AV出演強要に対する政府等のうごきに変化が、との情報が。菅新内閣の下で、香西咲さんをはじめとする無辜の女性たちは救済されるのでしょうか

今週になって、AV出演強要問題に精通されている方々が、瞠目すべき発言をされています。
時系列でみていきます。

2020年9月28日(月)

(2020年9月28日 CCN、プライムニュース「新政権でどうなる?AV出演強要問題 ~まだまだ続く公権力からのメス」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年9月28日 CCN特派記者Tさん

起訴されたプロダクション関係者とスカウトの裁判がこれから始まります。

(参考。CCN、プライムニュース)
2020年5月29日「コロナ禍後のAV業界の課題は!?

一年もの間続いた関係者への捜査。取り調べを受けた関係者や担当弁護士の話を聞くと、今までの労働者派遣法や職業安定法以外に新しい法律の適用が試されとの報が。
その新たに持ち出されたのはいわゆる労働基準法で、これは女優への強制労働やピンハネの事案への適用。

(参考。労働基準法
第5条
(強制労働の禁止)
「使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、労働者の意思に反して労働を強制してはならない」

第6条
(中間搾取の排除)
第6条
「何人(なんぴと)も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない」

また、立法化の動きですが、こちらはコロナ禍の中で政府のAV対策チームの定期的な会合もストップ状態。
一応の方向性は出ているようなのですが、各論(事務レベル)の動きにはまだ時間がかかりそうです。
ただ、ここに来て突然の総理の交代.。新政権の下で新たにこの問題に取り組むのでは?との話も聞こえてます。
実は現在のところ2つの動きが出てきています。
その一つは公明党の動きです。もともと与党の政府部内ではこの強要問題は公明党が自民よりも先に(前のめりで)対策チームを立ち上げた経緯があります。このプロジェクトが再稼働する!!そんな情報が入ってきています。
そしてもう一つ。今の与党のAV出演強要問題を扱う対策チーム。もともとは性暴力に関する刑法改正をテーマとした超党派の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」(2017年12月発足)から派生して出来たものなのですが、ここにきてAV出演強要問題もそちら(本体)で扱うのではとの情報が流れています。

(2020年9月280日 やまもと寅次郎さんのツイートより、引用。)

2020年9月28日 やまもと寅次郎さん

中村淳彦とかも言ってるように、裁判とか傍聴してるとAVの評判最悪なので、いっそのことセクシービデオ(業界)として出直した方がいいかもです。
プロダクションなんか、極悪人扱いだからなぁ(笑)

——————————————————–

2020年9月30日(水)

(2020年9月30日 やまもと寅次郎さんのツイートより、引用。)

2020年9月30日 やまもと寅次郎さん

今まで、麹町の自民党の後援会事務所でした。
麻生派の議員のね。
AV問題の話とかしてきました。
菅政権になって、急に動きが早くってきたので。
強要問題もね。

——————————————————–

2020年10月1日(木)

(2020年10月1日 中村淳彦さんのツイートより、引用。)

2020年10月1日 中村淳彦さん

真偽は定かでないですが「管政権になって止まっていた性暴力問題が再始動した」という情報が入りました。
AV問題もはいっています。

2020年10月1日 中村淳彦さん

行政や経済は規制緩和、底辺産業には規制強化の流れでしょうか。
ふたたび逮捕者が増えそうですね。

——————————————————–

先月の16日(2020年9月16日)、総理大臣に自民党の菅義偉(すがよしひで)総裁が指名されました。
菅総理は、内閣官房長官時代、AV出演強要問題に執心した人物として知られています。

(参考。当ブログ)
2020年9月9日

3年前、菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官は、
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する関係府省対策会議
を立ち上げました。
同会議の議長には加藤勝信男女共同参画担当大臣を選任しました。
加藤大臣はこのたび、新内閣の内閣官房長官に任命されました。
法務省のうごきも気になります。
同省内では、刑法の性犯罪の規定の見直しについて、以下の事柄の論議がはじまっています。

(2020年8月27日 第5回性犯罪に関する刑事法検討会「検討すべき論点」より、引用。)

2020年8月27日 検討すべき論点

性的姿態の撮影行為に対する処罰規定の在り方

〇 他人の性的な姿態を同意なく撮影する行為や画像を流通させる行為を処罰する規定を設けるべきか

〇 撮影された性的な姿態の画像の没収(消去)を可能にする特別規定を設けるべきか

菅総理が今回(2020年9月16日)、法務大臣に任命したのは、上川陽子衆議院議員です。
上川議員は、前回の法務大臣のときから、AV出演強要問題に対して積極的な姿勢をみせてきました。

(参考。当ブログ)
<上川陽子衆議院議員について>
2020年9月17日(※その1)
2020年9月18日(※その2)
2020年9月19日(※その3)
2020年9月20日(※その4)
2020年9月21日(※その5)

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

いまの日本には、AV出演強要という人身取引が存在します。
新内閣の下(もと)で、無辜(むこ)の女性たちは救済されるのでしょうか。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。