月別アーカイブ: 2020年8月

「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」。政府はAV強要に対する啓発活動をさらに強化する意向です。併せて、香西咲さんたちAV強要被害者の早期の救済がもとめられます

2日前のブログのつづきです。
自民党は6月5日、政府に対して、性犯罪対策の強化に関する要望書を提出しました。

(参考)

 2020年6月5日
 自民党 司法制度調査会
 性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言

この提出から6日後(2020年6月11日)のことです。
政府は、対策案を発表しました。

(参考。性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議【第2回】

資料1(※性犯罪・性暴力対策の強化の方針【案】の概要)

資料2(※性犯罪・性暴力対策の強化の方針【案】)

資料3(※橋本聖子大臣のメッセージ)

本日は、自民党の要望政府の対策案を比較、対照してみます。

性犯罪・性暴力対策の抜本的強化

自民党の要望
<一部分を抜粋>
2020年6月5日 自民党 司法制度調査会

性犯罪は、被害当事者の人格や尊厳を著しく侵害し、その心身に長年にわたり多大な苦痛を与え続ける重大・悪質な犯罪であり、平成29年には、110年ぶりに性犯罪の構成要件を大幅に見直すなどの刑法改正が実現した。

もっとも、改正当時から、暴行・脅迫要件の撤廃や公訴時効の廃止など、更なる改正を求める声があるほか、法改正の施行後も、悲惨な性犯罪が後を絶たない中、平成31年3月の一連の無罪判決を契機として、被害者当事者らによるフラワーデモが開催され、その動きが全国に広がるなど、被害の実態と深刻さに改めて社会の目が向けられている。

  
政府案
<一部分を抜粋>
2020年6月11日 性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議
資料3【※橋本聖子大臣のメッセージ】)

私は、大臣就任以来、性暴力被害の当事者や支援団体の方々からお話を伺い、被害の実態や深刻さに、深く心を痛めておりました。

今、被害者の方が声を上げ、性暴力の根絶を訴えるフラワーデモが全国に広がるなど、性犯罪・性暴力の根絶を求める声が高まっています。
こうした切実な声を正面から受け止めて、性暴力被害という理不尽をなくしていくための具体的な政策を、関係者の力を結集して進めていくことが、私に課せられた責務です。

自民党の要望
<一部分を抜粋>
2020年6月5日 自民党 司法制度調査会

政府に対しては、今後3年間を「性犯罪・性暴力対策の集中強化期間」と位置付けて、関係府省庁が連携し、被害・加害の実態や被害者心理、子どもや障害の特性などを十分に踏まえ、刑事法の検討再犯防止被害者支援被害を未然に防ぐための教育啓発の各観点から、抜本的に対策を強化するため後記の各対策を盛り込んだ「強化方針」を策定し、即時に実行可能なものは速やかに実行に移すとともに、更に時間を要するものについても具体的なスケジュールを定め、必要な制度改正や予算確保を通じ、その効果を把握しながら、スピード感を持って強力に推進することを強く求める。

  
政府案
<一部分を抜粋>
2020年6月11日 性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議
資料3【※橋本聖子大臣のメッセージ】)

このため、令和2年度から令和4年度までの3年間を、「性犯罪・性暴力対策の集中強化期間」として、取組を抜本的に強化していくこととしました。
そして、その取組方針として、本日、私が議長を務め、内閣府・警察庁・法務省・文部科学省・厚生労働省の局長級からなる会議において、「性犯罪・性暴力対策の強化の方針」を取りまとめました。
政府としての決意と方針を示す、最初の一歩です。

——————————————————–

「性暴力は一つあるだけでも多すぎる」という認識の下、性暴力のない社会、誰一人取り残されない社会の実現に向けて、全力を尽くしてまいります。

——————————————————–

このあとは、個人的に気になっている箇所を見比べてみます。
まずはGPSの装着についてです。

自民党の要望
<一部分を抜粋>
2020年6月5日 自民党 司法制度調査会

(2)性犯罪の繰り返しをゼロにするための施策
【施策④】GPS機器の装着等の新たな手法の調査検討

従来の再犯防止のアプローチとの関係にも留意しつつ、より被害当事者の視点や「社会の目」を意識されて再犯を防止する観点から、令和3年度までに必要な経費を確保して、諸外国における最新の制度・運用や技術的知見を幅広く調査し、その結果を踏まえて、性犯罪により有罪判決が確定した者にGPS機器の装着を義務付けるなどの新たな手法について検討すること。

  
政府案
<一部分を抜粋>
2020年6月11日 性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議
資料2【※性犯罪・性暴力対策の強化の方針】)

(出所者情報の把握等による新たな再犯防止対策の検討)
刑事施設において、地方公共団体の求めに応じて、子供を被害者とする性犯罪者に対する再犯防止施策を行うために必要な情報の提供を行っている事例があることを踏まえつつ、必要な体制ができた地方公共団体に対しては、出所者に関する情報を含め、必要な情報提供ができることを、法務省から地方公共団体に明示する。

また、仮釈放中の性犯罪者等にGPS機器の装着を義務付けること等について、2年程度を目途として、諸外国の法制度・運用や技術的な知見等を把握し、その結果も踏まえて所要の検討を行う。

——————————————————–

一歩前進です。
GPSの装着は検討課題となりました。

つぎは、AV出演強要に対する啓発についてみてみます。

自民党の要望
<一部分を抜粋>
2020年6月5日 自民党 司法制度調査会

(5)教育・啓発活動を通じた社会の意識改革と予防
【施策⑫】社会全体への啓発の徹底強化

「相手への同意のない性行為はしてはならない」という社会の意識を醸成するとともに、AV強要等の問題にも対応するため、「女性に対する暴力をなくす運動」期間や入学・進学時期である毎年4月など、機会を捉え、広報啓発活動を徹底的に強化すること。

  
政府案
<一部分を抜粋>
2020年6月11日 性犯罪・性暴力対策強化のための関係府省会議
資料2【※性犯罪・性暴力対策の強化の方針】)

(社会全体への啓発) 【内閣府・警察庁・文部科学省・関係省庁】
「相手の同意のない性的行為をしてはならない」「性暴力はあってはならないものであり、悪いのは加害者である」という社会の意識を醸成することが大切であり、3年間の「集中強化期間」において、広報啓発活動を徹底的に強化する。

・令和2年11月の「女性に対する暴力をなくす運動」(11/12-11/25)において、「性暴力」をテーマとして、全国的な広報・啓発活動を強化する。

・毎年入学・進学時期である4月に実施している「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」について、若年層の性被害に関するより広い問題を広報啓発するのに適した時期であることから、令和3年4月から、若年層の性暴力被害予防のための月間とすることとし、性暴力の加害者、被害者、傍観者にならないことの啓発を徹底する。
具体的には、AV出演の強要やJKビジネスなどの問題の更なる啓発に加え、レイプドラッグの問題や相手の酩酊状態に乗じた性的行為の問題、セクシュアルハラスメント、痴漢など、若年層の様々な性暴力の予防啓発や性暴力被害に関する相談先の周知、周りからの声掛けの必要性などの啓発を行う。
さらに、大学等において、入学後のオリエンテーション等の機会に、相手の同意のない性的行為をしてはならないことや性暴力被害時の対応などに関する啓発の強化を促進する。

——————————————————–

政府はこれからも、AV出演強要に関する啓発活動をおこなっていく方針です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月28日

ありがとうございます。
今後の方針ばかりでこれまでの過去の被害を置き去りにされないか心配でなりません。

——————————————————–

同感です。
啓発活動と併せて、AV出演強要新法の早期の制定がもとめられます。
もちろん政府にとっては、言わずもがな、なのでしょうけれども。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その81)。日本キャリア・コンサルタント協会の佐藤美礼さん「私は独りぼっちじゃない」

6回に渡りまして、セクハラの被害に遭った佐藤香(さとうかおり)さんの生き方をみてきました。
佐藤さんは現在、セクハラ問題を重点的にあつかうパープル・ユニオンの委員長をされています。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん
(80)2020年8月10日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん

佐藤香(さとうかおり)さんと同じ名字で、佐藤美礼(さとうみゆき)さんというかたがいらっしゃいます。
NPO日本キャリア・コンサルタント協会の理事をされています。

(参考。日本女性学習財団のホームページ)
佐藤美礼(さとうみゆき)さんのプロフィール

日本経済新聞の記事を参照します。

(2019年6月14日 日本経済新聞「声あげても救われない ハラスメント被害者、再起に壁」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2019年6月14日 日本経済新聞 

