香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その17)。「強く決意した瞬間、結果はすでにそこにある」

「戦わなければ勝てない」
ということばがあります。
ハラスメントの被害についても同様です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

セクハラやパワハラなどの被害をうけた場合、泣き寝入りをしなければ勝てます。
詳細につきましては、これまでの記事をご覧ください。

(参考。当ブログ)
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口について
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオンについて
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士について
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士について
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士について
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士について
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士について
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士について
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオンについて②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオンについて③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオンについて④
(12)2020年5月28日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑤
(13)2020年5月29日・・・・・・プレカリアートユニオンについて
(14)2020年5月30日・・・・・・東京管理職ユニオンについて⑥
(15)2020年5月31日・・・・・・迎合メールの無効性について
(16)2020年6月1日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士について②

勝つための方策は2つです。
労働組合に団体交渉をお願いするか、民事訴訟を起こすか、です。
どちらを選んでも、被害者は、被害を回復することができます。

裁判についてみてみます。
角田(つのだ)由紀子弁護士はつぎのようにのべています。

(JNPC【日本記者クラブ】 「セクハラ問題の30年」角田由紀子弁護士 2018.6.25より。)
(※全文につきましては、2019年2月28日の当ブログをご覧ください。)
(※音声の文字化は、筆者。)
<一部分を抜粋>
2018年6月25日 角田(つのだ)由紀子 弁護士

いまどうなっているかというと、ちょっとこれもわたし、みてびっくりしたんですけれども、普通の男性弁護士、っていうと怒られるかもしれない、別にジェンダーに関心があろうとなかろうと関係ない。
これは弁護士ならだれでもできる事件になっているはずです。
だからあの、わたしはもちろん必要がないからやらないんですけれども、いま弁護士って皆ホームページってもっていて、で、どういう営業品目があるかっていうのが書いてあるでしょ。
どんな事件をやりますから、と。
たいていね、これ、単なる不法行為ですから、セクハラって、ほとんどの弁護士の営業品目に入っている。

——————————————————–

セクハラにつきましては、被害者が訴訟を提起すれば勝てます。
途中、通過儀礼が存在しますけれども。

通過儀礼

(2019年5月23日 参議院インターネット審議中継「参議院 厚生労働委員会」より。)
(※全文につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。)
(※音声の文字化は、筆者。)
<一部分を抜粋>
2019年5月23日 角田由紀子 弁護士

で、そこでは、加害者は、裁判になれば、支払わなければいけない賠償金を払わせないために必死の抵抗をします。
有りと有らゆる自分に役に立つと思われる主張、立証をします。
で、不法行為、であるわけですので、過失相殺、という抵抗の場があたえられるわけなんですね。

これは、民法722条が、
「被害者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の額を定めることができる」
と定めていることから、当然のあつかいになってきます。

で、第1号の事件(福岡セクハラ訴訟)も実は、原告の過失相殺がされました。
えー、「これからの事情やその他前記認定にあられた諸般の事情を考慮し」という極(きま)り文句でですね、原告の請求した慰謝料300万だったんですけども、みとめられたのは150万でした。

で、裁判は、原告と被告とが攻撃、防御(防禦)をくりかえす場ですが、過失相殺をゆるされることで、そのための主張、立証のために裁判期間は必然的に長引きます。
これは被害者からみれば、あらためて被害者側の攻撃にさらされ心身の負担がはげしくなる二次被害の期間でもあるわけです。

過失相殺との関係で、セクシャルハラスメント被害者の権利は理解できますが、加害者の権利、っていうのはいったい考えられるのでしょうか。
仮に加害者の権利が有り得るとしてもそれは被害者の侵害された権利と並べて比較衡量できるものなのでしょうか。
さらに言えば、過失相殺をゆるされても交通事故裁判で、100対0、ということはあるわけですね。
で、被害者の過失0ということを当然、認定することは可能なんですが、ジェンダー教育をほとんどうけていない裁判官にそれができるのでしょうか、という問題です。

