刑法改正を審議する検討会の8回目の議事録(その4)。香西咲さんたちのAV出演強要被害と関連している「暴行・脅迫」要件は、見直される気配が濃厚です

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は現在、刑法改正の審議を重ねています。
昨年(2020年)の11月10日に、8回目の検討会が開催されました。
当日の議題のひとつは、
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※二巡目)
でした。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録公開
第9回(2020年12月8日)※議事録準備中
第10回(2020年12月25日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
・第11回(2021年1月28日開催予定)

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年8月27日 第5回 ※議事録

現行法の運用の実情と課題(総論的事項)について
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※一巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※一巡目)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※一巡目)

2020年9月24日 第6回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※一巡目)
法定刑の在り方について(※一巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目①)

2020年10月20日 第7回 ※議事録

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目②)
公訴時効の在り方について
いわゆるレイプシールドの在り方について
司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方について

2020年11月10日 第8回 ※議事録

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※二巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目①)

2020年12月8日 第9回 ※議事録(準備中)

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

2020年12月25日 第10回 ※議事録(準備中)

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
法定刑の在り方について(※二巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)

本日も、
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方(※二巡目)
に関する議論をみていきます。
その4です。

(参考。当ブログ)
<8回目の議事録について>
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※二巡目)
2021年1月14日(※その1)
2021年1月15日(※その2)
2021年1月16日(※その3)

2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について
巡目の論議【その4】)

(2020年11月10日 第8回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能に加えて、又はこれらに代えて、その手段や状態を明確化して列挙すべきか

<16ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

第1の2の「(2)」暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件について、判例上必要とされる「被害者の抗拒を著しく困難にさせる程度」を緩和した要件とすべきかについての議論はこの辺りで一区切りとさせていただき、次の項目、すなわち、
(3) 暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能に加えて、又はこれらに代えて、その手段や状態を明確化して列挙すべきか
という項目についての議論に移らせていただければと思います。

一巡目の検討(2020年8月27日)では、
「① 手段や状態を列挙することの要否・当否」、
「② 列挙することが考えられる手段、状態」
という観点から御意見がありました。

それを踏まえて御意見を頂きたいと思います。

——————————————————–

<16~17ページ>
2020年11月10日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

先ほど申し上げたこととほぼ同じことになりますけれども、手段や状態は、それ自体に意味があるのではなく、被害者の不同意という心理状態を合理的に推認し、これを根拠付ける点に意義があると解されます。

したがいまして、仮に現行法の暴行・脅迫という行為態様、あるいは、心神喪失・抗拒不能という状態が、やや硬直的であり、被害者の不同意を惹起する全ての場合をカバーし切れていないのであれば、生じ得る処罰の間隙を補うために、別の行為態様を追加したり、あるいは、被害者の状態について、より具体的な内容を盛り込むといった改正は十分にあり得ると思います。

その際には、外国の立法例を参照しながら、どのような行為態様を追加すべきかについて、更に検討することが有益であると思いますが、このように行為態様を追加する検討の際に留意すべき点を2点指摘しておきたいと存じます。

第1点ですが、行為態様を更に追加して列挙したとしましても、被害者の自由意思を阻害する可能性がある手段全てを網羅的にカバーすることは、恐らく不可能です。

したがって仮に行為態様を追加するとしても、これらの行為態様は例示列挙とした上で、例えばですが、
「暴行、脅迫、威力、不意打ちなど被害者の抗拒を著しく困難にさせる手段
という形で、例示された手段の意義を包括的に示すような要件が必要になるように思われます。

もちろん、どのような表現が適当かについては、更に詰めて検討しなければならない、と考えております。

第2点です。
行為態様を幅広く列挙した場合には、もちろんその規定方式にも依存しますが、多くの選択肢を規定すればするだけ、行為当時、被害者が不同意であったことが明確に認定できない場合までが含まれてしまう可能性が生じます。

このような可能性が排斥できないのであれば、行為態様を列挙するだけでなく、さらに、被害者の心理状態を重ねて規定することも、選択肢としてはあり得るように思います。

例えば、
「暴行、脅迫、威力等の一定の手段によって、被害者の自由な意思決定を困難にし、その状態で性交等を行う」
という形で、行為態様に加えて被害者側の心理状態を要件として要求することも、検討に値すると考えております。

