月別アーカイブ: 2020年8月

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その95)。新国立劇場運営財団事件。最高裁は、下級審の不当判決を一蹴しました①(地裁判決)

一昨日と、昨日のブログで、最高裁が個人事業主の労働者性をみとめた判決をみてみました。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性①
(89)2020年8月25日・・・・・・個人事業主と、地域ユニオン
(90)2020年8月26日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士④と太田真也弁護士②
(91)2020年8月27日・・・・・・地域ユニオンの優位性②。3人の被害者の事例。
(92)2020年8月28日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士⑤
(93)2020年8月29日・・・・・・最高裁が、個人事業主は労働者である、とみとめた判決①(新国立劇場運営財団事件)
(94)2020年8月30日・・・・・・最高裁が、個人事業主は労働者である、とみとめた判決②(INAXメンテナンス事件)

(参考。新国立劇場運営財団事件)
<最高裁の判決(2011年4月12日)>

概要

全文

(参考。INAXメンテナンス事件)
<最高裁の判決(2011年4月12日)>

概要

全文

いずれも、最高裁で、自身の労働者性を主張した個人事業主が勝訴しました。
団体交渉を拒否した企業側は敗訴しました。
終始、個人事業主側が順風満帆であったわけではありません。
企業側の肩を持った下級裁判所の判決もありました。
いずれも最後は、最高裁によって一蹴されましたが。
本日は、新国立劇場運営財団事件における地裁の判決をみてみます。

新国立劇場運営財団事件

地裁判決

(厚生労働省「労働委員会関係裁判例データベース」より、引用。)

2008年7月31日 東京地方裁判所

(略)契約メンバーはY財団(新国立劇場運営財団)と基本契約を締結しただけでは、個別公演に出演する法的な義務はなく、個別公演出演契約を締結する法的な義務はないというべきであるから、契約メンバーには基本契約締結により労務ないし業務を提供することについて諾否の自由がないとは認められない。

——————————————————–

個別公演出演契約の締結は基本契約に基づく義務であるとは認められないから、基本契約だけでは契約メンバーは上記のような指揮命令を受けることはない。

——————————————————–

(略)契約メンバーが、業務遂行の日時、場所、方法等について指揮監督を受けていることは、オペラ公演が多人数の演奏、歌唱、及び演舞等により構築される集団的舞台芸術であることから生じるものと解されるから、契約メンバーが上記のような指揮監督を受けることが労組法上の労働者であることを肯定する理由とはならないというべきである。

——————————————————–

(略)契約メンバーは基本契約を締結しただけでは報酬が支払われることはなく、他方で、出演することが予想されている公演は予め決まっていて、予定された公演以外に随時出演を求められることはないのである。
このような契約メンバーが置かれた地位は、例えば、基本契約を締結した場合には、出演の有無に関わらず毎月一定の報酬が支払われるが、他方で、出演の予定が予め決定しておらず、たとえ事実上の義務であったとしても、いつでも出演を求められる可能性が継続されているような場合と比較すると、指揮命令、支配関係は相当に希薄というべきである。

——————————————————–

基本契約の内容については、Y財団(新国立劇場運営財団)が一方的に決定していた。
しかし、契約の内容を一方当事者が決定することは労働契約に特有のことではなく、これが直ちに法的な指揮命令関係の有無に関係するものではないから契約メンバーが労働者であることを肯定する理由とならない。
X1は公演と稽古を合わせると年間約230日の時間的拘束を受けていたが、この点も、法的な指揮監督関係の有無と関係するものではないから、拘束日時の多寡や長短は労組法上の労働者性の判断基準とはならない。
なお、労組法上の労働者であるかどうかは、法的な指揮命令、支配監督関係の有無により判断すべきものであり、経済的弱者であるか否かによって決まるものではない。

——————————————————–

以上の検討のとおり、契約メンバーは基本契約を締結するだけでは個別公演出演義務を負っていない上、個別公演出演契約を締結しない限り、個別公演業務遂行の日時、場所、方法等の指揮監督は及ばず、基本契約を締結しただけでは報酬の支払はなく、予定された公演以外の出演を事実上であっても求められることはないなど指揮命令、支配監督関係は希薄である。
したがって、契約メンバーがY財団(新国立劇場運営財団)との間で基本契約を締結したことによって、労務ないし業務の処分についてY財団(新国立劇場運営財団)から指揮命令、支配監督を受ける関係になっているとは認められず、X1は労組法上の労働者に当たるということはできない。

——————————————————–

X1は労組法上の労働者とは認められないから組合のY財団(新国立劇場運営財団)に対する本件団交申入れは、その趣旨としてX1の将来の処遇等その労働条件の改善等を含むものであったか否かにかかわらず、義務的団交事項について団体交渉を求めるものではない。
したがって、その余の点について検討するまでもなく、本件団交申入れに対するY財団(新国立劇場運営財団)の対応が不当労働行為に当たるとしてY財団(新国立劇場運営財団)に対して団交応諾及び文書交付等を命じた(中央労働委員会の)救済命令は、違法である。

——————————————————–

X1は労組法上の労働者と認められないから、本件不合格措置について、不当労働行為であると解する余地はない。
したがって、本件不合格措置は不当労働行為に当たらないとして組合の救済申立てを棄却した労働委員会の判断は、その結論において正当であるから、その取消しを求める組合の請求は理由がない。

——————————————————–

高裁も、地裁の考えを支持しました。
「組合及び中労委の主張は失当である」
と。

(参考)
2009年3月25日 高裁判決(概要)
——————————————————–

日本経済新聞の記事を参照します。

(2011年4月12日 日本経済新聞「個人事業主の歌手や技術者、実態は『労働者』 最高裁認定」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2011年4月12日 日本経済新聞

個人事業主として働く歌手や技術者が、労働組合法上の「労働者」に当たるかどうかが争われた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は(2011年4月)12日、就労実態を検討したうえで、いずれも「労働者に当たり、団体交渉権がある」と認める判決を言い渡した。

(再掲。新国立劇場運営財団事件)
<最高裁の判決>

概要

全文

最高裁は、同日(2011年4月12日)、INAXメンテナンス事件でも、個人事業主の労働者性をみとめました。
この2つの判決によって、世の中の流れがかわりました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

個人事業主でも、労働者性があるかたは、地域ユニオンに相談をしましょう。
労働組合は、団体交渉権という強力な武器を持っています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その94)。最高裁が、個人事業主は労働者である、とみとめた判決②(INAXメンテナンス事件)

昨日のつづきです。
業務委託契約を締結した個人事業主が、自身の労働者性を主張して争った訴訟がありました。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性①
(89)2020年8月25日・・・・・・個人事業主と、地域ユニオン
(90)2020年8月26日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士④と太田真也弁護士②
(91)2020年8月27日・・・・・・地域ユニオンの優位性②。3人の被害者の事例。
(92)2020年8月28日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士⑤
(93)2020年8月29日・・・・・・最高裁が、個人事業主は労働者である、とみとめた判決①

(確認)
<2つの訴訟>

オペラ歌手・・・・・・新国立劇場運営財団と業務委託契約を締結
技術者・・・・・・INAXメンテナンスと業務委託契約を締結

2011年4月12日に最高裁は、それぞれのうったえに対して判決をくだしました。
いずれも個人事業主側が勝訴しました。
自身の労働者性がみとめられました。
昨日は、上述のオペラ歌手の事案にふれました。

厚生労働省 新国立劇場運営財団事件の最高裁判決(概要)

本日は、もうひとつの事案についてみてみます。
昨日と同様に、厚生労働省が作成した資料を参照します。

(厚生労働省「INAXメンテナンス事件の最高裁判決(概要)」より、引用。)

1.事案の概要
INAXメンテナンス事件

Xらは、住宅設備機器の修理補修等を業とするA会社(INAXメンテナンス)との間で業務委託契約を締結して修理補修業務に従事しているカスタマーエンジニア(以下「CE」という。) である。

