20数年前の性被害をあきらかにした石田郁子さん(その3)。AV出演強要もその後の人生に多大な悪影響を及ぼします。AV出演強要を禁止する規定は新設されるのでしょうか

石田郁子さんは20数年前、性犯罪の被害に遭いました。
石田さんは昨年、加害者に対して、損害の賠償をもとめる訴訟を提起しました。
司法は冷徹でした。
1審で敗訴した石田さんは、控訴しました。
高裁は約2か月後の12月15日に判決を出す予定です。
こうした状況のなか法務省の性犯罪に関する刑事法検討会はなぜか、刑法の改正に関して、石田さんから意見を訊(き)きました。

(参考。当ブログ)
2020年10月7日(※昨日)

本日は、同検討会の委員による石田さんへの質問と、石田さんの回答をみてみます。

(2020年7月9日 法務省 性犯罪に関する刑事法検討会「議事録」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年7月9日 山本潤 委員(一般社団法人Spring代表理事)

成長・発達の過程で性加害に遭われて、その後の人生における困難などもあったと思いますけれども、お話しできる範囲で結構ですので、どのような精神的な影響があり、人生に影響が残ったか、この被害がどれほどのものか、大したことではないのでは、と思われがちな現状の中で、そうではない経験もされてきたかと思うので、もしよければお話ししていただければと思います。

<一部分を抜粋>
2020年7月9日 石田郁子さん

最初の被害のときに、何が起こるか分からない恐怖をすごく感じていて、何が起こるか分からない恐怖を避けなければならないとそのとき思っていたわけですが、それ以外の場面でも、私のこれまでの就職とか進学は、自分の力の範囲内で済むことを選んでいるということに気付きました。
この大学なら合格するとか、これならできると自分で判断してしまい、つまり、ぎりぎりまで頑張ってみるということができなくなる
無意識に自分でブレーキをかけているので、アクセルを踏みながらブレーキがかかっている状態なので、自分の力を完全には発揮できないし、やはり何かそこで悩むわけですね。
でも、それがこの教員による被害と関係しているとは、なかなか一人では気付けませんでした。
異性に対することや性的なことはダイレクトに影響が出ていますけれども、それ以外でも、就職とか仕事とかのパフォーマンスとか、いろいろなことに影響していると思います。

——————————————————–

<一部分を抜粋>
2020年7月9日 小西聖子委員(武蔵野大学教授)

石田さん、どうもありがとうございました。

——————————————————–

それから、今お話しされたような行動は、専門用語では性的過活動という言い方をしますけれども、この年齢の被害者への影響として、すごく多いです。
例えば、性風俗でアルバイトをしているティーンの中には、被害の経験がある子がたくさんいます。
また、再び性的な被害に遭いやすくなり、抵抗も難しくなることがあり、それこそ人生全体に深刻な影響を与える形になっていくケースも多いということを補足として申し上げておきたいと思います。

——————————————————–

2020年7月9日 石田郁子さん

よろしいでしょうか。
先ほど山本さんに聞かれて思い出したのですけれども、私は、加害者を懲役何年にしてほしいとかそういうことには余り興味がないのですけれども、ただ、被害を受けたそのときだけではなく、関係性を壊される犯罪で、多分、体を触られたということだけが大事なのではなくて、やはり信用している人にこういうことをされたというのは一番こたえるので、それで10年、20年と長い時間苦しむ。
被害者の身にそうしたことが起こっているということを考えてほしいというのはありますね。
特に加害者の懲役を延ばしてほしいというわけではないのですけれども、そのあたりを考慮してほしい。
今は加害者と被害者の状況がアンバランスであるというのが私の意見です。

——————————————————–

性犯罪は、魂の殺人、と言われています。
被害者のその後の人生に多大な悪影響を及ぼします。
石田郁子さんは、
ぎりぎりまで頑張ってみるということができなくなる
無意識に自分でブレーキをかけているので、アクセルを踏みながらブレーキがかかっている状態なので、自分の力を完全には発揮できない
とのべています。
このことに対して、小西聖子委員は、
再び性的な被害に遭いやすくなり、抵抗も難しくなることがあり、それこそ人生全体に深刻な影響を与える形になっていくケースも多い
と補足しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

性犯罪に関する刑事法検討会は現在、以下の事柄も審議しています。

(2020年8月27日 第5「検討すべき論点」より、引用。)

2020年8月27日 検討すべき論点

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

〇 他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

〇 撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか

(再掲。小西聖子 教授)
再び性的な被害に遭いやすくなり、抵抗も難しくなることがあり、それこそ人生全体に深刻な影響を与える形になっていくケースも多い

AV出演強要は被害者の人生を破壊します。
その惨禍はなかなか消えません。
刑法のなかにAV出演強要を禁止する規定が新設されることを切望します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。