【刑法改正】教師と生徒の関係性の論議(その2)。地位を利用した性犯罪はほかにもあります。論点になっています。香西咲さんたちの被害も、犯人は、地位を利用しました

4年前(2017年)に改正された刑法は、そう遠くない将来、さらにおおきくかわる予感がします。
刑法改正を審議している性犯罪に関する刑事法検討会はいま、検討すべき論点にそって議論を進めています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録準備中
第10回(2020年12月25日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
・第11回(2021年1月28日開催予定)

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年8月27日 第5回 ※議事録

現行法の運用の実情と課題(総論的事項)について
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※一巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※一巡目)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※一巡目)

2020年9月24日 第6回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※一巡目)
法定刑の在り方について(※一巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目①)

2020年10月20日 第7回 ※議事録

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目②)
公訴時効の在り方について
いわゆるレイプシールドの在り方について
司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方について

2020年11月10日 第8回 ※議事録

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※二巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目①)

2020年12月8日 第9回 ※議事録(準備中)

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

2020年12月25日 第10回 ※議事録(準備中)

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
法定刑の在り方について(※二巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)

すべての議論が前向きというわけではありません。
なかには若干、意見が対立してるものもあります。
そのなかのひとつが、教師が生徒に対しておこなう性加害です。
本日も昨日にひきつづき、この件に関する議論をみていきます。

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について
巡目の論議【その2】)

(※【その1】は、昨日のブログを参照。)

(2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<32ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

これまでの御議論の中には、どうも児童福祉法の「児童に淫行をさせる行為」の処罰規定に触れた御意見がないのですけれども、それでは処罰として十分ではないのかということについても、触れていただきたい、あるいは、御議論いただきたいと思います。

——————————————————–

<32~33ページ>
2020年11月10日 小西聖子 委員(武蔵野大学教授)

結論としては、私は、やはり、せめて義務教育における教員は、専門性とか国家資格であるというようなことを踏まえて、監護者性交等罪と同じような形で含めていただくということを希望しています。

(参考。刑法)
179条
1 18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。

2 18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第177条(強制性交等罪)の例による。

一つは、監護者と教師が違うという議論がありますけれども、被害の類型を見ますと、どちらもすごく似ているのですね。

加害者が持っているパワーでコントロールされて、被害者が自分が被害を受けているかどうかも認識できないこともあることも、すごく共通していますし、地位のパワーの濫用という点で、「abuse」(濫用であり虐待である)であるといった似たところが非常に多いです。

1回限りの被害より、繰り返して継続する被害の方が多いので、監護者性交等罪の場合と非常に似た心理で被害が起きている。

そうなると、子供の同意というお話がありましたけれども、同意がなかなか自分で分からない、あるいは、被害を受けていると分かっていない子供が非常に多いということが言えます。

そういう点では、同じような形で扱わない限り、先ほど宮田委員ですかね、特定できないケースが多いのではないかと言われたのですかね。

しかし、実際には、性交があったことが特定できるのだけれども、それに子供の同意があったかどうかということが言えないケースというのは、たくさんあるのです。

その全部を救えるわけではないけれども、少なくともそういう形の類型を作ることによって、パワーでコントロールされるために抵抗しない被害者、あるいは犯罪というのを認識することができるというふうに考えます。

——————————————————–

<33ページ>
2020年11月10日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

私の考えによりますと、教師というのは確かに監護者と同じような影響力を持っている場合があり得ると思うのですが、ただ、複数種類があって、関係性も複数あるというふうなことを考えますと、監護者性交等と同じように処罰しようと思った場合には、やはりそれと同じような強い影響力のある人に限るという形で、少し範囲を絞る必要があるのではないかと思います。

逆に、そうではなくて、処罰範囲を広めに取っておきたいというのであれば、健全育成の視点とか、あるいは、人格的統合性とかの法益に何らかのダメージを与える危険があるというような法益侵害の危険性を根拠に、少しパターナリスティックに保護するという形で、法定刑を少し下げつつ、広めに取るというふうな可能性があるのではないかと思っております。