INAXメンテナンス(愛知県常滑市)は、INAX(現LIXIL)の子会社です。

Xらが加入する労働組合全日本建設交運一般労働組合が、 労働条件等に関してA会社(INAXメンテナンス)団体交渉を申し入れたところ、A会社(INAXメンテナンス)がCE(カスタマーエンジニア)が労組法上の労働者に当たらないとして団体交渉に応じなかったため、 労働組合が不当労働行為に該当するとして申立てを行った。
大阪府労委は、CE(カスタマーエンジニア)の労組法上の労働者性を肯定し、団交応諾等を内容とした救済命令を発出した。

(確認)
(労組)「団体交渉に応じなかった」
 → (労委)「不当労働行為である」

A会社(INAXメンテナンス)はこれを不服として、中労委(中央労働委員会)に再審査を申し立てたが、中労委(中央労働委員会)はA会社(INAXメンテナンス)の再審査申立を棄却した。

(確認)
(INAXメンテナンス)「不当労働行為ではない」
 → (労委)「不当労働行為である」

A会社(INAXメンテナンス)はこれを不服として、東京地裁に中労委(中央労働委員会)の再審査申立棄却命令の取消を求めた。
東京地裁は、CE(カスタマーエンジニア)の労組法上の労働者性を肯定し、A会社(INAXメンテナンス)の請求を棄却した。

(確認)
(INAXメンテナンス)「不当労働行為ではない」
 → (裁)「不当労働行為である」

A会社(INAXメンテナンス)はこれを不服として控訴したところ、東京高裁は、CE(カスタマーエンジニア)の労組法上の労働者性を否定し、国(中央労働委員会)の請求を棄却した。

(確認)
(INAXメンテナンス)「不当労働行為ではない」
 → (裁)「不当労働行為ではない

高裁は従前の判断を覆(くつがえ)しました。

(中央労働委員会)は最高裁に上告。

——————————————————–

2.最高裁判所判決の要旨(平成23年4月12日 最高裁第三小法廷判決)
新国立劇場運営財団事件

A会社(INAXメンテナンス)はXらを全国の担当地域に配置を割り振って日常的な修理補修等の業務に対応させており、XらはA会社(INAXメンテナンス)の事業の遂行に不可欠な労働力として、その恒常的な確保のためにA会社(INAXメンテナンス)の組織に組み入れられていた。
A会社(INAXメンテナンス)とXらとの業務委託契約の内容は、A会社(INAXメンテナンス)の定めた覚書によって規律されており、個別の修理補修等の依頼内容をXらが変更する余地がなく、A会社(INAXメンテナンス)がXらとの契約内容を一方的に決定していた。
Xらの報酬は、A会社(INAXメンテナンス)による個別の業務委託に応じて修理補修等を行った場合に、あらかじめ決定した顧客等に対する請求金額に、A会社(INAXメンテナンス)が決定した一定率を乗じ、これに時間外手当等に相当する金額を加算する方法で支払われていたのであるから、当該報酬は労務の提供の対価の性質を有する。
Xらは、A会社(INAXメンテナンス)から修理補修等の依頼を受けた場合、直ちに遂行するものとされ、Xらが承諾拒否を行う割合は1%弱であり、1年間の業務委託契約はA会社(INAXメンテナンス)の異議があれば更新されないものとされていたこと等に照らすと、Xらの承諾拒否を理由に債務不履行責任を追及されることがなかったとしても各当事者の認識や契約の実際の運用においては、XらはA会社(INAXメンテナンス)からの個別の修理補修等の依頼に応ずべき関係にあった。
Xらは、A会社(INAXメンテナンス)が指定した担当地域内において、決められた時間内にA会社(INAXメンテナンス)から発注連絡を受けていた上、A会社(INAXメンテナンス)の制服を着用し、業務終了時には報告書をA会社(INAXメンテナンス)に送付していた。
また、A会社(INAXメンテナンス)から、作業手順、心構え、接客態度等までが記載されたマニュアルの配布を受け、これに基づく業務の遂行を求められていたため、XらはA会社(INAXメンテナンス)の指揮監督の下に労務の提供を行っており、場所的・時間的にも一定の拘束を受けていた。
以上の諸事情を総合考慮すれば、XらはA会社(INAXメンテナンス)との関係において労働組合法上の労働者に当たると解すべき。
本件議題は、Xらの労働条件等又はXらの加入する労働組合全日本建設交運一般労働組合とA会社(INAXメンテナンス)との団体的労使関係の運営に関する事項であって、A会社(INAXメンテナンス)が決定可能な事項であるから、A会社(INAXメンテナンス)が正当な理由なく当該労働組合の団体交渉を拒否することは許されず、A会社(INAXメンテナンス)の拒否した行為は労働組合法第7条第2号の不当労働行為を構成する。

<裁判官の補足意見>

CE(カスタマーエンジニア)制度の趣旨からすれば、本来、CE(カスタマーエンジニア)制度の対象者は、法人であるか個人事業者であるかを問わず、また、その者がCE(カスタマーエンジニア)としての業務以外に主たる業務を有していても差し支えない。

CE(カスタマーエンジニア)制度の対象者がCE(カスタマーエンジニア)制度の求める業務以外に主たる業務を行っていたり、複数の有資格者を雇傭し、複数の管轄営業所やサービスセンターを担当しているような場合には、純然たる業務委託契約であって、一般の外注契約関係と異ならない。

本件では、 業務委託契約書の様式及びその内容は、専ら有資格者が自ら個人として直接の受託者となる場合を予定するものであり、過去においてもこれと異なる態様で本件業務委託契約が締結されたことをうかがわせる証拠は存在しない。

本件業務委託契約の内容及びその委託業務履行の実態からして、CE(カスタマーエンジニア)が CE(カスタマーエンジニア)としての業務以外に主たる業務を有していることもうかがわれない。

A会社がインターネットに掲示していたCE(カスタマーエンジニア)の募集広告には 「給不」等の項目の記載があり、外注業者を募集する内容とは到底いえない。

また、 CE(カスタマーエンジニア)制度の説明文中にも、 「健康診断」等の独立した事業者との契約内容にそぐわない事項が定められている。

さらに、A会社(INAXメンテナンス)がCE(カスタマーエンジニア)に携行させていた、名刺には氏名の下部にA会社の会社名のみが記載されており、身分証明書としてA会社(INAXメンテナンス)の会社名を記載して押印したものが発行されていた。

以上の事実関係からすれば、Xらを含む CE(カスタマーエンジニア)が労働組合法上の労働者に該当することは明らかであって、それを否定する余地はない。

——————————————————–

(再掲)
厚生労働省 新国立劇場運営財団事件の最高裁判決(概要)
厚生労働省 INAXメンテナンス事件の最高裁判決(概要)

新国立劇場運営財団事件とINAXメンテナンス事件につきましては、最高裁の判決文が公開されています。

(参考。最高裁の判決文)
裁判所のホームページ

新国立劇場運営財団事件

INAXメンテナンス事件

こちらもご覧になっていただければと思います。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

労働者性があるのならば、まずは地域ユニオンにご相談をしていただければと思います。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その93)。最高裁が、個人事業主は労働者である、とみとめた判決①

4日前のブログで、個人事業主の労働者性についてふれました。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性①
(89)2020年8月25日・・・・・・個人事業主と、地域ユニオン
(90)2020年8月26日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士④と太田真也弁護士②
(91)2020年8月27日・・・・・・地域ユニオンの優位性②。3人の被害者の事例。
(92)2020年8月28日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士⑤

いまから9年前のことです。
2011年4月12日に最高裁は、個人事業主に労働法が適用されるのかどうかについての判断を示しました。
日本経済新聞の記事を引用します。

(2011年4月12日 日本経済新聞「個人事業主の歌手や技術者、実態は『労働者』 最高裁認定」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2011年4月12日 日本経済新聞

個人事業主として働く歌手や技術者が、労働組合法上の「労働者」に当たるかどうかが争われた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は(2011年4月)12日、就労実態を検討したうえで、いずれも「労働者に当たり、団体交渉権がある」と認める判決を言い渡した。
問題となったのは、新国立劇場運営財団(東京・渋谷)と契約するオペラ歌手と、INAX(現LIXIL)の子会社INAXメンテナンス(愛知県常滑市)と契約する技術者(カスタマーエンジニア)の地位。契約更改などを巡り「雇用関係にない」などとして団交を拒んだ財団や会社の対応が、不当労働行為に当たるかが争われた。