「被害者が会社で相談すること自体、とても勇気がいる。同じ会社で働き続けたい人ほど苦しむ」。NPO日本キャリア・コンサルタント協会理事で、職場のハラスメントに遭った人のキャリア再起を支援する佐藤美礼さんはこう話す。

——————————————————–

佐藤さん自身、10年以上勤めた会社でハラスメントに巻き込まれた。
それでも仕事に愛着があったから、苦痛でもタクシーで出社する生活を続けた。
適応障害から鬱を発症。
体重は10キロ落ち、円形脱毛症に悩まされた。
退職後、公務員を経て現在はキャリアの挫折に悩む人のためのセミナーなどを開く。
「ハラスメントを申し立てた後も人生は続く。キャリアを立て直すための社会的支援はあまりにも脆弱」と訴える。

——————————————————–

佐藤美礼(さとうみゆき)さんも、以前、セクハラの被害に遭いました。
NPO日本キャリア・コンサルタント協会のホームページに、佐藤美礼(さとうみゆき)さんのインタビュー記事が掲載されています。
みてみます。

佐藤美礼(さとうみゆき)さんのセクハラ被害

(2019年6月4日 NPO日本キャリア・コンサルタント協会「『キャリアの挫折』を『転機』に変えるプロフェッショナル 佐藤美礼【キャリア再起コンサルタント】」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2019年6月4日 佐藤美礼(さとうみゆき)さん 

(略)父母を看取り、ようやく悲しみも癒えて、これからは自分の人生を・・・という矢先、セクハラ問題で就業困難に陥ったのです。

——————————————————–

私が落ちたどん底は、現代の「無縁地獄」だったのかもしれません。

——————————————————–

ある日、もう限界だと弁護士に相談したら、身体がガタガタ震えて涙が止まらなくなり、そのままドクターストップになりました。
号泣しながら「助けてください」と初めて言葉にできた時、自分は職場で毎日これほどの恐怖に耐えていたんだと愕然としました。
自分を殺して我慢を続け、心が壊れていたことに気づきませんでした。

——————————————————–

セクハラは、女性の精神を破壊します。

2019年6月4日 佐藤美礼(さとうみゆき)さん 

私は、薬ではなく、認知を変えることで回復しました。

——————————————————–

佐藤美礼(さとうみゆき)さんはどのようにして深淵(しんえん)から舞い戻ったのでしょうか。

2019年6月4日 佐藤美礼(さとうみゆき)さん 

私は、「メンタル不調になった自分は、もう終わりだ」と絶望していました。
でも、どん底にうずくまったまま、「二度とやり直しができない」と自分に呪いをかけているのは、私自身だと気づいたのです。

——————————————————–

母は癌や難病と闘いながら、真冬でも夜明け前から水仕事で働き、私の学費を稼いでくれました。
母の苦労が私のキャリアの礎だと改めて気づき、凄烈な怒りが湧きました。
「ハラスメント問題で私のキャリアを潰すことは、母の命を踏みにじる行為だ」と。
同時に、亡き恩師や学生時代の友人、父母の介護でお世話になった方々など、これまで私を支えてくれた人たちを次々に思い出し、感謝で胸が一杯になりました。
私の人生は大勢の人たちのおかげでここにある。
私は独りぼっちじゃない。
もう一度、人生を立て直そうと決めたのです。

——————————————————–

自分で心のシャッターを下ろしていた。
手を差し伸べてくれる人は何人もいたんです。
認知を変えると、それが見えてきました。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

——————————————————–

この世には、カネでなく正義感でうごいているひとたちが存在します。

(例)
弁護士 = カネ(「地獄の沙汰も金次第」)
地域労組 = 正義感

地域労組は、困難な問題と向かい合ってくれます。
ちなみに、地域労組のなかで最強なのは、東京管理職ユニオンです。
一度、訪ねてみることをお勧めします。

上述のインタビュー記事のなかで佐藤美礼(さとうみゆき)さんはこうおっしゃっています。
私は、挫折を乗り越えた方々に『この経験を強みと誇りにしてください』と伝えています
堂々と生きて行けば良い
見事に立ち上がり、しなやかに生きる強さを得たのですから

と。

セクハラの場合は、泣き寝入りさえしなければかならず被害を回復することができます。
佐藤美礼(さとうみゆき)さんがおっしゃるように、被害者のかたはひとりでありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

先日、自民党は、「性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言」をとりまとめました。世の中は香西咲さんたち被害者が望む方向にうごいているようです

いまから約2か月前(2020年6月5日)のことです。
自民党の司法制度調査会は、性犯罪の施策に関する提言をとりまとめました。
ちなみに、同調査会の会長は、上川陽子衆議院議員です。

(参考。上川陽子衆議院議員)
・2007年8月27日~2008年8月2日 男女共同参画担当大臣
・2014年10月21日~2015年10月7日 法務大臣
・2017年8月3日~2018年10月2日 法務大臣

上述の提言のなかから、一部を抜粋します。

自民党
 性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言

(2020年6月5日 自民党 司法制度調査会「性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年6月5日 自民党 司法制度調査会

1 平成29年刑法改正後の政府の取組の現状と今後の方針
性犯罪は、被害当事者の人格や尊厳を著しく侵害し、その心身に長年にわたり多大な苦痛を与え続ける重大・悪質な犯罪であり、平成29年には、110年ぶりに性犯罪の構成要件を大幅に見直すなどの刑法改正が実現した。
もっとも、改正当時から、暴行・脅迫要件の撤廃や公訴時効の廃止など、更なる改正を求める声があるほか、法改正の施行後も、悲惨な性犯罪が後を絶たない中、平成31年3月の一連の無罪判決を契機として、被害者当事者らによるフラワーデモが開催され、その動きが全国に広がるなど、被害の実態と深刻さに改めて社会の目が向けられている。
様々な調査で、性犯罪・性暴力は、面識のある相手からの被害が多いことが明らかになっているが、その中でも、特に、親や祖父母、兄弟等の親族による長期にわたる性的虐待、教師やコーチなど指導者による教え子への性犯罪、施設職員による入所者からの性的搾取といった卑劣な事案において、未成年者や障害者など弱い立場に置かれた者が、その脆弱さや環境ゆえに被害に遭い、被害申告や証言が難しいため適切な処罰がなされないことはあってはならない。
性犯罪・性暴力の撲滅に向けた社会的な機運が更に高まりを見せているが、今なお、声を上げられずに泣いている被害者が大勢おり、性被害の全体像は必ずしも明らかになっていないことを認識する必要がある。
改正法の附則は、政府に対し、改正法の施行後3年を目途として、性犯罪の事案の実態に即した対処を行うための施策の在り方について検討を加え、所要の措置を講ずることを求めている。
これを受けて、法務省では、実態調査ワーキンググループによるヒアリングや調査研究の結果が取りまとめられ、刑事法の在り方を検討する「性犯罪に関する刑事法検討会」の開催が決定された。
本年7月に改正から3年を迎えようとする中、政府では、4月に内閣府特命担当大臣(男女共同参画)を議長とし、内閣府・警察庁・法務省・文部科学省・厚生労働省が参画する関係府省会議が立ち上げられ、性暴力・性犯罪対策を抜本的に強化するための取組について検討が進められている。
性犯罪・性暴力の根絶に向けた社会的機運が高まる中、今回の機会はターニングポイントというべき重要な機会である。
政府に対しては、今後3年間を「性犯罪・性暴力対策の集中強化期間」と位置付けて、関係府省庁が連携し、被害・加害の実態や被害者心理、子どもや障害の特性などを十分に踏まえ、刑事法の検討再犯防止被害者支援被害を未然に防ぐための教育啓発の各観点から、抜本的に対策を強化するため後記の各対策を盛り込んだ「強化方針」を策定し、即時に実行可能なものは速やかに実行に移すとともに、更に時間を要するものについても具体的なスケジュールを定め、必要な制度改正や予算確保を通じ、その効果を把握しながら、スピード感を持って強力に推進することを強く求める。

——————————————————–

(再掲。性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言)
刑事法の検討、再犯防止、被害者支援、被害を未然に防ぐための教育啓発

