の日本の強制性交等の罪の「性交等」の定義に当てはまるような被害に遭った方というのは女性7.7%、男性2.9%でした。

これは、それぞれ内閣府の「男女間における暴力に関する調査」などと大きく変わりのない数字であろうというふうに思っております。

また、配布した資料(※非公開)の2ページ目にグラフも載っておりますが、基本的に、肛門や膣への手指・異物の挿入と口腔・肛門・膣への男性器の挿入との間には、精神的反応に差が見られないということが分かりました。

皆様がこれまで見聞きしてきたレイプが被害者に与える精神的影響というのは、海外の調査結果を基にしていることが多いので、皆様は、体の一部や異物の挿入を含んだ調査結果をずっと見聞きしてきたということになります。

そもそも、やはり先ほど山本委員も言っていましたけれども、

(参考。山本潤 委員)
これは、加害者側の権力を確立して支配をする手段として行われているのであって、そこに何を入れようが、それが口腔であっても膣であっても肛門であっても、同意のない身体的な侵襲を加えられているということを認めて、強制性交等罪としていただきたい

性的侵襲とか身体への侵襲という観点で考えたときに、挿入されるものを問う必要があるのかということは疑問に思います。

一定年齢の場合、もちろん膣に陰茎が挿入されることで妊娠のリスクなどがあり、それは本当に重大な問題だと思います。

肛門に陰茎を挿入された場合、性感染症や炎症、臓器の損傷のリスクなども生じます。

でも、もちろん指を挿入されても傷がつくリスクはありますし、鉄パイプとか割箸でしたらほぼ間違いなく傷つきますし、臓器が著しく損傷するリスクがあります。

被害者支援やスクールカウンセリング、HIVカウンセリング等臨床上の経験でも、臨床以外の場で当事者の方々からお話を伺った経験からも、腕や拳、足、鉄パイプ、割箸、木刀、角材、瓶など、挿入されるものは様々です。

これは実際に生じている被害の話です。

ペニスバンド等の男性器を擬した性具、バイブレーターなどが使用されたときに、それを果たしてレイプではないというのかということですとか、加害者が被害者の男性器をくわえた場合には強制性交等になりますが、加害者が被害者の膣に舌を入れること、肛門に舌を入れることというのは強制性交等の罪にはならないのかですとか、疑問に思うことはたくさんあります。

(参考。刑法177条)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする

自分が性的に侵襲されているということに何の変わりもないのに、成立する罪が変わってしまうということは、どうなのだろうなと思っています。

集団レイプでは異物挿入が行われることもあります。

その集団レイプの中で、例えば、ある加害者は男性器を挿入し、ある加害者はビール瓶を挿入したという場合に、前者は強制性交等罪、後者は強制わいせつ罪というのは、おかしな話だと思います。

いじめの一環で異物を肛門や膣に挿入するということもありまして、性的な意図がどうかということも以前の議論では出ましたけれども、いじめの一環で異物を肛門や膣に挿入するということは、性暴力ですし、相手を性的におとしめる意図を持ったもので、被害者にとって性的に虐げられたこと、性的なモノとして扱われたことに違いはありません。

強制わいせつの罪で処罰することも可能だという、委員の皆様の中でもそういった意見があることも承知しているのですけれども、第2回会合のヒアリングでいらしてくださった岡田さんなども述べていたように、強制わいせつ罪の中で実質的に重く処罰してほしいということではなくて、体への侵襲とか性的な侵害ということを考えたときに、何ら変わらないと思われていることがなぜ分けられているのだろうということを、心理職としては大変疑問に思います。

そのため、この強制性交等の罪の対象となる行為に体の一部や物を被害者の膣、肛門に挿入する行為を含めるべきかという点については、再び様々な観点から検討が行われることを望みます。

また、諸外国の法律の文言と比較する際に、ただ文言を比較するのではなくて、なぜ性的侵襲という非常に深刻な精神的後遺症をもたらすことが分かっている行為について、日本では一部がレイプに当たらず、諸外国ではその一部を含めてレイプとされているのか、その背景も含めて議論する必要があるのではないかと考えております。

