公訴時効の在り方に関する法務省内の審議(その2)。現在のところ、時効を延長すべき、との意見が有力です。香西咲さんたちを蹂躙したやつらは青ざめていることでしょう

性犯罪に関する刑事法検討会

法務省の性犯罪に関する刑事法検討会は、AV出演強要のほかに、「公訴時効の在り方」についても論議をおこなっています。

(参考。性犯罪に関する刑事法検討会
<開催状況>
第1回(2020年6月4日)※議事録公開
第2回(2020年6月22日)※議事録公開
第3回(2020年7月9日)※議事録公開
第4回(2020年7月27日)※議事録公開
第5回(2020年8月27日)※議事録公開
第6回(2020年9月24日)※議事録公開
第7回(2020年10月20日)※議事録公開
第8回(2020年11月10日)※議事録準備中
第9回(2020年12月8日)※議事録準備中
・第10回(2020年12月25日開催予定)

(参考)
当ブログの記事

<AV出演強要について>

2020年11月18日(※第6回目の議事録を参照。)
2020年11月19日(※第4回目と第5回目と第6回目の議事録を参照。)
2020年12月2日(※処罰規定に関する2つの考え)
2020年12月5日(※強制性交等罪と準強制性交等罪の適用について)
2020年12月12日(※第7回目の議事録を参照。)

<「公訴時効の在り方」について>
2020年12月15日(※昨日)

本日は、昨日(2020年12月15日)のつづきです。

(確認。検討すべき論点
強制性交等の罪について、公訴時効を撤廃し、又はその期間を延長すべきか

(参考。昨日のブログで参照した方々の意見。)
<公訴時効の廃止や延長について>
山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事) 賛成
齋藤梓 委員(臨床心理士) 賛成
小西聖子 委員(武蔵野大学教授) 賛成
小島妙子 委員(弁護士) 賛成

本日も、第7回目の議事録を参照します。

公訴時効の在り方(その2)

引き続き、各委員から出された意見をみていきます。

(2020年10月20日 第7回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<12ページ>
2020年10月20日 川出敏裕 委員(東京大学教授)

強制性交等の罪について公訴時効を撤廃する、あるいは、その期間を延長することについて、公訴時効制度の趣旨に照らしてそれが正当化できるかどうかという点から意見を申し上げたいと思います。
現行法においては、法定刑を基本的な基準として公訴時効期間が定められております。
ただ、必ずしもそれだけが基準となるというわけではなく、特定の罪種について法定刑とは別の観点から公訴時効期間について異なる取扱いをすることも認められると考えられます。
実際に、先ほど御紹介がありました平成22年の改正では、人を死亡させた罪で禁錮以上の刑に当たるものの公訴時効について特別の取扱いをすることとされました。
そこで、性犯罪について、公訴時効に関して、この意味での特別な取扱いをする根拠はあるのかどうかということが問題になるわけですが、例えば、法定刑が同じである強制性交等罪と強盗罪を比較してみますと、以下の2点において、性犯罪である強制性交等罪には、公訴時効について特別に取り扱い、その期間を長くすべき事情が認められると思います。
いずれもこれまでに御指摘があったことですが、第1は、性犯罪というのは被害から回復まで長時間を要し、その害悪や影響が長期にわたって残存するものだということです。
第2は、性犯罪の中には、被害者自身が被害後にそれを被害であると認識して、他者に相談したり、被害を届け出たりすることができない場合ですとか、被害認識を形成した後も、周囲の目や人間関係を気にしたり、あるいは、捜査機関等に被害内容を語ることに大きな心理的抵抗を覚えるなどの様々な理由から、被害申告が困難であることが少なくないということです。
このうち後者の点は、被害者が年少者である場合に特に妥当するものですから、この後議論がなされる二つ目の「〇」にあるように、年少者を特別に扱うという形で対処するという方法も考えられますけれども、そうでない年齢層が被害者となる場合にも、程度の違いはあれ妥当するものですので、性犯罪一般について、公訴時効期間について特別の取扱いをすることも検討に値するといえると思います。

(後略。)

——————————————————–

<12~13ページ>
2020年10月20日 宮田桂子 委員(弁護士)

時効の問題について、法的な安定ということも考えられていることは、先ほど小島委員もおっしゃったとおりです。

犯罪が起きた後に、訴追される側の人の利益も全く考えなくてよいのかといえば、そうではないということです。

被害者側の証拠も散逸しますが、加害者とされて訴追された人の証拠も散逸してしまうことについては、第1回の会議のときにも申し上げたとおりです。

そして、性犯罪については、多くの事件で被害者の供述が非常に重要な役目を果たします。

その被害者の記憶の変容等が問題になるということで、後ほど議論が行われる司法面接のような手法が必要と考えられるようになってきました。被害者の記憶の変容のおそれがあり、重要な供述証拠の信用性に重大な問題があるという意味で、時効を撤廃することによって、処罰される人たちがどれほど増えるのかという実質的な問題もあろうかと思います。

もちろん、私は、被害者の支援が必要ないと言っているわけではありません。

犯罪として成立しようがしまいが、犯罪の被害に遭った人の支援は必要であり、その人に寄り添うための国家の支援が必要であることは言うまでもありません。

加害者の訴追という形が必然かということに対して、疑問を呈したいということでございます。

——————————————————–

<13~14ページ>
2020年10月20日 池田公博 委員(京都大学教授)

