【刑法改正を審議する検討会の10回目の議事録】(その6)。香西咲さんたちのAV出演強要被害に強姦罪が適用され、犯人が無期懲役に処せられることを期待しています

昨年(2020年)の12月25日に、第10回性犯罪に関する刑事法検討会が開催されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
第12回(2021年2月16日)※議事録準備中
・第13回(2021年3月8日開催予定)

先週、10回目の検討会(※2020年12月25日)の議事録が公開されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年12月25日 第10回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
法定刑の在り方について(※二巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)

本日もひきつづき、上述の議題についてみていきます。

(参考。当ブログ)
<10回目の検討会の議事録について>
2021年2月19日・・・・・・「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」(※AV出演強要問題)
2021年2月20日・・・・・・「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」(※AV出演強要問題)
2021年2月21日・・・・・・「性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方」
2021年2月23日・・・・・・「法定刑の在り方」
——————————————————–

2020年12月25日 
 法務省
 第10回 性犯罪に関する刑事法検討会

法定刑の在り方について(昨日のつづき)

(2020年12月25日 第10回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<12~13ページ>
2020年12月25日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

前提として、事務当局に教えていただきたいことがあります。

性犯罪者の中には、同じような手口で性犯罪を反復累行するという傾向を持った性犯罪者が現にそれなりの数いるというイメージがあるわけですけれども、統計上、そのようなことが言えるのかどうかということについて、もし分かれば教えていただきたいと思います。

——————————————————–

<13ページ>
2020年12月25日 岡田参事官

今お尋ねの点ですけれども、まず、性犯罪について、同様の手口で反復累行することが多いかどうかということにつきましては、性犯罪について手口別の統計というものが見当たらず、一概には申し上げられないところでございますけれども、例えば、本検討会の中でも御指摘されていたようなスーパーフリーの事件やリアルナンパアカデミーの事件のようなものは、同種手口の犯行を繰り返していた事案と言えるのではないかと思います。
それから、再犯という観点から申し上げますと、例えば、令和2年の犯罪白書では、強制性交等及び強制わいせつで検挙された成人の有前科者のうち、同一罪名の前科を有する者の割合は、強制性交等では3.0%、強制わいせつで7.6%となっておりまして、一般刑法犯全体では14.8%となっておりますので、一般刑法犯より低いということになります。

他方で、刑事施設への再入という観点から、刑事施設に入所するのが二度目以上の者について見ますと、平成27年の犯罪白書なのですけれども、再入の罪名と前刑の罪名が同一である者の割合というのが、強姦については27.7%、前刑が強制わいせつであるものを含めると35%になります。

強制わいせつについては、同じ罪名のものが32.3%、前刑が強姦であるものを含めると45.5%となっておりまして、この割合というのは、例えば窃盗ですとか覚せい剤取締法違反とかというものは70%以上ありますので、こういったものよりは低いのですけれども、傷害は23.8%、強盗は13.5%、殺人だと8.6%となっているので、こういったものよりは強姦や強制わいせつの方が高いということが言えるかと思います。

——————————————————–

<13ページ>
2020年12月25日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

ありがとうございます。

少なくとも、再入者については、再度性犯罪によって受刑する割合がそれなりに高いということかと思います。

そうであれば、単純な集団強制性交等という観点ではないのですが、暴力行為等処罰に関する法律には、常習傷害罪とか常習暴行罪というのがありますし、それから、盗犯等の防止及び処分に関する法律に常習特殊強窃盗罪が規定されています。

ですから、それらを参考にして、常習として強制性交等罪を犯すような行為について、重い犯罪類型を設けるという方法があるのではないかと思いました。

常習特殊強窃盗罪には、常習性だけでなく、特殊な方法・手口による場合が重い処罰の対象になるように規定されていますけれども、その中には、2人以上、現場において共同して犯したときという条件が入っていますので、そういう形で、常習性と集団性をセットにした加重類型を設ける方法もあるかと思いましたので、述べさせていただきました。

——————————————————–

<13ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

そのような類型だと、法定刑に無期懲役を加え、あるいは、下限を引き上げて執行猶予が付されないようにすることも考えられるという御趣旨だと伺いました。

今の点について御意見はございますでしょうか。

また、被害者が子供の場合についての御意見をあまり伺っていないような気がするのですけれども、いかがでしょうか。

——————————————————–

<13ページ>
2020年12月25日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

補足というか確認ですけれども、常習性で捉えれば、同一の被害者に対する犯行でなくても拾うことができるという前提でございます。

——————————————————–

<14ページ>
2020年12月25日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

刑を加重する根拠については、犯人が常習性を持って複数の性行為を反復したという犯人の悪質性に基づく観点と、同一の被害者が複数の性被害によって重大な被害を受けたという被害の重大性の観点の二つがあるように思いました。
和田委員からは、先ほど、前者(犯人が常習性を持って複数の性行為を反復)について御意見があったところですが、後者(同一の被害者が複数の性被害によって重大な被害を受けた)についても、特に児童については、例えば家庭内で継続的な性被害を受ける場合などを想定した場合、継続的な性行為によって心身に重大なダメージを受ける場合が多いと思われますので、このような観点からの加重も、立法論的にはあり得るように思います。

