刑法改正を審議する検討会の9回目の議事録が公開されました(その5)。意気込みがつたわってきます。香西咲さんたちのAV出演強要被害も処罰の対象となることでしょう

現在、法務省内に設置された性犯罪に関する刑事法検討会で、刑法改正の審議がおこなわれています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録公開
第10回(2020年12月25日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
第11回(2021年1月28日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
・第12回(2021年2月16日開催予定)
——————————————————–

先日、9回目の検討会(※2020年12月8日開催)の議事録が公開されました。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>
2020年12月8日 第9回 ※議事録

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

上述のとおり、性交同意年齢の引き上げの議論は、巡目に入りました。
この9回目の検討会で問題となったのは、中学生同士の性交です。
たとえば、性交同意年齢を16歳未満まで引き上げますと、中学生同士の性交は犯罪になってしまいます。
こうした意見が勢いを増すなかで、和田俊憲委員(東京大学教授)は、独自の見解をのべました。

(2020年12月8日 第9回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<26~27ページ>
2020年12月8日 和田俊憲 委員(東京大学教授)

先ほどの橋爪委員の問い掛けに対する答えの前に、今の点について、

(参考。齋藤梓 委員【臨床心理士】)
(略)、同世代同士の、先ほど、キスと性交を混ぜた話がずっと続いていると思いますが、キスなどの強制わいせつに該当するような行為への同意及び同意をする能力と、性交への同意及び同意をする能力というのは異なるのではないかと考えています。それを分けて性交同意年齢を考えるということができないのかということを刑法学者の委員の方々に少しお伺いしたいなというふうに思っております

性交等とそれ以外の性的行為を分けることはあり得ると思いますけれども、その場合に1点だけ注意が必要だと思うのは、実際に行った行為は性交等に至らない性的行為だけであっても、性交等の目的があると、その未遂という可能性がありますので、その可能性も含めて検討する必要があることです。

性交等とそれ以外とを分ける場合には、そのような問題が新たに生じると思います。

橋爪委員の問い掛けの2点目、3点目との関係で、成人についての保護法益を性的自由と考える場合には、若年者については、その同意の能力があるかどうか、それがないから同意の有無にかかわらず処罰するという話になる、そういう整理になるのが自然だということだと思いますけれども、成人について性的統合性だとか性的尊厳が保護法益だと考える場合には、それに伴って、若年者に対する性犯罪の保護法益健全な人格的統合性の形成であり、それに対する阻害行為が処罰対象なのだという見方にもなり得ると思います。
そのような見方をすると、これまで13歳未満についても同意能力がなかったのではなくて、仮に同意があったとしても、そのような行為が被害者との関係で人格的統合性の形成の阻害の影響を持つから処罰対象になっていたと考えられ、そのような影響が及ぶ年齢の基準を引き上げるという問題として整理し直されるのではないかと思います。
そのような見方をする場合には、同年代同士の行為であれば、それは人格的統合性を形成するに当たって阻害的な行為ではないという評価が実質的に可能であって、それゆえ処罰対象から外されるという説明が一応可能なのではないかと考えています。
ただ、何歳に引き上げるかということが正に問題ですが、それを考えるときに重要な観点だと思われるのは、今まで何か所かで指摘されていますけれども、この年齢というのは、一律にその年齢未満の者に対しては誰との関係でも犯罪行為として扱うと、そういう基準年齢になりますので、例えば18歳にその基準を設けたとしますと、高校3年生が被害者になり得て、地位・関係性利用の場合も含めて例を挙げれば、大学卒業したての新任の教師に対して、高校3年生の側が積極的にアプローチをして、強制性交等罪が成立しない程度に、しかし、かなり強い力で働きかけることで教師に対して性的行為を行ったというような逆転現象が生じる可能性があることです。

その場合にも教師側に犯罪の成立を認めるとすると、教師側に、相手が18歳未満であれば絶対的に拒絶する義務を課すということになるわけですから、そのような義務を課してよいといえるような相手の年齢が何歳かということをきちんと考える必要があろうと思います。

そういう観点から、18歳というのはさすがに高過ぎると思いますので、性交等とそれ以外の性的行為を分けるかどうかという問題ももちろん別にありますけれども、仮に引き上げるとしても、義務教育の年齢というのが限度なのではないかと感じているところです。