当該緊急提言の大項目は、
「刑事法の検討」、
「再犯防止」、
「被害者支援」、
「被害を未然に防ぐための教育啓発」
です。

(再掲。性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言)
後記の各対策

各対策は、以下の5本の柱12の施策からなります。

刑事法の検討
(1)刑事法の在り方・運用の検討とその成果の実現(※内容は省略。)
【施策①】刑事法の在り方の検討と法整備に向けた取組(※内容は省略。)
【施策②】刑事法の運用の在り方の検討と実施(※内容は省略。)
——————————————————–

再犯防止
(2)性犯罪の繰り返しをゼロにするための施策(※内容は省略。)
【施策③】性犯罪者に対する専門的なプログラムの拡充(※内容は省略。)
【施策④】GPS機器の装着等の新たな手法の調査検討

従来の再犯防止のアプローチとの関係にも留意しつつ、より被害当事者の視点や「社会の目」を意識されて再犯を防止する観点から、令和3年度までに必要な経費を確保して、諸外国における最新の制度・運用や技術的知見を幅広く調査し、その結果を踏まえて、性犯罪により有罪判決が確定した者にGPS機器の装着を義務付けるなどの新たな手法について検討すること。

(再掲。)
性犯罪により有罪判決が確定した者にGPS機器の装着を義務付ける

個人的には、上述のGPSに関する記述が気になります。
以前、当ブログでは、GPSについて言及したことがあります。

(参考。当ブログ)
<「性犯罪者にGPSを」>
2018年9月25日(その1)
2018年9月26日(その2)
2018年9月27日(その3)
2018年9月28日(その4)
2018年9月29日(その5)
2018年9月30日(その6)
2018年10月1日(その7)
2018年10月2日(その8)
2018年10月3日(その9)
2018年10月4日(その10)
2018年10月5日(その11)
2018年10月6日(その12)

性犯罪で有罪になったやつらにはぜひ、GPSを装着してほしいものです。
自民党の提言をつづけます。

被害者支援
(3)被害申告・相談をしやすい環境の整備(※内容は省略。)
【施策⑤】被害届の即時受理の徹底(※内容は省略。)
【施策⑥】女性警察官の配置促進等(※内容は省略。)
【施策⑦】被害者がワンストップ支援センターへつながるための体制強化(※内容は省略。)

(4)切れ目のない手厚い被害者支援の確立(※内容は省略。)
【施策⑧】ワンストップ支援センターと病院等地域の関係機関との連携強化(※内容は省略。)
【施策⑨】中長期的な支援体制の確立と被害当事者の負担軽減(※内容は省略。)
——————————————————–

被害を未然に防ぐための教育啓発
(5)教育・啓発活動を通じた社会の意識改革と予防(※内容は省略。)
【施策⑩】年齢に応じた「生命の安全教育」の推進(※内容は省略。)
【施策⑪】わいせつ行為等に及んだ教員への対処の厳格化(※内容は省略。)
【施策⑫】社会全体への啓発の徹底強化

「相手への同意のない性行為はしてはならない」という社会の意識を醸成するとともに、AV強要等の問題にも対応するため、「女性に対する暴力をなくす運動」期間や入学・進学時期である毎年4月など、機会を捉え、広報啓発活動を徹底的に強化すること。

自民党は、提言の一番最後の項目で、AV強要に言及しました。
「AV強要に対する広報啓発活動を徹底的に強化せよ」
と。
——————————————————–

(再掲)
2020年6月5日 自民党 司法制度調査会「性犯罪・性暴力対策の抜本的強化を求める緊急提言」

自民党は3日後、法務大臣に上述の提言を提出しました。
法務省のホームページを参照します。

(2020年6月8日 法務省「フォトニュース」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年6月8日 法務省

令和2年6月8日(月)、森大臣は、自由民主党政務調査会司法制度調査会の上川会長らと面会し、性犯罪に関する刑事法の在り方・運用を検討しその成果を実現させることや、性犯罪の繰り返しをゼロにするための施策の実施等を求める緊急提言を受け取りました。

——————————————————–

緊急提言を受け取る森大臣

左から、村井英樹衆議院議員、奥野信亮衆議院議員、森まさこ大臣、上川陽子衆議院議員、赤澤亮正衆議院議員、門山宏哲衆議院議員

緊急提言を受け取った森大臣は、「強力、スピーディーに検討を進め、政府全体で取り組みたい」旨述べました。

——————————————————–

森まさこ法務大臣は、6月8日に、
強力、スピーディーに検討を進め、政府全体で取り組みたい
とのべました。
3日後の6月11日、政府は、性犯罪対策に関するあらたな方針を発表しました。
この方針の内容につきましては、あさって(2020年8月14日)のブログでご紹介をさせていただきます。
明日は別の話題(セクハラ問題)について書く予定です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年1月3日

(前略。)
日本は本当に自覚の無いジェンダー後進国ですね。
そこでお願いしたい事がございます。強姦罪と強要罪の時効を延ばし、処罰も重くして頂きたいのです。
私自身の経験からも切に思う事です。

未来の若者達の為にどうかご検討をお願い致します。

——————————————————–

世の中はいま、香西咲さんが願っている方向にうごいています。
あともうすこしです。
がんばりましょう。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その80)。佐藤香さん⑥。「死にたいほど苦しくても生きることを選んだ私の人生です」

巷間、セクハラの被害に遭った女性はこころに傷を負う、と言われています。
ぼくは男性なので、そのあたりのことはよくわかりません。
実際にはどのような症状となるのでしょうか。
佐藤香(さとうかおり)さんの場合をみてみます。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)
(79)2020年8月9日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん⑤

佐藤香(さとうかおり)さんは以前、セクハラの被害に遭いました。

佐藤香(さとうかおり)さんがうけた傷

(2011年8月5日 北海道ウイメンズ・ユニオン「女性労働者の集いより ―セクハラ労災行政訴訟認定 原告・佐藤香さんの発言―」より、引用。)

<一部分を抜粋>
佐藤香(さとうかおり)さん

インストラクターとして一緒に仕事を組み、上司のことを相談していた同僚に、「ねぇ、これってセクハラだよ。」と言われて初めて「セクハラ」という言葉を意識し始めました。
私の異変に気付き、同僚に勧められるがまま初めて行った心療内科では、「適応障害」「強迫性障害」「抑うつ状態」と病名がつきました。

——————————————————–

精神状態は悪化していきました。

——————————————————–

退職をする頃には、仕事にも集中できず、乖離が始まっていました。記憶のない中、買っていた「ナイフ」や「ロープ」。

——————————————————–

精神的に追い詰められていく中で、今でも鮮明に覚えている景色があります。真っ赤に染まった夕焼けです。

——————————————————–

「二度とこの景色を見ることはない」と思って、最後の景色として目に焼き付けた夕焼けです。
悪夢にうなされて、冷や汗で目が覚めて、体の震えがとまらず、ベッドで寝ることができなくなっていきました。
堅いフローリングの床で体に痛みを感じながら浅い眠りについて、このまま、目を開けあけることがなければいいと思いました。
でも、必ず、朝はやってきて、また、1日を生きなければなりませんでした。
大好きだった花も音楽も消えていきました。
部屋のカーテンも開けられなくなりました。
男性との接触を避け、病院の待合室でさえ、男性の姿があると、車に逃げ込み、時間になると携帯を鳴らしてもらって診察を受けていました。
記憶のない時間が増えていき、生きることも辛くて、死ぬこともできない毎日でした。

——————————————————–

佐藤香(さとうかおり)さんは、泥濘にはまり、身動きがとれなくなりました。
だれも助けてはくれません。

佐藤香(さとうかおり)さん

(略)助けを求めたあらゆる機関が私の目の前でシャッターを下ろしていきました。

——————————————————–

佐藤香(さとうかおり)さんは最後に、地域ユニオンを訪ねました。

佐藤香(さとうかおり)さん

北海道ウィメンズ・ユニオン」だけは、私を受け入れてくれました。真剣に私の話を聞いてくれました。

——————————————————–

帰りの車の中で「わかってくれる人がいた。もう少し、生きてみよう」と自分に言いました。

——————————————————–

ほかにも、佐藤香(さとうかおり)を救ってくれる存在がありました。

佐藤香(さとうかおり)さん

そして、もう一つ、同じようにセクハラ被害当事者の方々との出会いが私の力になりました。
一人じゃないという思いが、諦めないという気持ちに変わっていきました。

——————————————————–

最初の頃は、自分の被害状況を話すことで精いっぱいでしたが、今は、出会った被害当事者と共にいるという思いで発言をしています。今もそうです。

——————————————————–

「セクハラ」で自分の人生を奪われたと思ったこともありました。
でも、「セクハラ」の理解がされないがために負った心の傷や、いまだに消えない自傷行為の傷跡も全てが自分の人生だと今は、受け止めています。
死にたいほど苦しくても生きることを選んだ私の人生です。