例えば、監護者性交等罪につきましては、継続的な性行為が行われるなど、特に被害が重大なものをうまく切り取ることが可能であれば、加重類型を設けて、例えば無期懲役を法定刑に加えるということも選択肢としてはあり得るように思います。

——————————————————–

<14~15ページ>
2020年12月25日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

今の橋爪委員の御指摘と重なりますが、同一被害者に対して犯行を繰り返したような場合について、それを加重類型とするかどうかについても検討する必要があると思います。

前回(2020年12月8日の第9回検討会)は、こういった継続的な性的行為について、個々の行為の日時や場所を特定しなくても有罪とできるようにするための法的手当てという観点から、新たな罪を創設すべきかどうかが議論されたわけですが、立証の緩和とは別の問題として、このような行為の悪質さですとか、被害の大きさといった実態に着目して、加重類型を設けることが考えられます。

その場合に、法定刑の下限を引き上げるのか、上限を引き上げるのかという点については、下限を引き上げるという方法については、先ほどから指摘がなされていますように、致死傷の結果が生じた場合に、そうでない場合よりも刑を重くするということになると、法定刑の下限は7年以上となりますので、執行猶予を付すことができなくなるということについてどう考えるかという問題が出てきます。

もっとも、この点については、同一被害者に対して性的行為を繰り返した上で、死傷の結果を生じさせた場合に、それでも執行猶予としなければ不当だと考えられる事案が本当にあるのかという疑問もあります。

共犯者間で役割が異なる集団による強制性交等の場合とは違って、一人の犯人が継続的に同一被害者に対して性的行為を行っているわけですから、そういう場合について、死傷の結果が生じた場合に、なお実刑を回避しなければならないというような事案が本当にあるのかということを検討する必要があるのではないかということです。

他方で、法定刑の上限を引き上げる場合については、ここでは行為の悪質さや被害の大きさを根拠として加重類型を設けようとするわけですから、法定刑は単なる併合罪の場合よりも重くすることになろうかと思います。

具体的には、例えば懲役35年とか40年という特定の刑期とするか、あるいは、無期刑を設けるということになります。
先ほどの集団による強制性交等についての議論の中で、現在の量刑を見ると、無期懲役刑を科さなければ不十分というような状況は必ずしも存在していないのではないかという御指摘がありました。

その観点から考えてみますと、ここで問題としている同一被害者に対して繰り返し性的行為が行われているような事案、典型例は、橋爪委員が指摘されたように、監護者が何年にもわたって継続的に子供に性的行為を繰り返した場合ですけれども、こういった事案については、現在の実務では、そのうちの確実に立証できる1回ないし数回の行為を起訴し、長期間にわたって性的行為が繰り返されたという事実は、量刑事情の一つとして判決の中で認定されているということだろうと思います。

そうしますと、現状では、同一被害者に対して長期間にわたって繰り返された性的行為が全て起訴され、そのことを前提に量刑がなされた事案というのは恐らく存在しないだろうと思いますので、その意味では、先ほどの集団による強制性交等の場合とは異なり、現在の量刑を手掛かりに、無期懲役刑を加える必要性の有無を検討することはできないということになるかと思います。

そうしますと、この類型については、無期懲役が定められている他の犯罪と比較しつつ、同一被害者に対して繰り返し性的行為が行われたという事案の中に、死傷の結果を伴わない場合であっても、無期懲役に値するだけの違法性を持つものがあるかどうかという観点から、無期懲役刑を加えるかどうかを検討する必要があるいうことになろうかと思います。

——————————————————–

<15ページ>
2020年12月25日 井田 良 座長(中央大学教授)

非常に示唆的な御意見をたくさん頂いたと思います。

ちょうど予定の時間を経過しましたので、次に、意見要旨集の7ページの第1の6の「(3)」、法定刑の下限の引下げの問題についての検討に入りたいと思います。

——————————————————–

「法定刑の在り方」に関する二巡目の論議が終了しました。
一巡目の話し合いは、昨年(2020年)の9月24日の第6回検討会でおこなわれました。
「無期懲役」という声は少数でした。
二巡目になって、「無期懲役にせよ」との意見が台頭してきました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

——————————————————–

香西咲さん
2018年3月1日

仰る通り、組織的犯罪です。

(再掲。和田俊憲委員【東京大学教授】)
常習として強制性交等罪を犯すような行為について、重い犯罪類型を設けるという方法があるのではないかと思いました
常習性集団性をセットにした加重類型を設ける方法もあるかと思いましたので、述べさせていただきました

(再掲。井田良 座長【中央大学教授】)
法定刑に無期懲役を加え、あるいは、下限を引き上げて執行猶予が付されないようにすることも考えられるという御趣旨だと伺いました

AV出演強要は、常習性と集団性がセットになっています。
無期懲役刑を期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。