帝京大学ラグビー部による集団強姦事件の被害者のかたは、いまも苦しんでおられるようです。香西咲さんたちAV出演強要の被害者の方々も同様です

性犯罪に関する刑事法検討会による刑法改正の論議はいま、佳境に入ろうとしています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録準備中
第10回(2020年12月25日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
・第11回(2021年1月28日開催予定)

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年8月27日 第5回 ※議事録

現行法の運用の実情と課題(総論的事項)について
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※一巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※一巡目)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※一巡目)

2020年9月24日 第6回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※一巡目)
法定刑の在り方について(※一巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目①)

2020年10月20日 第7回 ※議事録

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目②)
公訴時効の在り方について
いわゆるレイプシールドの在り方について
司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方について

2020年11月10日 第8回 ※議事録

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※二巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目①)

2020年12月8日 第9回 ※議事録(準備中)

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

2020年12月25日 第10回 ※議事録(準備中)

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
法定刑の在り方について(※二巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)

先日の当ブログで、同検討会が論議している「集団強姦罪の新設」にふれました。

(参考。当ブログ)
<「集団強姦罪の新設」について>
2021年1月6日(その1)
2021年1月7日(その2)

「集団強姦罪の新設」の検討は、
法定刑の在り方
という論点のなかでおこなわれました。

(再掲)
2020年9月24日 第6回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※一巡目)
法定刑の在り方について(※一巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目①)

この6回目の検討会で、山本潤委員は、過去に起きた集団強姦事件に言及しました。
議事録を参照します。

(2020年9月24日 第6回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<9~10ページ>
2020年9月24日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

1997年に帝京大ラグビー部の集団強姦事件の被害者の方の対談が今年(2020年)8月に「創」という雑誌に掲載されていました。

被害者は、PTSDに苦しみ、23年後の今も自宅療養でひきこもり状態で、自分の子供を育てることもできない、そういう状態で生活をされています。

——————————————————–

(再掲。山本潤委員)
帝京大ラグビー部の集団強姦事件の被害者の方の対談が今年(2020年)8月に「創」という雑誌に掲載されていました

『創』という雑誌ー
月刊誌「創」(つくる)が同事件の被害者のかたの近況を紹介するのは、これで3回目です。

(参考。帝京大ラグビー部による集団強姦事件)
<「創」による被害者のかたの近況>
①2011年11月発売「2011年12月号」
②2011年12月発売「2012年1月号」
(9年後)
③2020年8月発売「2020年9月号」 ※山本潤委員が言及

「2011年12月号」と「2012年1月号」の記事につきましては、現在、「創」のブログで公開されています。

(参考。「創」のブログ)

2013年6月10日 映画「さよなら渓谷」で描かれた集団レイプ事件の被害女性は、今どうしているのか (月刊『創』2011年12月号と12年1月号の手記を再録)1/2

2013年6月10日 映画「さよなら渓谷」で描かれた集団レイプ事件の被害女性は、今どうしているのか (月刊『創』2011年12月号と12年1月号の手記を再録)2/2完

——————————————————–

同記事のなかから一部を引用します。

<一部分を抜粋>
創「2011年12月号」 <被害女性A子さんの闘病日記>1/2

●10月×日
 久々に一人で電車に乗る。ふるえがずっと止まらない。まともに歩く事すら出来ないから、お天気なのにカサをつえ代わりに……変な人と見られてるんだろうな。
 先日、また暴れてしまったらしい。子供が一生懸命ひっついて泣き叫んでいたそう……。ごめんね、ほんとごめんね……母親らしい事、一つも出来ず、傷を付けてるだけ。布団に血の海の跡があった。リスカしたら入院させられちゃう。
 ダルい。ダルい……。起き上がるのも何をするのも怠い……。私は治るのか……。自分自身が辛いのはもういい……家族、周囲の方達の負担になっている事が一番辛い。
 今日も子供を怒鳴って追い込んでしまった。
 大丈夫かな……メンタルが心配、不安……。母も声をかけてくれたが言葉がでない、会話ができない。そのクセ、イライラして当たる。
「存在」とは何だろう。笑いたい。楽しみたい。今はまた壊れたロボットだ。
役に立たず、無駄な消費だけ。いつも「死」は考える。でも、こんな私でも大事にしてくれてる人達がいる。死ぬのなんて簡単。自分は楽だろうが悲しむ人もいる。いてくれる。恩をあだで返すような事は嫌だ。生きて、這ってでも立ち向かって治りたい。治ったら今までの分、全部を返したい。時を、取り戻したい。

——————————————————–

<一部分を抜粋>
創「2012年1月号」 <被害女性A子さんの闘病日記>2/2

●11月×日
 何も出来なかった。ひたすら落ち込んでしまった。色々と考えメモを残そうとしてもペンすら握れず。
 正直、遺書は用意し始めている。そう、生きる気力がなくなり、私が前を向こうとすればする程、周囲を巻き込み、相当な迷惑をかけているんだな……と。
 線路の上を歩いている時にカンカンと警報音が鳴り始め、急げない私はそのまま立ち止まる事を考え止まった。このまま死んじゃえばいいのに。でも周囲が気付き、それこそ更にまた迷惑な話。どうしたら良いのだろう? 存在している意味がわからない。
 悲しい。悲しいよ。沢山泣いた。一日中泣いていた。今も止まらない。涙は悲しみを流し、気持ちを切り替えてくれると言うけれど、一向に流れていかない。
胸が痛い。
 しかし、もうわかった。もういい。そんな自分の事で悲観的になっている余裕はない。本来の目的に向かわなければ
当面あれを受け止めるまで時間はかかると思うが……。これも治療だ。って殆ど受け売りの言葉。でも、それで自分を納得させていくしか今は出来ない。

——————————————————–

上述の6回目の検討会で、山本潤委員は、憤怒の情を吐露されました。

(2020年9月24日 第6回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<9~10ページ>
2020年9月24日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

2003年に大学生のサークルを利用して行われたスーパーフリー事件が社会に衝撃を与えましたが、近年もリアルナンパアカデミーの事件が起こったように、このような集団による性加害というものが全く撲滅されていない。

撲滅というのは強い言い方ですけれども、このような組織的・計画的に性的暴行を行うことに関して、上限を無期にするなど、重い法定刑を科しても良いと私自身は思っています。

スーパーフリーの主犯格で14年、リアルナンパアカデミーの主犯格で13年の懲役刑が出されていますけれども、被害者の心情からすれば軽過ぎると言わざるを得ません。

——————————————————–

(再掲。山本潤さん。2020年9月24日)
(帝京大学ラグビー部による集団強姦事件の)被害者は、PTSDに苦しみ、23年後の今も自宅療養でひきこもり状態で、自分の子供を育てることもできない、そういう状態で生活をされています

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月28日

隅に追いやっていたトラウマを掘り起こすのはとてつもない労力が要りますね。
精神的にも、ついこの間までは普通の精神を保てたのに、思い出した瞬間動悸や頭痛吐き気…この突然の変化は経験者にしか分からない。女性の共犯者達は特に最低。

——————————————————–

AV出演強要と集団強姦は、同義(同じ意味)、です。
犯人を一生牢屋に打(ぶ)ち込む国になってほしいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。