刑法改正を審議する検討会の山本潤委員が、ネット番組で、現況について語りました(その3)。地位・関係性の論議は、香西咲さんたちのAV出演強要被害とも関係があります

性犯罪に関する刑事法検討会は、現在、刑法改正の審議を進めています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録準備中
第9回(2020年12月8日)※議事録準備中
第10回(2020年12月25日)※議事録準備中(AV出演強要についても論議)
・第11回(2021年1月28日開催予定)

昨年(2020年)末、同検討会の委員のひとりである山本潤さんが、インターネットの番組に出演されました。

(番組名)
2020年12月15日
 ポリタスTV
 抗拒不能要件はなくなるのか?|法務省で行われている性犯罪関連の刑法改正議論の現在地と、2017年改正で積み残された4つの課題について

(参考。当ブログ)
2021年1月11日(※一昨日)
2021年1月12日(※昨日)

本日は、「地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方」の進捗状況を拝聴します。

(2020年12月15日 「ポリタスTV『抗拒不能要件はなくなるのか?』|法務省で行われている性犯罪関連の刑法改正議論の現在地と、2017年改正で積み残された4つの課題について」より、引用。)

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方

<01:12:08のあたりから>
2020年12月15日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

性暴力で実際に取り組んで、研究者たちが、
「エントラップメント(わなにはめる)型――わな型――の性暴力」
というプロセス、類型をあきらかにしたんですけども。
まあ、はじめに明確な上下関係があり、そのなかで加害者が、ハラスメントをおこなっているわけですよね。
「おまえは何もできない」
とか、
「おれの言うことを聞いていればよい」
とか、
「(こういうひとたちと)つながりをもっている自分はちからを持っている」
とか。
そういうなかで、被害をうけたひとが、無力感とか、このひとにしたがわなければいけない、とかそういうことを思い込まされていくなかで、加害が発生する。
発生したあと、加害者たちは、自分たちの行動を正当化しますから、まあ、
「あれはおまえ自身に社会のきびしさを教えるためにやるんだ」
みたいなひともいるし、
「実は前から好きだったんだ」
みたいなことを言って。
でも、結局、性行為だけをもとめて利用するようなひともいますし。
そういうなかで鬱状態になったりだとか、会社に行こうと思ったらパニック発作をおこすようになって、すごく被害の症状が出てくるから、これはあれは性被害だったんだ、というふうに気がついて、うったえるようになる。
そういうエントラップメント(わなにはめる)型のプロセスのなかで起こっている。
だから、対等でない地位関係のなかで、その優越的な地位を利用した性加害、って、非常に起こっているんですけれども。
まあ、だからこそ、その、
「優越的な地位を利用して」、
とか、
「信頼される立場に乗じて」
とか、そういうな規定はつくってほしい、と思っているんですけど。

なんか、ひとによって、すごい、こう、見え方とか考え方がちがうんじゃないかな。

——————————————————–

<01:15:27のあたりから>
2020年12月15日 津田大介さん(ジャーナリスト)

これは、検討会のなかでは、議論はおこなわれているんでしょうか。

この地位関係性について。

——————————————————–

2020年12月15日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

はい、地位関係性についても話し合われています。

(参考。当ブログ)
2020年12月14日(※地位関係性に関する一巡目の議事録)

いま、教師と生徒、がけっこう、やっぱり、ポイントになっているのかな、と思います。

——————————————————–

(再掲。山本潤さん)
いま、教師と生徒、がけっこう、やっぱり、ポイントになっているのかな、と思います

教師と生徒
この件については、当該動画のなかで、すでに山本さんが語っています。

<55:18のあたりから>
2020年12月15日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

この、真摯な恋愛、と言われて、たとえば、その、教師から生徒におたがい真摯な恋愛があった場合、って、わたしからすればー

その、高校生とかですねー

高校生で、自分の担任の教師とそこの生徒が真摯な恋愛をして、性交をしたって、すごいおかしいはなし、とわたしとしては思う。

自分の個人情報を知られているし、なんか、こう、生活のいろいろな能力とか、あと、もちろん、社会経験とか人生経験とかもすごい差があるし。

まあ、先生にあこがれる、ってことは、生徒があったとしても、それはおたがいに対等な立場ではないのに、真摯な恋愛、というふうになってしまって。

で、もしかしたら、その、たとえば教師からの性被害をうったえているひとっているんですけれども、やはり、その、自分は別にそういう、まあ、あこがれてはいたけれども性的な関係を持つつもりとかはまったくなかった。