<業務委託契約を締結>
オペラ歌手 ―― 新国立劇場運営財団
技術者 ―― INAXメンテナンス

2011年4月12日 日本経済新聞

同小法廷は就労実態を詳細に検討。
歌手と技術者のいずれも

(1)不可欠な労働力として組織に組み込まれていた
(2)仕事の諾否の自由が実質的になかった
(3)契約内容が一方的に決められていた
(4)仕事の場所や時間が拘束されていた

――などとして、「労組法上の労働者に当たる」と判断した。

——————————————————–

塾講師や旅行添乗員、建築作業員など、個人事業主として働く人は少なくない。
技術者側弁護団の河村学弁護士は「就労実態次第で労働者と認められることが示された」と判決を評価した。

——————————————————–

<業務委託契約を締結>
オペラ歌手 ―― 新国立劇場運営財団
技術者 ―― INAXメンテナンス

本日は、上述のオペラ歌手の事例をみてみます。

新国立劇場運営財団事件

厚生労働省が作成した資料を参照します。

(厚生労働省「新国立劇場運営財団事件の最高裁判決【概要】」より、引用。)

1.事案の概要
新国立劇場運営財団事件

Aは、X財団(新国立劇場運営財団)との間で、平成10年3月から平成15年7月まで契約メンバーとして出演契約を締結しながら、新国立劇場合唱団のメンバーとして同劇場において開催された多数の公演に出演していたが、平成15年8月から平成16年7月までのシーズンに係る出演契約に先立つ歌唱技能についての審査により、契約メンバーとしては不合格である旨告知された。
Aの加入する労働組合(日本音楽家ユニオン)は、
①新国立劇場合唱団の契約メンバーにAを合格させなかったこと、
②労働組合(日本音楽家ユニオン)からのAの次期シーズン契約に関する団体交渉を申し入れたにもかかわらず、X財団(新国立劇場運営財団)がこれに応じなかったこと
がいずれも不当労働行為に当たるとして申立てを行った。
東京都労委は、①については不当労働行為に該当しないとしてその申立てを棄却し、②については不当労働行為に該当するとして、団体応諾等を内容とした救済命令を発出した。

(確認)
①(労組)「新国立劇場合唱団の契約メンバーにAを合格させなかった」
 → (労委)「不当労働行為ではない」

②(労組)「団体交渉に応じなかった」
 → (労委)「不当労働行為である」

労働組合(日本音楽家ユニオン)は申立て棄却部分につき、X財団(新国立劇場運営財団)は救済を命じた部分につき、それぞれ再審査を申立てたが、中労委(中央労働委員会)は双方の再審査申立てを棄却した。

(確認)
①(労組)「新国立劇場合唱団の契約メンバーにAを合格させなかった」
 → (労委)「不当労働行為ではない」

②(労組)「団体交渉に応じなかった」
 → (労委)「不当労働行為である」

X財団(新国立劇場運営財団)及び労働組合(日本音楽家ユニオン)はこれを不服として、それぞれ中労委(中央労働委員会)の再審査申立棄却命令の取消しを求めた。
東京地裁は、Aの労組法上の労働者性を否定し、労働組合(日本音楽家ユニオン)の請求を棄却した。

地裁は、団体交渉をみとめる中労委(中央労働委員会)の決定を覆(くつがえ)しました。
当該オペラ歌手は団体交渉の対象にならない、と判断しました。

労働組合(日本音楽家ユニオン)及び国(中央労働委員会)はこれを不服として控訴したが、東京高裁は、東京地裁と同様に契約メンバーの労組法上の労働者性を否定し、双方の請求を棄却した。

高裁も先の地裁と同様の認識です。
団体交渉権を否定しました。

労働組合(日本音楽家ユニオン)及び国(中央労働委員会)は最高裁に上告。

——————————————————–

2.最高裁判所判決の要旨(平成23年4月12日 最高裁第三小法廷判決)
新国立劇場運営財団事件

出演基本契約は、一定の歌唱能力を有する者を、原則として年間シーズンの全公演への出演が可能である契約メンバーとして確保することにより、X財団(新国立劇場運営財団)の各公演を円滑かつ確実に遂行する目的で締結されている。
契約メンバーは、各公演の実施に不可欠な歌唱労働力としてX財団(新国立劇場運営財団)の組織に組み入れられていた。
出演基本契約を締結する際、契約メンバーはX財団(新国立劇場運営財団)から、全ての個別公演に出演するために可能な限りの調整をすることを要望されていた。
また、出演基本契約書の別紙には、公演名、公演時期、契約メンバーの出演の有無等が記載され、契約メンバーが個別公演出演を辞退した例は僅かだったことなどに鑑みると、各当事者の認識や契約の実際の運用においては、契約メンバーは基本的にX財団(新国立劇場運営財団)からの個別公演出演の申込みに応ずべき関係にあった。
X財団(新国立劇場運営財団)は、出演基本契約の内容を一方的に決定し、シーズン中の公演件数、演目、稽古日程等、契約メンバーが歌唱の労務を提供する態様も一方的に決定しており、契約メンバーの側に交渉の余地はなかった。
契約メンバーは、X財団(新国立劇場運営財団)により一方的に決められた公演日程等に従い、X財団(新国立劇場運営財団)が指定する日時、場所において歌唱の労務を提供していた。
また、歌唱技能の提供の方法については、X財団(新国立劇場運営財団)の選定する者の指揮を受け、稽古への参加状況についてX財団(新国立劇場運営財団)の監督を受けていた。
契約メンバーは、X財団(新国立劇場運営財団)の指揮監督の下で歌唱の労務を提供しており、時間的・場所的に一定の拘束を受けていた。
契約メンバーの報酬は、出演基本契約で定めた方法で算定されており、予定時間を超えて稽古に参加した場合には超過稽古手当も支払われており、報酬の金額の合計も300万円であった。
当該報酬は歌唱の労務の提供それ自体の対価である。
以上の諸事情を総合考慮すれば、AはX財団(新国立劇場運営財団)との関係において労働組合法上の労働者に当たると解すべき。

——————————————————–

個人事業主も労働の実態を斟酌(しんしゃく)して労働者か否かが判断されることとなりました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

もしも被害をうけたかたが労働者であるのならば、労働法が適用されます。
団体交渉の対象となります。
労働者性がない場合はどうしたらよいのでしょうか。
そのときは、労働組合でなく弁護士に相談してください。
弁護士の場合は着手金や成功報酬などの費用が嵩(かさ)みますが。
いずれにせよ、セクハラの場合は、相手(加害者)から賠償金を得ることができます。
泣き寝入りをせずに前へ進みましょう。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その92)。角田(つのだ)由紀子弁護士「被害者が支援をうけるのは当然の権利」

政府は、2016年4月1日に、第3次犯罪被害者等基本計画を策定しました。
同計画の2頁をみますと、箴言(しんげん)的な言辞が記されています。
犯罪被害者等は我々の隣人である。そして、社会に生きる我々の誰もが犯罪等に遭い、犯罪被害者等になり得る立場にある
と。
ハラスメント被害も同様です。
だれもがハラスメントの犯罪に遭い、犯罪被害者になり得る立場にあります。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性①
(89)2020年8月25日・・・・・・個人事業主と、地域ユニオン
(90)2020年8月26日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士④と太田真也弁護士②
(91)2020年8月27日・・・・・・地域ユニオンの優位性②。3人の被害者の事例。

本日は、犯罪の被害に関する角田(つのだ)由紀子弁護士の論説をふりかえってみます。

(2018年3月31日 東京・強姦救援センターのブログ「角田由紀子さんからのメッセージ③ 性被害と社会の責任」より。)