2020年12月25日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

今回、更に法的議論を進める上で、この内容につきまして、改めて2点質問させていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。
まず、1点目でございますが、性器に手指や異物を挿入された場合の被害については、素人の印象で恐縮なのですけれども、その全てが同様の精神的被害を惹起するわけではなくて、挿入された物の物理的な性状であったり、あるいは、挿入の仕方、態様によって、精神的にも身体的にも被害の程度に差があるようにも思うのですが、齋藤委員の調査では、挿入された物や挿入の態様について分類した調査結果があるのかについてお尋ねしたいと思います。
あるいは、この点に関連しまして、齋藤委員の御知見がございましたら、御教示をお願いいたします。

——————————————————–

<3ページ>
2020年12月25日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

簡単にお答えしますと、暴行・脅迫があったかどうかですとか、加害者が一人だったか複数だったかを尋ねている程度で、そのほかの細かな状況であるとか挿入された物を細かく聞くということは、質問紙という調査者の目の届かない形で聞くこと自体が回答者にとって深刻な精神的負担になるおそれがあると思いましたので、聞いておりません。

ですから、状況を推測することは難しいです。

ただ、質問を並べた順番というのがありまして、「性器に手指や異物を挿入された」というのは、「キスをされた」と「口腔性交(オーラルセックス)をされた、させられた」の間ですので、おおまかな状況として、性交等に近い状況での性器への手指や異物の挿入というのが回答には多かったのかもしれないとは思うのですが、そこは推測になりますので、確実なことは言えません。

ただ、臨床的な知見で考えますと、やはり体の一部あるいは異物の挿入という被害でありましても、重篤なPTSDを示すことは珍しくありません。

状況であるとか、挿入された物が、例えば指1本なのか、2本なのか、陰茎なのかということ自体が、精神的反応を大きく変えるという認識は持っておりません。

——————————————————–

<3~4ページ>
2020年12月25日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

ありがとうございます。

もう1点の質問です。

ただ今、性器に手指や異物の挿入がある場合の被害について御説明いただいたわけですが、手指や異物の挿入がある場合と、挿入は伴わないが、性器への直接的な接触などがある場合とで、精神的な被害に有意な相違が生ずるかについて質問したいと存じます。

例えば、指や性具などで性器を触ったり、性器をなめたりする行為は、挿入を伴わない場合であっても、重大な精神的被害が生ずるような印象を持つわけですが、やはり挿入を伴う場合と、それ以外の性被害の場合には本質的な相違があるのでしょうか。

もし、その点につきまして齋藤委員の御知見がございましたら、この機会に御教示をお願いいたします。

——————————————————–

<4ページ>
2020年12月25日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

もちろん、実際の臨床の場面で、例えば、二人きりで押し倒されて、性器を触られて、なめられたけれども、体の境界線を越えて侵襲していないというような被害と、体の境界線を越えて侵襲したという被害が本当に違うのかというと、それはやはりケースによって大分違い、比較して一概にいうことは出来ません。

しかし、何百、何千人を対象としたような精神医学であるとか心理学の調査では、手指や異物の挿入に関して、陰茎の挿入と同じカテゴリーで調査がされているということがあります。

先ほど小島委員がおっしゃっていたように、性犯罪を身体の統合性であるとか性的な領域が土足で踏みにじられることであると考えるならば、体の境界線を越えて侵襲されるということは、意味があるのではないかというふうには考えております。

——————————————————–

<4ページ>
2020年12月25日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

これを精神医学的に説明するのは、大変長くかかるのですけれども、順番に申し上げたいと思いますが、一番大きく性的被害を捉えるのは疫学研究ですね。

疫学研究で捉えた場合に「sexual assault」(性的暴力)という形でまとめられているときの定義としては、例えば、「any sexual contact」(性的接触)で同意がないものという形のまとめや、それから、無理強いされた性的な接触とか、そういう形でまとめられていることが多いわけです。

今ここで話題になっているような手指と男性器が違うのかとかいうことは、正直、あまり精神医学では問題にしていないのですね。

なぜかというと、性的な被害というのはトラウマを非常にもたらしやすいものであり、レイプで約50%弱の人にPTSDが起きていて、戦闘体験や交通事故や災害などより高いということが、専門領域では常識なのですね。

