この世には、香西咲さんにAV出演強要をおこなった輩と同等の悪党がいるようです。「危険な向精神薬の大量投与」「性的アプローチ」「典型的な精神科医の手法」

先日、ふと、精神科医の犯罪に関する記事を目にしました。
一部を引用させていただきます。

(2019年12月3日 特定非営利活動法人イマジン「日本医師会会長の会見『心からご冥福をお祈りしたい』ー『もう一回やり直したい』の著者で代表世話役による講演会」より、引用。)

<一部分を引用>
2019年12月3日 特定非営利活動法人イマジン

2014年12月、一人の女性が自殺しました。
彼女のスマートフォンには精神科主治医からのメールのやり取りがありました。
「たまにはセクシーな恰好でも見せてくれたら俺も喜ぶのにね」、
「そんなこと言うなら頓服出さない」、
「そんならエッチしなけりゃいいじゃん」、
「じゃあ治療はおしまい」
というメールが自殺した患者には送られていました。

(参照:「もう一回やり直したい」(萬書房))

危険な向精神薬の大量投与、性的アプローチ、懲罰的な治療行為によって患者を従属させ、そして無責任にも向精神薬の副作用と精神的損害によって自死へと導く典型的な精神科医の手法でした。

——————————————————–

(2019年)11月27日、医療関係団体の代表として日本医師会の横倉義武会長が「精神科主治医という立場を利用した性的搾取」などによって自殺した女性患者(当時27歳)問題に関し公式会見で以下のように回答しました。
「医療関係者の団体の代表という立場から、心からご冥福をお祈りしたい。医師という立場を利用して支配的な関係を元に治療や薬の処方を取引条件とするなどということは医師としてあるまじき行為」

——————————————————–

被害者の女性は当時、犯罪者(精神科医)とメールでやりとりをしていたようです。
こうしたメールは裁判で証拠となるのでしょうか。
とある弁護士の書いた記事を参照します。

(浅野総合法律事務所 労働問題弁護士ガイド「セクハラで裁判(訴訟)する被害者必見!セクハラ問題に強い弁護士とは?」より、引用。)

浅野総合法律事務所

(略)セクハラ裁判を行うにあたって、日常的に準備しておいてほしい証拠について、弁護士が解説します。

——————————————————–

メールやLINEの送信自体がセクハラとなる場合、メールやLINE自体が、セクハラがあったことの証拠になります

例:性的表現、卑猥な写真をメールやLINEで送信するケース、休日や業務時間外に執拗にデートに誘ったり、交際を強要したりするケース

——————————————————–

(再掲。特定非営利活動法人イマジン)

危険な向精神薬の大量投与、性的アプローチ、懲罰的な治療行為によって患者を従属させ、そして無責任にも向精神薬の副作用と精神的損害によって自死へと導く典型的な精神科医の手法でした。

危険な向精神薬の大量投与
性的アプローチ

典型的な精神科医の手法

精神科医による性犯罪につきましては、医療安全支援センターへ苦情を申し立てる、という方法もあります。
医療安全支援センターのホームページをみてみます。

(参考)

医療安全支援センターのホームページ

医療安全支援センターのホームページより、引用。)

医療安全支援センターは医療法第6条の13の規定に基づき、都道府県、保健所を設置する市及び特別区により、日本全国で380箇所以上設置されています。

(参考)
医療法第6条の13

都道府県、保健所を設置する市及び特別区(以下この条及び次条において「都道府県等」という。)は、 第6条の9に規定する措置を講ずるため、次に掲げる事務を実施する施設(以下「医療安全支援セン ター」という。)を設けるよう努めなければならない。

一 患者又はその家族からの当該都道府県等の区域内に所在する病院、診療所若しくは助産所における医療に関する苦情に対応し、又は相談に応ずるとともに、当該患者若しくはその家族又は当該病院、診療所若しくは助産所の管理者に対し、必要に応じ、助言を行うこと。

医療安全支援センターは、このように皆様の身近な所で、医療に関する苦情・心配や相談に対応するとともに、医療機関、患者さん・住民に対して、医療安全に関する助言および情報提供等を行っています。

——————————————————–

この世にはAV業界人と同等の悪党が存在します。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年9月29日

世間に顔だしてないから忘れられがちだけど、
私AV強要の件以来、週刊文春の件以来まだまだずっと戦ってるから。

もうすでに戦いのゴングが鳴っているようです。
楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。