音声の文字化は筆者。)
角田由紀子 弁護士

こんにちは。
わたくしは東京・強姦救援センターのリーガルアドバイザーの弁護士の角田由紀子ともうします。
最近は、性暴力被害をうけたひとのおはなしが、メディアにもすこしずつ出るようになってきましたよね。
で、そのひとたち(被害をうけたひと)に対する支援のうごきっていうのはあるんですけれども、わたしは、被害をうけたひとは支援をもとめる、支援をうけるのは当然の権利としてある、というふうに考えているんですね。
なぜ、被害者にそういう権利があるのか。
なんか、被害者の権利、というふうに言ってもよいと思うんですけれども、もうすこし前は、被害者というのはなんか、保護の対象ー
もちろん保護される必要があるんですけれども、保護の対象、という見方が強かったんです。
いまはそうではなくて、被害者の権利、ということもすでに言われていますし、特に性暴力犯罪についてはそのことをはっきりと、被害をうけたひともふくめて、知っておく必要がある、というふうに思うんですね。
なんで被害者は支援をうける権利をもっているのか、ということなんですけれども、どの犯罪でもそうだと思いますけれども、とりわけ性暴力犯罪については、どういう社会の構造が性暴力犯罪を引き起こしているのか、ということと非常に深い関係があるわけですね。
特に被害者が女性が多い性暴力犯罪については、女性たちをとりまく社会の構造それ自体が、女性からですね、さまざまな権利をうばって、それから、女性を社会のなかで非常に低い地位に落とし込めて、という状況があって。
つまり、女性をとても差別的にあつかって、そして、女性は男性と同じような一人前の権利をもった人間だ、というふうにあつかわないわけですね。
それはかれらが、そういうふうに思わない、というだけではなくて、社会的な事実、実態として、女性がこの社会でどんな地位におかれているか、ということをみればわかるわけです。
たとえば、一番わかりやすいのは、労働関係ですねよ。
経済的状況。
女性と男性との賃金の格差は非常におおきい、ということは、だれでもが知っている、とは思うのですが、そうするとですね、女性はたとえば男性の正社員の給与、収入を100とした場合に、女性は正社員でも72~73だと思うんですね。
それから、たくさんの女性がはたらいている非正規になってくると、実は50くらいでしかないわけです。
で、非正規のひとと、正社員の男性とが、同じ仕事をしていたとしても、女性であるがゆえに賃金は非常に低いところに置かれている。
で、これはどういうことになるかというと、女のひとというのは男性にくらべて地位が低いし値打ちがないんだ、と。
だから賃金は半分でいいんだ、と。
こういう考えにいわば証拠をあたえるようなことになってくるわけですね。
それから政治の分野で考えても、日本では女性の国会議員が非常に数がすくないですよね。
地方議会にいたっては、女性の議員はゼロ、というところだってあるわけです。
そうするとですね、政治的な分野で仕事をする能力を女にはないんだ、というような誤解をその事実を裏づけることになってくるわけです。
で、いろんな面から考えてみて、女性は男性よりも劣った存在なんだ、というメッセージが、証拠付きでいろんなところでふりまかれている。
で、そういう状況が、加害者に対して、女のひとをモノとしてあつかってもいいんだ、と。
自分の性的な欲望をみたすためのモノとしてあつかってもいいんだ、という、そういうことをかれらに保障してしまうことになるわけですね。
そういう社会が実は性暴力犯罪を生みだしている、とすると、そのことの被害に遭ったひとはその社会に対して、
「わたしをこういう目に遭わせたのはそういう構造にした責任があるんじゃないか」
と。
あるんだと、ということでですね、
「わたしの権利を保障しろ」
と。
つまり、
「わたしの権利をうばったのはあなたがたなんだからわたしの権利を保障しろ。わたしが支援されるのは当然だ
と。
そういう考えをわたしはもってよい、というふうに思っているんですね。
ですから、支援をうける、ということは当然のことであって、だからそういうふうにもとめられるときは、まわりのひとはもちろん、そのひとに対して支援をする義務がある、と。
こういう関係にわたしはあるんだ、というふうに思っているんですね。
それから損害賠償の問題なんですけれども、よく、性暴力犯罪被害をうけた女性が損害賠償請求の裁判を起こしますよね。
そうすると女性自身もですね、加害者側から、あなたお金がほしいんでしょ、お金が目当てではないか、という非難が来るわけなんです。
そうすると女性もそれに対して、
「いや、いや、わたしはお金が目当てではありません」
というふうに言うわけですね。
お金が目当てではない、というのは、わたしは本当であるというふうに思うんですけれども、でも、それはそれとして、被害をうけた人間として、当然に損害賠償を請求する法的な権利があるわけなので、それは堂々とですね、損害を賠償しろ、ということを請求してすこしもおかしいところはない、というふうにわたしは思っているんです。
で、もちろん、彼女の一番の目的はお金ではない、ってことが多くの場合そうだと思うんです。
「わたしがうしなったものを、あなたがわたしからうばったものを、返してくれ」
ということが一番おおきなことだと思うんですね。
だけど、日本の法律制度のもとでは、そういう目にみえないものをどうやって返したらいいのか、って。
できないわけですね。
そうすると法的な場面でそのことに対してある程度、決着をつけるのは、金銭に換算した慰謝料というもので支払いをするということしかない、ということだと思うんです。
だから、彼女がお金がほしくてやっているわけではないのは当然なんですけれども、でも、それしか償いの方法がない。
もちろん、謝罪をするとかいうことはあるわけなんですけれども、それでも、きちんと目にみえるかたちで相手も一定の痛みをうける、ということについて言えば、それは、損害賠償というのは、わたしは、有効、一定程度有効な手段でないかと思いますし、それから、損害賠償を請求することに対してちっとも遠慮をすることはない、というふうに考えております。

——————————————————–

角田(つのだ)由紀子弁護士はセクハラや性犯罪裁判の第一人者です。
これまで多くの勝訴判決を勝ち取ってきました。

(再掲。角田【つのだ】由紀子弁護士)
支援をうける、ということは当然のこと
だからそういうふうにもとめられるときは、まわりのひとはもちろん、そのひとに対して支援をする義務がある

きちんと目にみえるかたちで相手も一定の痛みをうける、ということについて言えば、それは、損害賠償というのは、わたしは、有効、一定程度有効な手段でないかと思います

代理人の選定を考えているかたは、角田(つのだ)由紀子弁護士にご相談をすることをお勧めします。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その91)。弁護士に一蹴されてもあきらめてはなりません。地域ユニオンがいます

本日も弁護士についてふれます。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性
(89)2020年8月25日・・・・・・個人事業主と、地域ユニオン
(90)2020年8月26日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士④と太田真也弁護士②

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

昨日のブログでも書きました。
弁護士に対して過度の期待を持つことは禁物です。
現在、パープル・ユニオンの委員長をされている佐藤香(さとうかおり)さんの事例をふりかえってみます。

(2019年4月12日 立憲民主党「『痛みをちからに』――日本初の訴訟をたたかい、支援の現場に10年。セクハラ・サバイバーからのメッセージ」より、引用。)

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

(セクハラの被害を)派遣先と派遣元、両方に相談したんですが、加害者の上司は会社内で権限のある人間だったので、「あいつはそういうことをする人間じゃない」とか、「あいつは派遣社員のために努力しているんだ」などと言われました。

——————————————————–

「無料相談ではただ話を聞いてもらうだけで終わってしまいました」

——————————————————–

「医療機関では『なぜ、嫌だと言えなかったの?』と問いただされる」

——————————————————–

弁護士に相談しても、「証拠がないから(行動を起こしても)あなたが傷つくだけだ」と言われました。

——————————————————–

むしろ、相談するたびに期待しては絶望し、傷が深くなっていった

——————————————————–

(再掲。佐藤香さん)
弁護士に相談しても、『証拠がないから(行動を起こしても)あなたが傷つくだけだ』と言われました

証拠がない
この段階で、当該弁護士にはやる気がまったくない、ということがわかります。
そもそもセクハラのような性被害については証拠がありません。

あなたが傷つくだけだ
当該弁護士は瞬時に計算をしたのでしょう。
裁判をやっても勝てない。
成功報酬(※数十万円)をもらえない、と。

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

「次に相談するところでわかってもらえなかったらもう自分の人生を終わりにしよう」とまで思いつめていた時、病院の受付で一枚のカードを目にしました。
それが、「北海道ウィメンズ・ユニオン」でした。