公訴時効期間の延長を考える際の必要性については、先ほど川出委員からも御説明があったとおりだと思うのですけれども、他方で、公訴時効制度を支える趣旨である、証拠の散逸による誤判のおそれということも念頭に置いておく必要があります。

今、宮田委員からも御指摘があったように、人の供述によって立証されるということが性犯罪は一般に多いと考えられ、時の経過によって記憶が減退し、記憶が変容している可能性があるということが懸念されるからです。

ただ、それが、誤った有罪の判断のおそれを高める事情かというと、そういうことではなくて、刑事訴訟法では、検察官が立証責任を負い、そのほか立証に関わる様々な制度が設けられていますから、そのような仕組みが正しく機能する限り、疑わしいときは被告人の利益にという原則に従って、証拠によって認められる限りの事実が認定されるにとどまるのであり、いたずらに根拠のない有罪判決のおそれが高まるということにはならないと考えられます。

また、証拠の散逸ということが当然に起こるかということについても、最近は性犯罪の犯行状況を撮影する事案が専らだという御指摘もありましたように、事件から長期間経過したとしても画像が残っているという場合もありますし、あるいは、別件で得られたDNAの型が一致したということもあります。

したがいまして、時間がたったからといって証拠がおよそ残っていない事案ばかりではないと考えられます。

それと、法的安定性についてなのですけれども、時効が完成したものとそうでないものとでは、地位の安定性を尊重すべき要請の程度には差があると考えられようかと思いますので、両者は差し当たり分けて考えるべきではないかと思います。

その上で、これは性犯罪に限った話ではないのですけれども、時効が完成していないものについて、時間がたってから被疑者・被告人となることの負担について考えてみると、先ほど宮田委員から御指摘があったように、有利な事情を示す証拠が散逸してしまって防御が困難になるということが考えられます。

ただ、これは、先ほど誤判のおそれのところでも申しましたが、検察官が十分な立証を行えるかどうかという問題でありまして、立証の困難さは、刑事裁判が適正に行われる限りで配慮されているものと考えられるのではないかと思います。

その上で、被疑者・被告人の地位に置かれること自体の負担というものもあるだろうとは思います。

たしかに、証拠がないために無罪となるから起訴してもよいということにはならないとは思います。

ただ、一般的には、検察官は有罪の見込みなく公訴提起することは許されないと理解されておりますので、性犯罪との関係でも、そのような原則に従って処理される限り、訴追される負担が理由なく広がることにはならないと思われます。

また、被疑者の地位に置かれること自体についても、基本的には同じ考えが当てはまるのではないかと思われます。

そして、このように相応の根拠がないのに重い負担が課せられることにはならないのだとすれば、時間がたっていることによって特に不合理な負担が生じることにはならないのではないかと思います。

——————————————————–

<14ページ>
2020年10月20日 羽石千代 委員(警察庁刑事局刑事企画課刑事指導室長)

各委員の方から、被害者の救済という意味での必要性については御意見があったかと思うのですけれども、少し警察の実情・運用の面から述べさせていただければと思います。

まず、警察としましても、公訴時効の延長等により、これまで時効の完成が原因で検挙できなかった被疑者についても検挙できる可能性が高まるということは、良いことだと思っておりまして、逃げ得を許さないという意味では効果があると思っております。
特に、犯人のDNAが採取できている場合には、ニュースなどでも時効の完成直前の検挙というものが時々報道されておりますけれども、そういったものに対応できるという意味でも効果が期待できるのではないかと思っております。
(後略。)

——————————————————–

<14~15ページ>
2020年10月20日 金杉美和 委員(弁護士)

(前略。)
まず、皆さんの念頭にあるのは、被害が明らかで被疑者も特定されているというケースだと思うのですが、そのようなケースではない場合、一つ目に、被害そのものが本当にあったかどうか、二つ目に、その被疑者が実際に犯人であるかどうか、そして、三つ目に、性犯罪の場合は、同意があった、あるいは、同意があるという錯誤・誤解がなかったかどうか、この三つが問題になると思います。
(中略。)
客観的な証拠から犯罪が明らかであるのに時効だけで切られる、それがいいのかという問題意識はよく分かりますが、そうではないケースについて、本当に一律に公訴時効の撤廃ないしは一定期間の停止という法改正をしていいのかどうかということを、やはり慎重に御判断いただきたいと思っています。

——————————————————–

<15ページ>
2020年10月20日 井田良 座長(中央大学教授)

ありがとうございました。

一方で、慎重な検討を要するという複数の委員の御意見もありましたが、他方で、性犯罪特有の事情・実態に鑑みて、時効期間を延長したり、また開始を遅らせることを検討すべきであるという複数の委員の御意見があり、また、それは現行法の公訴時効制度の理論的根拠、在り方と決して矛盾するものではないという複数の委員の御意見も表明されたかと思います。

時間の関係もございますし、また、御議論が次の「〇」の議論に関わるところにかなり踏み込んでいる感じもいたしますので、その二つ目の「〇」、つまり、
一定の年齢未満の者を被害者とする強制性交等の罪について、公訴時効期間を延長することとし、又は一定の期間は公訴時効が進行しないこととすべきか
について議論したいと思います。
御意見のある方は、御発言をお願いします。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

いまのところ、公訴時効を延長すべき、との意見が多数をしめています。
明日は、
一定の年齢未満の者を被害者とする強制性交等の罪について、公訴時効期間を延長することとし、又は一定の期間は公訴時効が進行しないこととすべきか
の議論をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。