——————————————————–

(再掲。和田俊憲委員)
若年者に対する性犯罪の保護法益は健全な人格的統合性の形成
  
それに対する阻害行為が処罰対象
  
同年代同士の行為であれば、それは人格的統合性を形成するに当たって阻害的な行為ではない
  
それゆえ処罰対象から外される

明晰な論理展開です。
これとは別に、川出敏裕委員(東京大学教授)の意見も傾聴に値します。

<29~30ページ>
2020年12月8日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

これまでの御意見とかなり重なりますが、そもそも性交同意年齢を引き上げるべきだという意見の実質的な理由は、例えば16歳までそれを引き上げるとした場合、13歳から15歳までの者について、13歳未満の者と同様に性行為に対する同意能力がないからというよりは、その年齢層の者は、同意能力はあるけれども、それがなお不十分であり、それに付け込んで、これらの年齢層の者を言わば食い物にするような行為がなされているので、それを処罰すべきだという点にあると思います。
先ほど御指摘があったように、そういった行為が地位・関係性利用の類型で全て捉えられればそれでよいのですが、捉え切れない部分が残るということであれば、単純に性交同意年齢を引き上げるということではなくて、保護法益に、性的自由だけではなく、一定年齢の者の健全育成、あるいは和田委員の御意見にあった健全な人格的統合性の形成といったものを加えた上で、例えば児童福祉法の淫行をさせる罪ですとか、青少年保護育成条例における淫行処罰規定などの解釈を参考として、その保護法益を侵害する行為を切り出す形にするのが、一つの方法ではないかと思います。
そういう形にすれば、一定の年齢層の者同士の対等な関係での性的行為ですとか、あるいは、年齢の上の者による真摯な交際に基づく性的行為といった処罰すべきでないものというのを処罰対象から除外することができますし、また、性交同意年齢を引き上げるべきとする意見のもともとの目的にも合うのではないかと思います。

——————————————————–

8回目の検討会(※2020年11月10日開催)で、橋爪隆委員(東京大学教授)は、児童福祉法に規定されている「淫行をさせる罪」に言及しました。
一部を抜粋します。

(2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<33~34ページ>
2020年11月10日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

(略)、児童福祉法34条1項6号は、児童に淫行をさせる行為を処罰しておりますけれども、ここでいう淫行とは、児童の心身の健全な育成を阻害するおそれがあると認められる性交又は性交類似行為と解されておりますので、例えば親公認の交際など真摯な関係性に基づく行為は、これに該当しないというのが一般的な理解です。

——————————————————–

はなしを9回目(※2020年12月8日開催)の検討会にもどします。
上述のとおり、川出敏裕委員(東京大学教授)は、
例えば児童福祉法の淫行をさせる罪ですとか、青少年保護育成条例における淫行処罰規定などの解釈を参考として、その保護法益を侵害する行為を切り出す形にするのが、一つの方法ではないかと思います。そういう形にすれば、一定の年齢層の者同士の対等な関係での性的行為ですとか、あるいは、年齢の上の者による真摯な交際に基づく性的行為といった処罰すべきでないものというのを処罰対象から除外することができますし、また、性交同意年齢を引き上げるべきとする意見のもともとの目的にも合うのではないかと思います
とのべました。

いずれにせよ、かたちはどうあれ、若年層が保護される規定が制定される予感がします。
現状維持、ということにはならないでしょう。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月14日

今まで人間とは思えない仕打ちを受け続けてきた事、やっと吐き出す事ができました。
こんな私ですが今も変わらず好きでいてくださる方、本当にありがとうございます。
何度も言うけれど今後私はその人たちを大切に生きていくのみです。
「おまえ明日死ぬかもしれないんだから(←青木亮の口癖)」

AV出演強要犯の処罰に関する論議は、昨年(2020年)の12月25日の検討会でおこなれました。
まもなくこの議事録が公開されます。
楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

刑法改正を審議する検討会の9回目の議事録が公開されました(その5)。意気込みがつたわってきます。香西咲さんたちのAV出演強要被害も処罰の対象となることでしょう」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。