——————————————————–

北海道ウィメンズ・ユニオンとの邂逅(かいこう)が佐藤香(さとうかおり)さんの人生を変えました。
弁護士ではなく地域ユニオンが佐藤香(さとうかおり)さんの命を救いました。
地域ユニオンは最後の砦(とりで)です。
独立行政法人労働政策研究・研修機構の呉学殊 主任研究員の論説をみてみます。

(2010年9月17日 独立行政法人 労働政策研究・研修機構「個人加盟ユニオンの紛争解決―セクハラをめぐる3つの紛争事例から―」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2010年9月17日 呉学殊 主任研究員 

セクハラ問題は、証拠立証が難しく解決が難しいといわれてきたが、個人加盟ユニオンは警察や労働行政が解決できなかったセクハラ問題を解決した。

——————————————————–

個人加盟ユニオンの紛争解決能力が高かった。

——————————————————–

呉学殊主任研究員は、
個人加盟ユニオンの紛争解決能力が高かった
とのべています。
被害者の方々も同様の評価です。
順にみていきます。

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

被害者のTIさんの場合
2010年 呉学殊 主任研究員

TI さんは、ユニオン(あかし地域ユニオン)に対し
「信じてもらえて、全部受け入れてくださるという形で、ほんとうに安心できるっていうか。このことがあってから、ほんとうに自分の中で勇気ができて、新しい会社も行ってるんですけれども、そこでもちゃんと自分の言うことは言えるようになったんですね」
と述べている。

——————————————————–

ユニオン(あかし地域ユニオン)は、TI さんのセクハラを解決しようという決意と自分で直接行動を起こせなかった勇気のなさとのギャップを埋めてあげたので、同セクハラの問題は解決した。

——————————————————–

被害者のKKさんの場合

2010年 呉学殊 主任研究員 

KKさんは、このような紛争終結(相手からの200万円の補償と謝罪)を受けて、「自分の人生をすごく振り回されたという思いでいっぱいだったが、泣き寝入りすることはなかったのですっきりした」という思いと同時に、「誰も信じられない気持ちだったんですが、連合新潟県央地協の佐藤事務局長と山本アドバイザーにすごく助けてもらって、それで、ああ、信じてもいい人たちもいるんだなという、本当にここに来られなかったら誰のことも信じられなくなっていただろうし、性格も悪くなっていくかも知れないし、頭が狂っていたか、自殺していたか、わからないですけれども絶対にいい方向にはいっていなかった」と言い、連合新潟は人への信頼を取り戻す、あるいは自殺を防止する役割をしたと感謝の意を表した。

——————————————————–

被害者のNGさんの場合

2010年 呉学殊 主任研究員 

(略)今回の紛争は、NGさんがセクハラ被害のために休職してから約2カ月、ユニオン(連合福岡ユニオン)に相談して約1カ月という短期間に解決した。

——————————————————–

最終解決金350万円は、会社提案額20万円の17倍にのぼる金額であり、それによってNGさんの被害がどれほど収まるかは計り知れないが、当初の会社提案額に比べると、NGさんの精神的な被害がより収まり、次の生活に前向きに取り組む環境は整ったとみられる。

——————————————————–

ユニオン(連合福岡ユニオン)の存在意義・高い解決能力は特記すべきである。
ユニオン(連合福岡ユニオン)が会社提案よりも17倍多い補償額を払わせたことから解決能力の高さをうかがえる。
その能力の高さは、「労働者を泣き寝入りさせない」という強い信念を持っている志水書記長の存在抜きには語れない。
また、同書記長は、その信念を貫くために、長い間紛争解決活動を積み重ねてプロの境地に辿り着いた。

——————————————————–

そこらへんの弁護士のところへ行って体(てい)よく断られたからといってあきらめてはなりません。
被害者のかたには、労働者を泣き寝入りさせないという強い信念を持っている地域ユニオンがいます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その90)。弁護士ならば、角田(つのだ)由紀子弁護士か太田真也弁護士です

本日は、弁護士選び、についてみてみます。
弁護士神話、というものがあります。
たとえば、以下のような妄信です。
弁護士は法律のプロである。
弁護士に相談すれば困難な問題を解決してくれる。
いま書いていて、嗤(わら)ってしまいました。
どれもが神話です。
セクハラに関する角田由紀子弁護士の論説を参照します。

(JNPC【日本記者クラブ】 「セクハラ問題の30年」角田由紀子弁護士 2018.6.25より。)
(※全文につきましては、2019年2月28日の当ブログをご覧ください。)
(※音声の文字化は、筆者。)
<一部分を抜粋>
2018年6月25日 角田(つのだ)由紀子 弁護士

いまどうなっているかというと、ちょっとこれもわたし、みてびっくりしたんですけれども、普通の男性弁護士、っていうと怒られるかもしれない、別にジェンダーに関心があろうとなかろうと関係ない。
これ(セクハラ)は弁護士ならだれでもできる事件になっているはずです。
だからあの、わたしはもちろん必要がないからやらないんですけれども、いま弁護士って皆ホームページってもっていて、で、どういう営業品目があるかっていうのが書いてあるでしょ。どんな事件をやりますから、と。
たいていね、これ、単なる不法行為ですから、セクハラって、ほとんどの弁護士の営業品目に入っている。
それで、じゃそういうふうにセクハラというふうに言ったときに、もしかしたら加害者側のセクハラを言っているかもしれない。
別に書いていないので。
そのホームページをみたわたしの知っているある女性は、ぜんぜんそんなことが得意じゃない弁護士のところに行って、セクハラって書いてあったから事件をお願いして、ぜんぜん解決しなかった、というケースがあるんですね。
で、わたしはびっくりして、どうしてその弁護士を選んだの、というふうに訊(き)いたら、いや、ホームページをみたらセクハラをあつかうと書いてあったからね、で、あれ、写真なんか載っているでしょ、で、ビルの外観なんかでてたりするじゃないですか。
そういうのをみるとね、けっこうなんかたのもしそうなひとにみえた、って。
でもふつうのひとなら、それ以外に判断材料がないでしょ。
だから、そんな悪そうでもない、とかね。
いちおう紳士だとか、いろんなことをみて。
で、そのひとは、初対面だけど行ってお願いしたら、原告、つまり被害者の側に立っての訴訟をやってあげる、って。
頼んだってぜんぜんうまくいかなかった、っていうケースがあったりするわけなんですね。

——————————————————–

角田(つのだ)由紀子弁護士は、セクハラや性被害問題の第一人者です。
これまで数多(あまた)の裁判で勝訴してきました。
角田(つのだ)由紀子弁護士は、過日の民事裁判の第1審で勝訴した伊藤詩織さんの代理人のひとりでもあります。
首都圏に在住するセクハラや性犯罪の被害者は、皆、角田(つのだ)由紀子弁護士のところへ相談に行くのでしょうか。

(再掲。角田【つのだ】由紀子弁護士)
わたしはもちろん必要がないからやらないんですけれども、いま弁護士って皆ホームページってもっていて、で、どういう営業品目があるかっていうのが書いてあるでしょ。どんな事件をやりますから、と

わたしはもちろん必要がないからやらない
残念ながら、角田(つのだ)由紀子弁護士は、だれもが知っている存在ではありません。
結局、セクハラや性犯罪の被害者は、そこらへんのどこの馬の骨だか知れない弁護士のところへ行きます。

(再掲。角田【つのだ】由紀子弁護士)
そのホームページをみたわたしの知っているある女性は、ぜんぜんそんなことが得意じゃない弁護士のところに行って、セクハラって書いてあったから事件をお願いして、ぜんぜん解決しなかった、というケースがあるんですね

どうすればまともな弁護士のところへ行き着くことができるのでしょうか。
以前にも当ブログでご紹介をしたことがあります。
太田真也弁護士がおこなっているとりくみをもう一度、みてみます。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性
(89)2020年8月25日・・・・・・個人事業主と、地域ユニオン

(再掲)
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士

動画 弁護士による弁護士選びサポートサービスより。)
<全文>
※注 体裁はこちらで整えました。)
太田真也弁護士(神田のカメさん法律事務所)

人生に於ける重大な選択。
弁護士選びを失敗しない方法あります。

神田のカメさん法律事務所の新サービス。
「弁護士との委任契約時の調査・同行及び、委任後の状況確認・助言等に関する一連のサービス」

つまり一言でいうと、弁護士による弁護士選びサポートサービスです

えっ?!
弁護士を選ぶのにサポート?
どうして?

