香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その26)。東京管理職ユニオン⑬と、野田正彰京都造形芸術大教授の論説

先月(2020年5月)の17日より、香西咲さんの以下の問に答えるかたちでブログの記事を書いています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

(参考。当ブログ)
<ハラスメント被害>
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口について
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオンについて
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士について
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士について
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士について
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士について
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士について
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士について
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオンについて②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオンについて③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオンについて④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオンについて
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性について
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士について②
(17)2020年6月2日・・・・・・宮崎学さん、小檜山博さん、宮本輝さんの論説について
(18)2020年6月3日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士について③
(19)2020年6月4日・・・・・・エセ労働組合について
(20)2020年6月5日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑦
(21)2020年6月6日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑧
(22)2020年6月7日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑨
(23)2020年6月9日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑩、女性ユニオン東京
(24)2020年6月10日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑪
(25)2020年6月11日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑫と、宗像恒次助教授の自己カウンセリングについて

ご覧のとおり、東京管理職ユニオンに関する記事が多くなってきました。
朝日新聞の記事を引用します。

(1996年11月5日 朝日新聞「職場いじめ暗く広く深く 相談『110番』に殺到」より、引用。)
(※当該記事は、G-Searchデータベースサービスに所蔵されています。)

<一部分を抜粋>
1996年11月5日 朝日新聞
(野田正彰 京都造形芸術大教授)

いまの裁判は、解雇された労働者の救済には機能していません。
労働委員会が解雇者の救済命令を出しても、雇用主に裁判にもっていかれると、費用もかかるし、時間もかかる。
労働者は生活できなくなるから、あきらめる。
強い者は何をやってもよいという状況をなくさなくてはならない。

——————————————————–

全く役立っていないのが労働省だ。

——————————————————–

(再掲。野田正彰 教授)
いまの裁判は、解雇された労働者の救済には機能していません
全く役立っていないのが労働省だ

裁判所も厚生労働省も頼りになりません。
最後の砦は労働組合です。
現在は、個人で加盟することができる労働組合が多数存在しています。
数ある個人加盟型の労働組合のなかで、最強なのが、東京管理職ユニオンです。
同労組はこれまで数多(あまた)の労働問題を解決してきました。
上述の朝日新聞の記事をさらにみていきます。

(1996年11月5日 朝日新聞「職場いじめ暗く広く深く 相談『110番』に殺到(こころ)」より、引用。)

1996年11月5日 朝日新聞

東京管理職ユニオンと女性ユニオン東京が10月半ば、「職場いじめ110番」を設けたら、全国から5日間に1,045件も電話がかかった。

——————————————————–

東京管理職ユニオンによると、今回の相談内容には三つの特徴があるという。
その第一は、女性からの相談が多く、女性の働く環境の悪さがはっきりした。30歳代まではセクハラなど人間関係をめぐる相談が目立ち、それ以上の年齢では職場からの追い出し、退職強要が露骨だった。

——————————————————–

性的嫌がらせの相談は92人。直属上司からが最も多かった。

——————————————————–

第二に、いじめ抜かれて精神的に追いつめられ、メンタルヘルスケアが必要と思われる相談が115人もいた。

——————————————————–

第三に、いじめが深刻に、過酷になっていることがうかがえた。自殺者の遺族や自殺未遂の経験者、自殺を考えている人からの相談が15人。

——————————————————–

上述の野田正彰教授は、同記事のなかで、つぎのようにのべています。

1996年11月5日 朝日新聞
(野田正彰 京都造形芸術大教授)

いじめは持続的に展開されていて、気付いたときには時間がたっています。
つまり、自分を変えさせられているのです。
いじめられている人はこのことに気付いていない。
いじめ続けられると怒りが内向し、独り言が始まる。
判断力、行動力がゆがみ、感情も不安定になる

(再掲。野田正彰 教授)
自分を変えさせられているのです

被害者のかたは、座して死を待つ、べきなのでしょうか。
設楽清嗣(したらきよつぐ)東京管理職ユニオン書記長のつぎのことばが重要です。

1996年11月5日 朝日新聞
(設楽清嗣【したらきよつぐ】 東京管理職ユニオン 書記長【※注 現在は相談役】)

「我慢しているといつまでもいじめられる」
「いじめられたら、逃げずに声をあげることです」

三国時代、蜀(しょく)の国の軍師であった諸葛孔明はこう言いました。
「座して死を待つより、出でて活路を見出さん」
と。
泣き寝入りは相手の思う壺(「たくらんだとおり」)です。
立って反撃に転じたいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。