そういう意味では、そこにあまり関心を持たないのは、差をつけても、臨床的な研究をしたり、治療の研究をしたり、あるいは、実際に治療したりということに意味がないということを示しているということは言えると思います。

ここからは、少し経験的なことにもなるのですけれども、電車内の痴漢で、下着の上から性器を触られたというケースと、手指を性器の中まで挿入されたというケースについて、たくさんの例を採って比べるとしたら、PTSDの発症率、正確には関連する有病率ですが、やはり違うと思います。

起きたことの重さによる違いというものは全体的に見れば大まかにはあります。

しかし、有病率が違うということと、ゼロ百で、ある個人にある、ないということは違いますので、それはどんな状況で行われたものでも、発生の割合が非常に高いものと相対的に低いものは当然ありますが、犯罪の形態だけで決まるわけではない。

視点が大分違うのですよね。

被害を受ける側にとっては、今ここで話されている行為というのはそれほど大きな違いではないと思う人もいるでしょう。

ですから被害としての精神障害の大きさは、加害の行為に比例していて、本当に全部一緒ですかと聞かれたら、全部同じですとか、例えば全部50%ですというふうには言えないです。

そもそも発症の要因は多様なので、それは多分、どのような犯罪に関わる精神障害もそうだと思いますけれども、発症の要因は多要因であって一つの要因だけで発症率を決めることができない。

これでお答えになったかどうか分からないのですけれども、多分、十分な資料が精神医学の中で見つからないのは、少し乱暴な言い方ですが、そういうことを気にしても仕方がないくらい具合が悪いからだということだと思います。

——————————————————–

<4ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

現行法は、性的侵害行為を重い類型と少し軽めの類型との2つに分けていて、その大きな2つ類型の間の線引きが大きな問題となるわけです。

(再掲。刑法)
176条
(強制わいせつ)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

177条
(強制性交等)
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

そのときに、精神医学的観点からすると、その線引きがどうあるべきかということはなかなか言えないということでしょうか。

——————————————————–

<4ページ>
2020年12月25日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

どこかで線を引かなくてはいけないのでしたら、例えば、本来は疫学的な研究をして、何パーセントで引くかという話になるのですけれども、やはりそれは恣意的ですね。

疫学研究では「rape」(レイプ)と「sexual molestation」(強制わいせつや痴漢)を分けている研究もあります。

そうしますとPTSDの関連有病率は、やはり違います。
さきほど申し上げたとおりです。

被害を受ける側にも様々な要因があるのですが、世の中で生活している方は、皆さんそれぞれ違うパーソナリティーや、それぞれ違う精神的な健康度を持っているわけですから、そのような人を全部混ぜて考えるということになると、今申し上げた疫学的なところしかお答えができないということになります。

——————————————————–

<4ページ>
2020年12月25日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

ありがとうございます。
大変参考になりました。

——————————————————–

この論議のつづきは明日のブログでみてみます。

(再掲。小島妙子委員【弁護士】)
強制性交等罪の保護法益ですが、秘匿されるべき性的な領域に土足で踏み込まれて開示を迫られるという点にあると思っております。そこで害されるのは、人格の統合性だとか性的人格権である、と

(再掲。齋藤梓 委員【臨床心理士】)
先ほど小島委員がおっしゃっていたように、性犯罪を身体の統合性であるとか性的な領域が土足で踏みにじられることであると考えるならば、体の境界線を越えて侵襲されるということは、意味があるのではないかというふうには考えております

(再掲。小西聖子委員【武蔵野大学教授】)
性的な被害というのはトラウマを非常にもたらしやすいものであり、レイプで約50%弱の人にPTSDが起きていて、戦闘体験や交通事故や災害などより高いということが、専門領域では常識なのですね

AV出演強要は性的人格権の侵害の最たるものです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年2月18日

AV強要の件に触れられたらフラッシュバックしてしまった…
6~3年も経つのに。

フラッシュバックに耐えられなくて、去年の秋以来この件に関しては取材を控えて居たのですが…まだまだ傷は癒えていませんでした。

怖い。

一生の傷にならない様に治療に人生を託します。

——————————————————–

性犯罪者を捕捉する網の目は、いま、狭まりつつあります。
あとは、刑法が改正されて、AV出演強要が犯罪と認定されるのを待つだけです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。