それには、訳があります。

現在、弁護士の懲戒処分数は過去最高。

真面目に依頼者のために取り組む弁護士がいる一方、

●事件を放置する弁護士
●過大な報酬を請求する弁護士
●依頼者の意向を聞かない弁護士
●預かり金を横領する弁護士

なども多くなっているのです。

問題のある弁護士に依頼してしまうと、

●着手金は戻らない
●事件の処理はしてもらえない
●預かり金は返ってこない
●費用ばかり請求される

といったことになりかねません。

そうなった後で別の弁護士に依頼すると更に費用がかかり事件処理は遅れます。

それなら信頼できる弁護士を選べばいい。
でも、どうすればいいのでしょうか?

たくさんの弁護士に会って決める → 相談料ばかりかかってしまう!
ネットで探す → その情報、本当ですか?
知人に紹介してもらう → 不満があっても断りづらい

でも、心配いりません。
餅は餅屋。
弁護士選びには、弁護士を。
あなたの弁護士選びを神田のカメさん法律事務所がサポートします

「弁護士による弁護士選びのサポートサービス」は、

①調査
②同行
③アフターケア

という流れになっています

①調査

あなたの事件にふさわしい弁護士を複数選定します。
費用:2~10万円

②同行

弁護士に面会する際同行し契約締結等に関し助言します。
費用:1件につき1万円

③アフターケア

事件処理の状況を確認し必要に応じ助言します。
費用:1件につき2~10万円

300万円の損害賠償請求をする場合で費用のシミュレーションをしてみましょう(金額は一例です)

相場に近い例

・着手金 50万円
・成功報酬 50万円
(合計コスト 100万円)

・賠償金額 300万円

・差し引き +200万円

失敗例

・着手金① 50万円
(事件処理失敗。別の弁護士に依頼。)

・着手金② 50万円
(事件処理がまた失敗。)

(合計コスト 100万円)

・賠償金額 0円

・差し引き -100万円

本サービス活用例

・調査費 2万円
・同行費 1万円×3件=3万円
・初回相談料 1万円×3件=3万円

・着手金 30万円
(良心的価格での契約締結をサポートします。)
・成功報酬 30万円
(良心的価格での契約締結をサポートします。)

(合計コスト 68万円)

・賠償金額 300万円

・差し引き +232万円

満足のいく事件処理、プライスレス。
いい弁護士との出会い、プライスレス。

お問い合わせは神田のカメさん法律事務所まで。
http://www.kamesan-law.com/
03-5823-1507

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

弁護士に相談するのならば、角田(つのだ)由紀子弁護士か、太田真也弁護士のところへ行きましょう。
ほかに選択肢はありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その89)。個人事業主のかたも泣き寝入りをせず、地域ユニオンに相談をしましょう

最近は、セクハラ問題にとりくむ地域ユニオンの活動にふれています。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン
(88)2020年8月24日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性

言うまでもなく、地域ユニオンは、労働組合です。
労組が支援をおこなう対象は、労働者です。
ここで問題となるのは、個人事業主です。
個人事業主は労働法の対象となるのでしょうか。
3つの記事を参照します。

2004年11月15日 AERA

(2004年11月15日 AERA「失業率『改善』のまやかし 非正社員を切り捨てる」より、引用。)
(※当該記事は、G-Searchデータベースサービスに所蔵されています。)

<一部分を抜粋>
2004年11月15日 AERA

個人事業主として契約したのに、実態は被雇用者として働かせるケースも多い。
30代のシステムエンジニア(SE)の男性は、求人誌の広告を見て訪ねた派遣会社で、手取りが多いと勧められ、「個人事業主」の契約を結んだ。

——————————————————–

しかし、仕事の実態は派遣社員だった。
派遣先と雇用主との間には三段階の委託関係があり、これらの会社に数十万円単位で報酬からピンハネされる形だったという。

——————————————————–

派遣会社に訴えたら、人間関係がこじれ、逆に彼自身が契約を解除されてしまった。
02年8月、男性は訴訟を起こした。

——————————————————–

(男性)
個人事業主という働き方は、雇い主に雇用者としての負担がない分、働く側の手取りも増え、一見、双方にメリットがある。しかし、将来の計画が立てにくい不安定な働き方です。今回の事件のようにトラブルになっても、会社は雇用者ではないといって責任を逃れようとする

——————————————————–

職場復帰はできなかったが、「実態は労働者である」という主張が認められた形で、未払い賃金相当の210万円を支払わせ、03年10月に和解した。

——————————————————–

個人事業主であるからと言って、労働法が適用されない、ということはありません。
つぎは朝日新聞の記事です。

2020年6月4日 朝日新聞

(2020年6月4日 朝日新聞「えっ、私たち労働者じゃないの? 訴え続けた素人集団」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年6月4日 朝日新聞

労働者の権利を持たない「個人事業主」である英語教室の講師たちが「労働者」となる見通しが立った

——————————————————–

(略)同じ疑問を持った講師仲間が2018年に労働局に相談すると、返ってきた答えは「あなたたちは労働者じゃありません」。
労働者として当たり前だと思っていた権利をもたないまま働いていたことを知った。一体、私たちは何なのか。
「労働者として認めてほしい」
講師仲間と一緒に弁護士に相談すると、労働組合の結成を勧められた。
(略)「会社に訴える力になれば」と、わずか10人あまりの講師たちで2018年12月、大阪府寝屋川市の貸会議室で結成大会を開いた。
労組の基礎知識が書かれた府発行のパンフレットを読み、労組結成と団体交渉を求める通知を作って会社に送った。
団体交渉で、居並ぶ役員や管理職らと向き合った。

——————————————————–

個人事業主も労働組合をつくり使用者側と団体交渉をすることができる、ということがわかります。
朝日新聞の記事をつづけます。

正社員やパートなど雇用形態を問わずに加入できる労働組合「派遣ユニオン」(東京)によると、「名ばかり事業主」をめぐるトラブルは遅くとも2006年ごろには確認された。
訪問販売員や料理の配達員、学習塾講師らで、職種は多岐にわたる。
日本労働弁護団(事務局・東京)常任幹事の谷真介弁護士(大阪弁護士会)は「名ばかり事業主は多くの企業にとって、雇用の場合と異なり、保険料の支払い負担もない。簡単に契約を打ち切ることもできる『都合のいい働き手』として利用されている」と話す。
訴訟に発展したケースもある。大阪府内のリラクゼーションサロンで施術などを担当した3人が、店側を相手取り残業代などを求めた訴訟で、大阪地裁は昨年10月、勤務時間が拘束されていたことなどを理由に3人を労働者と認定した。
5月28日にはホテルチェーン「スーパーホテル」(大阪市)で業務委託契約で働いていたホテル支配人らが、実態はホテル側の指揮命令を受ける労働者だとして、運営会社を相手取り、労働者としての地位確認などを求める訴えを東京地裁に起こした。

——————————————————–

(略)使用者責任や社会保険の負担を逃れるために、あえて個人事業主として扱う企業がある。
請負や委託といった雇用以外の契約形式でありながら、実際には強い指揮命令下で働かせている場合だ。
労働者かどうかは実態で判断されるため、訴訟を起こせば労働者であると認められることはある。

——————————————————–

裁判にうったえるよりも、労働組合に加入して団体交渉をするほうが早く解決すると思います。
最後は、朝日新聞の別の記事をみてみます。

2019年7月30日 朝日新聞

(2019年7月30日 朝日新聞「吉本芸人、働き方改革は 『ギャラ1円』最低賃金保証なし… 労組結成訴える声も」より、引用。)

2019年7月30日 朝日新聞

芸能界は、事務所とタレントが専属契約を結ぶのが一般的だ。
雇用関係にある「労働者」ではなく、委託契約して、個人で直接仕事を請け負う「フリーランス」にあたる。
そのため、労働基準法で保護されず、最低賃金も保証されていない。
この動きに、
「労働組合を作り、団結して戦うべきです」
東京管理職ユニオン鈴木剛執行委員長は話す。
「事務所が封じ込めてきた不満の声が、SNSで発信できるようになった。芸能だけが特殊な世界という固定概念が崩れ始めている今がチャンス」
という。
権利が手厚く守られていないフリーランスでも、産業別の組合はつくることができる。

