本日の第7回“性犯罪に関する刑事法検討会”から、具体的な論議がはじまります。香西咲さんたちを蹂躙した悪党を刑務所に打ち込む規定はできるのでしょうか

昨晩、
『同意ない性交、犯罪に』 学術会議、刑法改正へ提言
とのYahoo!ニュースが目に留まりました。
読みました。
配信元は、共同通信です。
その後、産経新聞や日刊スポーツなども、同種の記事を報じました。
こちらも共同通信の記事をつかっています
産経新聞と日刊スポーツの記事は、Yahoo!ニュースよりも文章の量が多いです。

(参考)
【短】
 ・Yahoo!ニュース(共同通信)
 ・産経新聞
 ・日刊スポーツ(共同通信)
【長】

まずは短いほうの記事からみてみます。

Yahoo!ニュース(共同通信)

(2020年11月9日 Yahoo!ニュース「『同意ない性交、犯罪に』 学術会議、刑法改正へ提言」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年11月9日 Yahoo!ニュース(共同通信)

刑法の性犯罪規定について、専門家で構成される日本学術会議の三つの分科会は、現行法の問題点を指摘し、国際的な人権基準を反映した法改正を求める提言をまとめた。

現時点では、上述の提言はまだ公開されていません。

2020年11月9日 Yahoo!ニュース(共同通信)

法改正を巡っては、法務省の検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)で(2020年11月)10日から個別の規定について具体的な議論が始まる。
「各国と同様、同意のない性交自体を犯罪化する規定に変えるべきだ」とした提言は影響を与えそうだ。

——————————————————–

つぎは産経新聞です。
Yahoo!ニュースには書かれていないことが載っています。

産経新聞

(2020年11月9日 産経新聞「『同意ない性交、犯罪に』 学術会議、刑法改正へ提言」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年11月9日 産経新聞

9月にまとめられた提言も暴行・脅迫要件を問題視。
同意がない性交自体が被害者に深刻な影響を与えるのに、この要件を満たさなければ加害者が処罰されない現状について「被害者保護の観点が不十分」と指摘した。

(再掲。産経新聞)
9月にまとめられた提言

こちらの提言はすでに公開されています。

2020年9月29日 日本学術会議「『同意の有無』を中核に置く刑法改正に向けて―性暴力に対する国際人権基準の反映―」
要約
全文

(再掲。産経新聞)
同意がない性交自体が被害者に深刻な影響を与えるのに、この要件を満たさなければ加害者が処罰されない現状について『被害者保護の観点が不十分』と指摘した

最後は日刊スポーツです。
この記事が一番長いです。

日刊スポーツ(共同通信)

(2020年11月9日 日刊スポーツ「「同意ない性交を犯罪化すべき」日本学術会議が提言」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年11月9日 日刊スポーツ(共同通信)

(今回の)提言は一方で、18年に法改正したスウェーデンなどを挙げ、各国が性犯罪の成立要件について「同意の有無」を重視した法制度に移行していると説明。
日本もこうした点を踏まえ「暴行・脅迫要件を犯罪成立の構成要件から外すことは必須。
『性行為の際に、相手の同意を得ることを怠ってもよい』との誤ったメッセージを社会に与える」と訴えている。
3分科会の一つで法学委員会ジェンダー法分科会の三成美保委員長は、取材に「性暴力は顔見知りの間で力関係の差によって生じやすく、被害女性は凍り付いて抵抗できないケースが多い。いかなる性行為も同意の上でなければ罰せられる』という国際人権基準を日本の刑法にも反映し、刑事司法全体にジェンダー平等の視点を取り入れるべきだ」と述べた。

——————————————————–

(再掲。Yahoo!ニュース
(※産経新聞日刊スポーツも同じ記述。)
法改正を巡っては、法務省の検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)で(2020年11月)10日から個別の規定について具体的な議論が始まる。『各国と同様、同意のない性交自体を犯罪化する規定に変えるべきだ』とした提言は影響を与えそうだ

今年の春に性犯罪に関する刑事法検討会を設置した森まさこ法務大臣は、第1回目の会議(2020年6月4日)でつぎのようにのべました。

(2020年6月4日 第1回性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

2020年6月4日 森まさこ 法務大臣
<一部分を抜粋>

(略)私の思いは、一言で言うならスピードアップです。
これまで性犯罪に関する我が国の政策は、諸外国に比べても決して胸を張れるものではございませんでした。
後れを取ってまいりました。
今この瞬間もあらゆる場所で、あるいは家庭で、学校で、職場で、本来なら安心していられる場所で、安心していられる相手から、魂の殺人とも言われる性被害を受けている方がこの瞬間もいらっしゃると思うと、本当に胸が詰まる思いです。
その方々が、この国には訴える手段もない、泣き寝入りをせざるを得ないと思っていると思いますと、これもまたつらい気持ちです。
ですので、この検討会において私がお願いしたいのは、スピードアップです。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

(再掲。Yahoo!ニュース
(※産経新聞日刊スポーツも同じ記述。)
法改正を巡っては、法務省の検討会(性犯罪に関する刑事法検討会)で(2020年11月)10日から個別の規定について具体的な議論が始まる

現在、AV出演強要も論議の対象となっています。

(2020年8月27日 第5回性犯罪に関する刑事法検討会「検討すべき論点」より、引用。)

2020年8月27日 検討すべき論点

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

〇 他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

〇 撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか

刑法のなかにAV出演強要に関する規定が新設されることを期待しております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。