——————————————————–

佐藤香(さとうかおり)さんは、被害者の方々に対して、つぎのようにうったえています。

佐藤香(さとうかおり)さん

今まさに、闘いの中にある被害当事者の方々に伝えたい言葉があります。
一人で抱え込まないでください。
決して、一人ではありません。
私は、一人一人の声が大きな力になることを確信しています。
だから、「一緒に」「共に」繋がりたいと思っています。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

——————————————————–

(再掲。佐藤香さん)
『一緒に』『共に』繋がりたいと思っています

上述の佐藤香(さとうかおり)さんは現在、パープル・ユニオンという地域労組の委員長をされています。

ちなみに、地域労組のなかで最強と言われているのは、東京管理職ユニオンです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV出演強要。全国消費生活相談員協会が政府へ出した要望書をみてみます。あらためて、AV出演強要問題は国の重要施策である、ということがわかりました

消費者委員会は定期的に、
消費者委員会に寄せられた要望書・意見書・声明文
を公表しています。
前回公開された資料をみますと、AV出演強要に関する記述があります。

2019年12月31日
 消費者委員会
 消費者委員会に寄せられた要望書・意見書・声明文等一覧(10月分~12月分)

AV出演強要に関する部分を参照します。

消費者委員会
 消費者委員会に寄せられた要望書・意見書・声明文

(2019年12月31日 消費者委員会「消費者委員会に寄せられた要望書・意見書・声明文等一覧(10月分~12月分)」より、引用。)

発信者

(公社)全国消費生活相談員協会
理事長 増田 悦子

件名

地方消費者行政の充実・強化のための要望書

要望書・意見書等のポイント

令和元年11月15日に開催した「地方消費者行政の充実・強化のためのシンポジウム」での議論、意見を踏まえて、以下のとおり要望する。

1 地方自治体への国からの恒常的な財政支援を要望する。

国の重要施策としての訪日・在日外国人向け相談窓口の整備、放射性物質に係る食品の風評被害の払拭のための取組、公益通報者保護制度の推進、ギャンプル等依存症対策に係る取組、AV出演強要問題なども、これまで受け付けてきた消費者問題よりも広い範囲となる。

こうした消費者行政の業務の範囲や性格の変化に応じて、財源面における国としての相応の役割が求められる。国からの恒常的な財政支援を要望する。

消費者委員会などへ上述の要望を出したのは、全国消費生活相談員協会です。

(参考)
全国消費生活相談員協会

全国消費生活相談員協会は、昨年(2019年)の11月15日に、シンポジウムを開催しました。

全国消費生活相談員協会
 シンポジウム

(参考)
本部公開シンポジウム 地方消費者行政の強化・充実の実現のために ~行政、事業者、消費生活相談員の役割を考える~

(※下図は、全国消費生活相談員協会のホームページより。)

全国消費生活相談員協会は、当該シンポジウムで出された意見を集約して、政府に要望書を提出しました。

全国消費生活相談員協会のホームページより、引用。)

全国消費生活相談員協会

本協会では、令和元年11月15日に「地方消費者行政強化充実の実現のために~行政・事業者・消費生活相談員の役割を考える~」をテーマにシンポジウムを開催しました。

そこでの意見、議論を踏まえて、11月26日に要望書を提出しました。
ぜひご確認ください。

(再掲。全国消費生活相談員協会)
意見、議論を踏まえて、11月26日に要望書を提出しました

当該要望書をみてみます。

全国消費生活相談員協会
 地方消費者行政強化充実のための要望書

(2019年11月26日 全国消費生活相談員協会「地方消費者行政強化充実のための要望」より、引用。)

(※下図は、提出先)

<一部分を抜粋>
2019年11月26日 全国消費生活相談員協会

1 地方自治体への国からの恒常的な財政支援を要望します。
全国の消費生活相談員は、消費生活センター等で受け付けた消費生活相談を、個別の被害回復をするとともにPIO-NETに入力します。
その情報により、国は国民に対する注意喚起、事業者への行政処分、必要な法律の制定、法律改正等を行っています。
インターネットの普及、グローバル化により、全国的に同じ被害が発生することが多く見られ、国からの情報発信、行政処分が効果を発揮しています。
PIO-NETへ入力する際には、国民生活センターのルールに則ることになりますが、そのルールは社会の変化や消費者トラブルを反映して日々改定、追加されています。
また、単に相談内容と助言・あっせん内容を記録するだけでなく、消費者被害の拡大防止や未然防止のための情報発信や行政処分のための根拠となること、現状の法律では規制できない問題が多発した場合には法律改正の根拠となることを意識して入力しています。
国の政策・制度の立案のみならず、執行においても、地方自治体が収集する情報が基礎になっています。
国が消費者行政を実施するにあたり、必要な基礎情報を地方自治体が国の代わりに収集しているといえることから、地方自治体の業務の整備については国の役割が大きいと考えます。
さらに、国の重要施策としての訪日・在日外国人向け相談窓口の整備、放射性物質に係る食品の風評被害の払拭のための取組、公益通報者制度の推進、ギャンブル等依存症対策に係る取組、AV出演強要問題なども、消費生活相談員は消費者から直接相談を受ける立場であり、国の重要施策の適切な遂行のための一翼を担うことになります。
それは、これまで受け付けてきた消費者問題よりも広い範囲となります。
今後も、国全体の消費者行政において、地方自治体の消費生活相談が果たす役割がますます増えていくと思われます。
こうした消費者行政の業務の範囲や性格の変化に応じて、財政面における国としての相応の役割が求められるのではないでしょうか。
そのための国からの恒常的な財政支援を要望します。

——————————————————–

(再掲。全国消費生活相談員協会)
国の重要施策
AV出演強要問題

あらためて、AV出演強要問題は国の重要施策である、ということがわかりました。
こうした国の方針は末端の機関まで浸透している。
このことも再認識できました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月7日

(前略。)
私は行ける所まで頑張るのみです。
今後は友達関係や家族関係…
再構築していきたいな。

香西咲さんたちAV出演強要の被害者の方々の勇気が、世の中を変えました。
政府によるさらなる施策の推進を期待しております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その79)。佐藤香さん⑤。「一人で抱え込まないでください。決して、一人ではありません」

一昨日、セクハラの被害に遭われたかたの手記の一部を引用しました。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①
(78)2020年8月7日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン②(警察庁のHPに掲載された被害者のかたの手記)

当該手記は、警察庁のホームページに掲載されました。
被害者に遭われたM・Aさんは、北海道ウィメンズ・ユニオンの助力をうけて、加害者側と闘いました。

過日の当ブログでふれた佐藤香(さとうかおり)さんについても同様です。
北海道ウィメンズ・ユニオンに命を救われました。

(参考。当ブログ)
<佐藤香(さとうかおり)さんについて>

(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④

佐藤かおりとともにあゆむ会が、ツイッターに、佐藤香(さとうかおり)さんの手記を掲載しています。
参照します。

佐藤香(さとうかおり)さん
 ~私のセクハラ労災認定訴訟

私のセクハラ労災認定訴訟1

私の周りにはいつも笑顔がありました。私の心の中にも笑顔がありました。親しい友人や同僚とお腹がよじれるほど笑ったり、恋愛話で盛り上がったり、いつも部屋には花を飾っていました。仕事も大好きでした。これが私の35歳までの人生です。

私のセクハラ労災認定訴訟2(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟3

「二人きりで食事に行こう」「一緒に旅行しよう」と執拗に誘われ「俺のことがそんなに嫌いか?」と問い詰められました。そして業務上での様々な嫌がらせ。しょっちゅう手を握ってきました。手に唇を押し付けられました。どんなに避けても続きました。

私のセクハラ労災認定訴訟4(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟5(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟6