——————————————————–

東京管理職ユニオンの鈴木剛委員長は個人事業主に対して、労働者としての権利を主張すべき、とうったえています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

個人事業主のかたも泣き寝入りをせずに東京管理職ユニオンのような地域ユニオンにご相談をしてください。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その88)。独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説⑤。地域ユニオンの優位性

3日間にわたり、セクハラ問題に取り組む地域ユニオンの活動をみてきました。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン(※3日前)
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン(※2日前)
(87)2020年8月23日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン(※1日前)

(再掲)
あかし地域ユニオン
にいがたユニオン
連合福岡ユニオン

いずれも、独立行政法人 労働政策研究・研修機構主任研究員の呉学殊さんの論文を参照しました。

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

地域ユニオンは、厚生労働省の関係機関や警察が見放した事件も解決しています。
なぜこのようなことが可能となるのでしょうか。
上述の呉学殊さんの論文を引用します。

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

<29ページ>
2010年 呉学殊 主任研究員 

解決金は、 TI さん 120 万円、 KK さん 200 万円、そして NG さん 350万円であった。
ユニオンのセクハラ紛争解決能力が高くユニオンの存在意義は大きいと言えよう。
自主解決で紛争を解決したあかし地域ユニオン連合福岡ユニオンの共通点は、73のユニオンからなる「コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク」に加入していること、人脈が広いこと、長年ユニオンの活動を担ってきたことであり、特に連合福岡ユニオンの志水書記長の場合、ユニオンのプロとしての信条を持ち、解決能力を高めてきた。
その信条は、「我流労使交渉17カ条」と呼ばれるもので次の通りである。

連合福岡ユニオンの「我流労使交渉17カ条」

我流労使交渉17カ条

①服装、接する態度(礼儀正しく且つ堂々と)はとりあえず大切に。
ユニオンと交渉要員の説明。
②入り口で喧嘩しない。
③要求根拠は明確にし、交渉期限の目安を明示する。
④議論(口数)に負けない。
⑤省略。
⑥省略。
⑦相手側の弱点を徹底的に攻める。
⑧相手によって対応を変化する。ある時は理論的に、ある時はだだっ子のように単純な攻めを。
⑨省略。
⑩必要に応じ法律、判例等の知識をひけらかす。
⑪必要に応じ大衆行動、街頭宣伝等の力を誇示する。
⑫(筋の通らない主張の場合など)、その場で労働者を叱る。
⑬使用者の主張にある程度理解を示し、プライドは徹底的に潰さない。
⑭詰めの段階では労働者の要求をことさら強調する。そして許容する限度で要求を下げ、譲歩幅で使用者を納得させる(組合が行司役)。
⑮間を取る(休憩、次回交渉に回す)。その場合、宿題は持ち帰らない、相手に持ち帰らせる。
⑯平行線、決裂寸前のとき、相手側に解決(内容)を委ねる。
⑰弁護士を引き出す、または引き離す。

——————————————————–

2010年 呉学殊 主任研究員 

今回のセクハラ紛争解決にも
①(服装、接する態度【礼儀正しく且つ堂々と】はとりあえず大切に)、
②(入り口で喧嘩しない)、
③(要求根拠は明確にし、交渉期限の目安を明示する)、
⑧(相手によって対応を変化する。ある時は理論的に、ある時はだだっ子のように単純な攻めを)、
⑩(必要に応じ法律、判例等の知識をひけらかす)、
⑬(使用者の主張にある程度理解を示し、プライドは徹底的に潰さない)、
⑭(詰めの段階では労働者の要求をことさら強調する。そして許容する限度で要求を下げ、譲歩幅で使用者を納得させる【組合が行司役】。
が用いられて組合員の満足のいく解決を導き出したといえよう。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

もちろん、すべての紛争が団体交渉で決着するとはかぎりません。
一昨日みたKKさんの場合がそうでした。

(参考。当ブログ)
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン(※2日前)

<30ページ>
2010年 呉学殊 主任研究員 

ユニオンは、行政機関への同行、弁護士の紹介、裁判費用の全面支援はもちろんのこと、女性の執行委員をKKさんに配置する等の最大限の支援を行って、KKさんを安心させた。
その結果、労働審判の2回目の審議でKKさんの望む解決が実現したのである。
今まで何の関係もなかったKKさんに対し裁判費用の全面支援を決めた連合新潟の懐の広さ・財政力、連合新潟県央地協・連合新潟・にいがたユニオンの一連の連携という組織力がKKさんを泣き寝入りさせず、労働者としての尊厳を保つように紛争解決に寄与したといえよう。

<22ページ>

結果的に連合新潟は、弁護士費用の3分の2を負担し、KKさんが残りを負担した。

——————————————————–

団体交渉が決裂して、労働審判や裁判となる場合があります。
労働組合は被害者を途中で見捨てません。
団体交渉のつぎは、労働審判や裁判の支援をします。
ハラスメントの被害に遭ったかたは、まず、労働組合にご相談をすることをお勧めします。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その87)。独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説④と、連合福岡ユニオン

一昨日から、セクハラ問題と対峙する地域ユニオンのとりくみをみています。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン(※一昨日)
(86)2020年8月22日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン(※昨日)

本日もひきつづき、独立行政法人 労働政策研究・研修機構で主任研究員をされている呉学殊さんの論文を参照します。

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

本日は、3つ目の事例についてみてみます。

NGさんのセクハラ被害

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

2010年 呉学殊 主任研究員 

NGさんは、入社後、間もない(2003年)10月22日以降、ある部長(当時56歳)によるセクハラ被害に遭うことになる。

——————————————————–

NGさんは、以上のようなセクハラ被害のために、(2004年2月)23日から休職した。
会社は、今回のセクハラ問題を解決するために、次のように加害者に「謝罪および誓約書」を書かせるとともに、20万円の金銭的な補償等を行うことを決めて、それを伝えた。

——————————————————–

ところが、休職中の3月8日、別の部長(取締役部長)がNGさんの携帯電話に連絡し、「社長の温情であなたを採用した。セクハラの問題で社長を困らせるな。会社に迷惑をかけるな」と発言した。NGさんは、その電話で精神的なショックを受けて翌日薬を飲み、手首を切るなどの行為まですることになった。

——————————————————–

NGさんはその後、連合福岡ユニオンへ赴き、相談をします。

連合福岡ユニオン

2010年 呉学殊 主任研究員

連合福岡ユニオン)志水書記長は、NGさんに対するセクハラ行為が酷いこと、また、NGさんの被害が深刻であること、特に、二次被害で薬を飲み手首を切る行為に至るほどになったこと、さらには、今後、会社の再発防止への取組みを強く促すためにも、20万円の補償金は低いと判断した。

——————————————————–

連合福岡ユニオンは当該会社に対して団体交渉を申し入れました。

第1回目の団体交渉

2010年 呉学殊 主任研究員

第1回目の団交は、3月24日、行われ、ユニオンは書記長と書記次長、会社側は社長と総務部長、そして代理弁護士が出席した。
会社側は、この問題を早期解決したい、仕事の復帰は本人の意思を尊重する、慰謝料についてはユニオンから要求を出してほしいとの要請を行った。

第1回目の団体交渉のあと、連合福岡ユニオンと被害者のNGさんは、当該会社に対して要求書を提出しました。
要求書の内容は以下のとおりです。

2010年 呉学殊 主任研究員

第1に、解決金として6,266,330円(626万6千330円)を支払うことである。
その主な内訳は、慰謝料300万円、医療費223,850円、逸失利益3,042,480円であった。
第2に、社長と取締役部長の謝罪文の提出。
第3に、前記の要求への合意を前提に、NGさんは2004年3月31日付の会社都合退職をする、というものであった。