——————————————————–

<17~18ページ>
2020年11月10日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

橋爪委員の御意見とほとんど同じ考え方なのですけれども、恐らく、ただ不同意というふうに書いてしまうと、成立範囲が曖昧になってしまって、逆に実務的に運用が安定しないという現在と同じような問題が起きる可能性がありますし、一生懸命作っても、明確性の原則に違反して、違憲無効となってしまい、検討に費やした時間が無駄になってしまうという可能性もございます。
実際、ある程度の明確性を確保するために手段を列挙するということにつきましては、この議論においてもある程度のコンセンサスがあるのではないかというふうに考えております。
ただ、手段を列挙した場合、この点については、今後公刊される予定の「性犯罪規定の比較法研究」の34ページ以下や906ページ以下を見ていただければ分かりやすいのですが、例えば、イギリス型のように、基本的に不同意性交であり、一定の場合に不同意が推定されるというふうに規定してしまうと、やはり最終的には、不同意とは何かという話になり、裸の不同意を検討するということになってしまいます。

あるいは台湾型のように、手段を列挙した上で、「その他意思に反する」という手段を書く方法もあると思うのですけれども、台湾の場合には、「その他意思に反する」というのが、列挙した手段に匹敵する程度である必要がないという解釈がなされており、そうすると、「その他意思に反する」とは何を意味するのかが、曖昧になってしまうという問題が生じるように思われます。

ですので、ただ手段を列挙するというだけでは不十分で、逆に、不同意や一定の被害者側の状態を挙げるというだけでも不十分であり、この二つのものが合わさって、明確に一つのものを導けるという構造、手段プラス状態というふうな形で規定することによって、明確性が確保できるのではないかと考えております。
また、手段何らかの状態を明記する規定形式をとる場合には、2点考えるべきことがあると思っております。
まず1点目として、これは意見要旨集の「(3)」(暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能に加えて、又はこれらに代えて、その手段や状態を明確化して列挙すべきか)の「②」(② 列挙することが考えられる手段、状態)と少し関係しているのですが、手段の中に欺罔を入れるかです。

この点については、一定の絞りをかけた欺罔というふうにすれば、入れても構わないのではないかと思っております。

例えば、「好きだよ」とか、「結婚しようね」などという欺罔は、未成年者の場合には別の規定でそのようなことを考慮すればいいと思うのですが、少なくとも成人を含むあらゆる人に適用可能な規定においては、これは処罰価値のない行為だと思います。

他方で、行為の性的性質を欺罔しているとか、あるいは、性交の相手方の同一性を欺罔しているという場合は、諸外国においても一般的に処罰されていますし、日本の現行刑法でも処罰されている類型になりますから、こういうのは入れておかないといけないと考えます。

このように、欺罔を入れるのであれば、どういう欺罔かというのをも明確にしておくということが重要ではないかと思います。

もう一点は、これはもう既に出たお話ですけれども、中間的な結果として、何らかの状態を書き込むのであれば、「抗拒を著しく困難にする」という言葉は使わない方がいいのではないかということでございます。

現在の裁判例において、必死に抵抗しないと強制性交等罪が成立しないということは、これはもう絶対ないのですが、ただ、そう誤解されている状況があるというのは事実でして、これが社会的に悪影響を及ぼしているというのであれば、新しく作る法律に、わざわざそういう文言を入れる必要はないと思います。

ですから、別の文言を頑張って考える必要があるのではないかというふうに考えております。

——————————————————–

<18ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

今、橋爪委員、佐藤委員から、手段については言わば例示列挙で構わない、つまり、暴行、脅迫、威力、不意打ち、その他の手段を用いてというような規定でよいとする御発言があったのですが、いかがですか。

罪刑法定主義が支配する刑法において、そういう例示列挙を含む規定を作ることに反対という御意見はあるでしょうか。委員の先生方の中に、いやいや、それは明確性の原則に反するのだと、例示列挙は駄目だと、こういう意見はございますか。

(一同、発言なし)

——————————————————–

<18ページ>
2020年11月10日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

② 列挙することが考えられる手段、状態」のところに関することなのですが、こちらに書いてあることに加えて、少し重なるかもしれないのですが、委員の皆様に検討していただきたいこととして、もちろん経済上とか学業上、人間関係そのほかの問題、秘密をばらされるかもしれない状況であるとか、あるいは、障害者が被害者であったときに、理解力や力関係の差や脆弱性を利用した場合であるとか、そういった状況を利用した場合というのを考えていただきたいです。

もう一つ、例えば、性交を連続して強要される場合には、以前の性交がその後の性交への抵抗を抑圧するということがきちんと拾われるような文言を検討いただきたいと思っております。

