AV出演強要やJKビジネスに対する4月の被害防止月間は、進化しています(その2)。香西咲さんたち被害者の命懸けの告発が政治をうごかしました

昨日のつづきです。
政府は3年前(2017年)から、4月はAV出演強要とJKビジネスに対する被害防止月間、としました。
昨年(2019年)は広報費だけで約1億円を投入しました。

(参考。当ブログ)
2020年10月26日

政府は昨年(2019年)の4月の期間中に、実際、どのようなとりくみをおこなったのでしょうか。
先日、政府が公表した資料をみてみます。

(参考。いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議が2020年10月8日に公開した資料)
<昨年度(2019年4月1日~2020年3月31日)の実績>

「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」主な成果(令和元年度)(※概要)
「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」令和元年度フォローアップ実施結果【全体版】(※本文)
令和2年度「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」実施施策一覧

被害防止月間以外の件につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
<政府が昨年度おこなったAV出演強要対策について>
2020年10月9日(※警察が検挙したAV業界人の人数)
2020年10月10日(※法的対応へのとりくみ)
2020年10月17日(※厚生労働省、消費者庁などの対応)
2020年10月19日(※広報や啓発等)
2020年10月20日(※関係機関職員への研修)

2019年4月の「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」実施施策

(関係府省対策会議 令和2年度「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」実施施策一覧より、引用。)

<AV出演強要に関するものを抜粋>

警察庁

警察庁

2.取締り等の強化

スカウトに対する検挙、指導・警告活動の推進

被害防止月間までに把握したスカウトに関する情報、スカウトに対して実施した指導・警告の結果を踏まえ、主要な駅や繁華街等の路上等で行われるスカウト行為に対し、 指導・警告活動を推進したほか、関係法令を適用した検挙を行った。

警察庁

2.取締り等の強化

各種法令を適用した厳正かつ積極的な取締りの推進

アダルトビデオ出演強要問題については、強制性交等罪、強要罪、淫行勧誘罪、労働者派遣法違反等の、「JKビジネス」問題については、労働基準法違反、児童福祉法違反等の各種法令を適用した厳正な取締りに向けた各種取組を推進した。

警察庁

3.教育・啓発の強化

各種広報媒体を活用した被害防止の広報啓発の実施

「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止対策の推進」を4月の広報重点に設定し、関係機関や自治体等と連携の上、アダルトビデオ出演強要問題、「JKビジネス」に関する被害防止を呼び掛けるキャンペーン等を実施したほか、街頭掲示板、警察のホームページ、SNS、交番だより、防犯だより、テレビ・ラジオ、ポスター、リーフレット、 DVD等各種広報媒体を活用した被害防止のための広報啓発を実施した。

警察庁

3.教育・啓発の強化

大学・高校、企業等における被害防止教育の実施

教育委員会や学校等の関係機関や企業と連携し、学校や企業等において行われるオリエンテーションや研修等の様々な機会を捉えて、被害防止教育を実施した。

警察庁

4.相談体制の充実

警察の相談窓口の周知活動

学校等における被害防止教育・啓発の機会や、警察のホームページを始めとした様々な媒体を活用し、警察がアダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題に係る相談を24時間受け付けていること、プライバシーが守られていることについて積極的に周知を図った。
具体的な相談窓口として、全国に設置している警察相談専用電話「#9110」や、都道府県警察の本部、警察署、交番等の警察の各種相談窓口を周知した。

警察庁

4.相談体制の充実

犯罪捜査や被害者対応に係る教養

アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題に適切に対応するように、各警察署の担当者等に対し、問題の現状や犯罪捜査・被害相談受理時の対応における留意事項に係る研修等を実施した。

——————————————————–

法務省

法務省

2.取締り等の強化

若年層を対象とした性的な暴力に対する厳正な対処

若年層を対象とした性的な暴力に関し、検察当局においては、関係法令を積極的に適用するなどして、厳正に対処した。

法務省

4.相談体制の充実

日本司法支援センターによる支援

日本司法支援センター(法テラス)において、引き続き、法制度や相談窓口の案内などを実施するとともに、法テラスホームページ等を活用して、法テラスの犯罪被害者支援について周知した。

法務省

4.相談体制の充実

相談窓口の周知

法務省の人権擁護機関では、女性、子どもに関する問題を含む、様々な人権問題について相談に応じているところ、引き続き、「女性の人権ホットライン」、「子どもの人権110番」といった専用相談電話や、「子どもの人権SOSミニレター」、「インターネット人権相談受付窓口」等を含む各種相談窓口について、法務省ホームペー
ジ、SNSや広報資料に掲載するなどして、相談窓口の周知を図った。

