香西咲さん「セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?」(その12)。東京管理職ユニオン⑤。「自己犠牲を払い、闘う気概がなければ労働者を守れない」

セクハラは、小悪党にとって手軽におこなうことができる犯罪です。
人間のクズたちは舌なめずりをしながら眼前の女性を襲います。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

現在、セクハラに対して泣き寝入りをしない女性がふえてきました。
こうした女性をうけいれる相談先は、種々、存在しています。

(参考。当ブログ)
(1)2020年5月17日・・・・・・厚生労働省の相談窓口について
(2)2020年5月18日・・・・・・東京管理職ユニオンについて
(3)2020年5月19日・・・・・・角田(つのだ)由紀子弁護士について
(4)2020年5月20日・・・・・・上谷(かみたに)さくら弁護士について
(5)2020年5月21日・・・・・・宮田桂子弁護士について
(6)2020年5月22日・・・・・・弓田竜弁護士について
(7)2020年5月23日・・・・・・神原元弁護士について
(8)2020年5月24日・・・・・・太田真也弁護士について
(9)2020年5月25日・・・・・・東京管理職ユニオンについて②
(10)2020年5月26日・・・・・・東京管理職ユニオンについて③
(11)2020年5月27日・・・・・・東京管理職ユニオンについて④

セクハラの代償は、おおきいです。
これまで築いてきたものが雲散霧消します。
当ブログでは3日前から、日経ビジネスに掲載された東京管理職ユニオンに関する記事をみてきました。

(参考。日経ビジネスに掲載された東京管理職ユニオンに関する記事)

2017年2月16日 超キモイ会社には、ゲシュタポがいっぱい
 → ※(9)2020年5月25日の記事を参照

2017年3月30日 ユニオン「反日左翼カルト集団」説に反論する!
 → ※(10)2020年5月26日の記事を参照

2017年4月13日 キモくないと、会社と向かい合えない
 → ※(11)2020年5月27日の記事を参照

2017年5月11日 怒鳴り合い、喧嘩ができるのが、ハッピーな労使

——————————————————–

本日は、4番目の「怒鳴り合い、喧嘩ができるのが、ハッピーな労使」を参照します。

2017年5月11日 怒鳴り合い、喧嘩ができるのが、ハッピーな労使

1ページ
2017年5月11日 記者
『カルト』と批判・非難を受ける理由の1つは、経営者らと激しい争いすることもあるのではないか、と私は思います。これまでに経験した中で特にすさまじいものには、どのようなケースがあったのでしょうか?

2017年5月11日 鈴木剛 東京管理職ユニオン 委員長

例えば、水商売の店で働く人への賃金未払い。
これは完全な違法行為なのですが、泣き寝入りをする人が少なくない。
我々が店の経営者らと団体交渉をすると、激しい言い争いになることもあります。
店の経営者などが、殴りかかってくることもありました。
賃金不払いや不当解雇などをめぐり、ある産廃業者とは乱闘になりましたよ。

2017年5月11日 設楽清嗣(したらきよつぐ)相談役(※注 以前は書記長)

確かに、あれはすごかった。
向こうは、鉄パイプを振り回し、追っ掛けてくる。
だけど、我々は逃げない。
自己犠牲を払い、闘う気概がなければ労働者を守れない。

——————————————————–

2ページ
2017年5月11日 記者
この3回のシリーズを読む人の多くは、会社員です。その人たちに向けてメッセ―ジを

2017年5月11日 設楽清嗣(したらきよつぐ)相談役(※注 以前は書記長)

泣き寝入りをしないことが大切です。いじめやパワハラを受けたら、会社員もせめて口げんかはしないといけない。そして、それを記録につける。なおも、いじめが続くならば、東京管理職ユニオンへおいで…。我々が、その上司をいじめてやるから。

2017年5月11日 鈴木剛 東京管理職ユニオン 委員長

多くの会社が隠していますが、上司が部下を殴ることは実際にあるのです。その逆も、多少ある。我々は、被害者の側から相談を受けます。暴力が常に存在しているのが、今の職場なわけです。「言葉の暴力」になると、もう、数えきれないでしょう。

2017年5月11日 設楽清嗣(したらきよつぐ)相談役(※注 以前は書記長)

サラリーマン労働者が駄目なのは、そこなんですよ。暴力を受けようとも、トラブルなきように、会社の言いなりになり、生きていかなきゃいけないと思い込んでいる。

2017年5月11日 鈴木剛 東京管理職ユニオン 委員長

今、時代が変わってきていますね。ハラスメントが許されなくなっている。ところが、裏ではまん延しています。ここに、ものすごい矛盾がある。

2017年5月11日 設楽清嗣(したらきよつぐ)相談役(※注 以前は書記長)

本来、互いにぶつかり合うことによって、初めて理解し合うことができるんですよ。喧嘩をすることを恐れてはいけない

——————————————————–

(再掲)
香西咲さん
2020年5月1日

セクハラ、パワハラは何処に相談するのが一番効果的なのかな?
もしご存知の方居たら教えてください。

(再掲。設楽清嗣【したらきよつぐ】さん)
自己犠牲を払い、闘う気概がなければ労働者を守れない

東京管理職ユニオンの姿勢に圧倒されます。
ハラスメントの被害をうけたかたは、一度、東京管理職ユニオンをたずねてみてはいかがでしょうか。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
2018年11月1日
昨日から久しぶりの体調不良 あの頃の感覚をハッキリ思い出した。よくこんなストレスに何年も耐えてたなぁ。一般人に戻った私にはあの頃の気力も体力も残ってない。
2018年11月1日
まぁあの頃は常に死と比較して生きてきたから尋常ではなかったのだろうな。『死ぬくらいならAV出よう』『行先無くなったら人生止めればいいや』何をするにもこれが念頭にありました。そりゃAV出来た訳だわ。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。