例えば、18歳以前から監護者に性交を強要されていた場合には、18歳を超えたとしても抵抗はできませんし、最初の性交が強制性交であったにもかかわらず、それが事件とはならなかった場合、その後、明確な脅しがなくとも連続して性交が行われるということがありますが、それは、最初の強制性交によって、後の脅しとかがなくても応じてしまうという状態があるので、法律上、そういったいろいろな状態を含む言葉としてどのようなものがあるのか分からないのですけれども、そういったものも手段、状態の中には含んでいただきたく思っておりました。

——————————————————–

<18~19ページ>
2020年11月10日 宮田桂子 委員(弁護士)

座長が先ほどおっしゃった例示列挙についてなのですが、例示というのはどうしても漏れが起きますし、争点の拡散が起こりがちだということだと思うのです。

裁判の中で、検察官が、構成要件における例示の中のこれだといったときに、証拠を調べると、これには当たらないがこちらには当たりそうだ、ではどちらなのかという追い掛けっこのようなことが起こり得るのだろうと思っています。

ですから、統一した概念が一つあるというのは、裁判をする上で、その辺の追い掛けっこを起こりづらくする、あるいは、争点の拡散が非常に起きづらくするという役割があるのではないかと思っています。

やはり例示は、漏れがある場合があります。

漏れがある場合にどうしたらいいかというところは、橋爪委員や佐藤委員が様々な技術的な御提案をなさっていましたけれども、それでも、まだ漏れがある可能性もあると思います。

現在のがちがちの構成要件だと言われているものでさえ、相当幅広に適用されています。

そうすると、例示された事実について、更に解釈が広がっていく可能性はあると思います。

例示をすることによって、要件を緩める効果が出てくるのではないかということになれば、刑の下限についての考え方が今のままでいいのかと疑問に思います。

——————————————————–

<19ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

ありがとうございます。
例示という方法の是非については、三巡目以降の議論で、更に突っ込んで検討したいと思います。

——————————————————–

<19ページ>
2020年11月10日 木村光江 委員(東京都立大学教授)

今、三巡目以降というお話でしたので、簡単にします。

「(3)」の「②」の一つ目の「○」(手段として、暴行・脅迫のほか、威迫、不意打ち、偽計、欺罔、監禁を加えるべき
に挙げられている威迫、不意打ち、偽計、欺罔、監禁ですけれども、これは、やはり、ややいろいろなものが雑多に入り過ぎているかなという気がします。

ですので、暴行・脅迫の範囲は今でも十分広いのですけれども、

(参考。昭和33年6月6日の最高裁判決
その暴行または脅迫の行為は、単にそれのみを取り上げて観察すれば右の程度には達しないと認められるようなものであつても、その相手方の年令、性別、素行、経歴等やそれがなされた時間、場所の四囲(しい)の環境その他具体的事情の如何と相伴つて、相手方の抗拒を不能にし又はこれを著しく困難ならしめるものであれば足りると解すべきである

暴行・脅迫だけでは狭いとすると、

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

先ほども少し申し上げましたけれども、「暴行・脅迫その他」であるとか、あるいは「正当な理由なく」と付けるであるとか、そういう形で広げていくのがいいのかなというふうに思います。

威迫や不意打ちは、今まで刑法で使っていない文言ですから、それがどのように使われるかというのは、十分に検討する必要があるというふうには思います。

欺罔に関しては、先ほど一部入れるべきだというふうに佐藤委員がおっしゃっており、なるほどというふうに思ったのですけれども、欺罔一般が入ってしまうと、やはり少し広いので、入れ方に十分注意する必要があると思います。

要は、先ほどから橋爪委員や佐藤委員がおっしゃっているように、同意がないことがはっきりすればいいので、あまり細かく書き過ぎると、それはそれで逆効果があるのかなというふうには思います。

それで、先ほど宮田委員からイギリスの法律の件で私の名前が出ましたので、少し補足しておきますけれども、確かに、不同意ということを表に出してしまうと、無罪率がかなり高くなるというのは、実態としてあるというふうには思います。

ですから、やはり裸で不同意というのを出すというのは、かなり危険な状態が生ずるのではないかなと思います。

それと、もう一点だけ。
「(3)」の「②」の二つ目の「○」抗拒不能の要件の明確化として、「人の無意識、睡眠、催眠、酩酊、薬物の影響、疾患、障害、洗脳、恐怖、困惑その他の状況により、特別に脆弱な状態におかれている状況を利用し、又はその状況に乗じて」という要件とすべきの関係なのですけれども、「抵抗ができないような状態で」というような文言を入れてしまうと、実は、177条と178条の垣根というのはかなり低くなるというか、一部交ざり合うというようなことになるのかと思います。

