日別アーカイブ: 2021年2月10日

刑法改正を審議する検討会の9回目の議事録が公開されました(その7)。香西咲さんたちにAV出演強要をおこなった犯人は、無期懲役にすべきです

先日、性犯罪に関する刑事法検討会最新の議事録が公開されました。
同検討会は、法務省内で、刑法改正の審議をおこなっています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
・第12回(2021年2月16日開催予定)
——————————————————–

昨年(2020年)の12月8日に、9回目の検討会が開催されました。
同検討会では、以下の論題が審議されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>
2020年12月8日 第9回 ※議事録

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

(参考。当ブログ)
第9回性犯罪に関する刑事法検討会議事録について>
2021年2月4日(地位・関係性を利用した性犯罪①)
2021年2月5日(地位・関係性を利用した性犯罪②)
2021年2月6日(性交同意年齢の引き上げ①)
2021年2月7日(性交同意年齢の引き上げ②)
2021年2月8日(性交同意年齢の引き上げ③)
2021年2月9日(地位・関係性を利用した性犯罪③)

昨日にひきつづき本日も、「地位・関係性を利用した性犯罪」に関する論議をみていきます。
4回目です。

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方(巡目の論議)

 ~同一被害者に対して継続的に性的行為が行われた場合において、個々の行為の具体的な日時・場所を特定しなくても、個々の行為を包括する一連の事実について1個の犯罪の成立を認めることができるような罪を創設すべきか(※昨日のつづき)

(2020年12月8日 第9回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<13ページ>
2020年12月8日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

併合罪で十分に対処できるのではないかという御意見というふうに伺ったのですけれども、実際には性的虐待のケースなどは100回以上被害があるということも全くまれではないわけです。

今、100回以上あることが全部きちんと起訴状に載っているかというと、全く載っていないことの方が多いわけで、それだけで十分といえるかというのは非常に疑問があると思います。

処罰されているケースでも、全体の被害の中のごく一部分ということが多いわけです。

包括一罪という形で処理することに御参考になるかと思って申し上げるのですけれども、医学的、心理学的には、世界保健機構(WHO)の国際疾病分類(ICD-11)の中では、繰り返し起こるトラウマ体験、特にこういう子供の虐待で繰り返し起こるものに関しては、複雑性PTSDという新たな診断基準を設け、そういうトラウマ体験に対して一つの診断を作るという形で変更が行われています。

被害という点で、被害者の方の体験としてどうかということを考えれば、これは当然、包括的に考えないと、本人が受けた被害全般に対して対応できるものではないということを御参考に申し上げておきたいと思います。

——————————————————–

<13~14ページ>
2020年12月8日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

私も小西委員とほとんど同じなのですけれども、包括一罪として処理するという案が今ありますが、記憶のことを考えると、確かに適切だと思っております。

橋爪委員が、個性を抽象化して包括的に評価することが困難であるという感覚が現場にあるのではということを仰っていましたが、

(参考。橋爪隆委員)
恐らくこれまでの実務においては、同一の関係性を前提とした性犯罪であっても、性犯罪を包括評価することは困難であり、個別の性犯罪ごとに立証し、併合罪として処理すべきというのが一般的な理解であったと承知しております。そこでは、性犯罪というのは個別の行為ごとの侵害性が重大であり、また、その都度、被害者は別の内容の被害を被ることから、個別の行為の個性を抽象化して包括的に評価することが困難であるという感覚が実務的には一般的であったように思われます

性的虐待は正に何度も繰り返されるので、個々の行為の個性が溶けていきまして、本人が識別するということは大変困難になるということがあります。

——————————————————–

<14ページ>
2020年12月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ちなみに、包括一罪と併合罪というのは現行法の解釈でいうと、包括一罪の方が処断刑が軽くなってしまうのですね。