私の異変に気付き、同僚に勧められるがまま初めて行った心療内科では、「適応障害」「強迫性障害」「抑うつ状態」と病名がつきました。主治医が男性だったこともあり、セクハラ被害を打ち明けることはできませんでした。

私のセクハラ労災認定訴訟7(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟8(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟9(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟10(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟11

思い余って、派遣会社や派遣先にも相談しました。何の対応もされませんでした。それどころか、派遣会社に相談した数日後、事務手続きをしていた派遣会社の担当者に「支店長が佐藤さんのことを正直者は馬鹿を見る」って言っていたよ。と言われました。

私のセクハラ労災認定訴訟12

退職をする頃には、乖離が始まっていました。派遣会社からは「病気で入院する以外の欠勤は認めない」と言われていました。ある日、買った覚えのないナイフやロープが鞄に入っていました。記憶のない中で行われた「死ぬ準備」。私は退職を決意しました。

私のセクハラ労災認定訴訟13(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟14(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟15(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟16(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟17(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟18

勤務先に相談しても対応されず、弁護士相談では「何の証拠もないのであなたが傷つくだけだから裁判は勧めない。労働問題に関わっている弁護士も少ない。」と言われました。

私のセクハラ労災認定訴訟19

医療機関では「なぜ、嫌だと言えなかったの?」「相談できる友人はいないの?」と問いただされました。

私のセクハラ労災認定訴訟20

労基署では、「セクハラの労災認定は難しい」と窓口で説明を受け、助けを求めたあらゆる機関が私の目の前でシャッターを下ろしていきました。

私のセクハラ労災認定訴訟21

その頃、病院の受付で目にしたのが一枚のカードです。セクハラの相談ができることを知って電話をしました。「北海道ウィメンズ・ユニオン」だけは、私を受け入れてくれました。真剣に私の話を聞いてくれました。

私のセクハラ労災認定訴訟22(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟23

セクハラを受けた事実に戸惑い、自分が精神疾患になったことに戸惑い、自分の身に起きた事を受け入れるのにも時間がかかりましたが、今度は団体交渉、民事訴訟、労災の申請といった、自分には無縁と思っていた未知の経験がはじまりました。

私のセクハラ労災認定訴訟24(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟25(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟26(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟27

セクハラとは「性暴力」です。被害者の多くは加害者のいる職場で働き続けることはできず、退職を余儀なくされます。精神的後遺症で再就職もままならず、生活は困窮し、生存権も脅かされる。なのに労災はなかなか認められませんでした。

私のセクハラ労災認定訴訟28(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟29(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟30(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟31(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟32

行政訴訟に踏み切った、もう一つの大きな理由、それは同じようにセクハラ被害当事者の方々との出会いでした。一人じゃないという思いが、諦めないという気持ちに変わっていきました。

私のセクハラ労災認定訴訟33(その1)

この間、厚生労働省が「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」で、「セクシュアルハラスメント事案に係る分科会」を設け、セクシュアルハラスメントが積極的に労災認定されるように基準の見直しが始まりました。

私のセクハラ労災認定訴訟33(その2)

2011年3月、裁判は、原処分庁が労災の不支給決定の変更し、事実上、労災が認められる結果となりました。

私のセクハラ労災認定訴訟34(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟35(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟36(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟37(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟38(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟39(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟40(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟41(省略)
私のセクハラ労災認定訴訟42(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟43

でも、「セクハラ」の理解がされないがために負った心の傷や、いまだに消えない自傷行為の傷跡も全てが自分の人生だと今は、受け止めています。死にたいほど苦しくても生きることを選んだ私の人生です。

私のセクハラ労災認定訴訟44

初めて北海道ウィメンズ・ユニオンの函館の事務所で相談をした時に感じた安心感を忘れません。帰りの車の中で「わかってくれる人がいた。もう少し生きてみよう」と自分に言いました。

私のセクハラ労災認定訴訟45

団体交渉や民事裁判、行政訴訟に至っては、提訴に踏み切ることを決めたのが、時効になる当日でした。弁護士も決まらないまま、支援者の方が裁判所に走って下さったことを後になって知りました。

私のセクハラ労災認定訴訟46

支援をして下さった方々に伝えたい言葉があります。抜け道のない不安の中を生き抜いて、今、私はしっかりと自分の足で自分の人生を生きています。そう実感できたのは、どんな時も私の心の力を信じてくれたからです。

私のセクハラ労災認定訴訟47

きっと忘れないだろうと思う景色があります。2011年の春に見た「桜」です。 春の匂いを思いっきり吸いこんでの底から「本当にきれいだな。」と見上げた「桜」です。感情を麻痺させなければ生きてこられなかった私の人生が色を取り戻し始めました。

私のセクハラ労災認定訴訟48(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟49

今まさに、闘いの中にある被害当事者の方々に伝えたい言葉があります。一人で抱え込まないでください決して、一人ではありません。私は、一人一人の声が大きな力になることを確信しています。だから、「一緒に」「共に」繋がりたいと思っています。

私のセクハラ労災認定訴訟50(省略)

私のセクハラ労災認定訴訟51

当事者こそが専門家。紛れもなく、私たち一人一人の声が、国を動かし、社会を変えてきました。今こそ私たち当事者が主体者となって、社会的課題の解決に取り組む必要があると思っています。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

——————————————————–

(再掲。佐藤香さん)
一人で抱え込まないでください。決して、一人ではありません

地域ユニオンは被害者と共に闘ってくれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

このたびAV人権倫理機構は、あるAVプロダクションの除名を公表しました。香西咲さんたちAV強要被害者の方々の告発は、いまでも多くの女性を救っています

先週、AV人権倫理機構は、世の人々の虚を衝く事実を公表しました。
内容は以下のとおりです。

(2020年7月30日 AV人権倫理機構「TOPICS」より、引用。)

2020年7月30日 AV人権倫理機構

ピースプロモーション除名について
当機構会員団体 第二プロダクション協会(略称 SPA)に所属しておりました有限会社ピースプロモーション(取締役 林裕隆/プロダクション名 ピースプロモーション)は、当機構理事会での審議、SPAへの指導の結果、2020年5月22日付にてSPAから除名処分を受けました。
この措置に伴い、有限会社ピースプロモーションは適正AV業界の枠外事業者となりましたことを、ご報告させていただきます。

——————————————————–

(参考。ウィキペディア)
有限会社ピースプロモーション

ぼくは、上述のAV人権倫理機構の記事を読んで、目を瞠(みは)りました。
AV人権倫理機構が傘下のAVプロダクションを放逐したー
これまでの同機構の振る舞いからは考えられない所行です。
同機構が過去におこなったAVプロダクションへの対応をふりかえってみます。

いまから2年前(2018年)のことです。
AVスカウトが逮捕された事件がありました。

AVスカウト4人が逮捕される
(参考。当ブログ)

2018年3月2日

逮捕された4人のうち、3人が起訴されました。
その後、逃走していたもうひとりの男が逮捕されました。

さらにAVプロダクションの社長が逮捕される

逮捕された逃走犯は、ファンスタープロモーションというAVプロダクションの社長でした。

(参考。当ブログ)

2018年4月13日

上述の社長の逮捕をうけて、AV人権倫理機構は、声明文を出しました。

AV人権倫理機構が声明

全文を引用します。

(2018年4月19日 AV人権倫理機構「TOPICS」より、引用。)

2018年4月19日 AV人権倫理機構

声明
平成30年4月13日(金曜日)に発表された日本プロダクション協会加盟社の代表者逮捕の報道を受け、AV 人権倫理機構では、会員団体に対し、再発防止策の立案と、当機構の指針に沿った業務運営を行うことを徹底するよう指導いたします。
また、刑事捜査の進展を見守り、有罪判決が確定した場合には、当該社に対し然るべき処分を課すよう日本プロダクション協会に対して勧告を行う所存です。
不起訴処分となった場合においても、関係者から事情聴取を行う等、刑事責任とは違う角度から検討し、適正AVの理念に相応しくない行動が認められた場合には、やはり、当該社に対し然るべき処分を課すよう日本プロダクション協会に対して勧告を行う所存です。
平成30年4月19日
AV人権倫理機構

ファンスタープロモーションの社長も起訴されました。
以下に裁判の結果を記します。

まずは2名が有罪となる
(参考。当ブログ)

2018年6月29日

さらに1名が有罪となる
(参考。当ブログ)

