先日、公明新聞が、AV出演強要問題をとりあげました。藤原志帆子ライトハウス代表の論説も必見です。香西咲さんたち被害者の痛みがわかっておられます

先日、公明新聞は、AV出演強要問題をとりあげました。

2020年4月14日
 公明新聞
「AV出演強要」など人権侵害の根絶へ

記事のなかから一部を引用させていただきます。

(2020年4月14日 公明新聞「『AV出演強要』など人権侵害の根絶へ」より、引用。)

<一部分を抜粋>
2020年4月14日 公明新聞

モデルやタレントにならないかと声を掛け、若い女性らが望まぬ形で、アダルトビデオ(AV)への出演を強要される問題。
こうした被害を防ぐため、公明党は対策をリードしています。

——————————————————–

2020年4月14日 公明新聞

明子 地方から上京する若い女性が多い4月を公明党の推進により、相談窓口の周知・啓発の特別月間にしているの。

特別月間
そう言えば、先日、ツイッター内で以下の記事をみかけました。

2020年4月14日 YuKI@くんろく親方さん

ところで今日は市の警察署に用事があって、なかなか無い機会だってんでついあちこち見て回ってしまったんだが掲示スペースに貼ってあった「NO!AV出演強要・JKビジネス」のポスターいいね。

(※参考)
ポスター
リーフレット

(上図の一部を拡大)

(再掲)
私は「性的な被害」を受けました。

したくないことを、
させられました。

まさかそんな人だとは、
思いませんでした。

気づけば追い込まれていて、
とても怖くて、
どうしたらいいか分かりませんでした。

これを人に言うのは怖かったけど、
みんなに知ってほしいんです。

つい写真撮ってしまった

2020年4月14日 YuKI@くんろく親方さん

調べたら内閣府男女共同参画の制作したポスターかあ。
「若年層を対象とした性的な暴力の啓発」として、AV出演強要やJKビジネスをきっちり「性的な暴力」と指摘してるのいいね

若年層を対象とした性的な暴力の啓発 – 内閣府男女共同参画局

2020年4月14日 YuKI@くんろく親方さん

ただまあ、警察署内だとインパクトのある文言や色使いで強烈に訴えかけてくるポスターばかりなので、もうちょっと「性的搾取ぜったい許さねえ」的なやつもあってもよかったな、とも思った

公明新聞の記事にもどります。

(2020年4月14日 公明新聞「『AV出演強要』など人権侵害の根絶へ」より、引用。)

2020年4月14日 公明新聞

明子 公明党はこれまでも、女性の人権侵害を防ぐため、性暴力、性犯罪被害の防止などを一貫して進めてきたわ。
その上で、本人の意思に反してAV出演を強要するのは、著しい人権侵害だとして、対策に取り組んできたのよ。

——————————————————–

公恵 17年3月の党PTの提言を踏まえ、政府は、AV出演など若い女性らの性被害への緊急対策をまとめました。
刑法の強姦罪や労働者派遣法など関係法令を厳格に適用して、取り締まりの強化とともに、街頭での勧誘行動に対する指導・警告も徹底するようにしています。

——————————————————–

記事の後半は、ライトハウスの藤原志帆子代表へのインタビューです。

(※ツイッターより。)
2020年4月21日 ライトハウス

メディア掲載 4月14日公明新聞にライトハウス のインタビューが掲載されました。4月は進学・就職の季節。AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間である大切な月です。
ライトハウスでは去年、AV出演の相談が41件。それ以外にも、性的画像被害54件、児童ポルノ被害が37件も。

ひきつづき、公明新聞の記事を参照します。

(2020年4月14日 公明新聞「『AV出演強要』など人権侵害の根絶へ」より、引用。)

<一部分を引用>
2020年4月14日 公明新聞
(藤原志帆子 ライトハウス代表)

公明党の取り組みもあり、AV出演強要の問題が政府で議論され、被害防止月間の設置や被害防止指針ができました。
その後も、現行制度では太刀打ちできない被害の現状を、党PTの勉強会で議論し、法改正の必要性などについて何度も検討してくれました。

——————————————————–

(藤原志帆子 ライトハウス代表)

しかし、問題の根絶に向けて、課題は山積しています。
AV出演強要や性的動画の撮影被害がいまだに十分に取り締まられず、さらに被害コンテンツの拡散後、救済の仕組みがまだありません。
自分の被害動画が日々、拡散・消費されていることで社会生活が困難になり、貧困に直面する若者が多くいます。
また、この被害の相談に応じられるのは、われわれNPOや、インターネット・ホットラインセンターなどのIT機関、警察などですが、ネット上にあふれる犯罪動画の相談は右肩上がりで、中には小学生の被害相談もあります。
相談先の拡充や相談人員の養成など、体制の整備が急務です。

——————————————————–

もう一度、公明新聞の前半の記述をみてみます。

2020年4月14日
 公明新聞
「AV出演強要」など人権侵害の根絶へ

(再掲。公明新聞)
<公明党について>
モデルやタレントにならないかと声を掛け、若い女性らが望まぬ形で、アダルトビデオ(AV)への出演を強要される問題。こうした被害を防ぐため、公明党は対策をリードしています
公明党はこれまでも、女性の人権侵害を防ぐため、性暴力、性犯罪被害の防止などを一貫して進めてきたわ
(AV出演強要についても)刑法の強姦罪や労働者派遣法など関係法令を厳格に適用して、取り締まりの強化とともに、街頭での勧誘行動に対する指導・警告も徹底するようにしています