法務省

6.その他

インターネット上の人権侵害情報に関する人権侵犯事件に対する取組

法務省の人権擁護機関において、引き続き、性的な画像を含むインターネット上の人権侵害情報について相談を受けた場合は、当該情報の削除依頼等を行う方法を助言するほか、調査の結果、その情報の掲載がプライバシー侵害や名誉毀損等の違法な人権侵害に該当すると認められるときは、プロバイダ等に対し当該情報の削除を要請するなどの適切な対応を行った。

——————————————————–

内閣府

内閣府

3.教育・啓発の強化

啓発サイトの充実化

AV出演強要・JKビジネス問題に関する啓発サイトのほか、性犯罪・性暴力に関する啓発サイトも併せ、若年層を対象とした性的な暴力に関する広報啓発を行った。

内閣府

3.教育・啓発の強化

地方公共団体宛て周知・協力依頼通知の発出

各都道府県・ 指定都市の男女共同参画主管課等に対し、令和2年1月28日付け「令和2年度「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」 の実施について」(府共47号)を発出し、被害防止月間の周知を図るとともに、各地域の実情に応じた取組の実施について協力を依頼した。

内閣府

3.教育・啓発の強化

政府広報の実施

関係府省庁との緊密な連携の下、主に若年層の女性及び国民全般に対して、意に反することに応じる必要はないこと、意に反する行為の強要や被害を受けた場合は専門的な支援を行う機関があること、相談すれば問題解決につながること等を周知するため、インターネット、新聞、ポスター等各種媒体を活用した広報を実施した。

内閣府

4.相談体制の充実

性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターに関する周知活動

内閣府の啓発サイト等を通じて、引き続き、性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターについて周知を行うとともに、相談体制の充実を図った。

——————————————————–

文部科学省

文部科学省

3.教育・啓発の強化

啓発資料の配布

相談窓口などAVJK等の問題に関する情報をまとめた啓発資料を関係機関へ配布した。

——————————————————–

厚生労働省

厚生労働省

4.相談体制の充実

相談・支援体制の充実

各都道府県の婦人相談所・児童相談所において、「AV出演強要」や「JKビジネス」による性暴力被害に関する相談を受け付けている旨をインターネットで検索しやすいように、厚生労働省や各都道府県のホームページ等を活用して引き続き周知を図った。

厚生労働省

4.相談体制の充実

労働局における相談体制の整備

都道府県労働局に対し、「アダルトビデオ出演強要」や「JKビジネス」に関する相談について、関係機関と連携しながら適切に対応するよう通知し、相談体制の整備を図った。
また、月間中の相談件数や内容についてフォローアップを行い、相談の実態を把握した。

——————————————————–

総務省

総務省

4.相談体制の充実

違法・有害情報相談センターに寄せられるAV出演強要問題及びJKビジネス問題に関する相談事案についての、関係府省庁との情報共有

違法・有害情報相談センター」(総務省委託事業。インターネット上に流通した情報による被害について相談を受け付けている。)に、AV出演強要やJKビジネスに関する相談が寄せられた場合には、相談者の同意を得た上で、相談内容その他関連情報について、適宜関係府省庁への提供、共有を図った。
内閣府の啓発サイトのバナーを同センターのホームページ上に掲載することなどを通じて、関係府省庁の取組内容についての関係者への周知等を行った。

——————————————————–

杉田水脈議員は、2018年3月9日の国会質疑のなかで以下のせりふを口にしました。
全文につきましては、2018年3月10日の当ブログをご覧ください。)
これ、今年から内閣府で予算がついて、たしか400万だったかと思いますけれども、予算がついて、毎年4月をですね、このAV強要、そしてJKビジネス防止月間というかたちでしていくということなんですけれども
ほとんどAV強要っていうのは、件数がきっちりと警察が関与している件数っていうのはほとんどないんですが、これ、政府がお金をつかって防止月間ってやるメリットって何があるんでしょうか
あまりにもこれ、件数がすくないのに対して、政府が挙げて、予算をつけて、こういうことをやるっていうこと
これ、わたしはぜったいに、やめるべきだというふうに思っております
と。
杉田議員の熱弁も空しく、政府の施策は年を追うごとに拡充しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

杉田水脈衆議院議員とAV業界人と変態セクハラ精神科医はこの世の不要物です。
早く消えてほしいです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

1 thought on “AV出演強要やJKビジネスに対する4月の被害防止月間は、進化しています(その2)。香西咲さんたち被害者の命懸けの告発が政治をうごかしました

  1. 海野

    これを見て思いましたが、杉田水脈と高野隆弁護士って極端な右翼・左翼だけど
    考え方は同じというか、最終的な結論部分は同じなんですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。