法定刑を下げて広めにというふうになると、それこそ児童福祉法との関係性が出てくるかと思うのですけれども、児童福祉法の方は、性交類似行為にまで至らないと、現在処罰されない状況にありますから、それに至らないわいせつ行為も拾えるというふうな形で規定することに意味はあると思いますし、あるいは、一般的に児童福祉法があまり知られていないということもありますので、刑法典に入れるということに価値があるという視点もあるのではないかと考えております。

——————————————————–

<33~34ページ>
2020年11月10日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

既に御指摘がありましたが、私も、コーチや教師は、場合によっては、親以上に影響を持つ場合があることには異存ありません。

しかし、例えば教師といっても、担任の教師から同じ学校に在籍するだけの教師までおり、その関係性はケース・バイ・ケースでありまして、影響の程度に濃淡があるわけです。

したがいまして、教師やコーチと児童の性行為を影響力の程度などを問わずに一律に処罰することについては疑問があり、やはり児童の年齢、あるいは地位・関係性、同意の内容等も含めて、個別具体的に処罰範囲を検討する必要があると考えております。

なお、意見要旨集の7ページの「②」の一つ目の「〇」に、児童福祉法では18歳未満の者への性行為は罪であるとされているという御指摘がございますが、

(参考)
児童福祉法では18歳未満の者への性行為は罪であるとされていることも踏まえ、教師という立場の大人が生徒という立場の子供に対し、性行為を含むような恋愛をすることは許されないと考えてもよいと思われる

これが、18歳未満の者との性行為が一律に犯罪であるという趣旨であるならば、それは正確な理解ではないと思いますので、念のため、この点を補っておきたいと思います。

すなわち、児童福祉法34条1項6号は、児童に淫行をさせる行為を処罰しておりますけれども、ここでいう淫行とは、児童の心身の健全な育成を阻害するおそれがあると認められる性交又は性交類似行為と解されておりますので、例えば親公認の交際など真摯な関係性に基づく行為は、これに該当しないというのが一般的な理解です。

また、淫行をさせる行為というためには、単に性交の相手方になるだけでは不十分であって、直接たると間接たるとを問わず、児童に対して事実上の影響力を及ぼして、児童が淫行をなすことを助長し促進する行為が必要であると解されています。

そして、これに該当するためには、行為者と児童の関係、意思決定に対する影響の程度、淫行の内容、淫行に至る動機、経緯、児童の年齢、その他当該児童の置かれていた具体的状況を総合考慮した上で判断する必要があると解されています。

最近の判例では、高校の教師が児童と性行為に至った事件について、本罪の成立を肯定したものがありますが、これも、具体的な事実関係を一切考慮せずに処罰を肯定したわけではなく、当該教師と児童の具体的な関係性や影響力、性交に至った経緯などの事実関係を前提として、本罪の成立を肯定している点については、改めて確認しておきたいと思います。

もちろん、教師は児童に対して強い影響を持つことが多いことから、その影響力を背景にした場合には、児童の自由な意思決定を阻害するおそれがあること、また、実際に児童の自由な意思決定が阻害された場合を処罰する必要性が高いことには何の異存もありません。

私が申し上げたいことは、教師であるという地位に基づいて、一律に処罰規定を設けることは、場合によっては、児童福祉法の「淫行」に該当しないような場合までを処罰対象に含むおそれがあることから相当ではなく、やはり個別の事案ごとに、その影響力、関係性などの事情に基づいて、処罰の可否を判断する必要があるという点に尽きます。

もちろん未成年者の意思決定といっても、周囲から影響を受けやすく、自由な意思決定とはいえない場合が多いでしょうし、教師の影響力を背景にした場合には、なおさら意思決定の過程に瑕疵が生ずる場合が多いでしょう。

児童については、有効な同意があるか否かについて慎重な判断が必要であることは当然です。

ここでは、それでもなお本人の自由な意思決定による同意があったと評価できる場合まで、処罰することは相当ではないという観点から、意見を申し上げた次第です。

——————————————————–

<34~35ページ>
2020年11月10日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

法律の言葉なのか、よく真摯な恋愛という言葉が出てくると思うのですけれども、平成29年の刑法改正前の検討会、法制審議会でも、親子でも真摯な恋愛があり得る可能性がないわけではないかもしれないというような議論がありました。