併合罪の方はぐっと重くできるということがありますので、実務が併合罪にしているのは、それも一つの理由ではないかと思っております。

——————————————————–

<14ページ>
2020年12月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

継続的な一連の行為全体を対象にした新たな罪を設けて法定刑を重くするという案は十分にあり得ると考えています。
その際には、保護法益の問題と時効の問題の二つがポイントになると思います。
一つ目の保護法益との関係では、性犯罪の保護法益性的自由と考えますと、単回の行為がそれぞれの時点で自由を侵害する、それが複数回重なっていくという見方になって、併合罪として処理していくというのが自然になるかもしれませんけれども、性犯罪の保護法益人格的統合性、あるいは性的尊厳と考えるのであれば、複数回の行為によって、その保護法益がより重大に害されていくという包括的な見方が自然になっていくのではないかと思います。

そのように考える場合には、継続的な行為を処罰対象にする犯罪類型においては、単回の行為を処罰対象にする類型よりも法定刑の上限を重くして、強制性交等罪であればその上限を無期懲役とすることを視野に入れることが十分にあり得ると考えるところです。

もう一つ、それぞれの行為を個別に処罰対象にして併合罪処理するのは、それぞれの行為が処罰可能であることが前提ですけれども、時効にかかる行為については、当然処罰範囲から外れることになります。

これに対して、全体を継続的な一連の行為として処罰対象にする場合は、その開始の時点が幾ら古くても、全体がつながっていれば、最終行為が時効にかかっていない限りは全体を処罰対象にすることができると思いますので、これは時効を延長するのであれば消える論点ではありますが、そのような問題も検討に値するのではないかと考える次第です。

——————————————————–

<14~15ページ>
2020年12月8日 宮田桂子 委員(弁護士)

傷害罪の包括一罪と性犯罪を果たして同じに考えられるのかという問題について述ベます。

傷害罪については、傷害の結果と、傷害の結果を生じさせるであろう暴行の因果関係が相当程度はある。

しかも、傷害を発生させる暴行の期間というのもそれほど長いものではない。

性犯罪の被害の場合には、数か月、場合によっては数年に及ぶ非常に長いものも存在します。

恐らく被害者の方や被害者の支援をされている方々は、そのような非常に長いスパンをお考えだと思います。

しかしながら、そうなってくると、先ほどの包括一罪の判例の射程が本当に性犯罪に及ぼされてもいいのかという問題は生じてくるように思います。

(参考。橋爪隆委員【東京大学教授】)
近時の最高裁判例は、継続的な暴行の事案について、意思決定の一回性に言及することなく、同一の人間関係を背景として共通の動機から繰り返し犯意を生じ、暴行を反復累行した事件について、傷害罪の包括一罪の成立を肯定しております

このような判例の理解を前提とした場合、性犯罪についても、取り分け監護者性交等罪のように、同一の人間関係を前提とした上で、同一被害者に対して、共通の動機から性犯罪を反復累行した場合については、個別の行為の日時・場所、行為態様などを立証しなくても、全体を包括一罪として処理することは現行法においても可能であり、また、このような観点から新たな罰則を設けることも理論的には可能であるようにも思われます

また、常習犯などについて、1個は具体的な行為を必要としているのは、やはり何らかの行為が審判対象として切り出せることが必要だという考え方があると思います。

(参考。川出敏裕委員【東京大学教授】)
新たな罪の具体的な規定の仕方ですが、これについては、現行法の常習犯ですとか営業犯の規定が参考になろうかと思います。もっとも、現行法上の常習犯や営業犯についての実務上の訴因の構成や立証の実情を見ますと、少なくとも1個の事実については、具体的場面を描写し得る程度の立証が必要であるというふうに考えられているようです

先ほど検察の起訴実務についてのお話であったように、

(参考。渡邊ゆり委員【東京地方検察庁検事】)
実務の実情としましては、例えば何月上旬頃、あるいは何月頃といったような日時の特定で起訴する例もございまして、ぎりぎりと日時が特定できないから起訴できないということではございませんで、以前、中川委員がおっしゃいましたように、他の事実と識別できるかどうか、そういう観点からの日時の特定ができているかというところがまず問題になっています