2018年7月26日

残りは、ファンスタープロモーションの社長です。
判決は、2018年12月25日に言い渡されました。

社長に判決が下る
(参考。当ブログ)

2018年12月25日

ファンスタープロモーションの社長に対する判決は、これまでの3人と同様に、有罪でした。

(再掲。2018年4月19日。AV人権倫理機構)
日本プロダクション協会加盟社の代表者逮捕の報道
有罪判決が確定した場合には、当該社に対し然るべき処分を課すよう日本プロダクション協会に対して勧告を行う

その後、AV人権倫理機構は、日本プロダクション協会に対してどのような勧告をおこなったのでしょうか。
日本プロダクション協会のホームページを参照します。

(2020年3月6日 日本プロダクション協会「本協会加盟プロダクションの強要問題における報告書」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年3月6日 日本プロダクション協会

AVプロダクション「ロータスグループ」の元社員が2018年4月11日に逮捕され、2018年12月25日に東京地裁にて有罪判決が下りましたが、判決から1年が経過いたしましたので、一つの区切りとしてその後の経緯をご報告いたします。
当該プロダクション(ロータスグループ)はすでに解散しており、2018年12月時点においては、本件当該者が代表取締役となった別会社(ファンスタープロモーション)が当協会理事にとなっておりました。
しかしながら、社会への影響を鑑みて、当協会といたしましては、当該別会社の理事法人退任の申し出を受け入れることとし、同時に、今一度この判決を厳粛に受け止め、さらなる業界改善に邁進したいと努力してまいりました。

大甘の処分です。
結果的にファンスタープロモーションは日本プロダクション協会の幹部(理事)でなくなった。
ただこれだけです。
除名ではありませんので、現在もAVプロダクションとして「活動」しています。

(参考。日本プロダクション協会の組織概要)
加盟プロダクション一覧

このように寛容なAV人権倫理機構が、このたび、あるAVプロダクションを除名しました。

(再掲)
(2020年7月30日 AV人権倫理機構「TOPICS」より、引用。)

2020年7月30日 AV人権倫理機構

ピースプロモーション除名について
当機構会員団体 第二プロダクション協会(略称 SPA)に所属しておりました有限会社ピースプロモーション(取締役 林裕隆/プロダクション名 ピースプロモーション)は、当機構理事会での審議、SPAへの指導の結果、2020年5月22日付にてSPAから除名処分を受けました。
この措置に伴い、有限会社ピースプロモーションは適正AV業界の枠外事業者となりましたことを、ご報告させていただきます。

ピースプロモーションはいったい何をしでかしたのでしょうか。

プロダクションと言いますと、このたびあるプロダクションが起訴された、との情報がありました。

2020年5月29日
(2020年5月29日 CCN、こちら特派員☆彡「コロナ禍後のAV業界の課題は!?」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年5月29日 CCN特派記者Tさん

(略)、昨年(2019年)から1年近くも続いてきたAVプロダクションへの警察の捜査がやっとのこと終了、との報告です。
結果、処分は、取り調べを受けていた関係者全員が在宅での起訴!!

——————————————————–

警視庁記者クラブに聞いても、ニュースとして報道されることは今現在ないみたいで、詳しい内容は裁判が始まってから明らかになるになると思います。

——————————————————–

一部では、4年前から始まったAV出演強要問題に起因する捜査、摘発の警察の総仕上げとの声も出ていました。

——————————————————–

AVプロダクションの除名と言い、AVプロダクションの起訴と言い、なにやら、風雲急を告げる状況、となってきました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

この世に悪が栄えた例(ためし)はありません。
悪はかならず滅びる。
これが歴史の必然です。
数多(あまた)の女性の人生を破壊した悪党の最期が近づいてきたようです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その78)。北海道ウィメンズ・ユニオン②。ある被害者のかたは、「泣き寝入りしないで、行動を起こしてよかった」

昨日、地域労組のひとつである北海道ウィメンズ・ユニオンについてふれました。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①

北海道ウィメンズ・ユニオンは、セクハラ等の女性問題に取り組んでいます。

ここではなしが変わります。
警察庁のホームページに、「犯罪被害者等施策」というページへのリンクが貼られています。

(※下図は、警察庁のホームページより。)

「犯罪被害者等施策」をクリックします。
——————————————————–

開いたページの下のほうに、「政府全体の犯罪被害者等施策ホームページ」へのリンクがあります。

(※下図は、警察庁のホームページより。)

「政府全体の犯罪被害者等施策ホームページ」をクリックします。
——————————————————–

「警察庁 犯罪被害者等施策」のページが出現します。

(※下図は、警察庁のホームページより。)

下部の中央に、「公開資料の公開」という小見出しがあります。

(※下図は、警察庁のホームページより。)

「公開資料の公開」のなかに、「犯罪被害者等に関する調査」へのリンクがあります。
「犯罪被害者等に関する調査」をクリックします。
——————————————————–

(※下図は、警察庁のホームページより。)

19年度の欄のところに、「犯罪被害類型別継続調査」とあります。
こちらの「報告書」のところをクリックします。
——————————————————–

(※下図は、警察庁のホームページより。)

最下部に、
「被害者の方々の手記」
「本調査にあたって、調査結果の報告と併せて掲載すべき手記を、被害者支援団体等を通じて募集しました。ページ数の関係から、この報告書に掲載できなかった手記は、こちらからご覧いただけます。」
とあります。
こちらからご覧いただけます」をクリックします。
——————————————————–

「犯罪被害者の方々の手記」の一覧があらわれました。
一番下に、
「27 (有)C社 セクシュアル・ハラスメント事件 仕事への希望を断ち切られて
とあります。
本日はこちらの手記を参照します。

警察庁のホームページに掲載されている手記

(M・Aさん「(有)C社 セクシュアル・ハラスメント事件 仕事への希望を断ち切られて」より、引用。)

<一部分を抜粋>
M・Aさん

私は、2006年9月2日、(有)C社に事務兼制作アシスタントとして採用されました。

——————————————————–

10人規模の会社で、会長・社長・上司の3人が男性で、スタッフは男性1名、その他は女性でした。

——————————————————–

入社後間もない9月頃中旬から、私は人気のないコーヒーコーナー等で上司のNから手を握られたり、身体に触られたりするようになりました。
私はその都度、「やめてください」と言ったり、できるだけNを避けるようにしていましたが、会うたびにセクハラ行為を受けたり、「飲みに行こう」と誘われたりしました。

——————————————————–

希望していたデザイン関係の仕事に就いたばかりだった私は、試用期間中(3カ月)ということもあって、Nの行為をきっぱり拒否することもできず、冗談として受け流したり、それとなく避けたりすることしかできませんでした。
10月6日、私はNから公演中のショーに誘われ、勤務終了後に同僚の男性社員と3人で見に行きました。
ショーが終わったあと、同僚は会社に戻りましたが、私はNの車で送ってもらうことになりました。

——————————————————–

帰りの車の中でNから「2人きりになれるところに行こう」と誘われました。私が断ると、そのまま私の家に向かいましたが、途中で突然違う道に入って人気のない所に車を止め、Nはいきなり私に抱きついてきて、首やほおにキスをしました。驚いて、私は「やめてください」と言いましたが、力づくで何度も同じ行為が繰り返され、身体にも触られました。私が必死で抵抗して帰ろうとすると、「この続きはこの次だな」と言われました。その日はそのまま帰宅しましたが、私は心身に大きなダメージを受けました。

——————————————————–

被害の翌日、M・Aさんは社長に相談しました。
社長はM・Aさんの心情を慮(おもんぱか)り、加害者に成り代わって謝罪しました。

M・Aさん

私は、そのまま翌日から出社できなくなりました。
動悸、不眠など心身の症状も悪化し、精神科にも通院を始めました。

——————————————————–

母親に相談すると、母親の友人から北海道ウィメンズ・ユニオンを紹介され、早速、相談に行きました。

——————————————————–

北海道ウィメンズ・ユニオンの詳細につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
(77)2020年8月6日・・・・・・北海道ウィメンズ・ユニオン①(※昨日)

