公訴時効の在り方に関する法務省内の審議(その3)。犯人たちの逃げ得はゆるされません。香西咲さんたちにAV出演強要をおこなったやつらについても同様です

性犯罪に関する刑事法検討会

公訴時効の在り方(その3)

本日も、法務省の性犯罪に関する刑事法検討会内で論議されている「公訴時効の在り方」についてみていきます。
引き続き、第7回目の議事録を参照します。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開
第5回(2020年8月27日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第6回(2020年9月24日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第7回(2020年10月20日)※議事録公開(AV出演強要についても論議)
第8回(2020年11月10日)※議事録準備中
第9回(2020年12月8日)※議事録準備中
・第10回(2020年12月25日開催予定)

(参考。当ブログ)
<「公訴時効の在り方」について>
2020年12月15日(※その1)
2020年12月16日(※その2)

(2020年10月20日 第7回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<15ページ>
2020年10月20日 井田良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。

一方で、慎重な検討を要するという複数の委員の御意見もありましたが、他方で、性犯罪特有の事情・実態に鑑みて、時効期間を延長したり、また開始を遅らせることを検討すべきであるという複数の委員の御意見があり、また、それは現行法の公訴時効制度の理論的根拠、在り方と決して矛盾するものではないという複数の委員の御意見も表明されたかと思います。

時間の関係もございますし、また、御議論が次の「〇」の議論に関わるところにかなり踏み込んでいる感じもいたしますので、その二つ目の「〇」、つまり、
一定の年齢未満の者を被害者とする強制性交等の罪について、公訴時効期間を延長することとし、又は一定の期間は公訴時効が進行しないこととすべきか
について議論したいと思います。

(参考。検討すべき論点

第2 刑事手続法について

1 公訴時効の在り方
〇 強制性交等の罪について、公訴時効を撤廃し、又はその期間を延長すべきか

〇 一定の年齢未満の者を被害者とする強制性交等の罪について、公訴時効期間を延長することとし、又は一定の期間は公訴時効が進行しないこととすべきか

御意見のある方は、御発言をお願いします。

——————————————————–

<16ページ>
2020年10月20日 齋藤梓 委員(臨床心理士)

難しい点だと思っておりまして、成人であっても被害認識・被害申告が難しい出来事であるということはもちろんなのですが、やはり、子供の場合は、別に考える必要があると思います。

先ほど言ったことに補足するならば、子供たちは、例えば親に被害を言うことができたとしても、親が届出を止めてしまう場合もあります。

もちろん、監護者による性交などでは、届出が大変困難になるわけです。

(参考。刑法)
179条
1 18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じてわいせつな行為をした者は、第176条(強制わいせつ罪)の例による。

2 18歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第177条(強制性交等罪)の例による。

ですから、親の下を離れて自立できるまで届出が難しいということがあるかもしれませんし、子供が自分一人で警察に被害を届け出て、一人で捜査に協力することができないということもあります。

子供たちは、大人とは性とか性暴力に関する知識や理解も異なりますし、力が弱く、自分より大人の加害者からの脅しは強い恐怖となり得ます。

自分の身に起きたことが認識できたとしても、言いくるめられていたり、脅されていたならば、被害については言えませんし、それがもし自分の見知った人であるならば余計です。

ですので、少なくとも、一人で考えることができ、警察に届け出ることができ、一人で捜査に関わることができる年齢になるまで公訴時効を停止することは必要なのではないかと考えております。

——————————————————–

<16~17ページ>
2020年10月20日 渡邊ゆり 委員(東京地方検察庁検事)

