香西咲さんたちAV出演強要の被害者には、刑法改正の検討、という追い風が吹いています。AV出演強要をおこなったやつらはかならず牢屋に打ち込まれます

今月(2020年12月)の5日、NHKは、
「コロナ危機 女性にいま何が」
という番組を放映しました。

(参考。YouTube)
コロナ危機 女性にいま何が

12日前(2020年12月17日)のことです。
塩村あやか参議院議員が国会で、この番組を取り上げました。
会議録を参照します。

(2020年12月17日 参議院 内閣委員会「会議録」より、引用。)

2020年12月17日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)

続きまして、女性の自殺の問題についてお伺いをいたします。
先ほど来(らい)から出ておりますが、10月、女性の自殺が8割も増えてしまいました。
菅総理が11月30日の参議院本会議で、女性の自殺の原因については健康問題と家庭問題だと言いました。
議場からはそうじゃないだろうという声も多数飛んでいたので、覚えていらっしゃる方も多いかと思います。

(略。)

私、これまで内閣委員会で女性の問題について取り上げてきました。
自殺とかアルバイトがなくなった学生のことも取り上げてきました。
アダルト行為も含むチャットレディーというものを春からやらざるを得ない女性が増えていることもお伝えさせていただきました。

——————————————————–

(再掲。塩村あやか 議員)
私、これまで内閣委員会で女性の問題について取り上げてきました。自殺とかアルバイトがなくなった学生のことも取り上げてきました。アダルト行為も含むチャットレディーというものを春からやらざるを得ない女性が増えていることもお伝えさせていただきました

そのとき(2020年6月4日)の質疑をみてみます。

2020年6月4日 参議院 内閣委員会「会議録」より、引用。)

2020年6月4日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)

(前略。)
困窮をした学生の記事です。
コロナウイルス感染症の拡大で飲食や、営業自粛、接客業で営業自粛でアルバイトができなくなった学生が、やむを得ずチャットレディーをしているという記事なんです。

チャットレディーとは、オンライン上で男性のお客様とやり取りをするというような形で、まあちょっとテレクラとは違うんですけれども、いろんな会話を楽しむみたいなところがあるのがチャットレディーのお仕事でございます。

読んでいただくと分かるんですけれども、この学生は、朝はコンビニ、夜はラウンジで働いていました。
月の月収は両方合わせて約8万円です。

コロナの影響でラウンジが2月から休業になりました。

働き手がコンビニ、朝のコンビニで働いていたんですけれども、流れてきて、月2万円にしかバイト代がなりませんでした。

仕方がなくチャットレディーになりました。
チャットレディーというのはアダルト、ノンアダルトがあって、ノンアダルトを彼女は選択しましたけれども、ノンアダルトというのは、自分がアダルト行為をしないだけで、相手の男性はアダルト行為があるというのが実態だそうです。

もう本当に彼女も大変な思いをしたという話をしてくださいました。
例えば、服を脱ぐように言われる、そして男性の陰部を見せてくる。
アダルト行為は相手はないというのが実態、今お伝えしたとおりです。
精神的に彼女は耐えられなくなって4月にバイトを辞めています。

私が相談を受けた例でいえば、彼女だけではなくて、話を聞いてみれば、バイトの減収でチャットレディーになったという学生がたくさんいて、業界には苦境にあえぐ若い女の子がたくさんいたという話も私は聞きました。
これが実態なんです。

とある芸能人が、風俗系にはかわいい女の子がコロナで流れてくるみたいな話があって炎上しましたけれども、

(参考。2020年4月23日 オールナイトニッポン 岡村隆史氏)
(※音声の文字化は、筆者。)

東京都のブーメランチャンネルからいただきました。
「コロナの影響で今後しばらくは風俗に行けないし、女の子とエッチなこともできないと思うので、思いきってダッチワイフを買ってしまおうか、といま真剣に悩んでいます」