(参考。刑法)
177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

(参考。刑法)
178条
1 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。
2 人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条(177条)の例による。

しかし、それはそれで構わないのかなというふうに思います。
ですから、そこのところもフラットにして議論していただければと思います。

——————————————————–

<19ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

とても示唆に富む御意見だったと思います。

一つお聞きしたいのですけれども、
「抗拒を著しく困難な状態にして」
というのは、恐らく法律専門家にとってはすんなり頭に入ってくる文言であろうかと思うのです。

(参考。昭和33年6月6日の最高裁判決
その暴行または脅迫の行為は、単にそれのみを取り上げて観察すれば右の程度には達しないと認められるようなものであつても、その相手方の年令、性別、素行、経歴等やそれがなされた時間、場所の四囲(しい)の環境その他具体的事情の如何と相伴つて、相手方の抗拒を不能にし又はこれを著しく困難ならしめるものであれば足りると解すべきである

私も長年刑法に携わっており、従来の解釈論が身に染み込んでいるせいか、すっとそれで落ちる感じがするのですが、この文言では、どうも被害者側に抵抗を求めているようで良くないということになるのでしょうか。

その点、御意見頂ければと思います。

——————————————————–

<20ページ>
2020年11月10日 上谷さくら 委員(弁護士)

例えば、性暴力で無罪判決が出た場合に、今は誰でも判例の内容をネット等で調べられるので、「抗拒を著しく困難にする程度」というのは、法律家でない人でもある程度目にするようになった文言だと思います。

その人たちのネットでの反応等を見ていると、法律用語としてではなく、日本語そのものとしてやはりこれは抵抗を前提としていると普通に解釈しているのだろうなというのがすごく感じられていて、それが性暴力に対する意識の低さとか、被害者に対する偏見、嫌だったら一生懸命抵抗すべきだろうというような、いわゆる強姦神話みたいなものが、なかなかなくならないことにつながっているように感じています。

——————————————————–

<20ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

先ほど、山本委員と橋爪委員が、自由な意思決定の能力を失わせるという表現を用いていらっしゃいましたけれども、そちらの方はよろしいですか。

——————————————————–

<20ページ>
2020年11月10日 上谷さくら 委員(弁護士)

なかなかそこは、その人を基準にして、その人自身はそう思ったけれども、客観的に見るとどうなのかということとか、やはり、いろいろな全体的な条件によると思うので、その言葉があるからそれでいいというのは、今、即断はできないのですけれども、検討はすべきことだと思っています。

——————————————————–

<20ページ>
2020年11月10日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

すごく素朴な言葉のニュアンスの感想なのですけれども、抗拒が困難な状態に陥れと言われると、被害者は陥れられたのだなというような感じがするのですけれども、抗拒不能のように、「不能」と言われてしまうと、抵抗できることが前提になっているという感覚がします。

つまり、何が言いたいかといいますと、法律の用語が分からない一般の人と法律の用語を分かっている専門家との間の言葉の受ける印象や認識や理解には、大分乖離があるのだなということを、この議論を通じて私も感じました。

——————————————————–

<20ページ>
2020年11月10日 井田 良 座長(中央大学教授)

それでは、時間の関係もございますので、「(3)」暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能に加えて、又はこれらに代えて、その手段や状態を明確化して列挙すべきかについての議論は、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

開会からかなり時間が経過しましたので、ここで5分ほど休憩したいと思います。

——————————————————–

(再掲。橋爪隆 委員)
暴行、脅迫、威力等の一定の手段によって、被害者の自由な意思決定を困難にし、その状態で性交等を行うという形で、行為態様に加えて被害者側の心理状態を要件として要求することも、検討に値すると考えております

被害者の自由な意思決定を困難にし
AV出演強要はこの悪行の典型です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。

(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。
これには
「遠いところですから……。よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。私さえ泣いておけば丸く収まると思った。結局AV撮影に応じることになりました。あとは、違約金などを理由に辞められないです。結局、弁護士を雇って辞められましたが、人生の大事な時期5年間を失敗したなと思う」
と語った。

——————————————————–

現在の日本には、法網(ほうもう)を潜(くぐ)り抜けるているやつらが存在します。
性犯罪に関する刑事法検討会は、この広い網の目を狭めようとしています。
近々、結論が出ます。
刮目(かつもく)して待っています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。