ある程度の幅を持った場所や日時であっても起訴は可能である、しかも併合罪としての重い処罰は可能であるということになります。

そういう意味で、このような規定をあえて作らなければならないのかに、私は疑問を持っています。

また、繰り返しそういう被害が起きることでの精神的な被害については、一つの性的な被害が立証できたならば、そことの因果関係にある傷害結果と評価して強制性交等致傷罪で処罰する可能性もあり得ますし、あるいは、継続的にそのような加害が行われてきたということを、刑を重くする量刑要素として考慮することは十分に可能なのではないかと考えています。

そういう意味で、立証するのも防御するのも、この包括的な罪を作ることにはかなり問題が起きてくるのではないかと考えます。

——————————————————–

<15ページ>
2020年12月8日 金杉美和 委員(弁護士)

2点申し上げます。

1点目は、まず保護法益等の関係です。
先ほどの橋爪委員の御指摘と重複するのですけれども、例えば同一被害者、同一加害者の間の性交渉であっても、このときには気分が乗らなかったから真の同意はしていないけれども、このときについては同意をしていたということが観念できるわけです。
そうすると、やはり基本的には一つ一つの行為について検討する必要があるだろうと思います。
そういう意味で、包括一罪等を考えるのであれば、同意等が観念できない、それこそ監護者性交等のように一定の意思決定や人間関係に基づいて継続、反復して行為が行われるという場合になるのだろうと思います。

2点目は、その場合ですけれども、例えば監護者性交等の場合を念頭に置きますけれども、継続して反復して行われた犯罪行為について、個別にどの日時かということを特定できないとしても、それが犯罪行為、そういう性的な行為が行われたということそのものの立証のハードルを下げていいということにはならないことはもちろんです。
立証の緩和というのは、飽くまで個別の日時が特定できないということについてであるべきです。
しかし、「②」の四つ目の「〇」のところに書いてあることなのですけれども、

(参考。意見要旨集【第6回会議分まで】
新たな罪を設けたとしても、その罪の構成要件に該当する事実は立証される必要があるから、日時・場所の特定は困難であるものの、継続的な性的行為が行われたこと自体は確かであるという事案が実態としてどのくらいあるのかを検討することが必要

日時・場所の特定は困難だけれども、継続的な性的行為が行われたこと自体が確実に立証できるという事案が本当にあるのかという疑問があります。
例えば、1回については何か動画が残っているということであれば、それを核にして立証すればいいわけで、こういう場合というのは、本当に何も特定する手掛かりがなくて、性的行為を行ったということは被害者が一貫して述べているだけというような事案だと思います。
基本的に、その被害者供述の信用性ということになるわけですけれども、そのときに、やはり個別の、いつ頃行われたということがなければ、例えば、被害者がそういう行為をされたと述べている時期には、家に来客が1週間滞在していて、隣の部屋にいて、そういうことがあり得ないとか、被告人側としては具体的な日時・場所を手掛かりに、被害者が述べている供述が信用できないということを反証していくということになるわけですが、そういったことが一切許されなくなる
とにかく日時・場所を全く特定できないけれども、反復継続して行われたのだということが立証可能なのかどうかということは、慎重に考えるべきだと思います。
立証のハードルを下げるという観点からの、日時・場所が特定できない場合についても包括一罪で犯罪を形成することになるということに、刑事弁護の観点からは、慎重に判断していただきたいという反対の意見です。

