政府は、「第4次男女共同参画基本計画に関する施策の評価等について」のなかで、AV出演強要にふれています。香西咲さんたち被害者の方々の勇気が政府をうごかしました

現在、第5次男女共同参画基本計画の策定作業が進められています。

(参考。内閣府)
第5次基本計画策定専門調査会 開催状況及び会議資料
・第1回 2019年11月27日議事録
・第2回 2019年12月16日議事録
・第3回 2020年1月21日
・第4回 2020年4月14日

詳細につきましては、過日の当ブログでご確認をしてください。

(参考。当ブログ)

<第5次基本計画策定専門調査会で配布された資料について>
2019年12月10日(その1)
2019年12月11日(その2)
2019年12月12日(その3)
2019年12月13日(その4)
<第5次基本計画策定専門調査会の議事録について>
2020年1月12日(その1)
2020年1月13日(その2)
2020年1月14日(その3)
2020年1月15日(その4)

——————————————————–

歴代の男女共同参画基本計画の推移をみてみます。

(内閣府「男女共同参画基本計画」より。)
男女共同参画基本計画

2000年(平成12年)12月決定 第1次男女共同参画基本計画
  5年後
2005年(平成17年)12月決定 第2次男女共同参画基本計画
  5年後
2010年(平成22年)12月17日決定 第3次男女共同参画基本計画
  5年後
2015年(平成27年)12月25日決定 第4次男女共同参画基本計画
  5年後

5次男女共同参画基本計画はおそらく、今年(2020年)の12月に策定されるのでしょう。
現在、運用されているのは、4次男女共同参画基本計画です。
2015年12月25日に策定されました。
同計画をご覧になればわかります。
同計画のなかに、AV出演強要に関する記述はありません。
当然です。
当時はまだ、AV出演強要が社会問題になっていませんでした。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月8日

一生自分の中だけに留めて置かなければいけない、と思った時に気が触れてしまいました。

吐き出す事で過去を清算できる機会を頂けて、救われました。

香西咲さん
2016年7月14日

今まで人間とは思えない仕打ちを受け続けてきた事、やっと吐き出す事ができました
こんな私ですが今も変わらず好きでいてくださる方、本当にありがとうございます。
何度も言うけれど今後私はその人たちを大切に生きていくのみです。
「おまえ明日死ぬかもしれないんだから(←青木亮の口癖)」

政府は昨年、第5次基本計画策定専門調査会の最初の会合で、「第4次男女共同参画基本計画フォローアップ個票」という資料を公開しました。
内容は、「4次男女共同参画基本計画に関する施策の評価等について」です。
同個票は13の文書からなります。
なぜか、AV出演強要に関する記述が散見されます。
当時想定していなかった事柄に対して政府は機敏に対応した、ということなのでしょうか。
AV出演強要に関する部分をみてみます。
上述のとおり、個票は複数存在します。
その都度、開かなければなりません。
2か月ほど前に内閣府は、各個票を1つにまとめたものを公開しました。

第4次男女共同参画基本計画に関する施策の評価等について

こちらを参照します。

第4次男女共同参画基本計画に関する施策の評価等について(※AV出演強要に関する部分)

文部科学省

<006ページ>
具体的な取組(内容)

・様々な状況に置かれた被害者に情報が届くよう、官民が連携した広報啓発を実施し、とりわけ、加害者と被害者を生まないための若年層を対象とする予防啓発の拡充、教育・学習の充実を図る。

主な施策の取組状況

・いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題等の若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題への対応について(依頼)」(通知)を発出し、女性に対する暴力は重大な人権侵害であり、被害を予防する観点から入学ガイダンスなどの機会に十分に注意喚起等の指導を行うことを関係機関に要請した。

・いわゆるAV出演強要・JKビジネス問題について、関係機関に通知を発出するとともに、周知啓発のため、関係省庁と連携しリーフレットを作成し、各教育委員会や大学、高校へ配布している。
また、教育関係者が参加する各種会議の中でもリーフレットを配布し、高校等での利用促進を図っている。

取組結果に対する評価

・若年者における女性に対する暴力の予防啓発について研修を受講する者を増加させることや、いわゆるAV出演強要・JKビジネス問題について周知を行うことで、暴力の予防啓発につながっているものと考える。

今後の方向性、検討課題等

・引き続き、学校教育において男女共同参画に関する指導が行われるよう、関係する強化等の学習指導要領の趣旨の徹底を図る。
また、研修参加やいわゆるAV出演強要・JKビジネス問題について次年度以降も周知を徹底する。

——————————————————–

文部科学省

<122ページ>
具体的な取組(内容)

・交際相手からの暴力の実態の把握に努め、各種窓口において相談が受けられる体制の拡充・周知徹底を行うとともに、被害者の適切な保護に努める。
また暴力を伴わない人間関係を構築する観点から、若年層に対する予防啓発の拡充、教育・学習の充実を図る。

主な施策の取組状況

・いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題等の若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題への対応について(依頼)」(通知)を発出し、女性に対する暴力は重大な人権侵害であり、被害を予防する観点から入学ガイダンスなどの機会に十分に注意喚起等の指導を行うことを関係機関に要請した。

——————————————————–

内閣府

<199ページ>
具体的な取組(内容)

・二次的被害防止の観点から被害者のプライバシー保護を図るとともに、メディア等を通じた的確な情報発信による性犯罪に対する一般社会の理解を増進する。

主な施策の取組状況

・近年、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等の若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にあるところ、当分の間、毎年4月を「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」とし、関係団体と連携、協力の下、被害防止のための広報啓発等の取組を強化している。

取組結果に対する評価

・「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」等の広報啓発として、ポスター及びリーフレットを地方公共団体、関係団体等に配布するとともに、啓発動画の放映や街頭キャンペーンを実施することで、適切な支援提供がなされるとともに、被害の未然防止や深刻化を防ぐことに繋がっている。

今後の方向性、検討課題等

・今後も、引き続き広報啓発活動を実施し、社会意識を喚起するとともに、国民の理解と協力の確保に努める。

——————————————————–

香西咲さんたち被害者の方々のうったえによって、AV出演強要という未曾有の犯罪があきらかになりました。
政府は当初予見していなかった出来事に対して、適切な対応をしてきました。
各府省による自己評価はまだつづきます。
明日は残りの分をみてみます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月6日

週刊文春様の報道に私のAV強要の件が出始めている様です。
ファンの方々は読んでいて心が痛くなる内容だと思います。
ですがデビューから前の事務所を経て独立迄に受けた現実であり、これを経て今の私がある事を知って頂けたら幸いです。
またそれが今のAV業界の為にもなると信じてやみません。

——————————————————–

香西咲さんたち被害者の方々の勇気が政府をうごかしました。
あとは、国会です。
AV出演強要新法の制定が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。