多くの裁判官は男性原理にもとづく経験則やあいまいな社会通念や世間の常識と決別できてはいません。
自動車事故での過失の割り振りとは異なる困難がこの事件にはあります。
ここが同じ不法行為法による解決でも、自動車事故の解決と根本的にちがう、という問題ですね。

そもそもですね、性暴力被害における被害者の過失責任、つまり、何が注意義務違反か、ということですが、それは、性暴力に遭わないために被害者がとるべき言動がある、ということを前提にしている考え方だと思います。

——————————————————–

「過失相殺」という通過儀礼を経て、被害者は勝訴することができます。
裁判で負けることはありません。
重要なのは、うったえる、という行為です。
一歩を踏み出す勇気が必要です。
ここで、3人のかたのことばをご紹介します。

宮崎 学さん(作家)

(宮崎学 設楽清嗣 共著「敗者復活―リストラ社員の大逆襲」【幻冬舎刊】)より、引用。)

<一部分を抜粋>
宮崎 学さん(作家)

ポイントは、怒りや不満を行動に転化させることだ。

——————————————————–

それで「バカヤロー」の一つも言って辞めるか、それとも黙ってしっぽを巻いて泣き寝入りするか。
それはその後の人生に大きく関わるだろう。

——————————————————–

(再掲。宮崎 学さん)
怒りや不満を行動に転化させることだ

この場合、留意しなければならないことがあります。
それは、ひとりで戦わない、ということです。

小檜山 博さん(作家)

(過日、新聞に掲載された人生相談より。)

<一部分を抜粋>
小檜山 博さん(作家)

生きることは人とかかわることです。
衣食住すべての面で他人が作ったもので生かされています。
つまり一人では生きられないのです。

——————————————————–

(略)、自立とは一人で生きてゆけないことを悟ることだと思うのです。
ぼくの体験では、普通の人生は、自分の方から人とのかかわりを持とうとするところから生まれ、開けてくると思うのです。

——————————————————–

(再掲。小檜山 博さん)
普通の人生は、自分の方から人とのかかわりを持とうとするところから生まれ、開けてくる

おっしゃるとおりです。
ひとりで戦おうとしているひとは、精神的に自立していません。
そのかたのふるまいは、勇気でなく、無謀です。
単なる自己満足です。

(再掲。宮崎 学さん)
①「怒りや不満を行動に転化させることだ
  
(再掲。小檜山 博さん)
②「普通の人生は、自分の方から人とのかかわりを持とうとするところから生まれ、開けてくる

最後に、被害者のかたは、強く決意する必要があります。
自分の被害を解決する、と。

宮本 輝さん(作家)

(宮本輝著「海岸列車」より、引用。)
(※集英社文庫版は、下巻の389ページ。)
(※毎日新聞社版は下巻の316~317ページ。)

<一部分を抜粋>
「海岸列車」(宮本輝著)

ぼくに、<決意>って言葉の意味の重さを教えてくれたのは、ボウ・ザウナだ。
彼の家には、昔、大きな池があって、そこにたくさんの蓮の花が咲いていたそうだ。
他の花は、散ってから実が成るのに、蓮だけは花と実が同時に成長するってことをお父さんから教えられて。それが何か不思議な現象として、ボウ・ザウナの心に刻まれてた。

——————————————————–

原因と結果とが、同時に存在してる・・・・・・。
ボウ・ザウナは、そんな言い方をしたよ。
蓮という花は、そのことの象徴だって。
だから、何かを為そうとすれば、まず決意しなければならない。
強く決意した瞬間、結果はすでにそこにある
ただそれは形としてまだ見えないだけだ。
ボウ・ザウナはそう教えてくれた。

——————————————————–

(再掲。宮本輝さん)
強く決意した瞬間、結果はすでにそこにある

セクハラ被害につきましても同様です。
被害者が「強く決意した瞬間、結果はすでにそこにある」。

(再掲)
香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

泣き寝入りをせず、他者とかかわりを持ち、強く決意をすれば、かならず勝てます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。