でも、なんか、自分は、その、そういう性的な行為ができるぐらい大人なんだ、っていうふうに思わされて。
で、そういうことはきみにしか言えない、っていうふうに言われて。

で、その性的な行為までされて、ずっとこう、されつづけたことに対して、いまでもこう、精神的な症状をかかえている、っていうひとは現実に被害者のなかでいるんですね。

だから、どういったような考えをー

対等性がなく、強制性があり、同意がない、っていう行為自体が性暴力だ、っていうふうに、わたしたち臨床の場では考えているんですけれども。

この対等性っていうのが、なかなか、刑法の学会のなかでも、日本の社会のなかでも、あんまり成熟した議論はないな、とは思います。
これが中学生教師と中学生生徒だったら、ちょっと、あきらかにおかしい、というふうに。
真摯な恋愛がないんじゃないの、って思うかもしれないんですけれども、これも検討会ではちょっと、議論があるかもしれない、というふうに思っているひともいるかもしれない。

——————————————————–

「地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方」につきましては、すでに二巡目の論議が終了しています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<審議状況>

2020年8月27日 第5回 ※議事録

現行法の運用の実情と課題(総論的事項)について
暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※一巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※一巡目)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※一巡目)

2020年9月24日 第6回 ※議事録

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※一巡目)
法定刑の在り方について(※一巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目①)

2020年10月20日 第7回 ※議事録

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※一巡目②)
公訴時効の在り方について
いわゆるレイプシールドの在り方について
司法面接的手法による聴取結果の証拠法上の取扱いの在り方について

2020年11月10日 第8回 ※議事録(準備中)

暴行・脅迫や心神喪失・抗拒不能の要件の在り方について(※二巡目)
地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目①)

2020年12月8日 第9回 ※議事録(準備中)

地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方について(※二巡目②)
いわゆる性交同意年齢の在り方について(※二巡目)

  
※2020年12月15日、山本潤さんがインターネット番組に出演
  
2020年12月25日 第10回 ※議事録(準備中)

強制性交等の罪の対象となる行為の範囲について(※二巡目)
法定刑の在り方について(※二巡目)
配偶者間等の性的行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)
性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方について(※二巡目)

山本潤さんは、「地位・関係性を利用した犯罪類型の在り方」に関する二巡目の検討が終了したあとで、
いま、教師と生徒、がけっこう、やっぱり、ポイントになっているのかな、と思います
とのべました。
問題となっているのは、教師と生徒の件、のようです。
それ以外の関係性につきましては論議が進んでいる、ともうけとれます。

一巡目の論議では、以下の関係性についても意見が出ました。

(2020年8月27日 第5回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

2020年8月27日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

「就職活動先のOB、OG、フリーランスの人たちの取引相手医療機関医療職心理職、福祉施設職員」

「その人の人生や将来、経済状態等を決定する権限のある人たち、医療心理、福祉施設職員のように、その人たちに力を行使したり、その人たちの生活、生命、精神状態を左右できるような立場にいる人たちからの被害は、きちんと罰する必要があるのではないかと考えております」

2020年8月27日 上谷さくら 委員(弁護士)

「会社の先輩・後輩、上司と部下の関係、取引先医師と患者など、こういうのは非常に多い」

「特に会社内とか取引先など、仕事が絡んでいると、なかなか言いづらいし、なぜか日本の場合は、被害者が責められて会社にいられなくなるということになっていますので、生活が成り立たないということに直結しているのですよね」

2020年8月27日 小島妙子 委員(弁護士)

アルバイト先で被害に遭うことが多いので、職場も含めて、検討していただきたいと思っております」

「親族、教師、雇用主、施設の職員等について、力関係を利用・濫用して行う性的行為を犯罪化する方向を考えたいと思います」

——————————————————–

(再掲。山本潤さん。2020年12月15日)
いま、教師と生徒、がけっこう、やっぱり、ポイントになっているのかな、と思います

刑法のなかに、「地位・関係性を利用した犯罪」規定は新設されるのでしょうか。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

AV出演強要も、「地位・関係性を利用した犯罪」です。
論議の進展を期待しております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。