上述の部分を読んだときぼくはこう思いました。
公明新聞は公明党の活動を自賛するために上述の記事を書いたのかな、と。
後半の藤原志帆子代表へのインタビュー記事を読んで、杞憂である、と感じました。
おそらく公明新聞は、藤原代表のつぎのことばを強調したかったのでしょう。

(再掲。公明新聞)
<藤原志帆子 ライトハウス代表>
その後も、現行制度では太刀打ちできない(AV出演強要)被害の現状を、(公明)党PTの勉強会で議論し、法改正の必要性などについて何度も検討してくれました
AV出演強要や性的動画の撮影被害がいまだに十分に取り締まられず、さらに被害コンテンツの拡散後、救済の仕組みがまだありません

AV出演強要への対策はまだ途上にあります。
公明党の伊藤たかえ参議院議員も最近、そのような言及をされています。
(参考。2020年4月5日の当ブログ。)

伊藤たかえ参議院議員の発言のなかから一部を抜粋します。
(※全文につきましては2020年4月5日の当ブログをご覧ください。)

(2019年12月27日 伊藤たかえの◯◯聞いてみました!【許さない!ゼッタイ!!AV出演強要問題】より。)

(※音声の文字化は、筆者。)
2019年12月27日 伊藤たかえ 参議院議員(公明党 AV出演強要問題対策PT 事務局次長)

そうなんですね。
で、なかなか、その、アダルトビデオの出演、と言うと、特殊な問題、というふうに、こうとらえられる面があるのかな、と思うんですけど。
けっしてそうではないんですね。

——————————————————–

2019年12月27日 伊藤たかえ 参議院議員(公明党 AV出演強要問題対策PT 事務局次長)

(本当にモデルの撮影と思って行くと、そこで突然、アダルトビデオの撮影が)はじまる、っていうようなことがあったり。

——————————————————–

2019年12月27日 伊藤たかえ 参議院議員(公明党 AV出演強要問題対策PT 事務局次長)

で、なかには、本当にひどいのは、あの、レイプをされてしまって、その場面を撮影されて、それがアダルトビデオとして流出をしてしまう、とか。
もう考えられないようなことがいろんなところで起きている、っていう現状がある。

——————————————————–

2019年12月27日 伊藤たかえ 参議院議員(公明党 AV出演強要問題対策PT 事務局次長)

だから、その被害のー
どんなふうにおさめていくのか、いったん拡がったものをなくしていくのか、というのは、あの、おおきな課題です。

——————————————————–

2019年12月27日 伊藤たかえ 参議院議員(公明党 AV出演強要問題対策PT 事務局次長)

ただ、やっぱり、契約ー
最初に聞いていたものとちがう。
そういうときにどうしてもたくさんの大人に囲まれて、
「いやいや、これ、わかって来たでしょ」
とかね。
「これは契約書、あるじゃないですか」
っていうことをせめられていくと、やっぱり逃げることができない
断ることができない、っていうのが一番の大本(おおもと)の、あの、出発点なのかな、というふうに思います。

——————————————————–

(再掲。公明新聞)
<藤原志帆子 ライトハウス代表>
AV出演強要や性的動画の撮影被害がいまだに十分に取り締まられず、さらに被害コンテンツの拡散後、救済の仕組みがまだありません

藤原代表のこのことばに尽きます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年6月4日

何回も相談してるのですが、 #AV強要 に当たる明確な法規制が無いのが現状です。
こちらは騙され体も精神も将来もすり減らし、あちらは大金を得た。生き殺しですよ。
#青木亮

——————————————————–

自民党もAV出演強要法案の国会提出をめざしています。
一刻も早くこの世からAV業界人という悪党を駆逐したいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(哲学者のウィトゲンシュタイン)
「絶望に終わりはない。自殺もそれを終わらせることはない。人が奮起して絶望を終わらせない限りは」

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

1 thought on “先日、公明新聞が、AV出演強要問題をとりあげました。藤原志帆子ライトハウス代表の論説も必見です。香西咲さんたち被害者の痛みがわかっておられます

  1. 海野

    この神聖なブログにAV業界人の動画を紹介するのも、少し抵抗が
    ありますが、敵を知らなければならないので、下記のURLを
    https://www.youtube.com/watch?v=4H6KWJ7Bf-M

    これによれば、多くの撮影は現在ストップしていること
    それから、3か月先のAVが流通しなくなることなどを
    語っていますね。

    それから、アマゾンなどがこういうサービスを開始しました。
    強要作かどうか判断できませんが、あまり関心しません。
    https://news.livedoor.com/article/detail/18164267/

    私は本件とは関係ありませんが、アマゾンで買い物は完全に廃止したので
    良かったと心から思いました。
    https://www.paps.jp/post/paps-vol-92

    あと、性被害の問題だけじゃなく、貧困の問題も絡んでくるのですが
    上記のぱっぷすさんの支援活動を紹介させていただきます。

    あくまで私見ですが、性風俗産業も打撃を受けて廃業する事業者も増えるのでは
    ないかと思われます。
    それは、それで結構なことではあるのですが、就労する場所がない女性や
    生活に困窮する人も増えると予想できますので、生活支援が求めれます。

    また、今後AV業界がコロナの影響によりどのくらい打撃があるかも興味があります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。