先ほど、検察官が起訴するものは、検察官が合理的疑いを超える程度に立証できるものに限られているのではないかというような御指摘があったところです。
実際に、そういう基準に立って捜査実務をやっておりまして、今、性犯罪の時効は御説明いただいたとおりですけれども、仮に、性犯罪の時効20年、30年というふうになったときに、私どもは、そういう覚悟を持ってその事件の捜査に当たることになると思います。
つまり、被害から時間が経過した事件については、難しい事件だと考えて慎重に捜査をすることになると思います。
また、実際に画像や音声等のデータ、あるいはDNAが残っている事例が多いというような御指摘がありました。
実際に、私もそういった事例に多々接しておりまして、まず、犯人側が楽しみのために、あるいは、個人的な目的でそういった画像を撮るというようなこともございますし、一方で、被害者の関係者が、いつか使うためにそういった録音をするというような事例もございます。
そういったことを簡単にできるデバイスが増えているという流れがある中で、そういった事例は今までよりも増えていくのではないかと実感しているところです。
最終的に起訴ができて処罰ができるかということについては、それぞれの事案ごとということになりますけれども、それでも、ようやく被害が申告できるようになったときに公訴時効が完成していて捜査の対象にすらならないというのではなく、少なくとも捜査を尽くした上で判断がされるということについては、意義があると考えております。

——————————————————–

<17ページ>
2020年10月20日 佐藤陽子 委員(北海道大学教授)

私も、時効期間を延長するか、あるいは、公訴時効の起算点を遅らせるという方法については賛成しています。

特に未成年者の場合には、例えば5歳の時にわいせつな被害に遭って、12歳で時効が完成するというのは、これは余りに早過ぎて、周囲の者が被害を認識できないという状況であるという点と、本人が被害を認識できないという点におきまして非常に問題があるというふうに考えますので、やはり少なくともある程度の年齢まで公訴時効の起算点を遅らせることは必要だと思っております。

ただ、そのときに一つ問題になると思われるのは、例えばドイツでは30歳まで全ての性犯罪の公訴時効の起算点を遅らせているのに対して、オーストリアでは被害者が18歳未満の場合に限り28歳まで公訴時効の起算点を遅らせるという形で、公訴時効の起算点を遅らせる対象が異なっています。

それもまた、公訴時効の起算点を遅らせる方法を選択する場合には検討しなければいけない問題ではないかと思います。

この点、単なる問題提起でございます。

——————————————————–

<17ページ>
2020年10月20日 井田良 座長(中央大学教授)

第2の「1 公訴時効の在り方」につきましては、時効は撤廃すべきであるという強い御意見はなかったかと思われます。

他方で、時効期間の延長、そして、特に子供に対する特別の考慮を検討すべきだという複数の御意見が表明され、また、その際には現行法の公訴時効制度全体にうまく整合する形での慎重な考慮が必要だという御意見が強かったと思われます。

時間の関係もございますので、第2の「1」についての議論は、この辺りで一区切りとさせていただきたいと思います。

この論点については、本日述べられた御意見を踏まえて、二巡目の検討で更に議論を深めてまいりたいと思います。
(後略。)

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

(再掲。渡邊ゆり 委員【東京地方検察庁検事】)
性犯罪の時効が20年、30年というふうになったときに、私どもは、そういう覚悟を持ってその事件の捜査に当たることになると思います

被害から時間が経過した事件については、難しい事件だと考えて慎重に捜査をすることになると思います

ようやく被害が申告できるようになったときに公訴時効が完成していて捜査の対象にすらならないというのではなく、少なくとも捜査を尽くした上で判断がされるということについては、意義があると考えております

(再掲。井田良 座長)
時効期間の延長(略)という御意見が強かったと思われます
二巡目の検討で更に議論を深めてまいりたいと思います

性犯罪につきましては、ほかの犯罪とちがって、
「逃げ得はゆるされない」
という雰囲気になってきました。
性犯罪に関する刑事法検討会では、AV出演強要の処罰も論議されています。

(参考。当ブログ)
<AV出演強要について>

2020年11月18日(※第6回目の議事録を参照。)
2020年11月19日(※第4回目と第5回目と第6回目の議事録を参照。)
2020年12月2日(※処罰規定に関する2つの考え)
2020年12月5日(※強制性交等罪と準強制性交等罪の適用について)
2020年12月12日(※第7回目の議事録を参照。)

AV業界人は逮捕に怯えながら生き恥を曝(さら)していくことになりそうです。
様(ざま)を見ろ。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。