いや、もう、あかんて。
これはもう、あれやねんから。
いつかもう、雨はあがってくる。
うふふ。
ただ、いま、辛抱ー
辛抱よ、これは。
言うてはるやんか、みんなが、ほんまに。
止まない雨はない、って言うて。
言うてはるやんやから。
もう、このー
神様はあれなんですよ。
人間が乗り越えられない試練はつくらない、って言うてはりますから。
ここはぜったい、なんかー
なんか、乗り切れるはずなんですよ。
ほんで、だから、いまおもしろくなかったとしても、これ、コロナが終息したらぜったい、おもしろいことあるんですよ。
うん。
ほんで、なかなかね、苦しい状態がずっとつづきますから。

コロナ明けたらなかなかのかわいいひとが、短期間ですけれども、美人さんが、お嬢やります。
これ、なんでかと言うか、短時間でお金をやっぱりかせがないと苦しいですから。
そうなったときに、いままでのお仕事よりかはちょっとー

これ、ぼく、3か月や、と思っています。
苦しいの3か月や、と思います。
3か月のあいだ集中的にかわいい子がそういうところで、ぱっ、とはたらきます。
で、ぱっ、とやめます。
それなりの生活にもどったら。

だから、コロナ明けたときのその3か月ー
3か月は、
「いままで、えっ? こんな子、入っていた?」
っていうようなひとたちがぜったい入ってきますから。
はい。
だから、いま、我慢しましょう。
いま、本当に、我慢して。
はい、コロナ明けたときに、われわれ、風俗野郎Aチームみたいなもんは、この3か月ー
3か月を目安にがんばりましょう。
うふふ。

そのためにいまは我慢して風俗に行くお金を貯めておき、そして、いろいろね、仕事がないひともあれですけれども、切り詰めて切り詰めてそのときのその3か月のためにがんばって、いま、こう歯を食いしばって踏ん張りましょう。

そうしたら、コロナ明けたときのその3か月、みてみ、行ってみ。
「えっ? こんな子、入っていた?」
「まじっすか」

でも、3か月やで。
その子らも。
ぱっ、とやって、ぱっ、とやめるから。
それだけはもうー
たぶん、そうじゃないかと、ぼくはー
ぼくはそれを信じて、いま、がんばっています。
うふふ。

まあ一致をしてくるんじゃないかなというふうに私は思っています。
深刻です。
(後略。)

2020年6月4日 亀岡偉民 文部科学副大臣

まさに今、塩村委員の言われたとおり、もしこんなことがあったら、もうあってはならないことだと我々も考えておりまして、それに対する支援策はしっかり取ってきたつもりであります。

——————————————————–

ふたたび12日前(2020年12月17日)の質疑にもどります。

2020年12月17日 塩村あやか 参議院議員(立憲民主党)

今、NHKで注目をされている特集があります。それは、「コロナ危機 女性にいま何が」という特集なんですね。

私が警鐘を鳴らし続けてきたことが本当に社会問題となってきています。

夜のハローワーク、聞いたことあるでしょうか。
これ、厚労省も認可をしている人材派遣業なんですね。
いわゆる水商売に人を送るという、これが仕事なんです。
学費や生活費を稼ぐために若い女性、学生がすごく増えているとのことです。
それだけではありません。
風俗で働かざるを得ない女性も増えたということが報道をされています。

そのときに、赤ちゃんを抱えながら女性がインタビューに答えていました。
こんなことをしたいわけじゃないんだと、風俗というのはお客さんと一緒にお風呂に入ったりもするから、コロナもあっていろんな問題で、この子に何かをうつしてしまうと本当に心配だと、だけどこういう仕事しかないんだということなんですよね。
私、本当に声ももう出ないですね。言葉にならなかったです。

さらに、パパ活って御存じでしょうか。
これもNHKで特集として取り上げられました。いわゆる個人売春のことだそうです。
私も衝撃を受けました。

資料7を御覧ください。
これだけパパ活関連の投稿が減っていないんですよ。
コロナになれば当然こうしたことは減っていてもおかしくないのに、しかも、今年からはこうした投稿に対して警察庁が介入しているんですよ、ツイッターに対して、投稿に対して。
それでも減らない。
それだけ追い込まれている女性が多いということです。