——————————————————–

<15~16ページ>
2020年12月8日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

少なくとも1個は特定して立証する必要があるというときに、被害当事者がどういう記憶を持っているのかということを考慮に入れていただければと思うのですけれども、繰り返し性的な虐待を受けた人の海馬(※記憶を司る脳の中の部位)は、複数の調査で5%から15%縮小しているというふうにいわれています。
そのように、虐待経験者は記憶の保持、そして記銘力、ワーキングメモリーの機能にやはり問題を抱えているということが多い。
ですから、被害を受けたということは分かっているけれども、それがどういう日時、どういう場所で起きたのかということを明らかにすることが非常に難しいということを考えて、包括的なものにしていただければと思っています。
もし、1個特定して立証できるのであれば良いと思いますし、もしそれが難しい場合には、被害に遭ったにもかかわらず、何一つ救えない、司法の中で認められないということがあってはいけないと思いますので、包括するというような形で救っていただければと望みます。
もう1点なのですけれども、例えば、最初にレイプがあって、それから、これは愛だと言い含められたり、「おまえがかわいいからしているのだよ」などと言って、恋愛だと洗脳させることは、起こり得ることです。
最初にレイプがあり、被害のダメージで自己決定権が失われている状態であるときに、その後に同意のように見える性行為があったとしても、被害の後なので同意があったとは、なかなかいえないと思います。
また、監護者の場合なのですけれども、親等からの性交等であっても、被害者が18歳以上の場合には、監護者性交等罪に問うことはできません。
しかし、18歳未満の時から繰り返し被害を受けたことによって、もはや抵抗できない状態になり、25歳とか30歳まで、被害を受け続けているということはあります。
過去の10年、20年の被害を包括一罪で捉えられるのか、についても教えていただきたいと思います。

——————————————————–

<16ページ>
2020年12月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

ほかに御意見ございますか。新しい規定を設けて、立証の困難さのハードルを下げることができるのかという問題について、それが仮にできなくても、刑の加重の観点から、そういう規定を設けることが考えられるという御意見もあったように思われます。

——————————————————–

<16ページ>
2020年12月8日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

先ほど小西委員から御指摘がありましたように、例えば継続的な性的虐待によってPTSDを発症する場合ですけれども、現行法でも、仮に複数の性行為を包括一罪とできる場合には、複数の性行為の集積によってPTSDを発症した場合については、監護者性交等致傷罪の成立を肯定した上で、181条2項に従って加重処罰が可能となります。

(参考。刑法)
<第181条2項>
第177条(強制性交等罪)、第178条第2項(準強制性交等罪)若しくは第179条第2項(監護者性交等罪)の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は6年以上の懲役に処する。

この場合には、現行法を前提としても、無期懲役での処罰が可能となりますので、その点、付言いたします。

——————————————————–

<16ページ>
2020年12月8日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、この論点につきましても、ひとまず御意見をお伺いできましたので、このぐらいといたしまして、開会からかなり時間も経過しましたので、ここで10分休憩したいと思います。

——————————————————–

(再掲。山本潤委員【一般社団法人Spring代表理事】)
最初にレイプがあって、それから、これは愛だと言い含められたり、「おまえがかわいいからしているのだよ」などと言って、恋愛だと洗脳させることは、起こり得ることです

最初にレイプがあり、被害のダメージで自己決定権が失われている状態であるときに、その後に同意のように見える性行為があったとしても、被害の後なので同意があったとは、なかなかいえないと思います

AV出演強要も上述の山本潤委員がのべている類型に属します。
被害は長期間におよびます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月17日

2011年。
あの時の私は空気を読み過ぎて前事務所社長やスタッフの機嫌を伺う様になっていた。
騙された事に気づいた時も、言いたい事もなかなか言い出せないまま、前社長と造り上げた“架空の”人参を目掛けて走ってた。
3年間。

(再掲。和田俊憲委員【東京大学教授】)
継続的な一連の行為全体を対象にした新たな罪を設けて法定刑を重くするという案は十分にあり得ると考えています

継続的な行為を処罰対象にする犯罪類型においては、単回の行為を処罰対象にする類型よりも法定刑の上限を重くして、強制性交等罪であればその上限を無期懲役とすることを視野に入れることが十分にあり得ると考えるところです

AV出演強要をおこなった犯罪者たちに無期懲役の刑を食らわすことはできるのでしょうか。
刑法の改正を期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