今年(2020年)の法務省の会議で宮田桂子弁護士が言及したAV出演強要被害。「被害者の救済ー」。法律の制定と併せて、香西咲さんたちの被害の回復が急務です

昨日のつづきです。

(参考。当ブログ)
2020年12月3日(※昨日)

本日も、AV出演強要に対する宮田桂子弁護士の論説をみてみます。
宮田桂子弁護士は、刑法改正を審議する法務省の会議で、AV出演強要に言及しました。

<宮田桂子弁護士がAV出演強要に言及した2つの会議>

2015年8月6日 法務省 12回性犯罪の罰則に関する検討会
  (5年後)
2020年9月24日 法務省 6回性犯罪に関する刑事法検討会

まずは、いまから5年前の発言をもう一度確認します。

(参考。当ブログ)
2020年12月3日(※昨日)

①2015年8月6日
法務省
12回 性犯罪の罰則に関する検討会

2015年8月6日 第12回性犯罪の罰則に関する検討会「議事録」より、引用。)

<8~9ページ>
2015年8月6日 宮田桂子 委員(弁護士)

また、非犯罪化すべき罰則もあるように思われます。
例えば売春防止法の第5条です。

(参考。売春防止法)
第5条
(勧誘等)

売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、6月以下の懲役又は1万円以下の罰金に処する。

一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。
二 売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
三 公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引すること。

客を引いている売春婦を処罰するよりは、その売春婦を搾取している者を処罰するべきなのではないでしょうか
風俗産業では売春が行われているということは、我々にとって既に現実そのものです。
これを放置するのか、あるいは売春に対してどのような対応を我々がしていくべきなのかというような根本的な問題も考えなければなりません。
売春婦に対する対応にしても、婦人補導院が機能していない、婦人保護施設がDVなどの一時保護の場所になるなどして、売春をしている人たちへの対応が十分にできない。
逆に言えば、そのようなDVなどの被害者への対応も十分できていないということになるかもしれません。
施設の多様化などの方策も必要です。
あるいは、性的搾取という問題を考えるならば、アダルトビデオにだまされて出される。
あるいは何の説明も受けずに出演して、自分の同意していないものを頒布されてしまうような方もいらっしゃいます。
表現の自由に名を借りた性的搾取も存在しているということは指摘せざるを得ないところです。

——————————————————–

性にまつわる犯罪に関しては、検討すべき問題は山積しているように思われます。

——————————————————–

検討すべき課題は多いと思います。

——————————————————–

(再掲。宮田桂子委員。2015年8月6日)
性的搾取という問題を考えるならば、アダルトビデオにだまされて出される。あるいは何の説明も受けずに出演して、自分の同意していないものを頒布されてしまうような方もいらっしゃいます。表現の自由に名を借りた性的搾取も存在しているということは指摘せざるを得ないところです
性にまつわる犯罪に関しては、検討すべき問題は山積しているように思われます

今年(2020年)の3月31日に、法務省は、刑法改正を審議するため、
性犯罪に関する刑事法検討会
を設立しました。
現在、法務省内で、改正されたばかりの刑法をさらにかえるかどうかの議論が交わされています。

5年前、宮田桂子委員は、上述の第12回性犯罪の罰則に関する検討会で、
性的搾取という問題を考えるならば、アダルトビデオにだまされて出される。あるいは何の説明も受けずに出演して、自分の同意していないものを頒布されてしまうような方もいらっしゃいます。表現の自由に名を借りた性的搾取も存在しているということは指摘せざるを得ないところです
性にまつわる犯罪に関しては、検討すべき問題は山積しているように思われます
とのべました。

宮田桂子委員は、今年(2020年)の9月24日に開催された6回性犯罪に関する刑事法検討会の場でも、AV出演強要に論及しました。
議事録を参照します。

②2020年9月24日 
法務省
6回 性犯罪に関する刑事法検討会

(2020年9月24日 第6回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<34~35ページ>
2020年9月24日 宮田桂子 委員(弁護士)

同意がないような状態での撮影が、今、問題になっているわけですけれども、同意があっても、瑕疵がある場合はあります。
例えば、顔は写さないと言っていたけれども、顔まで写された。
あるいは、自分が個人で持っておくからと言われて撮影に応じたら拡散されたというような場合に、これを同意と言うのか、言わないのかという問題が生じる。
また、リベンジポルノ法では、本人の同意があったものであっても、それが意に反して拡散された場合には処罰されるということになっておりまして、同意があれば処罰の対象にならないものになってしまうのかという議論もあり得ると思います。
今、橋爪委員が、アダルトビデオについて、性行為の強要まであれば強制性交等罪等の成立があるのではないかとおっしゃいましたけれども、

(参考)
2020年9月24日 橋爪隆 委員(東京大学教授)

しかし、アダルトビデオの出演強要につきましては、性的行為と撮影行為が密接不可分な関係にあることから、性行為については同意があるけれども、撮影に限って同意がないというケースはほとんど考え難いような気がしまして、むしろ、性行為自体についても同意の有無について疑問が生ずる事件が含まれているように思われます。
そのような事例につきましては、むしろ、強制性交等罪(強姦罪)や準強制性交等罪(準強姦罪)の適用についても問題にする余地があると思います。

その辺についての了解もある、撮影についても了解がある、しかしながら、その販売範囲などについて説明が全然違っていたというふうな事例、つまり、こんなに広く拡散されるとは思わなかった、特定の人物にしか見られないと思って撮影に同意したようなことも起こり得ます。

そういう意味で、性的画像については、私は、同意なく撮影される盗撮が当罰性がないと言うつもりはありませんけれども、例えば、本当に性的な行為に及んでいない、写真の中で顔だけ別人の顔を張り付ける、そういう合成写真の技術なども非常に発達しておりますので、自分が性的な対象物としていつのまにかインターネット上に情報がさらされているということなども頻繁に起きてくることでございますので、まず、今般、デジタル庁もできることですし、個人情報のコントロールという意味において、個人を特定できる情報、取り分け性的な情報に対して、それを加害と言おうが言うまいが、これは被害だと思った人、こんな情報をさらされてはかなわないと思う人が容易にアクセスできるような方策を直ちに充実させることの方が重要であるように思っています。
そういう意味で、犯罪として処罰するというよりも、いや、犯罪として成立するか否かを考える前に、被害者の救済がどうやったらできるのかというところをもっと本当は考えなくてはいけないのではないかと思っているというところです。

——————————————————–

(再掲。宮田桂子委員)
被害者の救済がどうやったらできるのかというところをもっと本当は考えなくてはいけないのではないか

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

3年前(2017年5月19日)に政府は、
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する今後の対策
を策定しました。
同対策のなかに、
アダルトビデオ出演強要問題や『JKビジネス』問題等が深刻な性的な暴力で、重大な人権侵害であるとの考え方に立ち、関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ、性的な暴力の被害につながる行為の規制、被害の回復、被害者の保護及び支援等について、有識者等の意見も参考に、法的対応を含め、必要な対応策を検討する
との一文があります。
現在のところ、被害の回復についてはなんら対応策がしめされていません。
宮田桂子委員がおっしゃるように、加害者の処罰と併せて、被害者の救済についても政府内で審議をすべきです。
新内閣に期待をしております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。