コメントもありました。
ぜいたくをしたいんじゃないんだと。
この子たちを育てていきたい、普通な暮らしをしたいだけだと。

私も学生の声聞かせていただきました。
同じこと言っていました。
ぜいたくをしたいんじゃないんだと。
かばんとか欲しいんじゃない、旅行に行きたいんじゃない、普通の暮らし、学費を稼ぎたいだけなんだということなんですよね。

これ、いつの間にこんなことに日本ってなっているんでしょうか。
セーフティーネットが風俗とか、それでいいんでしょうか

これだと自殺がやっぱり増えるはずなんですよね、女性の。
こうした弱者に配慮をした政策をしっかりと打っていかなくてはいけないと思います。

休業支援金を含めて、制度はあっても申請できない、不十分な制度がたくさんあったと支援団体の方もおっしゃっています。

西村大臣にお願いをしたいと思います。
今後、こんなことにならないように、まだコロナ感染収束しておりませんので、雇用、経済、こうした視点で、こうした女性たちの存在もしっかりと踏まえて、迅速かつ確実な結果が出せるよう、今後で構いません、支援策の不備や、のエラーが出ればすぐに改善の指示が出せるように、これまでも何回もお願いしておりますが、本当に端的にお答えいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

2020年12月17日 西村康稔 経済再生担当大臣

御指摘のように、このコロナの危機で各国の弱いところが浮き彫りになってきております。

日本の場合でいえば、今御指摘のあった雇用面、特に女性、非正規の方、そしてフリーランスの方、こういった方にどうしてもしわ寄せが行ってしまっております。

4月に、資料にもございましたが、94万人が非労働力化した。
これは、子供が家にいるから、学校休校でですね、そのために私は仕事を離れなきゃいけない、そういうことで、そのうちの7割が女性であったということも報告を受けております。

その後、かなり雇用も戻ってきておりますけれども、依然としてまだコロナ前の状況には戻っておりませんので、こうした方々に対する支援ですね、まさに寄り添った支援、政策が必要であるというふうに認識をしております。

その上で、今回の経済対策でも、雇用と生活をしっかり守るということで、例えば低所得の一人親世帯、方への臨時給付金を年内にも行うということで今進めておりますし、緊急小口も来年3月末まで延ばす、あるいは住居確保の給付金、これも最長12か月まで延長するということで経済的にも支援を強めていくということであります。

他方、自殺される方が多いということで、本当に大変残念なことでありますし、心を痛めております。
まさに電話相談やSNS相談などの拡充を努めておりまして、今全国80の団体で対応を行っておりますが、まさにこうした団体や社会福祉協議会、あるいは福祉事務所、皆さん、年末年始にも是非対応していただければということをお願いしております。

様々課題があるかないか、しっかりと把握をして、そして改善が必要な点については関係省庁に働きかけていきたいというふうに考えております。

——————————————————–

(再掲。2020年6月4日 塩村あやか議員)
バイトの減収でチャットレディーになったという学生がたくさんいて、業界には苦境にあえぐ若い女の子がたくさんいたという話も私は聞きました

(再掲。2020年6月4日 亀岡偉民 文部科学副大臣)
もしこんなことがあったら、もうあってはならないことだ

(再掲。2020年12月17日 塩村あやか議員)
セーフティーネットが風俗とか、それでいいんでしょうか

そう言えば以前、アケミンというかたが、
AV女優は今でも借金で苦しむ女性のセーフティネット
と言っていました。

(再掲。2020年6月4日 亀岡偉民 文部科学副大臣)
もしこんなことがあったら、もうあってはならないことだ

コロナ禍は、世のなかの仕組みや、人々の価値観をかえています。

コロナの件とは別に、AV出演強要につきましては、刑法の改正が控えています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

コロナ禍がおわったあとの日本がまともな国になっていることを切望します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。