この真摯な恋愛というのを、皆さんはどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

性暴力の考えから言えば、同意がなく、対等性がなく、強制性がある行為が性暴力であり、同意は、年齢、成熟、発達レベル、提示されたことが何らかの性行為であるということを経験に基づいて理解していることや、提示されたことへの反応について、社会的な標準を知っていること、生じ得る結果やほかの選択肢を認識していること、同意するのもしないのも同様に尊重される前提があること、自己決定であること、精神的、知的な能力があることの全てを満たしていなければならないと、報告されています。

このような成人と未成年であって、しかも教師と生徒、それが、同じ学校の自分の担当する教員、あるいは学年主任であるとか、そのような立場の人と生徒が対等な関係と言えるのでしょうか。

そして、そのような場合に、真摯な恋愛が存在することは考えられるのでしょうか。

それは、やはりこの平等性というところに関して、私たちの社会が作り上げてきた固定観念に惑わされているのではないかなということも思います。

一方がすごく優位であって、他方が下位であったとしても、そのような関係であっても、真摯な恋愛が成立し得るというふうに考えられてきましたけれども、被害を受けた人たち、ヒアリングの方もおっしゃっていましたけれども、下の立場に置かれていれば、そのような状況で恋愛と思いこまされるということは容易であり、だからこそ、地位・関係性の問題が指摘されているのだと思います。

加害者は、接触することも容易ですし、そのような人たちをコントロールすることも可能だということは、小西委員、齋藤委員からも指摘されているところです。

ですから、この真摯な恋愛というのを深く考えていただきたいですし、対等性がない行為が性暴力であることということに基づいて、地位・関係性を議論していただければと思っています。

——————————————————–

<35ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

予定された時間を過ぎておりますし、この問題との関わりで、不同意とは何なのだろうか、真摯な恋愛とは何なのだろうかというのは、またこの検討会でも必ず議論しなければいけないテーマではあると思いますので、今日はこのぐらいにさせていただきまして、次回、意見要旨集の「(3)」、つまり、
「被害者の年齢を問わず、行為者が被害者の脆弱性、被害者との地位の優劣・関係性などを利用して行った行為について、当罰性が認められる場合を類型化し、新たな罪を創設すべきか」
の部分から議論を行いたいと思います。

その後、同一被害者に対して継続的になされた一連の事実を一罪とすることのできる罪の創設の問題、それから、いわゆるグルーミング行為を処罰する規定の創設の問題、いわゆる性交同意年齢の在り方の問題、それから強制性交等の罪の対象となる行為の範囲、これらのテーマについての検討を行っていきたいと考えております。

そういう進め方でよろしいでしょうか。

(一同了承)

——————————————————–

2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
それでは、そのように進めさせていただきます。

次回の会合で取り上げる論点に関しましても、本日と同様、巡目の検討における委員の皆様の御意見を整理したものを、次回の会合に先立って委員の皆様にお送りして、前もって御検討いただくということができるようにしたいと思います。

今日議論を行った各論点については、本日述べられた御意見や他の論点についての巡目の検討結果を踏まえて、巡目以降の進め方を考えたいと思っております。
(後略。)

——————————————————–

(再掲。山本潤委員)
(教師と生徒のあいだで)真摯な恋愛が存在することは考えられるのでしょうか

考えられない、と言う委員がいるいっぽうで、考えられる、と言う委員もいます。
この問題はなかなかむずかしいようです。

(再掲。井田良座長)
次回、意見要旨集の『(3)』、つまり、『被害者の年齢を問わず、行為者が被害者の脆弱性、被害者との地位の優劣・関係性などを利用して行った行為について、当罰性が認められる場合を類型化し、新たな罪を創設すべきか』の部分から議論を行いたいと思います

個人的には、教師と生徒の件よりも、
被害者の年齢を問わず、行為者が被害者の脆弱性、被害者との地位の優劣・関係性などを利用して行った行為
の論議が気になります。

(再掲)
2020年12月8日 第9回 ※議事録(準備中)

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

議事録の公開が待たれます。

ちなみに、昨年(2020年)の12月15日、インターネットの番組に出演された山本潤委員は、「地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方」について、
いま、教師と生徒、がけっこう、やっぱり、ポイントになっているのかな、と思います」(※01:15:27のあたりから)
とのべています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

AV出演強要や精神科医によるセクハラは、「地位・関係性を利用した犯罪」です。
刑法のなかにあたらしい規定が創設されることを期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。