北海道ウィメンズ・ユニオン

M・Aさん

私は、それまで組合というものを知りませんでしたが、ユニオンのみなさんと出会って、今回のセクハラ問題をきちんと解決しなければ次のステップに踏み出すことができないと強く思いました。
ユニオンでは、すぐに会社に対して団体交渉を申し入れ、11月初めに第1回目の交渉がありました。
私は、抑うつ状態がひどく、団体交渉には出席できませんでしたが、会社側は最初からセクハラの事実を認め、Nと会社の謝罪、問題解決までの間の賃金を保障することなどを約束しました。
第2回団体交渉では、Nと会社から加害事実と会社の責任を認めるきちんとした謝罪文が出されました。また、職場でセクハラが起きた事実を従業員に周知すること、その上で今後のセクハラ防止対策を整備することなども確認されました。
私は会社側の対応に、すぐに解決できるのではないかと、ほっとする思いでした。

——————————————————–

社長は誠実なかたのようです。
不幸中の幸い、と言えるでしょう。

M・Aさん

しかし、その後、慰謝料の金額について、組合と会社側とで大きく食い違い、交渉が長引くようになりました。
会社側からは経営状態が悪いことを理由に組合の要求を大幅に下回る金額で、しかも分割払いを提示されていました。

——————————————————–

札幌を離れる決心をした私は、12月15日、会社が最終的に提示した金額で、分割払いの内容について組合の要求を認めたため、合意することにしました。

——————————————————–

私は、上司のNからセクハラを受けたことで、心身を病み、仕事への希望も何もかも失いました。死にたいと思ったこともあります。

——————————————————–

でも、泣き寝入りしないで、行動を起こしてよかったと思っています。

——————————————————–

私一人ではなく、ユニオンのみなさんと一緒に闘ったことで、ここまでやってくることができました。本当にありがとうございました。

——————————————————–

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

——————————————————–

(再掲。M・Aさん)
私一人ではなく、ユニオンのみなさんと一緒に闘ったことで、ここまでやってくることができました

ぼくも何か紛争の被害者になった場合は、ひとりでなく、多くのひとに支えられながら闘っていくことを希望するでしょう。
セクハラの被害に遭われた方々は、地域ユニオンと出会っていただければ、と思います。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その77)。北海道ウィメンズ・ユニオン「団体交渉権がなければ女性のための労働問題に取り組めない」

昨日の予告どおり、本日は、北海道ウィメンズ・ユニオンについてふれます。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③
(76)2020年8月5日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん④

パープル・ユニオンの委員長をされている佐藤香(さとうかおり)さんは、会社員時代、セクハラの被害に遭いました。
佐藤香(さとうかおり)さんは、方方(ほうぼう)の相談先で冷たくあしらわれ、人生に絶望します。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

——————————————————–

昨日の当ブログで引用した佐藤香(さとうかおり)さんのインタビュー記事をもう一度、引きます。

(2019年4月12日 立憲民主党「『痛みをちからに』――日本初の訴訟をたたかい、支援の現場に10年。セクハラ・サバイバーからのメッセージ」より、引用。)

「次に相談するところでわかってもらえなかったらもう自分の人生を終わりにしよう」とまで思いつめていた時、病院の受付で一枚のカードを目にしました。
それが、「北海道ウィメンズ・ユニオン」でした。

——————————————————–

佐藤香(さとうかおり)さんは偶然、北海道ウィメンズ・ユニオンの存在を知りました。
この邂逅(かいこう)が佐藤香(さとうかおり)さんの人生を変えました。
隘路(あいろ)から抜け出る契機となりました。
北海道ウィメンズ・ユニオンとはどのような労組なのでしょうか。
独立行政法人 労働政策研究・研修機構という政府系の機関があります。
同機構は、2015年9月28日に、第80回労働政策フォーラムを開催しました。
このフォーラムで、北海道ウィメンズ・ユニオンの委員長が、日々の活動を紹介しました。
講演録(要旨)のなかから一部を引用します。

北海道ウイメンズ・ユニオン

 2015年9月28日
 独立行政法人 労働政策研究・研修機構
 第80回労働政策フォーラム

<事例報告>
ハラスメントをなかったことにしない職場づくり
大野朋子 北海道ウイメンズ・ユニオン委員長

2015年9月28日 大野朋子 北海道ウイメンズ・ユニオン委員長

発足は1993年で、「女のスペース・おん」という女性のための人権ネットワーク事務所としてスタートしましたが、実際には、開始直後から女性の労働問題に関する相談が多く寄せられ、「団体交渉権がなければ女性のための労働問題に取り組めない」ということで、発足してから6カ月後に個人加盟のユニオンを設立することになりました。

——————————————————–

女性のための個人加盟のユニオンなので、最初はやはりセクハラの相談が多かったのですが、リーマン・ショック以降、いじめ、嫌がらせ、パワハラ、退職強要といった相談が多くなってきています。
相談に来るのは、弱い立場で働き、本当に切羽詰まっている人が多いです。
ユニオンに相談に来るまでに職場でいろいろな人に相談をしていないかというとそうではなく、相談を受けた側から「あなたも悪いんじゃないの」「どっちもどっちだよね」などと言われ、一人で抱えている人も多いです。

——————————————————–

当事者は「悪いのはどっちもどっちだ」と言われると、より傷つきます。
「相談しても変わらないんだな」と思ってしまうと、もっと職場で孤立し、声を上げづらくなります。
私たちは当事者が何を考えているかということを大事にして、寄り添って話を聞くことを心がけています。

——————————————————–

私たちは労働組合なので、申入書を書いて使用者側に送り、団体交渉を行うことから始めます。
私たちのユニオンが申入書を送るときには、当事者の言い分や、何月何日にこういうことを言われましたなど、詳細も盛り込みます。
具体的な事例を書くのは、団体交渉が始まった途端、使用者側から、「そういう事実はありません」とシャットアウトされることも多いからです。
交渉が始まると、パワハラの場合、使用者側は大概、「証拠はない」と言ってきます。
こちらが証拠を出すと、「単なる注意でした」「指導でした」などと言われます。

——————————————————–

セクハラでも、証拠がないと言われる点は同じです。
こちらが証拠を出すと、会社の忘年会で起きたケースでは、「いや、それは職場で起こったことではないですよ」などと反論されます。
また、当事者同士の「合意でした」と言ってきたり、「恋愛でした」「向こう(被害者)から誘ってきました」などと言ってきたりする場合もあります。
メールや言葉でのセクハラだとこのような反論がありますが、おしりをさわったりとか、胸をもんだりといったケースも実際にはあり、こうしたケースでは「スキンシップの一部でした」など呆れた反論もされます。
交渉を始めると、私たちは必ず会社側に、被害当事者の訴えを受けて、組合に加入するまでの間に「双方から事実確認をきちんとしていますか」と聞きます。
しかし、双方から確認がされていないことが多く、行為を行った側ばかりに聞き、回答を団体交渉に持ってくるので、「その内容を被害当事者に伝えましたか」と聞きますが、ほぼなされていないです。
たとえ双方の確認ができていたとしても、行為を行った人に対し、再度被害当事者側が言っていたことの確認を尋ねますが、できていないです。

——————————————————–

(略)夜眠れなくなってしまったり、会社の近くを通っただけで震えてしまったりする人には、(略)傷病手当金の申請などを教えます。

——————————————————–

1900年に政府は、治安警察法を制定しました。
同法により、団結権、団体交渉権、団体行動権(争議権)の3つが制限されました。
上述の労働三権は、1926年の改定時まで規制されることとなります。
当時の政府は労働組合の存在を恐れていた、ということがわかります。
いつの時代も集団の存在は怖いものです。
キリスト教徒も当初は、信者が群れている、という理由でローマ帝国から弾圧されました。

(再掲。大野朋子 北海道ウイメンズ・ユニオン委員長)
団体交渉権がなければ女性のための労働問題に取り組めない

団体交渉権は、労働組合にのみあたえられている強力な武器です。
セクハラの被害に遭われたかたは労働組合にご相談されることをお勧めします。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その76)。いまもセクハラと向かい合っている佐藤香さんの場合④。地域ユニオンは最後の砦です

3日前から、パープル・ユニオンについてみています。

(参考。当ブログ)
<パープル・ユニオンについて>

2020年8月2日(※3日前)
2020年8月3日(※2日前)
2020年8月4日(※1日前)