——————————————————–

すぐに第2回目の団体交渉がおこなわれました。

2010年 呉学殊 主任研究員

会社側は、以上の要求に対し、4月1日、第2回目の団交の席で、会社の業績が良くなく資金繰りに困難を抱えていること、また、加害者が多重債務者であり毎月約40万円の給料から13 万円を返済しているので当事者に解決金の支払い能力がないこと等の実情を挙げて減額の配慮を求め、250万円を提示した。
ユニオンは、NGさんと話し合いを行ったうえ、350万円を支払うように要求した。
その結果、4月、次のような協定書が取り交わされて同紛争は解決した。
1.NGさんは、会社の退職勧奨を受け入れ、2004年4月30日付で退職する。
2.会社は、NGさんの雇用保険遡及加入を行い、雇用保険受給資格を取得する手続きを行う。
3.会社は、加害者、二次被害者の取締部長及び会社がNGさんに対し謝罪文を提出したが、NGさんはそれを確認した。
4.会社は、本件紛争解決にあたりNGさんに解決金350万円の支払義務を認めて、2004年4月30日までに支払う等であった。
NGさんとNGさんの母親は、以上のような解決に大変満足し、ユニオンに感謝の意を表したという。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

弁護士に依頼して民事訴訟を提起すると、解決までに約2年程度の期間を要します。
労働組合の場合はどうでしょうか。

2010年 呉学殊 主任研究員

(略)今回の紛争は、NGさんがセクハラ被害のために休職してから約2カ月、ユニオンに相談して約1カ月という短期間に解決した。

解決の期間だけでなく、賠償金についても差異があります。
一般的に、民事裁判で勝訴しても、100万円前後の賠償金となることが多いようです。

2010年 呉学殊 主任研究員

NGさんが会社からの「今回の件に対する解決に向けての提案」をそのまま受け入れることもあり得たが、20万円の金額が妥当かどうかを疑ったことに鑑みると、被害を抑えるほどの補償になっていないと考えたとみられる。
最終解決金350万円は、会社提案額20万円の17倍にのぼる金額であり、それによってNGさんの被害がどれほど収まるかは計り知れないが、当初の会社提案額に比べると、NGさんの精神的な被害がより収まり、次の生活に前向きに取り組む環境は整ったとみられる。

労働組合はなぜ、安易な金額で妥協しないのでしょうか。

2010年 呉学殊 主任研究員

ユニオンの存在意義・高い解決能力は特記すべきである。ユニオンが会社提案よりも17倍多い補償額を払わせたことから解決能力の高さをうかがえる。その能力の高さは、「労働者を泣き寝入りさせない」という強い信念を持っている志水書記長の存在抜きには語れない。また、同書記長は、その信念を貫くために、長い間紛争解決活動を積み重ねてプロの境地に辿り着いた。

賠償金以外に、謝罪も重要です。
民事訴訟ですと、裁判に勝っても相手は謝罪しません。
賠償金を支払って、それでおわりです。

2010年 呉学殊 主任研究員

連合福岡ユニオン)志水書記長は、個別労働紛争の解決にあたり、当該紛争の解決にとどまらず、常に再発防止につながる解決策を模索している。今回の紛争では、そのために重い解決金を支払わせるだけではなく、二次被害を起こした取締役部長と社長に対し、謝罪文を書かせた。

——————————————————–

種々の面を勘案すると、労働組合に紛争の解決を依頼するのが最善であると考えます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その86)。独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説③と、にいがたユニオン

昨日のブログで、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の呉学殊主任研究員が執筆された論文にふれました。
当該論文の内容は、地域ユニオンが解決したセクハラ事件です。

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

ご覧のとおり、論文のタイトルは、
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–
です。
昨日は、1つ目の事例を参照しました。
本日は、2つ目の事例についてみてみます。

KKさんのセクハラ被害

(引用元)

PDF版
個人加盟ユニオンの紛争解決–セクハラをめぐる3つの紛争事例から–

2010年 呉学殊 主任研究員 

KKさんは、就職以来、院長に執拗なセクハラを受けていた。

——————————————————–

KKさんは、以上のような職場環境のせいで、2008年10月14日、朝、下痢や嘔吐などの症状があり、2007年11月頃から不眠症で通院していた病院に行き受診した。
「気分変調症で当分の間休養が必要」の診断書が出たため、10月末までに有給休暇をとった。

——————————————————–

こういう中、2009年1月19日、KKさんが朝出勤すると、突然病院の事務長に呼ばれて「2月20日付解雇通知書」を黙って渡された。

——————————————————–

院長に解雇理由などの説明を求めたが、満足な回答を得られないまま翌日から出勤することができず、そのまま、退職を余儀なくされた。

——————————————————–

KKさんは、行政に助けをもとめました。
行政側の対応は、昨日のブログでご紹介をしたTIさんの場合と同様でした。

行政側の対応

2010年 呉学殊 主任研究員 

(KKさんは)労働基準監督署、雇用均等室、また、労働局企画室という労働行政機関や3回も警察に相談し、紛争解決を求めた。
しかし、KKさんの納得できるような対応を得ることができず、次のような疑問を持ったという。
「私の言い分より相手の言うことを信じている感じで、納得しないといったら『証拠がないからね―』」といわれ、「自分の訴えを否定された感じがして途方にくれた」
とKKさんは語った。

——————————————————–

「途方にくれた」KKさんに手を差し伸べたのは、連合新潟が別につくっている地域ユニオンでした。

連合新潟 にいがたユニオン

2010年 呉学殊 主任研究員 

(略)連合新潟の山本アドバイザー(女性)がKKさんを全面的にバックアップすることになり、行政機関において要求が通らない場合、労働審判や裁判までも行うことをKKさんと話し合った。

——————————————————–

2010年 呉学殊 主任研究員 

連合新潟は、あっせん(労働局の紛争調整委員会のあっせん)打ち切りの当日、弁護士との相談を経て労働審判で訴えて、KKさんに関する紛争解決を図ることを決めた。
また、それに必要な費用を「職場の権利を守る援助基金(「連帯基金」といわれる。)」から支援することも確認した。
連合新潟から「弁護士さんはとてもやり手だから、大船に乗った気持でいればいいから」といわれて、KKさんは、「多分もう泣き寝入りすることはないだろう」と思った。
弁護士が労働審判の申し立て書を書き、8月12日の第1回目の労働審判に臨んだ。
院長は出席せず、代理人弁護士のみが出席し、60万円で解決したいとの意見を述べた。
KKさんは、院長がセクハラ行為を認めない、また、反省も示さないことに対し、納得できず、院側の提案を拒否した。
第2回目の労働審判は、9月30日に開かれた。
院長が出席し、セクハラの事実を認めて謝罪を行い、解決金として200万円を提示した。
KKさんは、院長から直接謝罪をもらったので、院長の提示額を受け入れることにした。
その結果、今回の紛争は、紛争発生から約9カ月が経って終結した。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤
(80)2020年8月11日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑥
(81)2020年8月13日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤美礼(さとうみゆき)さん
(82)2020年8月17日・・・・・・セクハラ被害者の東多江子さん(※脚本家)
(83)2020年8月19日・・・・・・厚生労働省関係の相談窓口の実情
(84)2020年8月20日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説①と、地域ユニオン
(85)2020年8月21日・・・・・・独立行政法人労働政策研究・研修機構の研究員の論説②と、あかし地域ユニオン

本日は、KKさんのセクハラ事例を参照しました。
kkさんは、紛争が解決したあと、つぎのようにのべています。

2010年 呉学殊 主任研究員 

KKさんは、このような紛争終結を受けて、「自分の人生をすごく振り回されたという思いでいっぱいだったが、泣き寝入りすることはなかったのですっきりした」という思いと同時に、「誰も信じられない気持ちだったんですが、連合新潟県央地協の佐藤事務局長と山本アドバイザーにすごく助けてもらって、それで、ああ、信じてもいい人たちもいるんだなという、本当にここに来られなかったら誰のことも信じられなくなっていただろうし、性格も悪くなっていくかも知れないし、頭が狂っていたか、自殺していたか、わからないですけれども絶対にいい方向にはいっていなかった」と言い、連合新潟は人への信頼を取り戻す、あるいは自殺を防止する役割をしたと感謝の意を表した。

地域ユニオンはまさしく、最後の砦(とりで)、です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