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害について>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオン①
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士①
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオン②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオン③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオン④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオン⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオン
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオン⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオン⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオン⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオン⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオン⑩と、女性ユニオン東京①
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオン⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオン⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングと親鸞
(26)2020年6月12日・・・・・・東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説
(27)2020年6月13日・・・・・・東京管理職ユニオン⑭と親鸞
(28)2020年6月14日・・・・・・東京管理職ユニオン⑮と、シモーヌ=ヴェイユ
(29)2020年6月15日・・・・・・東京管理職ユニオン⑯と、フロム
(30)2020年6月16日・・・・・・東京管理職ユニオン⑰と、アイリス=マードック
(31)2020年6月17日・・・・・・東京管理職ユニオン⑱と、カール=マルクス
(32)2020年6月18日・・・・・・セクハラ訴訟で勝訴
(33)2020年6月19日・・・・・・東京管理職ユニオン⑲と、ロマン=ロラン
(34)2020年6月20日・・・・・・東京管理職ユニオン⑳と、無償の愛
(35)2020年6月21日・・・・・・東京管理職ユニオン(21)と、遠藤司皇學館大学准教授の論説
(36)2020年6月22日・・・・・・東京管理職ユニオン(22)と、カミュ
(37)2020年6月23日・・・・・・東京管理職ユニオン(23)と、マキアヴェリ
(38)2020年6月24日・・・・・・東京管理職ユニオン(24)と、マザー=テレサ
(39)2020年6月25日・・・・・・東京管理職ユニオン(25)と、「キミがいれば」
(40)2020年6月26日・・・・・・東京管理職ユニオン(26)と、マキアヴェッリ
(41)2020年6月27日・・・・・・秋田県立農業短大事件①
(42)2020年6月28日・・・・・・秋田県立農業短大事件②
(43)2020年6月29日・・・・・・秋田県立農業短大事件③と、キャンパスセクハラ
(44)2020年6月30日・・・・・・東北大学セクハラ事件①
(45)2020年7月1日・・・・・・東北大学セクハラ事件②
(46)2020年7月2日・・・・・・京都大学セクハラ事件①
(47)2020年7月3日・・・・・・京都大学セクハラ事件②
(48)2020年7月4日・・・・・・京都大学セクハラ事件③
(49)2020年7月5日・・・・・・京都大学セクハラ事件④
(50)2020年7月6日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想①
(51)2020年7月7日・・・・・・キャンパスセクハラと、哲学者カントの思想②
(52)2020年7月8日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件①
(53)2020年7月9日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件②
(54)2020年7月10日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件③
(55)2020年7月11日・・・・・・鳴門教育大学セクハラ事件④
(56)2020年7月12日・・・・・・東北生活文化大学セクハラ事件
(57)2020年7月13日・・・・・・宮城学院女子大学講師セクハラ事件
(58)2020年7月14日・・・・・・琉球大学セクハラ事件
(59)2020年7月15日・・・・・・セクハラ犯が支払う賠償金
(60)2020年7月16日・・・・・・セクハラ犯の異常性と、マイケル=サンデル
(61)2020年7月17日・・・・・・女性ユニオン東京②
(62)2020年7月18日・・・・・・奈良女子大学セクハラ事件
(63)2020年7月19日・・・・・・高知大学セクハラ事件①
(64)2020年7月20日・・・・・・高知大学セクハラ事件②
(65)2020年7月21日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件①
(66)2020年7月23日・・・・・・佐賀大学セクハラ事件②
(67)2020年7月24日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件
(68)2020年7月25日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件①)
(69)2020年7月26日・・・・・・大阪市立大学セクハラ事件(別件②)
(70)2020年7月27日・・・・・・辻本育子弁護士
(71)2020年7月29日・・・・・・セクハラの裁判
(72)2020年7月30日・・・・・・いまもつづくキャンパスセクハラ
(73)2020年8月2日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん①
(74)2020年8月3日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん②
(75)2020年8月4日・・・・・・セクハラ被害者の佐藤香(さとうかおり)さん③

パープル・ユニオンは、いまから8年前(2012年)に発足しました。
委員長は佐藤香(さとうかおり)さんです。
同労組は主に、セクハラ問題に取り組んでいます
佐藤香(さとうかおり)委員長は、会社員時代、セクハラの被害に遭ったことがあります。
週刊金曜日の記事を一部、引用します。

(2012年3月15日 週刊金曜日「セクハラと闘う労働組合――パープル・ユニオン結成」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2012年3月15日 週刊金曜日

執行委員長の佐藤香さんは、
「私自身セクハラの被害者。これは個人の問題ではなく社会問題だと気付いた。セクハラが労災申請できることを知らないという声が多い。同じ思いをしている人のためにも組合を通して現状を変えていきたい」
などと抱負を語った。

——————————————————–

セクハラの被害に遭ったとき、呻吟するのは、相談先です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

——————————————————–

佐藤香(さとうかおり)さんは、思い当たるところへ相談しました。
立憲民主党のホームページに掲載された佐藤香(さとうかおり)さんのインタビュー記事を参照します。

(2019年4月12日 立憲民主党「『痛みをちからに』――日本初の訴訟をたたかい、支援の現場に10年。セクハラ・サバイバーからのメッセージ」より、引用。)

派遣先と派遣元に相談

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

派遣先と派遣元、両方に相談したんですが、加害者の上司は会社内で権限のある人間だったので、「あいつはそういうことをする人間じゃない」とか、「あいつは派遣社員のために努力しているんだ」などと言われました。
「今まで通り仲良くやってくれよ」と説得されることもありました。
会社内で相談しても、結局は加害者を擁護する人ばかりでした。

——————————————————–

無料相談

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

「無料相談ではただ話を聞いてもらうだけで終わってしまいました」

——————————————————–

医療機関

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

「医療機関では『なぜ、嫌だと言えなかったの?』と問いただされる」

——————————————————–

弁護士

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

弁護士に相談しても、「証拠がないから(行動を起こしても)あなたが傷つくだけだ」と言われました。

——————————————————–

労働基準監督署

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

労災認定を申請するために労働基準監督署にも行きましたが、セクハラだけで労災認定された前例はないため、「長時間労働など、他の過失がなければ難しい」という結論で。
わたしはやけになってしまって、思わず「じゃあわたしが死んだら労災認定してくれるんですか?」と聞きました。

——————————————————–

所詮は他人事です。
佐藤香(さとうかおり)さんは方々で、体(てい)よくあしらわれました
当時の心境を佐藤香(さとうかおり)さんはつぎのように語っています。

2019年4月12日 佐藤香(さとうかおり)さん

むしろ、相談するたびに期待しては絶望し、傷が深くなっていった。
仕事を失い、生活も厳しくなり、追い詰められました。
「次に相談するところでわかってもらえなかったらもう自分の人生を終わりにしよう」とまで思いつめていた時、病院の受付で一枚のカードを目にしました。
それが、「北海道ウィメンズ・ユニオン」でした。

——————————————————–

北海道ウィメンズ・ユニオンは、個人で加入することができる労働組合です。
この種の労働組合は、地域労組、とよばれています。
北海道新聞の記事をみてみます。

(2011年6月28日 北海道新聞「*動かす*セクハラ認定 道広げる」より。)
(※ 孫引きです。働く女性の全国センターに掲載されている記事を引用しました。)

<一部分を抜粋>
2011年6月28日 北海道新聞

「(相談窓口の)シャッターがどんどん降りていく中、開いていたのはユニオンだけ。命を拾われた」
団交を重ねながら、退職翌年に行った同労基署への労災申請は棄却。
不服として行った労働局への審査請求も、東京の労働保険審査会への再審査請求も、ことごとく棄却された。
残された道は裁判だけ。
昨年(2010年)1月、国を相手取り、労災不認定の取り消しを求める行政訴訟を東京地裁に起こした。セクハラでは全国初だった。

——————————————————–

同ユニオン(北海道ウィメンズ・ユニオン)の小山洋子委員長は、近藤恵子書記長とセクハラ労働相談の事例を集め、厚労省へ実情説明に通った。
全国組織などと連携して衆議院議員会館で集会を開き、議員や官僚に労災認定基準の見直しを訴えた。
同年(2010年)11月10日、国は判決を待たず、佐藤さんを労災認定する方針を表明。
組合員約60人の小さなユニオン(北海道ウィメンズ・ユニオン)が国を動かした瞬間だった。

——————————————————–

地域労組が佐藤香(さとうかおり)さんを救いました。
明日は、この北海道ウィメンズ・ユニオンについてみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